Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/11
Update

映画『15ミニッツ・ウォー』あらすじとキャスト。実話を描いたアクションの日本公開は10月11日!

  • Writer :
  • 石井夏子

前人未聞の人質救出作戦。
壮絶な実話を基に描く“極限の戦場”!

人質は21人の子どもと美人女性教師。5人のスナイパーVSテロリスト

© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

世界最高峰と謳われる対テロ特殊部隊・GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)伝説の作戦行動であり、衝撃的実話を映画化。

観るも者を戦場へと引きずり込む映画『15ミニッツ・ウォー』

この度本作の日本公開日が、2019年10月11日(金)に決定!併せてポスタービジュアルが解禁されました。

また、予告編と場面写真もご紹介します。

映画『15ミニッツ・ウォー』について

参考:キャストのオルガ・キュリレンコのインスタグラム

本作の基となったのは1976年、フランス最後の植民地であるジブチで発生したバスジャック事件

高い狙撃能力を持つスナイパーたちによって編成された対テロ特殊部隊・GIGNが正式に組織化される前夜に起きた「奇跡の人質救出」を映画化

伝説的な作戦の一部始終を、圧倒的な緊張感と壮絶なアクション、そしてエモーショナルな人間模様と共に描かれて行きます。


© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

出演は『007/慰めの報酬』で一躍世界的大スターとなり、『オブリビオン』といった作品にも出演する国際派女優・オルガ・キュリレンコ

またアルバン・ルノワール、ヴァンサン・ペレーズといったフランス名優陣が集結しました。

監督を務めたフレッド・グリヴォワは、「10年ほど前から、このテーマに取り組んでいました。しかし様々な事情で、別のプロジェクトを優先しなければいけなかった。長年温めていたこの企画の実現を、スタッフが後押ししてくれて映画化に至りました。私はドキュメンタリー作家でもなく、もちろんジャーナリストでもないです。事件の真実より、感情の部分を描きたかったので、この選択が良い方に作用出来る様に、10年前から執筆に取り掛かっていたのです」と語り、映画人生を掛けた作品だと明かしています。

映画『15ミニッツ・ウォー』ポスタービジュアル

© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

日本版ビジュアルでは、“誰も、死なせはしない。”というキャッチコピーを象徴する様に、テロリストに占拠されたスクールバスに、単身乗り込むアメリカ人女性教師・ジェーン(オルガ・キュリレンコ)の鬼気迫る表情、眼差しが映し出されています。

また名画『荒野の七人』に登場した、用心棒の様な出で立ちを連想させる、個性的な5人のスナイパーたちの姿も。

軍関係者らの子どもたち21人を乗せたバスジャック事件の行末が気になるビジュアルに仕上がっています。

映画『15ミニッツ・ウォー』予告編


日本版予告編では、幼い子供たちが乗車するスクールバスが、テロリスト達によってバスジャックされる衝撃のシーンから幕開けします。

犯行グループの要求により、隣国ソマリアへと向かう事となったバスは、軍との攻防により国境手前で停車。

生徒の身を案じる一心で、テロリストに占拠されたスクールバスに単身乗り込むことを決意したアメリカ人女性教師・ジェーン(オルガ・キュリレンコ)の、腹をくくる瞬間が収められており、目を引くはずです。

また犯人グループに立ち向かう事となる、“用心棒”の様な風貌が印象的な5人のスナイパーたちも登場。

「フランスの出方を世界が見てる」と女性幹部が語る様に、21人と女性教師の運命は彼らに託された…!

果たして“全員同時に犯人を狙撃する”という、インポッシブルなミッションは成功する事が出来るのか、行末の気になる映像に仕上がっています。

映画『15ミニッツ・ウォー』の作品情報


© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

【日本公開】
2019年(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
L’intervention (英題:15 minutes of war)

【監督】
フレッド・グリヴォワ

【字幕翻訳】
横井和子

【キャスト】
アルバン・ルノワール、オルガ・キュリレンコ、ケヴィン・レイン、ヴァンサン・ベレーズ、ジョジアーヌ・バラスコ

映画『15ミニッツ・ウォー』のあらすじ

© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

フランス最後の植民地ジブチ。

軍関係者の子供らを乗せたスクールバスが、独立派武装組織のメンバーに乗っ取られるという事件が発生。

テロリストたちは同志である政治犯の即時解放と、フランスからの独立を要求し、応じない場合は人質である子供たちの喉を切り裂くと宣言。

事態を重く見たフランス政府は、事件の早期解決のため極秘裏に特殊制圧チームを編成し現地へ派遣することを決めます。

チームを指揮するジェルヴァル大尉(アルバン・ルノワール)を始め、集められたのは軍でもトップクラスの実力を持つスナイパーたち。

彼らは一斉射撃によるテロリストの同時排除という前代未聞の作戦を立案。

しかし現地駐留軍、そして事態を穏便に収束させようと動く外交筋との連携がうまく行かず、膠着状態が続いてしまいます。

一方生徒たちの身を案じた女性教師・ジェーン(オルガ・キュリレンコ)は軍関係者の静止を振り切り、生徒たちのために、単身テロリストに占拠されたバスに乗り込んでゆくんですが…。

まとめ

© 2019 EMPREINTE CINEMA – SND-GROUPE M6 – VERSUS PRODUCTION – C8 FILMS

ラスト15分の攻防激は、アクション映画史に残る1シーンに仕上がっているという本作。

映画『15ミニッツ・ウォー』は10月11日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開です。

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』劇場公開日は2020年2月。異色の政治活動家の素顔に迫る

異色の政治活動家、鈴木邦男の知られざる顔とは―― ©️オンファロスピクチャーズ 型破りの右翼活動家・鈴木邦男に密着したドキュメンタリー映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』が、ポレポレ東中 …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストのクメール人の母・洋子役は黒沢あすか【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

古川登志夫がキャラを演じ分けた予告動画紹介!『シッチェス映画祭2020』はロブゾンビ新作ホラーも上映

衝撃の映像が露わに! レジェンド古川登志夫が語る、衝撃の予告編が完成。 スペインで毎年開催されるシッチェス映画祭の上映作から厳選した作品を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクショ …

新作映画ニュース

『リンダはチキンがたべたい!』フレンチ・アニメーション・コメディの公開はいつ?監督来日決定!片渕須直監督とのトークショー付き特別先行上映を開催

笑いと涙で観客を大きくうねらせる“史上最高級”のフレンチ・コメディが誕生! フランスのとある郊外、チキンをめぐる母娘の大騒動と亡きお父さんの記憶を追うフレンチ・アニメーション・コメディ『リ …

新作映画ニュース

経済学者ピケティの『21世紀の資本』が映画化!格差社会を解くドキュメンタリー公開日は3月20日

ドキュメンタリー『21世紀の資本』は3月20日(金)より公開 フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー『21世紀の資本』。 (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited &#0 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学