Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/23
Update

映画祭『レインボー・リール東京2021』開催日/上映劇場。東京と大阪にて世界中のLGBTQ作品の祭典第29回目が開催決定

  • Writer :
  • 大塚まき

世界中のLGBTQ映画を上映する映画祭。
2021年の会期・会場が決定。

2021年は第29回レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)が開催されます。

第29回にあたる2021年は、シネマート新宿およびシネマート心斎橋の2会場にて、2021年7月16日(金)から7月29日(木)までの計14日間開催します。

上映ラインナップの発表は2021年6月中旬を予定しています。

これまで特にご要望の声が高かった関西エリアでの開催は、第9回(2000年7月)以来、実に21年ぶりとなります。

スポンサーリンク

レインボー・リール東京について

NPO法人レインボー・リール東京では、LGBTQなどのセクシュアル・マイノリティをテーマとした映画を、ジャンルを問わず国内外からセレクションし、1992年より毎年上映し続けています。

日本のLGBTQコミュニティの中では最も古いイベントの一つかつLGBTQに特化した国内でも珍しい映画祭です。

また、当映画祭の企画・運営はすべてボランティアスタッフが担っています。

第29回レインボー・リール東京開催概要

【期間】
シネマート新宿
2021年7月16日(金)〜7月22日(木・祝)
シネマート心斎橋
2021年7月23日(金・祝)〜7月29日(木)
(各会場:計7日間 合計:14日間)

【会場】
シネマート新宿
東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル6F
シネマート心斎橋
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-14 ビッグステップビル4F

【主催】
NPO法人レインボー・リール東京

スポンサーリンク

まとめ

参考:レインボー・リール東京の公式インスタグラムにて第28回開催の様子

NPO法人レインボー・リール東京の代表理事・宮澤英樹より以下のようなメッセージが届きました。

ようこそ、レインボー・リール東京へ。
昨年は、私たちの映画祭も新型コロナウイルスの影響から逃れることはできず、1年に1回行ってきたこの大切なイベントをお休みせざるを得ませんでした。
大切にしてきた私たちと同様に、きっと大切に思ってくれている人たちも残念な気持ちだったことと思います。でも、それだけ大変な日々が続いています。
そんな中でも、当然だけど地球は回転をやめないし、私たちは生き続けることをやめたりしない。生きて、笑って、泣いて、怒る。私たちは人を愛する、同性も異性も関係なく。
それはウイルスであっても止められない。
その証は、私たちの選んだ作品の中にあります。ぜひ見つけてください!

第29回レインボー・リール東京は、シネマート新宿・シネマート心斎橋の2会場にて、2021年7月16日(金)から7月29日(木)まで開催です。

上映ラインナップの発表にもご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

『マッドハイジ』あらすじ/キャスト/最新作品情報。アルプスの少女がB級映画エクスプロイテーションで血みどろの激闘で大活躍!

何だこれは!あの少女がトンデモ映画で大暴れ! ナチスが月から攻めてくる!予告映像を製作して公開、オンライン・コミュニティを通じ製作費を募って完成させた、全世界を熱狂させたトンデモ映画『アイアン・スカイ …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞!『パラサイト 半地下の家族』日本公開の予告編とビジュアルがついに解禁

相反する2つの家族の出会い。 誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。 カンヌ国際映画祭では上映中から異例の熱狂ぶりをみせ、審査員満場一致で【最高賞】パルムドールに輝いた『パラ …

新作映画ニュース

中国ドラマ『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』あらすじ/キャスト。最高のトキメキ・ラブコメ時代劇がDVDでリリース!

ラブコメ時代劇『探偵麗女~恋に落ちたシャーロック姫~』DVDが好評リリース中! NBCユニバーサル・エンターテイメントによる2022年最高のトキメキ・ラブコメ中国時代劇『探偵麗女~恋に落ちたシャーロッ …

新作映画ニュース

『寝ても覚めても』あらすじと感想。玄理×中井圭(映画解説者)のトークイベントから

同じ顔をした2人の男の間で揺れる女の8年間の思いを描き出し、恋に落ちた時の甘さ、せつなさ、苦しさとともに、先の読めないスリリングさを併せ持つ“大人の恋愛映画”の傑作。 映画『寝ても覚めても』は、9月1 …

新作映画ニュース

角田光代原作映画『愛がなんだ』 本予告映像&本ビジュアル&主題歌解禁!【岸井ゆきの×成田凌】

好きと言えない、全ての人へ。 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が映画化した『愛がなんだ』。 主演に岸井ゆきのを迎 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学