Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『東京リベンジャーズ』キャストのヒナ役は今田美桜。かわいい演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『東京リベンジャーズ』は2021年7月9日よりロードショー

北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優が共演する青春サスペンス『東京リベンジャーズ』が公開されます。

和久井健の人気コミック『東京卍リベンジャーズ』を、『映像研には手を出すな!』『ぐらんぶる』の英勉が実写映画化。

線路に転落してタイムリープした主人公のタケミチが、かつての恋人・ヒナタが殺されてしまう運命を変えるために奮闘する姿を描きます。

主演は『君の膵臓を食べたい』『どんかつDJアゲ太郎』『アンダードッグ』など活躍目覚ましい若手俳優の北村匠海。

共演には山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、間宮祥太朗、磯村勇斗、吉沢亮ら豪華若手実力派が顔を揃えます。

この記事ではヒナこと橘日向役の今田美桜について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『東京リベンジャーズ』の作品情報


(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社)

【監督】
英勉

【キャスト】
北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮

【作品情報】

原作は2017年から「週刊少年マガジン」に連載中で、シリーズ累計発行部数300万部を突破した和久井健によるマンガ『東京卍リベンジャーズ』。

かつて不良だった主人公がタイムリープする能力に目覚め、元恋人が殺害される運命を変えるために、その死の元凶となる暴走族に立ち向かっていく姿を描きます。

監督を務めるのは、『映像研には手を出すな!』『ぐらんぶる』の英勉。

主人公のタケミチを、『君の膵臓を食べたい』『どんかつDJアゲ太郎』『アンダードッグ』など出演作がたえない若手実力派・北村匠海が演じます。

タケミチの元恋人・ヒナタ役に、『ヲタクに恋は難しい』『カランコエの花』やドラマで大活躍中の今田美桜。

共演には山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮ら人気実力派が揃います。

映画『東京リベンジャーズ』のあらすじ


(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

ボロアパート暮らしの花垣タケミチは、バイト先でも年下の店長からバカ扱いされるダメフリーター。

ある日、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが、関東最凶の組織“東京卍曾”に殺されたことをニュースで知ります。

その翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され、線路に転落した瞬間、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまいます。

過去の世界でナオトに遭遇したタケミチが、「10年後にヒナタは殺される」と伝えたことで、未来が変化。

現代に戻ったタケミチは、刑事になっていたナオトと出会います。

ナオトから「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい」と言われたタケミチは…。

スポンサーリンク

映画『東京リベンジャーズ』ヒナ(橘日向)役は今田美桜

参考映像:『カランコエの花』(2018)

映画『東京リベンジャーズ』でヒナこと橘日向役を演じる今田美桜は1997年3月5日生まれの女優、グラビアアイドル、タレント。福岡県出身。数式会社コンテンツ3所属。

2014年高校2年生のときに福岡県天神でスカウトされ、翌年から福岡ローカルの深夜テレビ番組『GeeBee』で初のレギュラー出演。

2016年には福岡県柳川市刊行PRビデオに出演。

福岡の駅に貼ってあった今田のポスターを目に留めた現事務所社長がスカウトし、2016年に女優を志して上京。キャッチコピーは「福岡で1番可愛い女の子」。

同年、中川駿監督の自主短編映画『カランコエの花』で映画初主演

映画『ヲタクに恋は難しい』『君は月夜に光り輝く』、ドラマ『『花のち晴れ~花男 Next Season~』『半沢直樹』『恋はDeepに』などで活躍中。

2021年のNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の出演も決まっている、今もっとも注目される若手女優です。

映画『東京リベンジャーズ』ヒナ(橘日向)はどんな役?


(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

今田美桜演じるヒナこと橘日向は、中学2年生当時の武道の彼女。

武道がタイムリープする前の現代では、東京卍會の抗争に巻き込まれて弟の直人と共に死亡します。

しかし、ヒナの命を救うために、武道はタイムリープを繰り返して奮闘し…。

スポンサーリンク

今田美桜の演技力の評価は

参考映像:『君は月夜に光り輝く』(2019)

個性的な大きなくりくりとした目がチャームポイントの、注目度ナンバーワンの女優・今田美桜。

中川駿監督作品の『カランコエの花』で映画初主演を果たし、多くの映画祭で高く評価されます。

自主製作短編映画ながら、2018年に新宿のK’s cinemaで1週間限定上映された際には、全席完売となる人気ぶりでした。

キュートな笑顔が魅力的で、インスタグラムも大人気。若者のファッションアイコンとしても支持されており、2020年にはCM起用ランキング1位に輝きました。

大ヒットドラマ『半沢直樹』をはじめ、『親バカ青春白書』『恋はDeepに』など、オファーのたえない人気女優です。

2021年NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』にも出演が決まっています。

本作『東京リベンジャーズ』では、ヒロインのヒナ役を熱演。

岡田翔太プロデューサーは、今田は可愛くて強い最高のヒロインだとコメント。男子ならだれもが思わず守りたくなるけれど、現場ではしっかり者の今田に助けられているそうです。

今田は、ヒナを一本芯が通った太陽のような女の子とコメント。ケンカのシーンばかりの中で、ヒナの存在がホッとできる場所になれればいいなと語っています。

男子ばかりの中で華やかに紅一点を演じる、今田美桜の癒しの笑顔から目が離せません。

今田美桜の公式SNSの紹介

今田美桜の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)和久井健/講談社 (C)2020 「東京リベンジャーズ」製作委員会

シリーズ累計発行部数300万部を突破した和久井健による人気マンガを、『映像研には手を出すな!』『ぐらんぶる』の英勉が実写映画化した『東京リベンジャーズ』。

主演を、『君の膵臓を食べたい』『どんかつDJアゲ太郎』『アンダードッグ』などで人気の若手実力派・北村匠海が務めます。

主人公の元恋人・ヒナ役に『カランコエの花』で高く評価された今田美桜。男ばかりのキャストの中での紅一点として作品を華やかに彩ります。

共演には、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮ら人気実力派が勢ぞろいしています。

注目の映画『東京リベンジャーズ』は、2021年7月9日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの田所院長役は高嶋政伸【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画『夕霧花園』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。阿部寛出演のマレーシアのラブストーリーが劇場公開決定

愛した男はスパイなのか。 マレーシア出身リー・シンジエ主演、そして日本の阿部寛出演。 第15回大阪アジアン映画祭のオープニングを飾り、上映後には拍手が鳴り響いた話題のマレーシア映画『夕霧花園』(ゆうぎ …

新作映画ニュース

動画無料配信『カメラを止めるな!リモート大作戦!』短編映画制作に全世界300人が参加

異例づくしの全国一斉配信開始!! この度、短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』の緊急制作を2020年4月13日に発表してから、わずか18日間で一気に制作し、5月1日より公開する事となりました …

新作映画ニュース

映画『ジュリアン』キャストの天才子役トーマス・ジオリアの評価と演技力あふれる場面画像を解禁

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。 親子の在り方を問い、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した本作。 離婚し …

新作映画ニュース

オゾン最新作『2重螺旋の恋人』web限定で映像解禁!監督が仕掛けた7つの罠とは

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 本作は、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学