Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

バック・トゥ・ザ・フューチャーやザ・ウォークなど数々の名作を作り出したロバート・ゼメキス監督の意欲作『ベオウルフ/呪われし勇者』

ベオウルフは近年fgoなどにも出ており、一般的に周知されるようになってきました。

フル3Dで制作された本作を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』の作品情報


(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc., Shangri-La Entertainment LLC and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
2007年(アメリカ映画)

【原題】
Beowulf

【監督】
ロバート・ゼメキス

【キャスト】
レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、ロビン・ライト・ペン、ブレンダン・グリーソン、クリスピン・グローヴァー、アリソン・ローマン、アンジェリーナ・ジョリー

【作品概要】
舞台はデンマーク、国王のフロースガールを中心に宴会が開かれました。そこに宴会を疎ましく思った怪物「グレンデル」は乱入し殺戮を行います。グレンデル討伐を公募中、ベオウルフが名乗りを上げます。

監督はバック・トゥ・ザ・フューチャーを作り出した巨匠、ロバート・ゼメキス。近年ではザ・ウォークなども手がけており、CGについて積極的に新しい技術を取り入れようとしている監督です。

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』のあらすじとネタバレ


(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc., Shangri-La Entertainment LLC and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

6世紀初頭のデンマーク。その城では、国王フロースガールを囲んで、盛大な宴が繰り広げられていました。

その場を襲ったのは、巨大な異形の怪物グレンデルだった。華やかな饗宴の場は一転、恐怖のどん底へと叩き落とされます。

国王は怪物退治を各国へ依頼し、各国から続々と猛者たちが押しかけてきます。

しかし、誰もグレンデルには勝てませんでした。そこへベオウルフが現れて、怪物退治を宣言します。

お互いにフェアな勝負を望むベオウルフは、武器も鎧も捨て裸で闘いに臨みグレンデルを倒すことに成功します。

瀕死のグレンデルは、母のもとへ逃げ帰り、ベオウルフの名を告げて息絶えます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ベオウルフ/呪われた勇者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ベオウルフ/呪われた勇者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

次の日の朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの無惨な姿だった。

国王は、グレンデルの母の仕業だと告げます。報復のため、彼女が棲む洞窟へと向かうベオウルフですが、彼を待っていたのは美しい全裸の女でした。

彼女はベオウルフから抱かれることを望みました。

実は昔にフロースガールも彼女を抱いていて、グレンデルは2人の息子だったのです。

城に戻ったベオウルフに国王は自分に後継者が居なかったので、後継者として認め王位もすべての財産も譲ると告げ、自死します。

そして新たにベオウルフは国王の座に就きました。

数年経ったであろうある日、黄金のドラゴンが現れ、火を噴きながら民衆たちを攻撃しはじめました。

このドラゴンこそ、グレンデルの母と契りを交わしたベオウルフの息子だったのです。

ベオウルフは闘いを挑みます。激闘の末、ドラゴンの弱点である心臓をつかみ取って絶命させるベオウルフですが、自身もまた転落して海の底へと消えていきました。

こうして、フロースガールから続く2代の呪いをベオウルフは断ち切ったのです。

スポンサーリンク

映画『ベオウルフ/呪われた勇者』の感想と評価

このベオウルフという映画を語るにあたって、1つどうしてもこれだけは抑えておかねばならないポイントがあります。

それは、この映画がフルCGで作られたということです。

フルCGで作られた本作は、なんとベオウルフ含めすべての俳優もモーションキャプチャーから作られています。

作品中盤で登場する、グレンデルの母のアンジェリーナ・ジョリーはとてもグラマラスでまるでアニメに出てくるキャラのような体型です。

グレンデルや黄金のドラゴンと戦うシーンは、そもそも同じ空間に存在することはありませんが違和感なく見ることができます。

近年では『バイオハザード・ダムネーション』や『シドニアの騎士』などフルCGのアニメーションはその数を多く増やしてきています。

筆者の記憶するところでフルCGの映画は「チキン・リトル」が一番古いですが、実写に寄せた作品では本作はかなり古い部類に入ると思われます。

内容についてはよくある英雄譚ですが、原典である「ベーオウルフ」に存在する矛盾を、スタッフの解釈によって解決している点で優れています。

まとめ

今作はロバート・ゼメキス監督によって作られた意欲作です。

今でも映画を撮るといえば、役者を使いアクションや演技をしてもらうのが一般的です。

ですが、ベオウルフで使用されている技法が確立されれば、俳優・女優は危険なアクションシーンをする必要もなく安全に映画を撮ることができます。

内容も勿論派手で、ベオウルフという英雄の残した伝説を追いかける面白さがありますが、是非ともフルCGによって作られた映像を楽しんで欲しいと思います。

関連記事

ファンタジー映画

怪物はささやくキャストとあらすじ!日本公開はいつ?試写会情報も

“その怪物が喰らうのは、少年の真実 ―。” 破壊と感涙のダーク・ファンタジー『怪物はささやく』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『怪物はささやく』の作品情報映画『怪物はささやく』 …

ファンタジー映画

映画『マガディーラ 勇者転生』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末も

400年の時を超えて繰り広げられる壮大なラブストーリー『マガディーラ 勇者転生』。 日本でも大ヒットした『バーフバリー』2部作のS・S・ラージャマウリ監督とスタッフによる『バーフバリー』の原点とも呼べ …

ファンタジー映画

映画『野性の呼び声』ネタバレあらすじと感想。犬との友情を原作8度目の映像化で描いたものとは⁈

自分の本当の居場所とは。 野性の呼び声に従え。 1903年、アメリカの作家ジャック・ロンドンが発表した名作冒険小説「野性の呼び声」が、ディズニーのクリエーター陣により、初の完全実写映画化となりました。 …

ファンタジー映画

ハムナプトラ 失われた砂漠の都|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

大人気シリーズ「ハムナプトラ」は、生き返るミイラや蝗の大群などが印象的な一作です。「インディ・ジョーンズ」シリーズに比べて、「ハムナプトラ」シリーズの方が少し新しいのはご存知でしょうか? 今回は199 …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP