Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/19
Update

映画『愛のまなざしを』あらすじ/キャスト。仲村トオル×杉野希妃×斎藤工の愛の復讐劇が2021年公開!

  • Writer :
  • 大塚まき

『接吻』で各賞を受賞した鬼才・万田邦敏監督 待望の新作。

これまでも強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、亡き妻への思いを捨てきれない男とその男に恋をする女の嫉妬と復讐と救済の劇を描きます。


(c)Love Mooning Film Partners

仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり主演の万田邦敏監督最新作『愛のまなざしを』が、2021年に公開されることが決定しました。

公開決定でに伴い、場面写真が解禁され、万田邦敏監督と仲村トオルからコメントが届きました。

スポンサーリンク

映画『愛のまなざしを』について


(c)Love Mooning Film Partners

これまでも強烈な自我を持つ女性を軸に、狂気ともいえる愛を描いてきた鬼才・万田邦敏監督が、カンヌ国際映画祭にてW受賞した『UNLOVED』、比類なき傑作『接吻』に続き、共同脚本・万田珠実との3度目のタッグを組んだ本作では、亡き妻への思いを捨てきれない男と、その男に恋をする女の、嫉妬と復讐と救済の劇が描かれます。

男は精神科医、女は元患者。二人は恋に落ち、やがて結婚を約束。しかし、前妻のことは絶対に忘れないという男の思いを知った女は、嫉妬に狂い、二人の歯車は狂っていきます。

そして、男の耳に亡き妻の声がこだまして…。エリート精神科医の精神に何が起きたのか? 彼女が真に求めていたものは何だったのか? 生死を超えた純粋な愛とは?

万田監督作品『UNLOVED』『接吻』でキーパーソンを好演した仲村トオルが、現実と幻想の区別がつかなくなる精神科医・貴志役を熱演

貴志からの愛を切望する綾子役は、監督、プロデューサーとしても精力的に活動する杉野希妃が演じ、本作の発案、プロデュースも務めました。

死んだ姉に恋焦がれる内山茂役には、監督、プロデュースなど肩書を超えて活躍する斎藤工

映画やドラマ、舞台としなやかな演技力が光る中村ゆりが、6年前に亡くなった貴志の妻の亡霊を強く儚く演じています。

貴志の息子・祐樹役として十代の繊細な心の揺れ動きを表現した藤原大祐は、オーディションで役を掴み、本作で映画デビューを飾りました。

その他、片桐はいり、ベンガル、森口瑤子など、ベテランが脇を固めています。

監督:万田邦敏のプロフィール

万田邦敏は、1956年生まれの映画監督。映画美学校講師、立教大学現代心理学部映像身体学科教授。

立教大学在学中、黒沢清らとともに自主映画製作を行い、大学中退後、黒沢清の『神田川淫乱戦争』に美術として、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』に共同脚本、助監督として参加しています。

その後PRビデオ、TVドラマの演出を経て、1996年、押井守総合監修による実写SF『宇宙貨物船レムナント6』で商業映画監督デビュー。

2001年長編処女作『UNLOVED』がカンヌ国際映画祭にてエキュメニック新人賞、レイル・ドール賞をW受賞

2004年に『あのトンネル(The Tunnel)』がカンヌ映画祭監督週間に招待されました。

小池栄子と豊川悦司を主演に迎えた『接吻』(2007)は、全州国際映画祭のオープニング作に選ばれた他、高崎映画祭の最優秀作品賞、ヨコハマ映画祭の脚本賞&主演女優賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を受賞

その他の監督作に『ありがとう』(2006)、『イヌミチ』(2013)、『シンクロナイザー』(2017)などがあります。

監督:万田邦敏からのコメント

本作のラストをどうするか、じつは撮影中に二転三転した。決定稿では、主人公の男女は最後まで闇の中に宙づりにされたままだった。ところが、撮影中にそれではこの二人がなんだか可哀想に思えてきた。救いがなさ過ぎると思った。男も女も本気で愛し合ったのだし、本気で憎み合ったのだ。その本気を最後に突き放したままでいいのだろうか。そう思わせたのは、役を演じる目の前の仲村さんと杉野さんの身体が、意識せぬまま、己が演じる男と女の救済に向けて動き、発話し、沈黙していたからなのだと思う。初めは、二人自身も私もそのことに気付かなかった。二人の結末に最初に違和感を感じたのは、ずうっと撮影を見続けていた脚本を書いた珠実そのひとだった。愛する者が苦しんでいるのなら、その苦しみを分かち合いたい、苦しみから救ってあげたい。珠実は、仲村さんと杉野さんの芝居する身体が発するサインを目ざとく読み取ったのだ。撮影の合間を縫って二人に相談してみると、「そういうことだったのか」と二人も納得。だったらあれは、これはといろいろとアイデアは出てくるし、二人の身体にもそれまで以上に開放感、伸びやかさ、自由さが増した。こうして、映画の最後(それは撮影終了日でもあった)に杉野さん演じる綾子は満面の笑みを見せることになった。決定稿とは真逆の結末に、私たちはみな満足してクランクアップしたのである。

スポンサーリンク

貴志役:仲村トオルのプロフィール

仲村トオルは1965年生まれ、東京都出身

1985年、映画『ビー・バップ・ハイスクール』(1985~88/全6作 )でデビュー。

1986年より、30年間に渡り制作された「あぶない刑事」シリーズ全作に出演したほか、「チーム・バチスタ」シリーズ(2008~2014)、「家売るオンナ」シリーズ(2016/2017/2019)など、数々の映像作品に出演しています。

90年代後半より海外の作品にも参加。韓国映画『ロスト・メモリーズ』(2004)では第39回大鐘賞映画祭最優秀男優助演賞を受賞。中仏合作映画『パープル・バタフライ』(2005)は第62回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されるなど、活躍の場を拡げています。

2000年代より「偶然の音楽」(2005/2008)、「奇ッ怪」シリーズ(2009/2011/2016)、NODA・MAP「エッグ」(2012/2015)、KERA・MAP 「グッドバイ」(2015)、ケムリ研究室 no.1「ベイジルタウンの女神」(2020) などに出演し、演劇のキャリアも重ねています。

万田邦敏監督とは映画『UNLOVED』(2002)で出会い、『ありがとう』(2006)に賛助出演。

『接吻』(2008)では、第23回高崎映画祭主演男優賞を受賞しました。

このほかの主な映画出演作は『K-20 怪人二十面相・伝』(2008)、『劒岳 点の記』(2009)、『行きずりの街』(2010)、『北のカナリアたち』(2012)、『64‐ロクヨン‐前編/後編』(2016)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(2017)などがあります。

貴志役:仲村トオルからのコメント

「答えは其処にしかないのです」と説得され切った『UNLOVED』。
「答えはひとつではないのです」と自由さに戸惑った『接吻』。
『愛のまなざしを』の撮影現場は過去の自分が出演した万田邦敏監督の作品と比べると「答えなど最初からないのです」と言われ、「迷宮を駆け抜けたような」日々でした。
過去の万田組の現場の雰囲気と共通していたのは涼しさより少し冷たさに近いような、ひんやりとした緊張感、でしょうか。ただそれも、過去の現場にあった張りつめていたものが、時に歪んだり捻じれたりするような新鮮な瞬間が何度もありました。

映画『愛のまなざしを』の作品情報


(c)Love Mooning Film Partners

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
Love Mooning

【監督】
万田邦敏

【脚本】
万田珠実/万田邦敏

【キャスト】
仲村トオル、杉野希妃、斎藤工、中村ゆり、藤原大祐、万田祐介、松林うらら、ベンガル、森口瑤子、片桐はいり 

スポンサーリンク

映画『愛のまなざしを』のあらすじ

貴志(仲村トオル)は、患者の話に耳を傾けてくれると評判の精神科医ですが、6年前に亡くした妻・薫(中村ゆり)のことを想ってはむせび泣き、薬で精神を安定させる日々を過ごしていました。

患者としてやってきた女・綾子(杉野希妃)は、治療関係を超えて貴志と気持ちが通じ合い、やがて貴志に寄り添うようになります。

しかし綾子は、貴志の亡き薫への断ち切れない思いや薫との子供・祐樹(藤原大祐)の存在を知るや猛烈な嫉妬心にさいなまれ、独占欲がふくらみます。

そして、前妻の弟・茂(斎藤工)に近づき…。

まとめ


(c)Love Mooning Film Partners

本作は、誰もが直面したことのある愛ゆえの心の葛藤、失った者への哀惜の念が映し出されます。

そのとき、観るものに“あなたは感じるだろうか。愛のまなざしを”と問いかけてきます。

映画『愛のまなざしを』は、2021年に公開です。

続報にもご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』あらすじと内容。アメリカでの評論家の感想は大絶賛で大ヒットの兆しへ

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日全国ロードショー! 『スパイダーマン』「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、そしてマーベル・シネマティック・ユニバース入りを果 …

新作映画ニュース

経済学者ピケティの『21世紀の資本』が映画化!格差社会を解くドキュメンタリー公開日は3月20日

ドキュメンタリー『21世紀の資本』は3月20日(金)より公開 フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー『21世紀の資本』。 (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited &#0 …

新作映画ニュース

映画『積むさおり』あらすじ。キャストに黒沢あすかと木村圭作を迎えたサスペンスは11月2日公開!

黒沢あすか・木村圭作×特殊メイクの鬼才・梅沢壮一監督が紡ぐ体感型サスペンス。 “失敗できない”夫婦の関係崩壊までのカウントダウン。観る者の聴覚を刺激する体感型サスペンス映画『積むさおり』が、2019年 …

新作映画ニュース

映画『友達やめた。』公開日/上映館/予告動画。注目の女性監督今村彩子がアスペルガー症候群の友人との関係をドキュメンタリーで捉える

わたしたちってややこしい。 生まれつき耳の聞こえない今村彩子監督が、アスペルガー症候群の友人・まあちゃんとの関係に悩み、友達でいる方法を考えるために、自分たちに向けてカメラを回したドキュメンタリー映画 …

新作映画ニュース

檀れいや荒俣宏ら著名人から映画感想が到着!『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』30秒予告も公開

究極の美と権力に秘められた名画ミステリー 2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開される映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』。 本作は、ナ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学