Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/18
Update

サイモン・ベイカーが監督映画『ブレス あの波の向こうへ』で笑顔を見せた!メイキング&オフショット写真解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

こだわりと愛情が随所に溢れる
俳優サイモン・ベイカー渾身の初監督作品に注目!

サーフィンを通して自分と向き合っていく美しき少年たちの姿を描いた映画『ブレス あの波の向こうへ』が2019年7月27日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開いたします。

人気俳優サイモン・ベイカーが、初監督を務めました本作。

彼の熱いこだわりや、より一層引き込まれること必須の本作見どころをご紹介します。

また、サイモン・ベイカーの魅力のひとつでもある笑顔がまぶしい、貴重なメイキング&オフショット写真も解禁されました。

スポンサーリンク

俳優が監督を務めた作品たち

参考動画:ジル・ルルーシュ監督作『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』

近年俳優が現場で実績を積み、映画監督としてデビューを果たした作品が数多く発表されています。

彼らは、その経験を活かし、監督としても新たな才能を発揮し、まさに二刀流として映画界に新たな風を巻き起こしているんです。

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)や『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)などに出演する個性派俳優ポール・ダノ。『ワイルドライフ』(2019)で初監督を務めた彼は、壊れゆく家族の絆を、繊細なタッチで描きました。

ほかにも、『それでも夜は明ける』(2013)や『ドクター・ストレンジ』(2016)などの話題作に出演する俳優、キウェテル・イジョフォーが監督を務めた『風をつかまえた少年』(2019)。

実力派俳優ジル・ルルーシュが監督を務め、中年男子たちのシンクロナイズドスイミングチームの奮闘を描いた『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(2019)など、俳優監督作は数多く挙げられます。

映画『ブレス あの波の向こうへ』監督サイモン・ベイカーについて

『ブレス あの波の向こうへ』でのオフショット

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

この度公開となる『ブレス あの波の向こうへ』の監督を務めたサイモン・ベイカーは、TVドラマ「メンタリスト」(2008-2015)で知られる人気俳優

当時、”最もセクシーなTV俳優“という称号を得るなど、甘いマスクで人気を博し、日本での人気も根強いベイカー。

第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、その演技力もお墨付きです。

本作は、ベイカー監督が原作小説『ブレス:呼吸』に惚れ込み、初監督・製作・脚本、そして主演も務めた渾身の一作。

サーフィンを通し、成長していく少年たちの姿を描いたストーリーにおいて、見どころは、大迫力の波の映像とともに映し出される、サーフィンシーンだけではないんです。

初監督作に込めた想い

『ブレス あの波の向こうへ』でのオフショット


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

監督自身、幼い頃からサーフィンをしており、まるで自伝のように感じたと語る原作への熱い思いが随所に溢れています。

キャスティングにおいては、より自然な演技を求め、メインキャストの少年たちにはプロサーファーを起用するこだわりを見せるベイカー監督。

演技経験のない彼らに、海という大自然を相手にし、過酷な環境の中で、手取り足取りノウハウを教え込むことができるのは、俳優としての実績を積み重ねた上に、サーフィンの腕をも備えたベイカー監督にしかできません。

ベイカー監督の演技指導のもと、磨き上げられた少年たちは圧倒されるほどの存在感を示すことに成功しています。

少年たちの秘めた可能性を見出した、監督の手腕を見てとることができますね。

演出へのこだわり

『ブレス あの波の向こうへ』メイキング写真

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

また、ベイカー監督は、演出にも余念がありません。小物使いなどを用いた、世界観の作り込みも目を見張るものがあります。

自由気ままに暮らすヒッピーがあふれ、独特の雰囲気が流れる1970年を舞台とした本作。

劇中の自転車には、ローチャリの名車シュウィン社のスティングレイが使用されるなど、車、キャストの衣装など、細部においても監督のこだわりが感じられます。

どこか懐かしさを感じられずにはいられない演出もみどころのひとつです。

スポンサーリンク

映画『ブレス あの波の向こうへ』の作品情報


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

【日本公開】
2019年(オーストラリア映画)

【原作】
ティム・ウィントン『ブレス:呼吸』(佐和田敬司訳/現代企画室刊)

【原題】
Breath

【監督】
サイモン・ベイカー

【脚本】
ジェラルド・リー、サイモン・ベイカー、ティム・ウィントン

【音楽】
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

【キャスト】
サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ

【作品概要】
ドラマ「メンタリスト」(2008-2015)で知られるオーストラリアの人気俳優サイモン・ベイカーの初監督作品。

オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を原作に、サーフィンを通して成長していく美しき少年たちの姿が描かれます。

演技経験のない実際のサーファー、サムソン・コールターとベン・スペンスが少年たちを演じており、彼らの迫力あるサーフ・シーンも大きな見どころです。

映画『ブレス あの波の向こうへ』あらすじ


© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

オーストラリア西南部の小さな街。

内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていました。

ある日彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになります。

暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。

彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていました。

サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦しますがパイクレットは…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

俳優だからこその視点で、演技未経験の少年たちを導いたサイモン・ベイカー監督。

初監督作にして、2018年オーストラリア・アカデミー賞では9部門にノミネートするなど高い評価を得ている本作は、通り一遍のスポーツ映画ではありません。

心の機微を繊細に捉え、時代考証を重ねたサイモン・ベイカー監督の演出力に、ぜひご期待下さい。

映画『ブレス あの波の向こうへ』は、7月27日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開です。




関連記事

新作映画ニュース

映画『マウスマン~愛の塊~』あらすじ/声優キャスト/公開日/上映館。ピエール伊東の自主制作アニメが劇場公開!

主演・細谷佳正のハイクオリティの自主制作アニメーションが劇場公開決定! 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(オルガ・イツカ役)『この世界の片隅に』『この世界のさらにいくつもの片隅に』(北條周作役 …

新作映画ニュース

『ヴィクトリア女王 最期の秘密』スティーヴン・フリアーズ監督と女優ジュディ・デンチの信頼感を垣間見る画像解禁!

ジュディ・デンチ主演のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』 が 2019年1月25日(金)より Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。 その名を知らない者はいない …

新作映画ニュース

EUフィルムデーズ2020はオンライン映画祭として開催!無料配信動画もラインナップされた自宅から「映画で旅するヨーロッパ」

EU加盟各国の話題作を、今年はオンライン映画祭で楽しもう。 「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や見逃してしまった近作など、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭『EUフィ …

新作映画ニュース

映画『王様になれ』山中さわお×オクイシュージ×岡山天音のタッグが登壇。初日舞台挨拶リポート

山中さわお&オクイシュージの迷コンビぶり、そんな二人に親しみを見せる岡山の姿に、暖かさを見せた会場 (c)Cinemarche 大人気ロックバンド「the pillows」のデビュー30周年プロジェク …

新作映画ニュース

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇! 一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。 2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学