Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督がキャストに込めた名作へのオマージュとは

  • Writer :
  • かりごめあき


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲う傑作サスペンス、映画『ジュリアン』の予告編が解禁されました。

期待の新星グザヴィエ・ルグラン監督が、アカデミー賞にノミネートされた自身の短編を長編化し、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した衝撃のデビュー作。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』予告編

主人公は、離婚した父親アントワーヌと母親ミリアムの間で揺れ動く息子ジュリアン。

まだ11歳の彼は母親を守るために、父親に必死で嘘をつき続けますが…。

解禁された予告編は、幼い子どもジュリアンの親権を取り決める元夫婦の姿から始まります。

母親と姉と共に暮らすことになったジュリアンは、隔週末だけ父親と会うことになりました。

しかし、父親を母親に近づけたくないジュリアンは、嘘をつき続けます。

次第に父親は苛立ちが募り、その言動は徐々に狂気を帯びていきます。

執念深く追ってくる父親の行動は、どこまでエスカレートしていくのでしょうか。

予告編の最後は「家族は衝撃の結末を迎える」という意味深な言葉で締めくくられます。

時計の針が刻む音によって圧迫感と緊張感を漂わせ、息を止めて見入ってしまう程スリリングな映像です。

名作『クレイマー、クレイマー』(1979)へのオマージュ

参考映像:『クレイマー、クレイマー』(1979)のメリル・ストリープ

グザヴィエ・ルグラン監督は、作風は違うものの、親権を題材にした名作『クレイマー、クレイマー』(1979)を念頭に置いて本作『ジュリアン』を手がけました。

映画『クレイマー、クレイマー』で、離れて暮らす息子の親権を訴える母親ジョアンナ・クレイマーを演じたメリル・ストリープ。

ルグラン監督が「メリル・ストリープにオマージュを捧げた」と語る、本作の母親役レア・ドリュッケールの髪型や服装にも注目です。


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』の作品情報


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Jusqu’a la garde(英題:CUSTODY)

【監督・脚本】
グザヴィエ・ルグラン

【製作】
アレクサンドル・ガヴラス

【撮影】
ナタリー・デュラン

【キャスト】
レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア、マティルド・オネヴ

【作品概要】
離婚し共同親権を持つ両親の間で揺れ動く11歳の息子ジュリアンを、父親が執拗に追いつめていく様子をスリリングに描いたサスペンス。

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督の長編デビュー作。

第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。

映画『ジュリアン』のあらすじ


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。

離婚調整の取り決めで親権は共同となり、ジュリアンは隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなりました。


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えません。

アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとします。


© 2016 – KG Productions – France 3 CinémaJulien-movie.com

ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けますが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていきます。

家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待ち受けていました…。


© 2016 – KG Productions – France 3 CinémaJulien-movie.com

スポンサーリンク

まとめ


© 2016 – KG Productions – France 3 CinémaJulien-movie.com

近年、日本でも問題視されている親子の在り方を問う映画『ジュリアン』の予告編が解禁されました。

母親を守るため嘘をつき続けるジュリアンを、容赦なく追い詰めていく父親の狂気。

映像には、父親の前で怪訝な表情を浮かべ、常に不安そうなジュリアンの姿が収められています。

本国フランスでは、40万人を動員するロングランヒットを記録し、世界35ヶ国で公開され絶賛の嵐を巻き起こした本作。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

関連記事

新作映画ニュース

【2020年2月14日〜2月15日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

夏帆映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじとキャスト。イベントリポートも

2016年に行われた『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016』で審査員特別賞を受賞した、箱田優子監督の『ブルーアワー』。 このたび、映画『ブルーアワーにぶっ …

新作映画ニュース

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』アイ・ウェイウェイ監督のインタビュー映像解禁

世界的な現代美術家であるアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実状に迫るドキュメンタリー。 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開で …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『さよなら、退屈なレオニー』5組10名様ご招待!6月4日(火)にブロードメディア・スタジオ月島試写室にて

映画『さよなら、退屈なレオニー』は、2019年6月15日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 2018年東京国際映画祭にて上映され、輝きを放つ若手キャストに贈られる「ジェムストーン賞」を受 …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの本間紗季役は多部未華子【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学