Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/06/09
Update

『ザ・ミソジニー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ホラー映画の高橋洋監督最新作が「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022」にて上映

  • Writer :
  • 大塚まき

一般公開に先駆けてカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022での上映決定!

不気味な洋館、呪われた事件を演じる二人の女優。彼女たちに憑依したのは「役」なのか「霊」なのか…。

ホラー映画の名匠・高橋洋監督長編最新作!

映画『ザ・ミソジニー』が、2022年9月9日(金) シネマカリテほか全国順次公開されることが決定しました。

一般公開に先駆けて、カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2022での上映が決定し、併せて60秒の特報予告も解禁となります。

スポンサーリンク

映画『ザ・ミソジニー』について


(C)2022『ザ・ミソジニー』フィルムパートナーズ

高橋洋監督は、中田秀夫監督『女優霊』(1995)『リング』(1998)『リング2』(1999)の脚本を手掛け、 世界中にJホラーブームを巻き起こしました

『ザ・ミソジニー』は4年ぶりの長編最新作となり、中原翔子、河野知美、横井翔二郎らが出演

映画のタイトルとなるミソジニー(英: misogyny)とは、一般的には「女性嫌悪」「女性蔑視」と訳されます。

その根幹にあるのは、男性支配の秩序から女性が逸脱することへの強い抵抗や反発だとされ、広い意味での偏見や性差別とは異なり、男性のみならず、女性にも見られる心的傾向と言われています。 

監督:高橋洋(たかはしひろし)のプロフィール

高橋洋は1959年生まれ。1990年に脚本家としてデビュー後、中田秀夫監督『女優霊』(1995)『リング』(1998)『リング2』(1999)の脚本を手掛け、世界中にJホラーブームを巻き起こしました。

2004年に『ソドムの市』で初長編を監督。その後『狂気の海』(2007)、『恐怖』(2010)、『旧支配者のキャロル』(2011)と監督作を発表。

2017年には黒沢清監督『予兆 散歩する侵略者』の脚本を手掛け、 2018年は監督作『霊的ボリシェヴィキ』を公開。21~22年は『うそつきジャンヌ・ダルク』、『同志アナスタシア』を監督し、オンラインで現在公開中。

スポンサーリンク

映画『ザ・ミソジニー』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
高橋洋

【キャスト】
中原翔子、河野知美、横井翔二郎、浅田麻衣、内田周作、羽柴有吾、根津麻里亜、大橋将太郎、古山憲太郎

映画『ザ・ミソジニー』のあらすじ

女優で劇作家のナオミ(中原翔子)は一夏借りた山荘で、かつて自分の夫を略奪した女優ミズキ(河野知美)を呼び寄せ、芝居の稽古を始めます。

題材となるのはある謎めいた母親殺しの事件でした。

マネージャーの大牟田(横井翔二郎)と共にやって来たミズキは、母親を殺した娘の役を演じるにつれ、事件が起きたのはこの屋敷ではないかと疑い始め….。

スポンサーリンク

まとめ

ホラー映画の巨匠・高橋洋監督4年ぶりの長編最新作『ザ・ミソジニー』。

不気味な洋館を舞台に呪われた事件を演じる二人の女優。彼女たちに憑依したのは「役」なのか「霊」なのか…。

一般公開に先駆けてカリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2022にて先行上映決定。

映画『ザ・ミソジニー』は、2022年9月9日(金) シネマカリテほか全国順次ロードショーです

関連記事

新作映画ニュース

【ワンピースFILM RED】謎の少女のキャラクター画像解禁や劇場ムビチケ前売り発売情報にも注目!

2022年8月6日(土)に公開される『ONE PIECE FILM RED』 新キャラクターと前売り券情報解禁! “国民的コミック”として絶大な人気を博す週刊少年ジャンプでの連載開始から、24年を超え …

新作映画ニュース

映画『インフル病みのペトロフ家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌを驚愕と喝采の渦に巻き込んだキリル・セレブレンニコフ監督の衝撃作品

鬼才キリル・セレブレンニコフ監督が描く迷宮のような最新作 『LETO-レト-』(2018)で知られるロシア演劇界の鬼才にして気鋭の映画作家キリル・セレブレンニコフ監督が、大ベストセラー小説を原作に描き …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの極道中堅幹部・城島役は出合正幸【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』あらすじ/公開日/上映館。マ・ドンソク最新作はクライムアクション・エンターテインメント!

マ・ドンソクの原点にして最強進化系!韓国大ヒット作が日本上陸。 『新感染 ファイナル・エクスプレス』で強烈なインパクトを与え、その後も『犯罪都市』、『無双の鉄拳』、『悪人伝』、夏に日本公開を控えるイ・ …

新作映画ニュース

映画『愛なのに』『猫は逃げた』あらすじ。城定秀夫×今泉力哉のコラボ企画L/R15が始動!

城定秀夫×今泉力哉による異色のコラボレーション企画が始動! 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』 『mellow』『his』『あの頃。』『街の上で』と続々話題作が公開され、今最も注目されてい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学