Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

辻美優(elfin’)映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙』あらすじとキャスト。実話のフィリピンの精水事情を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

国境を越え、過去を乗り越えた友情の絆「フィリピン水道建設プロジェクト」。
感動の実話を映画化!

日本とフィリピン両国のボランティア達の献身により、戦争の傷を乗り越え9年もの歳月を費やし完成した、フィリピン・パンダンの水道建設工事

その感動の実話を描いた、映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』が、2019年9月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。

この記事では『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』の作品情報ついてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』の作品情報

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
小嶋忠良「マロンパティの精水 いのちの水の物語」(PHP研究所)

【監督・脚本】
目黒啓太

【キャスト】
辻美優(elfin’)、赤井英和、前川泰之、新井裕介、花房里枝、岡千絵、橋本マナミ、蝶野正洋、角田信朗、篠原信一、森次晃嗣、BONG CABRERA、SUE PRADO、MIEL ESPINOZA、ERMIE CONCEPCION

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』のあらすじ

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

フィリピンの首都マニラから300キロ南にあるパナイ島の田舎町パンダン。

海水混じりの井戸水しかないパンダンでは、多くの村人が腎臓病などに悩まされていました。

友人に誘われ軽い気持ちで、パンダン水道建設工事プロジェクトにボランティアとして参加した女子大生・明日香。

ですが、戦争の禍根から日本人に反発する現地の人々、灼熱の中での作業など、多くの困難が待ち受けていました。

そんな中、明日香を優しく迎え入れてくれたのは、5歳の少女アミー。

2人は絵本と折り紙を通して仲良くなっていきます。

しかし、アミーも重い腎臓病に蝕まれていて…。

スポンサーリンク

主演女優・辻美優について

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

本作の主人公・明日香を演じるのは、全日本美声女コンテストで14,434人の中からグランプリを受賞した辻美優

美声女ユニット『elfin’(エルフィン)』でアーティストとして活動し、劇場前売り鑑賞券の特典オリジナルポストカードのイラストも担当しています。

elfin’とは、“容姿”と“声”という人の印象を司る2つの要素に“美しさ”を兼ね備えた、次世代のニューヒロインを発掘する「全日本美声女コンテスト」をきっかけに結成された、アーティスト・女優・声優・モデル・タレントなどマルチに躍動する注目の4人組美声女ユニット。

主題歌には辻美優と花房里枝が所属するelfin’の楽曲「アンルート」を起用しました。

辻美優のプロフィール

参考:辻美優の公式ツイッター

本作にて、ボランティアで水道プロジェクトに参加する事になった女子大生、清水明日香を演じる辻美優(つじみゆう)は1996年7月6日生まれ。東京都出身。

“容姿”と“声”という人の印象を司る2つの要素に“美しさ”を兼ね備えた次世代ニューヒロインを発掘する「全日本美声女コンテスト」で応募総数14,434通の中からグランプリを受賞

アーティスト・女優・声優・モデル・タレント・漫画家として多方面においてマルチでハイブリッドな活躍をしています。

美声女ユニット『elfin’(エルフィン)』のリーダーとして活動し、3rdシングル「貪欲スナイパー」、4thシングル「君にエール!!!! ~同じ空の下で~」をリリース。2019年5月22日には待望の5thシングル「ユレル、クレル、ハゼル」がリリースされました。

世界最大級のポータブルオーディオイベント「ポタフェス2018」の公式イメージアーティストにも就任し、ニッポン放送のレギュラー番組「オールナイトニッポンi~elfin’のビューティーボイス放送局~」ではメインパーソナリティも務めています。

個人としても、映画『君の名は。』や『SING/シング』、TVアニメ『けものフレンズ』や『マクロスΔ』などに声優として出演。

webサイト「超!アニメディア」では漫画家として「Strawberry Dream」を好評連載中の他、PUBGのゲーム実況動画を配信するなど各カルチャー分野でも多彩な才能を発揮しています。

脇を固めるキャストたち

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

フィリピンでの水道建設工事の立ち上げから関わり、反日感情が強い現地でも、その誠実な人柄と情熱で皆から最も信頼される、アジア協会アジア友の会・岩田役に赤井英和

現地ボランティアとして、明日香の指導にあたる青年・田中役に男劇団青山表参道Xの一員として活躍の場を広げている新井裕介

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

更に、辻美優と同じくelfin’に所属する花房里枝の他、前川泰之、岡千絵、角田信朗、蝶野正洋、橋本マナミ、篠原信一、森次晃嗣など豪華俳優陣が脇を固め、物語に奥行きをもたせています。

監督・脚本は、本作が長編デビュー作となる、新鋭・目黒啓太です。

スポンサーリンク

映画の基となった実話パンダンプロジェクトとは

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

今から約20年前の1990年8月、アジアでボランティア活動をしていたNGO「アジア協会アジア友の会」に、日本に留学していたフィリピン人男性から、自分の故郷であるパナイ島のパンダンに井戸を掘ってほしいとの依頼の電話がありました。

首都マニラから300キロ南のパナイ島。

しかし、その島に安全な飲料水を供給するには、井戸水では間に合わないと判明。

キレイな水を、水源から丘を越えて引かねばなりませんでした。

「パンダン飲料水パイプライン建設事業」=パンダンプロジェクトのスタートです。

丘を越えてパイプラインを引くことの困難に、もう一つ越えなければならない困難がありました。

第二次世界大戦時の日本へのつらい記憶が、フィリピンの人々の心の傷として深く残っていたためです。

それから9年。泥と汗にまみれながら、様々な苦難を乗り越えるうち、やがて日本人とフィリピン人の固い絆が生まれ、日比の友情のあかし「パンダンプロジェクト」は完成。

その水を飲んだパンダンの人々は「セカイイチオイシイ!」と叫んだと言います。

まとめ

(C)セカイイチオイシイ水製作委員会

今なお世界には、安全な水が供給されずに亡くなる子どもたちが年間100万人以上います。

この物語は、過去を乗り越え「今を生きる」ことの大切さを教えてくれる「人間賛歌」です。

現代の日本やアジアに住む子どもたちに広く知ってもらい、より豊かでハッピーなアジアの未来を築くための第一歩として、本作をぜひご覧ください。

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』は2019年9月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

壮大な世界観に圧倒される映画『神と共に 第一章:罪と罰』予告編完成!2部作のビジュアル解禁も

韓国累計2,700万動員のメガヒット・ムービー アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を超える歴史的大ヒット作となった映画、「神と共に」二部作。 …

新作映画ニュース

ピーター・ジャクソン映画『彼らは生きていた』あらすじ。公開日は2020年1月25日のドキュメンタリーとは

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が贈る戦争の記録。 100年前の戦場の真実が、色鮮やかによみがえります。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの名匠ピーター・ジャクソン監 …

新作映画ニュース

永瀬正敏×窪田正孝映画『ファンシー』あらすじとキャスト。公開日が2020年2月7日と決定し特報予告も解禁!

元彫師の郵便屋と恋多き詩人の愛と暴力。 連合赤軍事件を題材にした『レッド Red』で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山本直樹の短編漫画『ファンシー』が実写映画化されます。 永瀬正敏Ⓒ201 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの田島周二役は大泉洋【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP