Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/24
Update

【一般試写会プレゼント】映画『SHADOW/影武者』15組30名様ご招待!8月22日(木)よみうりホールにて

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『SHADOW/影武者』は2019年9月6日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開!

中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が『HERO』(2002)、『LOVERS』(2004)以来となる歴史活劇に再び挑みます。

チャン・イーモウ監督と主要スタッフが再タッグを組み「三国志」の“荊州争奪戦”をダイナミックにアレンジ。

武侠アクションの新時代を切り開く、傑作エンターテイメント映画『SHADOW/影武者』が誕生しました。

映画『SHADOW/影武者』は2019年9月6日(金)より、TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開されます。

劇場公開に先立ち、東京のよみうりホールで8月22日(木)に開催される一般試写会へ15組30名様をご招待いたします!

スポンサーリンク

映画『SHADOW/影武者』とは


©2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

興行収入40億円を超え社会現象にもなった『HERO』(2002)、続く『LOVERS』(2004)は興行収入22億円を超え、武侠アクションの一時代を築いた中国の巨匠チャン・イーモウ監督

映画『SHADOW/影武者』は、チャン・イーモウ監督と主要スタッフが再タッグを組み「三国志」の“荊州争奪戦”をダイナミックにアレンジした、武侠アクションの新時代を切り開く傑作エンターテイメントです。

監督自身が「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」と語る本作は、第75回ベネチア国際映画祭にて絶賛され、海外のレビューサイト『Rotten Tomatoes』では支持率 95%(2019年6月10日時点)をたたき出し、“Fresh”と高評価を獲得。

そして、第55回金馬奨では4部門受賞、アジア版アカデミー賞と名高い第13回ASIAN FILM AWARDSでは最多の4部門受賞、米エンタメ誌『バラエティ』が発表した“2018最も期待される映画20本”に選出され、国内外から高評価を得ています。

魅力的なキャスト

参考:ショウゲート公式ツイッター

主演は、『戦場のレクイエム』(2007)での演技で高い評価を受けて以来、『人魚姫』(2016)、「ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官」シリーズなどに出演する中国を代表する唯一無二の俳優・ダン・チャオ

観るものを魅了するダン・チャオが本作で演じるのは、頭脳明晰で武芸の達人でもある沛(ペイ)国の重臣・都督(トトク)とその影武者の一人二役。筋骨隆々な影武者から20kg減量し病んだ都督役に挑み、鬼気迫る演技で圧倒します。

都督の大輪の華のように優美な妻には、ダン・チャオと私生活でも夫婦であるスン・リー。歴史ドラマ『宮廷の諍い』(2011)で国際エミー賞女優部門ノミネート、歴史ドラマ『月に咲く花の如く』(2017)で主演を務め、第31回飛天奨で優秀女優賞に輝いている実力派です。

一般試写会『SHADOW/影武者』のプレゼント

©2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

一般試写会の情報

【開催日時】
2019年8月22日(木)18:00開場/18:30開映(上映時間:116分)

【会場】
よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)

【アクセス】
JR山手線・京浜東北線 有楽町駅 国際フォーラム口よりすぐ
東京メトロ有楽町線 有楽町駅 D4、D6出口
東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅 A2出口から徒歩3分
東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅 C9出口から徒歩5分
都営地下鉄三田線 日比谷駅 D4、D6出口

【ご招待の枚数】
・15組30名様

試写会の応募受付

【応募方法】
たくさんの御応募ありがとうございました。当選は発送を持って代えさせていただきます

【応募締切】
2019年8月15日(金)の23時59分まで有効

【当選者数】
15組30名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『SHADOW/影武者』の作品情報

【日本公開】
2019年(中国映画)

【原題】
SHADOW

【監督】
チャン・イーモウ

【脚本】
チャン・イーモウ、リー・ウェイ

【キャスト】
ダン・チャオ、スン・リー、チェン・カイ、ワン・チエンユエン

【日本語字幕】
樋口裕子

映画『SHADOW/影武者』のあらすじ

時は戦国時代、沛(ペイ)国が領土を、敵の炎国に奪われて20年。

若くしてトップを継いだ王は、敵と休戦同盟を結び、平和だが屈辱的な日々に甘んじていました。

奪還を願う男たちの燃え上がる闘志を束ねているのが、頭脳明晰で武芸の達人の重臣・都督(トトク)です。

都督は敵の将軍にして最強の戦士・楊蒼(ヤン・ツァン)に、手合わせを申し込みます。

彼の勝手な行動に怒り狂う王でしたが、実は目の前の都督は影武者で、本物の都督は自分の影に、自由と引き換えに敵地での大軍との戦いを命じていたんです。

そして王も、ある作戦を秘めていました。

果たして、影武者を待つのは光か闇か、それとも…?

スポンサーリンク

まとめ

参考:ショウゲート公式ツイッター

自由と引き換えに、大軍が待つ敵地に赴く影武者を待つのは自由か死か…。

武侠アクションの一時代を築いたチャン・イーモウ監督と豪華な顔ぶれが揃った映画『SHADOW/影武者』。

映画『SHADOW/影武者』は2019年9月6日(金)より全国公開されますが、公開に先立ち、よみうりホールで8月22日(木)に開催される一般試写会へ15組30名様をご招待いたします。

アジアを代表する巨匠・チャン・イーモウが構想から撮影開始までに3年半の歳月をかけて、「自分が本当に撮りたい物語と巡り合った」と自ら宣言する映画『SHADOW/影武者』に是非ご期待ください。

ふるってのご応募をお待ちしております。

関連記事

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2019受賞結果】グランプリは中国映画『気球(羊飼いと風船)』。そのほかの受賞作品の紹介も

TOKYO FILMeX2019受賞作品紹介 2000年12月に第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」。 開催から20年、記念すべき「第20回東京フィルメクス」が …

新作映画ニュース

大泉洋映画『騙し絵の牙』あらすじ/キャスト。新公開日は3月26日で特別動画も発表!

主演・大泉洋×監督・吉田大八のタッグ再始動。 新たな決意を込めたスペシャル映像解禁。 作家・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙 …

新作映画ニュース

中村倫也が新作映画『人数の町』完成記念会見に登壇!石橋静河と公開記念の大当たり祈願

公開記念大当たり祈願&完成記念会見オフィシャルレポート。 河瀨直美監督を審査員⻑に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品『人数の町』が2 …

新作映画ニュース

西田尚美映画『青葉家のテーブル』あらすじ/キャスト。ドラマから監督も続投で市川実和子も出演決定!

西田尚美主演『青葉家のテーブル』は2021年春劇場公開。 追加キャストも解禁。 「フィットする暮らし、つくろう」をテーマに日々の暮らしに寄り添った様々なコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」。 …

新作映画ニュース

映画『銃』公開記念プレゼント【武正晴監サイン入りプレスシート】を抽選で読者2名様へ

映画『銃』は、11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー! 第31回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門で監督賞、そして東京ジェムストーン賞を村上虹郎が受賞した映画『銃』。 作品の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学