Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/08/05
Update

【劇場版Fate[HF]第3章】あらすじとキャスト声優のコメント。劇場公開に向け第1弾特典付き共通前売券の発売も

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring song キービジュアル&特報第1弾公開!

手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描く、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』


劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring songのキービジュアルと特報第1弾公開
されました。

また第1弾特典付き全国共通前売券の発売が決定しています。さらに制作スタッフとキャストコメントも解禁されました。

スポンサーリンク

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』第3章の作品情報


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

【公開日】
2020年春

【原作】
奈須きのこ/TYPE-MOON

【キャラクター原案】
武内崇

【監督】
須藤友徳

【キャラクターデザイン】
須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之

【脚本】
桧山彬(ufotable)

【キャスト】
杉山紀彰、下屋則子、川澄綾子、植田佳奈、門脇舞以、伊藤美紀、中田譲治、津嘉山正種、浅川悠、稲田徹

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』第3章の作品概要


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いた、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』

劇場版アニメ三部作として紡がれる最終ルート[Heaven’s Feel](通称・桜ルート)が、ついに完結します。

アニメーション制作を担当するのは、2014年にテレビアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable

キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が第1章、第2章に続いて監督を務めます

2019年に公開された第2章[lost butterfly]は109万人を動員、興行収入は16.7億円を記録。

2017年に公開された第1章[presage flower]を上回る成績を収めました。

第3章は「聖杯戦争」の真実と、少年と少女の物語の結末が語られるエピソード。全3章で贈る[Heaven’s feel]がたどり着く場所とは?

第3章[spring song]で咲き誇り、奏でられる完結に乞うご期待です。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』第3章のあらすじ


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」。

少年は、真実からもう目を逸らさない。少女を救うために。自分の選んだ正義を貫くために。

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が万能の願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。

その戦いは歪んでいました。

ひとりの少女――間桐 桜は犯した罪と共に、昏い闇に溺れてしまったのです。

桜を守ると誓った少年・衛宮士郎は遠坂 凛と共闘し、「聖杯戦争」を終わらせるため、過酷な戦いに身を投じます。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者として、その運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して己が悲願を叶えようとしますが…。

「だから──歯をくいしばれ、桜」。

激しい風に抗い、運命に挑む少年の願いは、少女に届くのか。終局を迎える「聖杯戦争」。

最後の戦いが、遂に幕を上げます。


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

スポンサーリンク

第3章[spring song] 第1弾キービジュアル解禁


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

去る8月3日(土)「Fate/Grand Order Fes. 2019 ~カルデアパーク~」内で行われた劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』スペシャルステージにて、第3章の特報第1弾と、衛宮士郎と間桐桜の二人が描かれた須藤友徳 描き下ろしの第1弾キービジュアルが公開されました。

さらに、8月10日(土)より、全国の公開劇場にて第1弾特典付き前売券の発売が決定しました。

第1弾前売券

【発売日】
8月10日(土)~

【価格】
1,500円(税込)

【特典】
描き下ろしオリジナルA4クリアファイル

特典は数に限りがございます。なくなり次第、前売券のみの販売となります。
今後、第2弾前売券の販売も予定。

描き下ろしオリジナルA4クリアファイル

前売券の特典は間桐桜・セイバーオルタ・ライダーの姿が描かれた、須藤友徳の描き下ろしのA4クリアファイルです。

全国152館の劇場にて発売開始となりますので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

「聖杯戦争」の真実と、少年と少女の物語の結末が語られる劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring songの今後の展開に要注目です。

特典ビジュアル

スタッフ&キャストコメント到着


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

須藤友徳監督のコメント

最終章となる第三章は、士郎と桜をめぐる選択の結末、そして「聖杯戦争」の真実が明かされる物語になります。
原作の発売から15年を経て、この最終章を皆様にお届けできること、こうして[Heaven’s Feel]の物語をアニメとして皆様にお届けできることを嬉しく思います。最終章に向けてスタッフ一同頑張っていきます。よろしくお願いいたします。

杉山紀彰(衛宮士郎役)のコメント

「Fate」を応援してくださる皆さんの声援と、その期待を超えるクォリティを届けてくださるクリエイターの皆さんのおかげで、素晴らしい第一章、第二章を皆さんにお届けできた事を本当に嬉しく思っております。
第三章をお届けできるまで、あともう少しかかりますが、僕も胸を張ってまた皆さんにお会いできるよう、収録に挑みたいと思っております![Heaven’s Feel]最終章、ぜひ劇場でこの物語の結末を見届けてください!!

下屋則子(間桐桜役)のコメント

いよいよ最終章。
[Heaven’s Feel]を劇場版三部作という最高の形で映像化して頂き、多くの皆様に観て頂き、愛して頂き、もう、これ以上幸せなことはありません。
皆様に素晴らしい最終章をお届けできるよう、私も最後まで精いっぱい桜を演じ切りたいと思います。
第三章がどんな物語になり、どんな結末を迎えるのか……。最後までぜひ見届けて下さいね。


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

スポンサーリンク

まとめ


©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring songは、2020年の春公開予定です。

公開が予定されている劇場は、現在のところ全国152館となっています。

劇場版Fate[HF]第3章のキャッチコピーは「それでも歩く、新たな春のその先へ。

歩きゆく最終ルート(桜ルート)のその先に見えたものとは?

ぜひ、劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』Ⅲ.spring songをお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじ。4DX特別映像解禁と劇場情報も

「ジュラシック・パーク」シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

新作映画ニュース

映画『渇愛の果て、』キャスト/内容紹介。野生児童の有田あんがコロナ禍で上演中止の舞台を映像化!

妊娠、出産、障がい…出生前診断に女優たちが斬り込む。 野生児童主宰の有田あんが脚本・監督を務める長編映画、『渇愛の果て、』の制作が、2020年7月現在進行中です。 有田あん初の長編映画でも …

新作映画ニュース

映画『あなたにふさわしい』あらすじ/キャスト/公開日/特報予告動画。国内外で受賞した夫婦の危機の物語とは

主要キャストが特別賞を受賞。 1つの別荘をシェアした2組の夫婦が離婚の危機に直面する5日間の物語。 第19回TAMA NEW WAVE ある視点部門やボストン国際映画祭2019など国内外の映画祭で上映 …

新作映画ニュース

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』あらすじとキャスト。公開される劇場情報

2018年カンヌ国際映画祭批評家週間「GAN基金賞」受賞作 カンヌが注目するインドの女性監督ロヘナ・ゲラ長編デビュー作『SIR』が、日本公開用に『あなたの名前を呼べたなら』と題名を改め、2019年8月 …

新作映画ニュース

映画『土竜の唄FINAL』あらすじ/キャスト/公開日。生田斗真の演技力評価とプロフィール解説

映画『土竜の唄 FINAL』は2021年11月19日より全国ロードショー。 俳優の生田斗真が主演する人気シリーズ映画「土竜の唄」の第3弾となる完結編『土竜の唄 FINAL』が2021年11月19日より …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学