Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/26
Update

映画『Dinerダイナー』キャストのブタ男役は金子ノブアキ。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、殺し屋#06役のブタ男役を演じる金子ノブアキについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』ブタ男役は金子ノブアキ

参考映像:『ギャングーズ』(2018)

映画『Diner ダイナー』でブタ男役を演じる金子ノブアキは1981年6月5日生まれ。東京都出身。イトーカンパニー所属。ロックバンドRIZEのドラマーでもあります。

父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ、弟はRIZEのベーシストのKenKenこと金子賢輔という音楽一家。

ドラマーとして高く評価されており、多くのアーティストの作品、ツアーに参加しています。

一方で、俳優が本業かと思うほどに、演技にも定評があります。

映画『新宿スワン』シリーズ、『クローズZERO Ⅱ』『ギャングース』、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『スモーキング』など、多数の話題作に出演。

本作で殺し屋・カウボーイを演じる斎藤工とは同郷で同い年の友人。斎藤の監督作『blank13』では、音楽を担当しています。

筋金入りのゲーマーで、ゲームコラムの連載や、プレイヤーとして番組担当したこともあります。

映画『Diner ダイナー』ブタ男はどんな役?

ブタ男は#06の殺し屋。殺し屋専門のダイナーの客の一人。豚のマスクをかぶった不気味な容姿。

ヒロイン・カナコをボンベロのダイナーに売り飛ばした組織の男。

スキンヘッドの凶悪そうな部下たちを連れ、異様なオーラを放つ存在です。

スポンサーリンク

金子ノブアキの演技力の評価は

参考映像:『新宿スワンⅡ』(2017)

ロックバンドRIZEのドラマーであり、優れた名脇役としても知られる金子ノブアキ。

迫力ある風貌、そして演技から、いわゆる「怖い役」が得意な俳優です。

映画『新宿スワン』『クローズZERO Ⅱ』や、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』最終話での犯罪者役などを、鬼気迫る演技で魅せています。

2018年公開の映画『ギャングース』では、特殊詐欺の店舗番頭の役。

詐欺を働く論理と熱弁するシーンでのセリフは長く、なんとトータル2分40秒。役者魂を見せています。

今作でのオーラに満ちた迫力ある殺し屋・ブタ男はまさにはまり役。作品を大いに盛り上げるに違いありません。

金子ノブアキの公式SNSの紹介

金子ノブアキの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

「怖い役」に定評ある金子ノブアキが、迫力あるビジュアルとオーラを持つ殺し屋・ブタ男を演じます。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

オムニバス映画『おっさんず・ぶるーす』七人の監督のプロフィール。挑戦する内容とは⁈

7人のおっさん監督が21世紀に生きるおっさんたちを描くオムニバス映画 自分の人生や社会に対しての様々な「違和感」を抱えている、今のおっさんたちの姿を撮りたい…そんな想いを胸に、作風やフィールドの違う4 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】オープニングは武正晴『アンダードッグ』/クロージングは『HOKUSAI』

第33回東京国際映画祭の顔 【オープニング】【クロージング】の2作品が決定!! 2020年10月31日(土)から11月9日(月)に開催の第33回東京国際映画祭。 本年度のオープニング作品とクロージング …

新作映画ニュース

映画『夢みるように眠りたい』リマスター版あらすじ/上映館/公開日。林海象デビュー作品がスクリーンで蘇る!

34年の時を経て、幻のフィルムがスクリーンによみがえる。 1986年に公開された林海象監督のデビュー作『夢みるように眠りたい』。 34年の間、眠っていた幻のフィルム『夢みるように眠りたい』がデジタルリ …

新作映画ニュース

映画『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。女性監督がマイノリティの性にカメラを向けた衝撃作

第68回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)受賞作品。 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭2018 無名の女性監督が脚光を浴びました。 ルーマニア出身のアディナ・ピンティリ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学