Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

ネタバレ『未成年裁判』第1話感想考察とあらすじ結末の評価解説。評判のNetflix法廷ドラマは女性判事が少年犯罪の闇と闘う

  • Writer :
  • 咲田真菜

エリート判事が複雑な少年犯罪の闇に切り込む!
話題のNetflix韓国ドラマ『未成年裁判』

非行に走る未成年を嫌悪し憎むエリート判事が、複雑な少年犯罪の闇に切り込んでゆくNetflixドラマ『未成年裁判』。

『シグナル』(2016)『ハイエナ~弁護士たちの生存ゲーム』(2020)のキム・ヘスが、クールで優秀な判事シム・ウンソクを演じています。

キム・ヘスの演技はもちろん、主人公ウンソクとは対照的な人情派の判事チャ・テジュを演じるキム・ムヨルとの対比も見どころな本作。

本記事では、2022年2月25日から配信されたNetflixドラマ『未成年裁判』の第1話をあらすじネタバレを含めてご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『未成年裁判』の作品情報


(C)Netflix「未成年裁判」

【配信】
2022年(韓国ドラマ)

【脚本】
キム・ミンソク

【監督】
ホン・ジョンチャン

【キャスト】
キム・ヘス キム・ムヨル イ・ミンソン イ・ジョンウン シン・ジェフィ

【作品概要】
監督はホン・ジョンチャン。キム・ヘス演じるクールで優秀な判事が、少年犯罪の闇に切り込んでい法廷ドラマです。

非行に走る未成年を特別嫌悪する判事シム・ウンソク(キム・ヘス)は、ヨンファ地方裁判所の少年刑事合議部に着任します。やがて子どもたちが直面している社会問題を知ることとなり、子どもたちが非行に走るのは社会に原因があると気付いていきます。

ドラマ『未成年裁判』第1話のあらすじとネタバレ


(C)Netflix「未成年裁判」

クリスマスで賑わう繁華街を、血だらけのパーカーを着た少年が歩いていました。通りかかる人に「携帯を貸してください」と頼むものの、彼の風貌を見ると人々は足早に去っていきます。

少年はその足で警察署へ行きました。たまたま通りかかった刑事が、少年の姿を見て「誰にやられたんだ!まずは病院へ行こう」と言うのですが、少年は「違います。僕は人を殺したんです」と告白し、血だらけの凶器の斧を刑事に見せます。

彼は13歳の少年ペク・ソンウ(イ・ヨン)で、同じ団地に住む小学生を殺して遺体をバラバラにしたのです。この事件は「ヨンファ小学生殺害事件」として世間を騒がせることになりました。

韓国の裁判所には判事が3300人いますが、そのうち少年事件を手掛ける少年部の判事は全国で20名。少年保護事件の審判に検察官は出席しないため、判事が直接罪を犯した子どもたちに尋問をし、保護処分を決めます。

シム・ウンソク(キム・ヘス)は、少年保護事件を担当する判事。「なぜ少年保護事件を担当するのか」と問われると「嫌悪。私は非行少年を憎んでいます」と鋭いまなざしで語る人物です。

ウンソクはヨンファ地方裁判所の少年刑事合議部に異動になり、右陪席として着任しました。同部屋の左陪席判事チャ・テジュ(キム・ムヨル)は、非行に走った子どもたちに親身に接する人情派の判事です。

またウンソクの直属の上司となるカン・ウォンジュン部長判事は、マスコミに出演して顔を売り、ゆくゆくは政治家になる野望を持っている人物です。

着任早々、ウンソクは「ヨンファ小学生殺害事件」を担当することになりました。残忍な手口で人を殺しているのに、ソンウは14歳以下の「触法少年」であるため処罰を受けることはありません。

世間で注目されている事件ということで、カン部長判事は、優秀だといわれているウンソクに事件を担当させます。

ウンソクが着任した日、過去に罪を犯した少年少女たちとのランチ会が開かれました。ウンソクは渋々出席するのですが、そこで騒動が起きます。一人の少女がスリの疑いをかけられたのです。

「私はやっていない!」と抵抗する少女に、ウンソクは埒が明かないから警察へ連絡をしようとしますが、テジュが止めます。

結局スリを疑った人物の勘違いだったということで収まりそうでしたが、その少女は別の客の財布をこっそり盗んでいました。

その一部始終を見ていたウンソクは、それを指摘し「だから私はあんたたちが嫌いなのよ。更生なんてできないから」と冷たく言います。そんなウンソクを見て、テジュは天を仰ぎます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『未成年裁判』第1話ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『未成年裁判』第1話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ウンソクは「ヨンファ小学生殺害事件」の準備に没頭しました。そしていよいよ、容疑者であるペク・ソンウと法廷で顔を合わせることになります。

「あの日は幻聴がひどくて誰でもいいから殺したかった」と言うソンウ。事件当日のことを語りながら、法廷で笑い出す彼の姿はとても不気味でした。そして「14歳未満は人を殺しても刑務所に入らないんでしょ?」と笑顔でウンソクに問いかけます。

法廷に遅れてやってきたソンウの母親も「仕事が忙しくて……」と言い訳をした上で「実刑にならないのに、いつまで拘束するのか」と言い出す始末。ウンソクは「まずは被害者に謝罪を」と冷たく言って法廷を去ります。

その後、被害者の子どもの母親とウンソクは面談をしていました。泣き崩れる母親は、亡くした子どもが好きだったおかずをウンソクに差し入れます。その後、亡くなった子どもの写真を自らの机に飾って、仕事に邁進するウンソク。

ソンウは2回目の公判で、精神疾患を理由に事件を起こしたと語り始めます。診断書を見せるソンウを冷たく見て一言「あなた、嘘つきね」とウンソクは言います。

ソンウが患っている精神疾患であれば、集中力を保つことは難しく、遺体を切断するという殺人事件を起こすことは不可能だとウンソクは反論。ウンソクは事件の背後にもう一人の人物がいると指摘します。

その言葉を聞いた瞬間、ソンウの顔色がみるみる変わり暴れ始めます。しかしウンソクは容赦なくソンウを攻め立てます。

「他に容疑者がいるから、調査をしたい」と願い出るウンソクに、カン部長判事は「原則どおりに審議を進めろ!」と強く責めます。政治家になるという野望を達成するためには、なんとしてでもこの事件を穏便に済ませる必要があったからです。

しかしウンソクは諦めません。ソンウの共犯者が14歳以上であれば「少年刑事事件」として罰することができる……その思いで独自に捜査を始めます。その様子を見たテジュも、ウンソクに協力することを決意しました。

共犯者として名前が挙がったのは、ハン・イェウン(ファン・ヒョンジョン)。彼女が入り浸っているネットカフェにウンソクは踏み込み、逃げ出すイェウンを追いかけます。

追跡中、車にはねられても起き上がって追いかけるウンソク。そしてとうとう、イェウンを路地裏に追い詰めます……。

スポンサーリンク

ドラマ『未成年裁判』第1話の感想と評価


(C)Netflix「未成年裁判」

キム・ヘス演じるクールな判事の素顔は?

キム・ヘスといえば、2020年のドラマ『ハイエナ』でお金のためなら手段を選ばない弁護士役を演じましたが、今度は少年事件を担当する判事役として登場。笑顔ひとつ見せず、協調性のかけらもなさそうなシム・ウンソクという役をクールに演じています。

罪を犯した子どもに向けて「だからあなたたちが嫌いなのよ」と言うところで、またしても悪の部分が大きい法律家なのか……と思いましたが、被害者の写真を机に置きながら仕事に没頭している姿を見ると、今回は人一倍正義感の強い判事であることが伺えます。

本作のキム・ヘスは、言葉に迫力があります。上司である部長判事に理路整然とした言い分でまくしたてるところは見事です。キム・ヘスの大弁論にグイグイと引き込まれていきます。

どこか暗い過去を背負っているようにも見えるウンソク。なぜそこまで少年犯罪にこだわるのか、なぜ罪を犯す子どもたちを憎んでいるのか、今後の動向が気になるところです。

人情派判事キム・ムヨルとの協力がもたらす展開は?


(C)Netflix「未成年裁判」

『イルジメ』(2008)で主人公イ・ジュンギと対決する悪役を演じた姿を覚えている人も多いキム・ムヨル。今回は、キム・ヘスとは対照的に、罪を犯した子どもたちに寄り添う人情派の判事チャ・テジュとして登場します。

ウンソクの非行に走った子どもたちに対する態度には共感できないものの、「判事には真実をきちんと暴く義務がある」と考える正義感は、ウンソクと同じものを持ち合わせているようです。

当初はウンソクと距離を置こうとしていたテジュが、ウンソクに協力することでどのように変化していくのか。その展開も見どころになりそうです。

まとめ

法廷ものということもあり、とっつきにくいと考える人もいるかもしれませんが、物語の進み方が早く、引き込まれていきます。

少年犯罪については日本でも問題になっていますが、韓国でも同様のことが起きているのだと他人事ではなく、観ることができるでしょう

いわゆるイケメン俳優が出てくるドラマではありませんが、骨太なストーリー展開に知らず知らずのうちに引き込まれていく作品です。



関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『フレンズ』動画無料視聴 Hulu!あらすじとキャスト

『フレンズ』は実は1994年にオンエアされました!それからもう20年以上…それでもフレンズの人気は健在です! 今の時代の若者はもしかして「フレンズって何?」なんて方もいらっしゃるのでは?! そんなあな …

海外ドラマシリーズ

韓国ドラマ『秘密の森』ネタバレ感想と結末まであらすじ。考察は犯人とラストの真相を深掘り!

チョ・スンウとペ・ドゥナ主演。海外からも高い評価を受けた、極上の韓流ミステリードラマシーズン1を紹介 1つの殺人事件を発端に検察や警察内部、さらに財閥や政府要人を含む社会に巣食う腐敗と向き合うことにな …

海外ドラマシリーズ

『アイアン・フィスト シーズン1』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

Netflixで次々と制作されるヒーロードラマたち。 今回は、15年の時を経てニューヨークに戻った男の、自分を取り戻すための戦いを描いたアクションドラマ『アイアン・フィスト シーズン1』のあらすじと魅 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』動画無料視聴のお薦め方法は

海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、2011年から放送開始。 現在シーズン6までU-NEXTで配信されている人気の海外ドラマです。 またシーズン5は、あのレディー・ガガの出演もあって更に注 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ロング・ロード・ホーム』あらすじとキャスト。無料動画視聴方法も

2017年11月28日(火)夜9時より、ドキュメンタリー専門チャンネル「ナショナル ジオグラフィック」で放送開始のドラマ『ロング・ロード・ホーム』。 イラク戦争の重要な転機となる武力衝突事件“ブラック …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学