Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2017/11/10
Update

映画ジグソウ:ソウ・レガシーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

ギネスブック公認、世界で最も成功したスリラー・サスペンス・ホラー映画。“ソリッド・シチュエーション・スリラー”の金字塔、『SAW』が7年ぶりの帰還。再び命の価値を巡る究極のゲームが始まります。

2004年に無名の若手監督権俳優ジェームズ・ワンとリー・ワネルが放った映画『SAW』はその後のスリラー・サスペンス・ホラー映画の在り方を大きく変えた作品となりました。

その7年に渡り世界中のハロウィンシーズンに続編が公開され続けました。

スポンサーリンク

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』の作品情報


(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
JIGSAW

【製作総指揮】
ジェームズ・ワン、リー・ワネル

【監督】
マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ

【キャスト】
マット・パスモア、カラム・キース・レニー、クレ・ベネット、ハンナ・エミリー・アンダーソン、ローラ・バンダーボート、マンデラ・バン・ピープルズ、ポール・ブラウンスタイン、ブリタニー・アレン、ジョシア・ブラック、トビン・ベル

【作品概要】
「世界でもっとも成功したホラーシリーズ」の触れ込みでギネスブックにも記載され、本作は「ソウ」シリーズの7年ぶりの第8作目。

殺人鬼ジグソウが密室に閉じ込めた人間の生存をかけるゲームに挑む様子を描いたホラー作品。

演出は『プリデスティネーション』の双子兄弟ピーター&マイケル・スピエリッグ。脚本は『ピラニア3D』のピーター・ゴールドフィンガー&ジョシュ・ストールバーグが担当しました。


映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』のキャスト

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

マット・パスモア(ローガン)
検視官、ジグソウの存在を感じさせる遺体戸惑う。

ハンナ・エミリー・アンダーソン(エレノア)
検視官、ジグソウの再来に言及。

カラム・キース・レニー(ハロラン刑事)
実績のある刑事、粗暴な面もあり裏目に出ることも。

クレ・ベネット(キース刑事)
ハロランの相棒、暴走しがちなハロランを止めることも。

トビン・ベル?(ジグソウ?)
10年前に死んだはずの連続殺人鬼…

スポンサーリンク

3.映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

殺人鬼・ジグソウことジョン・クレイマーの死から10年。

暗い密室の中に集められた5人の男女。頭には目の部分がくり抜かれたバケツを被らされ、身体は太い鎖で対面した壁に繋がれています。

壁には鋭利な丸ノコギリがつけられています。その時、あの声が、ジグソウのテープの声が鳴り響きます。

声は5人の男女に告げます、“さぁ、ゲームをしよう、お前たちは噓をついてきた。罪を告白しろ、真実のみがお前たちを自由にするのだ。生きるのか死ぬのか、それはお前たち次第だ!!”

その声と同時に壁につながる鎖が動き出し、丸ノコギリが開店をはじめ、誤認がゆっくりと引き寄せられていきます。

全く中身の違う注射器を選択させるゲーム、身動きの取れない男女の目の前に落ちてくる鋭利な農具・工具など、数々のトラップが5人に襲い掛かります。

黒人女性がジョギングを始めた街中の公園で頭にあの特殊なバケツを被った遺体を発見して叫び声をあげます。

遺体安置所の検視台に置かれた半裸の正体不明の男の死体があります。街中で発見されたあの遺体です・

死体を見つめるハロラン刑事とキース刑事。そしてローガン検視官と同僚のエレノア検視官。

正体不明の男に被せられている特殊なバケツをはずすと、その顔半分は剥がれ落ちていて顎から上が完全に失われていました。

そして首の根元を丁寧に調べてみると、その一部の皮膚がジグソウパズル型に切りとられていました。それはもはや都市伝説の中の存在になりつつある殺人鬼ジグソウことジョン・クレイマーの犯罪ではないかという疑念が浮かびます。

しかし、ジグソウが死んでから10年も経っています。ということは模倣犯=コピーキャットなのか?だとしてもなぜ10年の時を越えてゲームが動き出したのか?謎はかえって深まるばかりです。

ローガンとエレノアは正体不明の男の遺体の検視解剖を進めていくなかで遺体からUSBスティックを発見します。

ローガンはPCに接続し納められていた音声ソフトを起動させます。そこで流れてきたのは「ゲームは始まった、4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わることはない」という声。

その声はまさしくあのジグソウ。10年前に死んだ殺人鬼がなぜ今、メッセージを残すことができたのか……?ハロラン、キース、ローガン、エレノアは四者四様の操作と推理を進めていきます。

その一方で男女5人が今日瀬的に参加されたゲームもまた続いていました。

やがてハロラン刑事たちとローガン検視官たちはそれぞれを疑い始めます。

特にエレノアはジグソウの信者たちが作ったWEBサイトの常連で、ハロランからもローガンからも疑いの目を持たれます。

以下、『ジグソウ:ソウ・レガシー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジグソウ:ソウ・レガシー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ローガンはハロランにも不信感を持ちます。ハロランの強引さ・粗暴さは目に余るものがあり、さらに二人の間には過去のある出来事から深い溝がありました。

刑事側たちはエレノアとローガンの密会現場写真を確保、二人が組んでジグソウの模倣犯を演じているのでは考えます。

ジグソウの復活があったのか?模倣犯=コピーキャットが動き始めたのか?

ゲームから生き残ることができる人間は誰なのか?

5人の男女が告白すべき犯した罪とは何なのか?

事件に関わる捜査陣がそれぞれの思惑と過去を抱えながら、事件を追う中で、徐々に明らかにされていく驚愕の真実とはなんなのか?

その先には思いもよらない展開が待ち受けています。

男女5人が強制的に参加されたゲームもまた続いていました。やがてハロラン刑事たちとローガン検視官たちはそれぞれを疑い始めます。

特にエレノアはジグソウの信者たちが作ったWEBサイトの常連で、ハロランからもローガンからも疑いの目を持たれます。

ローガンはハロランにも不信感を持ちます。

ハロランの強引さ・粗暴さは目に余るものがあり、さらに二人の間には過去のある出来事から深い溝がありました。

刑事側たちはエレノアとローガンの密会現場写真を確保、二人が組んでジグソウの模倣犯を演じているのでは考えます。

エレノアとローガンが会っていた場所はエレノアの個人的な趣味のアジトでした。

そこにあったのは再現されたジグソウのトラップの数々。中には一度も使われていないトラップもありました。

ところが、ゲームの現場ではそのトラップの数々が実際に稼働していました…。

ハロラン刑事が尾行しているローガンが向かったさきはかつてのジグソウの持っていた地所でした。

不意を突かれ気を失ったハロラン刑事が意識を取り戻したときには首特殊なトラップを仕掛けられている状態です。

そして驚くべきことに彼の目の前には同じように囚われていたローガンの姿がありました。

そして、あの声が響きます。それぞれに向かって自分の罪を告白しろと迫ります。

首輪の円周上には上に向かって青いレーザーカッターが光っています。まず告白を迫られたのはローガンでした。

ローガンの罪は研修医時代にある人間のレントゲン写真を取り違えたことを告白しました。

そのせいで取り違えられた患者の病巣の発見が遅れて手遅れの状態にまで放置することになってしまいました。その患者こそジグソウだったのです。

罪の告白はなされましたが無情にもトラップが作動ローガンの顔を焼き切ります。

次はハロラン刑事です。ハロランの罪はローガンの妻子を殺害したい犯人に対して、強引な尋問のために起訴まで持ち込むことができずにいました。

同じような強引な捜査をハロラン刑事続けていました。罪の告白後もトラップは作動し続けます。危機が迫る中ハロランはあることに気が付きます。

自分に迫るレーザーカッターは天井に焼き痕を残しながら迫ってくるのに対して先に作動したローガンの頭上にはその痕が残っていません。そして邪悪な笑みを浮かべて死んだはずのローガンゆっくりと起きます。

ジグソウの模倣犯=コピーキャットはローガンでした。


映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』の感想と評価


(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画の構造の真相

劇中で展開されていたゲームは10年前のことで、二つの時間軸の物語が描かれています

10年前の全てジグソウの身の回りの人物ばかりでゲームの主催者はジグソウ本人でした。

その最初の脱落者が他ならぬローガンでした。しかしジグソウは故意ではない罪は赦すとして、その後ローガンを助手として、後継者として多くのトラップを伝授します。

10年後、ローガンはジグソウの後継者として顔は封印していましたが、復讐するべき相手=ハロラン刑事が現れたことから、仮面をかぶりゲームを発動させました。

そして捜査を誘導するためにかつて自分も参加したゲームの脱落者と同じ死にざまの死体を用意。

ジグソウの復活またはコピーキャットの始動を臭わせ、ハロラン刑事たちをゲームに誘導させたのでした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

あの『エクソシスト』を超すヒットを記録したスティーブン・キング原作の同題ベストセラーの初劇場映画化作品『IT、“それ”が見えたら終わり。』を筆頭に『死霊館』シリーズの最新作『アナベル死霊人形の誕生』。

欧米の歴史・文化において魔女という存在の大きさを改めて描きなおした『ウィッチ』。

ブラックな社会風刺・現代風刺・アメリカの歴史風刺の要素を巧みに取り込んだ『ゲットアウト』。

そして7年ぶりにまさかの復活を果たした本作『ジグソウ:ソウ・レガシー』などが続々と公開され、この秋冬はホラーが粒ぞろいです。

『IT、“それ”が見えたら終わり。』や『アナベル死霊人形の誕生』はかつてのクラシカルなホラー描写を新たに復活させたものです。

『ウィッチ』は欧米の独特の歴史・文化を心理劇に仕上げたものでした。

対して、『ゲットアウト』や『ジグソウ:ソウ・レガシー』はまさしく21世紀型のホラー映画という作りです。

『IT、“それ”が見えたら終わり。』はピエロ、『アナベル死霊人形の誕生』は人形、『ウィッチ』は魔女という誰もがどこか気味悪く感じるものが恐怖の根源として現れ登場人物を思い切り怖がらせます

一方で『ゲットアウト』『ジグソウ:ソウ・レガシー』はソウシリーズを語るときに“ソリッド・シュチュエーション・スリラー”という表現が使われる通り登場人物たちが巻き込まれるシチュエーションが恐怖の対象になっています。

相手が怖いか状況が怖いかの違いはありますがどれもなかなか心に迫ってくる映画となっています。

『SAW』はトーチャーポルノ(拷問ポルノ)と揶揄されて、いったん飽和状態になったジャンルの帰還です。

これだけ新作で粒揃いのホラー映画が並ぶのはファンとしては嬉しい限りです。

『ジグソウ ソウ・レガシー』は、2017年11月10日よりロードショー、お見逃しなく!

関連記事

ホラー映画

映画『テルマ』あらすじとキャスト一覧!公開日と劇場は?

2017年の最もエキサイティングだと言われるホラー映画が海外で話題となっています! この作品の監督はデンマークのコペンハーゲン出身で、ノルウェーで活動する映画監督でヨアヒム・トリアー。 今回は日本公開 …

ホラー映画

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』ネタバレ感想と内容解説。怖くない笑いとギャグで最恐の心霊スポットに“かわいいワンコ”が走る!

『犬鳴村』の恐怖回避ばーじょんの映画が登場! 九州に実在する、最恐の心霊スポットとして知られる「旧犬鳴村トンネル」。 この実在する心霊スポットを舞台に「呪怨」シリーズの清水崇監督が制作し、動員100万 …

ホラー映画

映画『フッテージ』ネタバレ感想と結末あらすじ。どんでん返しホラーに登場する犯罪小説家を通じて観客が同一化される怖さ

連続殺人の死にまつわる不可思議な秘密を解き明かす者は死ぬ、ホラー映画『フッテージ』。 『フッテージ』は、家族連続殺人事件の真相を探る為に、殺人現場の家に引っ越して来た犯罪小説家が、家に残された前代未聞 …

ホラー映画

映画『ライト/オフ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『ライト/オフ』作品情報映画『ライト/オフ』あらすじとネタバレダイアナ 悪魔の子 『ライト/オフ』の感想と評価まとめ 映画『ライト/オフ』作品情報 【公開】 20 …

ホラー映画

映画『アナベル死霊博物館』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末はホラー版ナイトミュージアム⁉︎

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)よりロードショー。 2013年に第1作目が公開され、世界中のホラーファンを恐怖に陥れ魅了してきた「死霊館」シリーズ。 2019年、おなじみの怖く …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学