Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBT映画

Entry 2018/06/19
Update

中川駿映画『カランコエの花』で顧みるLGBT作品の系譜と2018年の現在

  • Writer :
  • 村松健太郎

中川駿監督作品『カランコエの花』


(C)2018 中川組

2018年の米アカデミー賞にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』『レディバード』、外国語映画賞を制した『ナチュラルウーマン』など、LGBTを扱った映画が普通にラインナップに並ぶようになり、さらにそのことを強く語られることなく他の映画と並んで語られている。

元祖英国美青年映画『モーリス』が、4Kでデジタルリマスターされて公開もされた。

デジタルリマスター版が公開された『モーリス』

スポンサーリンク

きっかけは『ブロークバック・マウンテン』

どうしても際どい扱いをされがちなテーマの作品群がそういった色眼鏡で見られなくなったきっかけは、アン・リー監督の2005年の『ブロークバック・マウンテン』

監督賞を含むオスカー三部門を受賞した。

この一件が大きく流れを変えて、LGBTのテーマであることが何か特殊なテーマではなく、物語を構成する一要素であると捉えられるようになった。

その後、実在のゲイの男性としてはじめてアメリカの公職に就いたハーヴェイ・ミルクを描いた『ミルク』(2008)や『キャロル』(2015)、『リリーのすべて』(2015)そして『ムーンライト』(2016)が続く。

アジア圏でも、1997年公開のウォン・カーワイの『ブエノスアイレス』があったものの、やはり、しっかりとテーマに扱われるようになったのは、近年の出来事で2017年公開の『彼らが本気で編むときは』や同年の『お嬢さん』などが登場した。

この普及のスピードが遅いと感じるか、早いと感じるかは、意見が分かれるところですが、黒人映画のハリウッドの普及、立ち位置の確立の歴史を考えるとこのスピード感は早いと思っていいのでは?

意外な形のLGBT映画『カランコエの花』


7月14日から公開の『カランコエの花』は、それらの映画の流れの中で、視点を変えた作品となっている。

今作のメインの登場人物はLGBTの当事者ではなく、それを囲む周囲の人々の姿を描いている

メインキャストは今田美桜、石本径代、永瀬千裕、手島実憂、有佐、堀春菜などの若手女優が揃った。

この新しい視点とリアルな展開が評価され、2018年の現在、多くの映画祭で高い評価を受けている。

誰もが、めぐり合うであろう、状況を描いた物語。必見の一本

スポンサーリンク

映画『カランコエの花』のあらすじ


(C)2018 中川組

ある高校の2年生のクラスでは、この日、唐突に「LGBTについて」の授業が始まりました。

しかし、他のクラスではその授業は行われておらず、なぜこのクラスだけ?という思いが、生徒たちの好奇心に火をつけます。

「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」

生徒たちの日常は、まるで犯人探しのように波紋が広がるなか、年頃ならではの心の葛藤が起こした行動とは…。

まとめ

2018年の今、世界的に映画のひとつの題材に欠かす事ができなくなったLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略称)。

中川駿監督の本作は、レインボー・リール東京グランプリ(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)のグランプリほか、映画祭賞のレース席巻し、5冠を含む計10冠受賞作品です。

関連記事

LGBT映画

今田美桜主演『カランコエの花』感想と評価。LGBT青春映画の最高傑作

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的に映画のテーマやジャンルとして浸透つつあるLGBT映画(レズビアン、ゲ …

LGBT映画

チョコレートドーナツ|動画配信無料視聴はHulu。ネタバレ感想とLGBT映画の魅力を解説

ダウン症の子どもを愛情込めて育てたいと願ったゲイ・カップル。 40年前のアメリカ西海岸であった実話を元に作られた映画『チョコレートドーナツ』。 マイノリティに対する偏見と差別の不条理さ、その偏見と闘う …

LGBT映画

LGBT映画『ラフィキ ふたりの夢』感想とレビュー評価。愛し合う少女たちの姿にケニアでは上映禁止となる【カンヌ国際映画祭出品作品】

映画『ラフィキ ふたりの夢』は2019年11月9日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー! かつてに比べて社会的に認められ、幅広い世界で活躍しているLGBTの人たち。しかし地 …

LGBT映画

映画『BPMビート・パー・ミニット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

90年代初頭のパリを舞台に、HIV/エイズに対する偏見と差別と闘った若者たちを描く『BPM ビート・パー・ミニット』をご紹介します。 『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)等、ローラン・カンテ監督 …

LGBT映画

映画『ある少年の告白』あらすじネタバレと感想。同性愛の“矯正”治療をテーマに扱う問題作

同性愛の“矯正”治療を描いた問題作『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』 今回ご紹介するのは2019年度アカデミー賞有力候補、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン、ルーカス・ヘッジズとい …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP