Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/02
Update

映画『CURED キュアード』日本公開日/上映館/予告編。感染パニックを描いた異色のゾンビ作品

  • Writer :
  • 松平光冬

ゾンビ・パンデミック終焉後、元感染者が社会復帰した世界を描く新感覚スリラー。

差別を受ける元ゾンビウィルス感染者たちが巻き起こす、新たな恐怖

(c)Tilted Pictures Limited 2017

その近未来スリラー映画『CURED キュアード』は、2020年3月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショーされます。

映画公開に先がけ、新たに予告編が到着しました。

スポンサーリンク

映画『CURED キュアード』について


(c)Tilted Pictures Limited 2017

本作『CURED キュアード』は、アイルランドの新進気鋭監督デヴィッド・フレインによる、近未来ゾンビスリラーです。

人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランドを舞台に、“回復者”と呼ばれる元感染者と、彼らを恐れる非感染者との争いが繰り広げられます。

主人公となるシングルマザーのアビーに扮するのは、『JUNO/ジュノ』(2008)、『インセプション』(2010)、『スーパー!』(2011)のエレン・ペイジで、本作ではプロデューサーも兼任。

アビーのところに身を寄せることとなる若者セナン役に、『ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦』(2017)のサム・キーリーが演じます。

そのほか、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のエボニー・マウ役で知られるトム・ヴォーン=ローラー、TVリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」のポーラ・マルコムソンなど、アイルランドとイギリスの実力派キャストが迫真の演技を披露しています。

映画『CURED キュアード』の予告編

映画公開に先がけ、予告編が公開されました。

解禁となる映像には、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱となり、元感染者である回復者への差別や、不寛容な社会に陥ったアイルランドの町が映し出されます。

「奴らはもう人間じゃない」、「悪夢は見るか?」、「人を噛み殺してたんだ 当然だな」といった誹謗中傷に苦しみ、人を噛み殺した記憶を消すことができない元感染者たち。

そんな苦しみを憎しみに変えた回復者グループは社会への復讐テロを計画し、回復者のひとりで、エレン・ペイジ扮する義姉アビーのもとに身を寄せていた、サム・キーリー扮するセナンもまた…。

新たなパンデミックの始まりを予感させる、恐怖心と好奇心をかき立てられる内容となっています。

スポンサーリンク

映画『CURED キュアード』の作品情報


(c)Tilted Pictures Limited 2017

【日本公開】
2020年(アイルランド・フランス合作映画)

【原題】
THE CURED

【監督・脚本】
デイヴィッド・フレイン

【キャスト】
エレン・ペイジ、サム・キーリー、トム・ヴォーン=ローラー

映画『CURED キュアード』のあらすじ


(c)Tilted Pictures Limited 2017

人間を凶暴化させる新種の病原体、メイズ・ウイルスのパンデミックによって大混乱に陥ったアイルランド。

6年後、治療法が発見されたことで秩序を取り戻し、治療効果が見られない25%の感染者は隔離施設に監禁され、治癒した75%は“回復者”として社会復帰することになりました。

回復者のひとりである若者セナンは、シングルマザーの義姉アビーのもとに身を寄せますが、回復者を恐れる市民の抗議デモは激しさを増すばかり。

やがて理不尽な差別に不満を募らせ、過激化した回復者のグループは社会への復讐テロを計画。

その怒りと憎しみの連鎖はセナンやアビー親子を巻き込み、新たな恐怖のパンデミックを招き寄せるのでした…。

スポンサーリンク

まとめ


(c)Tilted Pictures Limited 2017

ゾンビ映画の祖とされるジョージ・A・ロメロ監督は、大量消費社会への皮肉や、右傾化するアメリカといった、現代社会への痛烈なメッセージを自作に込めてきました。

本作『CURED キュアード』にも、監督・脚本を務めたデヴィド・フレインの社会へのメッセージが詰まっています。

私はヨーロッパ中に救済措置と抗議が広がっていた頃、この脚本を書き始めた。当時も存在し、今でも残る激しい怒りの空気が私の執筆を焚きつけた。あれは自分には手に負えないことによって苦しめられ、責任を取らされるということに他ならず、それは本作の元ゾンビたちとまったく同じだった。彼らの行動に対する責任と罪はどこにあるのか。そして、記憶に取り憑かれている本人にとって、そんなことは本当に重要なのだろうか?
また、私はメディアや政治家が自らの目的のため、いかに人々の恐怖心を煽るかにも興味を抱いた。その恐怖の対象が移民、宗教、ジカ熱など、いずれであっても。そうした行為は怒りと分裂の雰囲気を作り出し、どんな病気よりもはるかに有害だ。このように恐怖を誇張する行為が『CURED キュアード』の世界の基礎を築いている。

ゾンビ映画でありながら、元感染者への差別や不寛容な社会を描き、図らずも新型コロナウィルスが感染拡大する現世界にも通じる一本となりました。

新たなゾンビ映画の設定を切り拓く、異色の近未来スリラー。

ゾンビパニック終焉後の世界で、元感染者たちの苦悩と、再び人間として生き抜くための戦いの幕が、上がります。

映画『CURED キュアード』は、2020年3月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

映画『そしてキアロスタミはつづく デジタル・リマスター版特集上映』公開日/開催劇場情報/作品内容紹介!

キアロスタミ監督の傑作7作品がデジタル・リマスター版で蘇る。 イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ監督。 キアロスタミ監督の初期7作品を、デジタル・リマスター版特集上映『そしてキアロスタミはつづく …

新作映画ニュース

映画『グレート・ウォー』あらすじとキャスト。戦争アクション大作が未体験ゾーンの映画たち2020にて公開!

いまだ語られることのなかった戦場の真実。 2020年1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田にて開催される、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち20 …

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映! デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユ …

新作映画ニュース

オダギリジョー監督としてヴェネチア映画祭に選出!キノフィルムズ【ある船頭の話】が日本史上初の快挙へ

日本映画長編として初の選出にオダギリ監督「本当に光栄です」! オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 このたび本作が、第7 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの占いの易者役は戸田恵子【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学