Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ドラマ『片恋グルメ日記2』あらすじ/キャスト。りんご役に藤田玲×勇気役に兵頭功海の続投が決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

新月曜ドラマ『片恋グルメ日記2』追加キャスト発表!

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)は、月曜夜10時のドラマ「ドラマニア!」枠で、『片恋グルメ日記2』を2022年5月23日(月)より放送します。

本仮屋ユイカと平岡祐太が出演する本作。このたび、本仮屋ユイカ演じる主人公・コロと平岡祐太演じる八角さんを取り巻く個性豊かなレギュラーキャストに、前作からの続投で、藤田玲、兵頭功海の出演が決定しました。


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

また、『片恋グルメ日記2』のエンディング主題歌も、愛知県出身の女性シンガーソングライター・ゆいにしおの新曲『ワンダーランドはすぐそばに』に決定しました。

本楽曲は2022年4月27日(水)にリリースとなり、0:00から各配信サイト・サブスクリプションサービスで配信がスタートします。

スポンサーリンク

新月曜ドラマ『片恋グルメ日記2』について

コロの担当漫画家で、食事ストーキングを勧めたキーパーソン・曲家りんご役を引き続き演じるのは藤田玲

映画『MANKAI MOVIE 「A3!」~AUTUMN&WINTER~』(2022)、ミュージカル『next to normal』(2022)に出演するなど、俳優・アーティスト・バラエティーなどでマルチに活躍し、『藤田玲の#カモマイ ‐ムチャぶりすごろくバラエティー‐』ではМCを務めるなど、活動の幅を広げている藤田玲が演じるりんご先生とコロとの掛け合い、また前作以上に胸に刺さる恋愛のアドバイスには注目です!

そして、前作でその“子犬系笑顔“でコロを何度もドキドキさせた、八角さんと並ぶモテ四天王の一人・星勇気役を、兵頭功海が引き続き演じます。

兵頭功海は、映画『『五億円のじんせい』(2019)で俳優デビューし、その後『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019)カナロ/リュウソウゴールド役で注目を浴びました。

オリジナル連続WEBドラマ『きいてください、最後の曲です』(2022)のギタリスト役での出演や、ドラマ『インバージョン』(2022)では主演を務めるなど今勢いのある兵頭功海が演じる、少し大人になった星は本作で、コロと八角さんの恋において重要な役割を果たします。

エンディング主題歌は2022年注目の女性SSWゆいにしおゆいにしお

初のドラマタイアップとなった『ワンダーランドはすぐそばに』は、”愛を言葉で伝えることは一瞬だが、その言葉を受け取ったハッピーな気持ちは心に一生残っていく”ということを歌ったアップナンバーです。

恋人や家族、友達など全ての「大切な人」が思い浮かぶような、温かい楽曲になっています。

曲家りんご役:藤田玲のコメント


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

「りんご先生をもう一度演じられることになりとても嬉しいです!
コロちゃんと八角さんの恋の行方もひと段落したのに、2がある!という事でどんな事が起きるのかとてもワクワクして台本を読みました。
りんご先生として、コロちゃんをサポートしつつ、アドリブ満載の『りんご先生劇場』を皆さま楽しみに待っていて下さい!!」

スポンサーリンク

星勇気役:兵頭功海のコメント


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

「2がある!そして、星としてまた生きられると知った時は本当に嬉しかったです。
少し大人になった星が帰ってきました!!
1年半ぶりに本仮屋さんや平岡さん監督やスタッフの方々とも再会する事ができ、幸せな現場でした。
パワーアップした片恋グルメ日記2!!!
美味しいご飯と妄想をお楽しみください!!」

原作:アキヤマ香のコメント


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

「片恋グルメ日記2、楽しみです!
とても美味しそうに食べるコロ、クール…というか不器用な八角さん、
はちゃめちゃな華を散りばめてくれるりんご先生、
ワンコっぽいのに実は頼もしい星くんに再会できるのがとても嬉しいです。」

スポンサーリンク

ゆいにしおのコメント


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

『ワンダーランドはすぐそばに』は、「自分の中に生まれたラヴを抱きしめて、1秒で言える『愛してる』を大切な人に言おう」という曲です。
コロの食事ストーキングは、「ラヴ」も「愛してる」という気持ちもたくさん詰まった、幸せな行為。
幸せそうにごはんと妄想を食べるコロの姿には元気をもらえますよね。
この曲も、そんなコロの姿のように元気を与えられる曲になるといいな、と願っております。
「ワンダーランドはすぐそばに」に、コロと八角さんが仲良く食事をしている姿を重ねてついつい妄想してしまいます…!私も妄想ごといただきます!

『片恋グルメ日記2』の番組情報

【放送日時】
毎週月曜 22:00〜22:30 <TOKYO MX1>

【配信情報】
オンライン動画配信サービス『Hulu』にて最新話放送後から随時公開。最新話まで見放題独占配信。

民放公式テレビポータル『TVer』(https://tver.jp/)にて1週間見逃し配信。

スマホアプリ/Webサイト『エムキャス』(https://s.mxtv.jp/mcas/)にて全国無料でリアルタイム配信。

また、見逃し配信として、最新話放送から1週間は『エムキャス』にて視聴可能。

【エンディング主題歌】
ゆいにしお「ワンダーランドはすぐそばに」

【キャスト】
本仮屋ユイカ、平岡祐太、藤田玲、兵頭功海ほか

『片恋グルメ日記2』のあらすじ

よつば出版の少女漫画誌『ジュース』編集部員・所まどか(通称・コロ/本仮屋ユイカ)は、会社のイケメンで“モテ四天王”の一人と称される八角直哉(通称・八角さん/平岡祐太)に恋をします。

恋に奥手で現実の恋になかなか踏み込めなかったコロは、担当漫画家・曲家りんご(藤田玲)のアドバイスにより、彼の食べたものを調べ、彼を感じながら同じメニューを食するという“食事ストーキング”を実行し、ついに八角さんに告白することができました。

ようやく八角さんとの恋が成就したと思いきや、妄想の中での大胆さとは裏腹に八角さんの本当の気持ちをつかみきれず、進展のない関係が続いていました。

たまりかねて、八角さんの想いを確認しようと覚悟を決めるコロ。しかし、八角さんには別の女性の存在がちらつき、さらに、コロの前には次々と魅惑的な男性達が現れて……。

果たして2人の恋の行方は!?

まとめ


(C)アキヤマ香/双葉社 (C)TOKYO MX

本作は、主人公・コロを演じる本仮屋ユイカと八角さん演じる平岡祐太が出演。コロと八角さんを取り巻く個性豊かなレギュラーキャストに藤田玲、兵頭功海が前作からの続投します。

そして……注目の女性シンガーソングライター・ゆいにしおが歌うエンディング主題歌「ワンダーランドはすぐそばに」がドラマを彩ります。

本仮屋ユイカが主題歌について以下のようなコメントを寄せました。

「結局は、幸せになりたいだけなんでしょ?」の歌詞に、ぐっと心掴まれました。
ゆいさんの透明感ある声で問われたら、”そうなんだよ”と頷きながら
素直に曲に身を委ねてしまいました。
恋に奮闘するコロの心情とぴったり重なったこの曲が、ドラマのラストに流れると思うと、
なんて素敵なんだろうと感激しました。
愛すること、恋することに煮詰まった身体と心がほぐれるような優しい曲。
この曲と一緒に『片恋グルメ日記2』もたくさんの方に愛されるように心から祈っています。
この度は素敵な曲をありがとうございました!

新月曜ドラマ『片恋グルメ日記2』は、毎週月曜22:00〜22:30<TOKYO MX1>で2022年5月23日(月)より放送開始です!

関連記事

新作映画ニュース

実在の文豪の晩年を描いた映画『シェイクスピアの庭』予告編紹介!家族との絆を取り戻すまで

『シェイクスピアの庭』は3月6日より全国順次公開。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年)。 (C …

新作映画ニュース

山田裕貴が始球式登板の画像!父は元プロ野球選手。映画『あの頃、君を追いかけた』

10月5日(金)から全国ロードショーされる映画『あの頃、君を追いかけた』の主演を務める山田裕貴が、本日8月10日にナゴヤドームで行われた中日・ヤクルト戦の始球式に登板しました。 以前から夢だったという …

新作映画ニュース

北欧映画祭が大阪の阪急うめだ本店にて開催。キノ・イグルーからヨーロッパ北部の世界を知る喜び

「北欧映画祭 Collaboration withキノ・イグルー」 2019年5月31日(金)と6月2日(日)の2日間、阪急うめだ本店にて開催決定! ©︎HANKYU HANSHIN DEPARTME …

新作映画ニュース

映画『アンテベラム』あらすじ/キャスト/上映館。話題のパラドックス・スリラーが2021年日本公開!

『ゲット・アウト』『アス』のプロデューサーが新たな衝撃を呼び起こすパラドックス・スリラー。 大反響を呼んだ『ゲット・アウト』(2017)、『アス』(2019)のプロデューサー、ショーン・マッキトリック …

新作映画ニュース

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』劇場公開日/上映館。ドキュメンタリーで“神の手”やスキャンダルを暴く!

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』は新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて2021年2月5日(金)全国ロードショー サッカー界のスーパースターとして絶大な人気を誇っていたディエゴ・マ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学