Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2024/03/11
Update

【遠藤史也インタビュー】映画『あとがき』での出会いで実感した“感謝”×俳優という“自由さとの戦い”の仕事

  • Writer :
  • 河合のび

映画『あとがき』は2023年3月1日(金)よりシモキタ-エキマエ-シネマ「K2」他で全国順次ロードショー!

ショートフィルム『僕とぼくとカノジョ』がさぬき映画際2021・グランプリを受賞するなど、注目を集め続ける玉木慧監督によるオリジナル青春映画『あとがき』。

監督自身の友人でもある、実在した「路上で一人芝居をする役者」「吃音を持つアーティスト」の二人をモデルに、若者たちの東京・下北沢での8年間を描き出した作品です。


(C)田中舘裕介/Cinemarche

今回の劇場公開を記念し、映画『あとがき』で吃音を持つアーティスト・レオ役を演じられた俳優の遠藤史也さんにインタビューを行いました。

レオのモデルとなった人物との出会いと対話を通じて、遠藤さんが知った「表現」と「感謝」の関係性。そして「自由さとの戦い」だという俳優のお仕事など、貴重なお話を伺えました。

一番納得できるし、後悔しない役作り


(C)TeamDylan

──レオ役を演じられることが決まった当初は、どのような想いを抱かれたのでしょうか。

遠藤史也(以下、遠藤):実在の方をモデルに描かれている人物ということもあって、人間としてのリアルは演じる上で一番大事だとまず感じました。だからこそ、ギターに触れたことのない自分が数ヶ月後の撮影までに「ミュージシャン」に見えるようになるのかと少し不安になりましたし、何より吃音について一から学ばなくてはと考えました。

またレオの内面は純粋な部分が強く、いろんな葛藤を抱きながらも夢を追いかけることに迷いがない人間でもあり、自分とは正直正反対な彼を撮影までに演じられるようになるのかは、役作りで特に悩んだところですね。

──本作における実際の役作りは、どのように進められていったのでしょうか。

遠藤):吃音については文献を読んだり資料映像を観続ける中で「吃音」と一言にいっても様々な種類や症状の例があることを知ったんですが、その上でレオのモデルとなった方がどのような種類の吃音で、どのような症状を持つのかは把握できていませんでした。

その後、初めてギターを貸していただいた際にモデルとなった方とお会いし、とにかく彼を徹底的に見つめることで、レオという人間のリアルがどこにあるのかを探りました。それが自分の一番納得できる、完成した映画を観た時に一番後悔をしない役との向き合い方だと感じたんです。

モデルとなった人物の「軸」に触れる


(C)田中舘裕介/Cinemarche

──そのような役作りの方向性を決められた中で、最終的にはどのようにレオという人間を演じられることにしたのでしょうか。

遠藤:自分は当初、吃音に対し全く偏見を持っていないと思っていたんですが、レオのモデルとなった方とお会いしお話をする中で実際の吃音の症状を目にした際、「吃音を気にしていないふり」をしている自分がいることを痛感しました。

「自分は『気にしていないふり』という嘘を吐いている」と悩むようになった僕は、レオのモデルとなった方ご本人に「気にしていないふり」をどう感じているのかと尋ねました。それはレオを演じる上でどうしても必要だったとはいえ、正直嫌な質問だったと思います。

ただ、ご本人は「しょうがないことだと思うし、それは吃音以外でも起こることだよ」と答えた上で「でも吃音は自分のアイデンティティの一部で、もし吃音がなくなったら、自分自身の生き方が分からなくなるかもしれない」と明るい口調で答えてくれました。

その言葉を聞いた時、「これだ」と思いました。

吃音を武器だと考えていて「吃音がないと歌詞も書き始めなかっただろうし表現も始めなかっただろうね」という彼の、何かを表現したくて仕方ない、どこまでも表現のエネルギーが止まらない姿は、自分のギター練習に付き合ってくれた際にもひしひしと伝わってきました。そうやって触れることのできた彼の「軸」さえあれば、レオを演じ切れると感じました。

クランク・イン中も、レオのモデルとなった方が撮影現場に訪れてくれたので、そこで言葉を交わす中で彼が持つエネルギーを受け取り、それを自分自身の中にチャージした上で、芝居の時に放出するように演じていきました。

「エネルギー」を受け取り、伝える仕事への感謝


(C)田中舘裕介/Cinemarche

──遠藤さんにとっての俳優というお仕事、あるいは表現そのものにおける「軸」は何でしょうか。

遠藤:正直、まだ自分自身では分からないんですよね。あるのかどうかも怪しいんですが、だからこそ『あとがき』を通してレオのモデルとなった方に出会い、彼の表現に対する想いの言葉を聴き続ける中で、彼の「軸」の強さに羨ましさを感じました。

役作りと現場での撮影という本当に短い期間ではありましたが、表現と向き合う時間も得られたこと、その上で自分自身の表現における軸の強さがまだ足りないと実感できたことは、本当に良かったと思っています。

──表現と向き合われた本作を通じて、ご自身の中ではどのような変化が生じましたか。

遠藤:僕は今まで、あまり他者に対して感謝の表現を向けられない人間だったんですが、本作の打ち上げの時に自然と「本当に感謝しています」と口にしていました。本当の意味で、感謝を覚えられたように感じたんです。

撮影の際に、僕はレオのモデルとなった方から「活力」「元気」とも言い換えられる、生きるためのエネルギーを受け取りました。だからこそ本作でレオを演じることができましたし、僕も同じように他者へエネルギーを伝えられる表現を続けていきたいと感じています。

打ち上げの時に口にした言葉は、仕事を通じて出会った方からエネルギーをもらえたこと、そうやって受け取ったエネルギーを、芝居を通じて別の人に橋渡しする役目を任されたことへの感謝だったのかもしれません。

俳優という仕事の「自由さ」と戦う


(C)田中舘裕介/Cinemarche

──遠藤さんは俳優というお仕事をどう捉えられているのか、改めてお聞かせください。

遠藤:『あとがき』の撮影現場でもそうでしたが、今の仕事をするようになってから一番「自分は自由に生きている」と感じるようになったんです。

例えば現場では、あまり「ああしなさい」「こうしなさい」とは言われません。むしろ「演じる上で何を選び、表現するのか」という個性を問われる仕事だと思いますが、サッカー部の活動と勉強に明け暮れていた学生時代には、その個性と向き合うことはほぼありませんでした。

スタートからカットがかかるまでの瞬間だけは、何をしてもいい。選択肢は無限に存在していて、あまりにも自由な時間がそこにあります。

今まで言われたことをやったらなんとなく生きてこれた僕は、芝居における「選ぶセンス」に正直自信がないんです。自分自身の個性と向き合う時間が少なかった学生時代は、ある意味今の自分自身の表現につながっているといえます。

ただ、それでも自分自身で選び、その選択を演技として表現することは楽しいんです。俳優という仕事の自由さと戦えることが、今どうしようもなく楽しいんですよ。

インタビュー/河合のび
撮影/田中舘裕介

遠藤史也プロフィール

1995年生まれ、静岡県出身。

GirlsAwardとavexが運営するオーディションプロジェクト「BoysAward Audition 2016」でグランプリ・MEN’S NON-NO賞をダブル受賞し、2016年4月より『MEN’S NON-NO』専属モデルとしてデビュー。現在は俳優として映画、ドラマ、広告を中心に活動。

主な出演作品に映画『甲州街道から愛を込めて』『アリスの住人』『賭けグルイ 双』『Bittersand』、ドラマ『アイゾウ 警視庁・心理分析捜査班』(フジテレビ)『賭けグルイ 双』(Amazon Prime Video)『きのう何食べた?』(テレビ東京)など。

映画『あとがき』の作品情報

【公開】
2024年(日本映画)

【監督】
玉木慧

【脚本】
佐藤寿洋、玉木慧

【キャスト】
猪征大、遠藤史也、向里祐香、松本ししまる、山田キヌヲ、橘花征志郎、尾台彩香、大高洋子、木村知貴、髙橋雄祐、細井学、山本桂次

【作品概要】
ショートフィルム『僕とぼくとカノジョ』がさぬき映画際2021・グランプリを受賞するなど、注目を集め続ける映画監督・玉木慧によるオリジナル青春映画。監督自身の友人でもある、実在した「路上で一人芝居をする役者」「吃音を持つアーティスト」の二人をモデルに、若者たちの東京・下北沢での8年間を描く。

路上で一人芝居を行い役者の夢を追う⻘年・春太役は『ストロベリーナイト・サーガ』『HOTEL-NEXT DOOR-』の猪征大、春太が出会う吃音を持つアーティスト・レオ役は『甲州街道から愛を込めて』『アリスの住人』『賭けグルイ 双』の遠藤史也。

また『愛なのに』『福田村事件』の向里祐香をはじめ、橘花征志郎、松本ししまる、尾台彩香、山田キヌヲ、大高洋子、木村知貴、髙橋雄祐、細井学、山本桂次など、若手俳優から実力派俳優まで幅広いキャスト陣が名を連ねる。

映画『あとがき』のあらすじ


(C)TeamDylan

染井春太は居酒屋でアルバイトをしながら役者を目指しているが、来る仕事はエキストラばかり。

ある日、路上で一人芝居をしている途中に出会ったアニキと東京・下北沢にあるバーを訪れる。そこで吃音のアーティスト・レオと出会う。

レオはアメリカから帰ってきたばかりで家が無く、気付けば春太の家に住み着くようになる。

目指すものは違うが、お互い夢を追う者として気付けばかけがえのない存在となっていく。そして2人はある約束を交わし、お互い約束を果たす為に日々努力する。

しかし次第に春太を取り巻く環境に変化が訪れ、春太の夢に対する気持ちも揺らいでいく……。

編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける(@youzo_kawai)。


(C)田中舘裕介/Cinemarche



関連記事

インタビュー特集

【田口愛インタビュー】『巡る、カカオ 神のフルーツに魅せられた日本人』自身を世界へ旅立たせてくれたカカオで、日本と世界をつなぐ仕事

映画『巡る、カカオ〜神のフルーツに魅せられた日本人〜』は2024年1月12日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開! 2024年1月12日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開を迎えた『巡 …

インタビュー特集

【野本梢監督インタビュー】映画『愛のくだらない』主演・藤原麻希と共に“自己の戒め”の想いから撮った作品

映画『愛のくだらない』は2021年9月24日(金)よりシネ・リーブル梅田にて、10月30日(土)より池袋シネマ・ロサにて劇場公開。他全国順次公開。 日本映画界における新人監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭 …

インタビュー特集

【須藤蓮インタビュー】映画『ワンダーウォール』ドラマを経て再び描く“寛容さ”のない社会でこそ守るべきもの

映画『ワンダーウォール 劇場版』は2020年4月10日(金)より全国順次ロードショー ある学生が京都で見つけた汚いけれど歴史ある学生寮。そこは、魅力にあふれ、寮生たちが「何としてでも守りたい」と奮闘す …

インタビュー特集

【野村宏伸インタビュー】『Threads of Blue』40年前に出会った恩師 森田芳光監督から渡された“映画のバトン”を若手ら映画人に紡ぐ

映画『Threads of Blue』は2023年9月に封切り後、2024年1月22日(月)より高円寺シアターバッカスにて劇場公開! 薄暗いマンションで繰り広げられる不可解な人間模様と、得体の知れない …

インタビュー特集

【佐古忠彦監督インタビュー】映画続編『カメジロー不屈の生涯』瀬長亀次郎を政治家でなく「人間・父親・夫・友人」から見つめ直す

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』は2019年8月24日(土)より全国順次ロードショー “平和”の犠牲者を強いられてきた戦後の沖縄において、米軍の圧制と弾圧、戦後という日本の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学