Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2018/09/03
Update

映画『プーと大人になった僕』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『プーと大人になった僕』は、9月14日(金)全国公開!

世界中で時を超えて愛され続ける物語『くまのプーさん』。

プーさんの冒険と共に育ってきたという方も少なく無いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは『くまのプーさん』のキャラクター、大人になったクリストファー・ロビンを主人公にロンドンでの奇跡の再会と新たな冒険のはじまり映画『プーと大人になった僕』です。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』の作品情報


(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Christopher Robin

【監督】
マーク・フォースター

【キャスト】
ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、マーク・ゲイティス、ジム・カミングス、クリス・オダウド、ブラッド・ギャレット、トビー・ジョーンズ、ニック・モハメッド、ピーター・キャパルディ、ソフィー・オコネドー

【作品概要】
A・A・ミルンによる自動文学を原作とするディズニーの人気作品「くまのプーさん」を初めて実写映画化。

大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの再会、新たな彼らの冒険を描いた本作。クリストファー・ロビンは妻や娘とロンドンで暮らしながら仕事に悩み、多忙な日々を送っていました。そんなある日彼の前に現れたのは、かつての親友プーだったのです…。

主人公クリストファーを演じるのは『スター・ウォーズ』のオビ=ワン・ケノービ役でおなじみ、『ムーラン・ルージュ』(2001)や『美女と野獣』(2017)では歌声も披露しているユアン・マクレガー。

プーの声を演じるのは『くまのプーさん』プーの声優3代目を務めるジム・カミングス。クリストファーの上司キース・ウィンズローを演じるのは人気ドラマ『SHERLOCK』でマイクロフト・ホームズを演じるマーク・ゲイティス。他にはオウルの声をトビー・ジョーンズが演じるなど、個性派俳優も顔を連ねます。

映画『プーと大人になった僕』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

クリストファー・ロビンは想像力が豊かな少年でした。

物を集めるのが大好きな彼の部屋は物でいっぱい、その中でもクマのぬいぐるみのプーが一番のお気に入りで、親友でした。

しかし、彼らにも別れの時が訪れます。

クリストファー・ロビンはプーやティガー、ピグレット、オウルと言った他の友達にも「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」という約束をプーと交わし、別れたのでした。

しかし親元を離れた学校での生活や教育、戦争の勃発や出兵を経験し、クリストファーの心から想像力は奪われていきました。

月日は流れ、建築家のイヴリンと結婚し子供も授かったクリストファーでしたが、セールスマンとして多忙な日々を送り悩みを抱えていました。

戦後の経済危機の中、クリストファーの会社も万事順調というわけではなく、上司マーク・ゲイティスは威圧的な男性。

会社では従業員解雇の話も持ち上がり、リストラ担当者に選ばれたクリストファーは前から予定していたサセックスの田舎での家族旅行に行くことを中止せざるをえなくなります。

その頃、100エーカーの森では、くまのプーが蜂蜜探しに没頭していました。

しかし、いくら探しても蜂の巣を見つけることができず、プーは親友のクリストファーに助けを求めて魔法の扉をくぐってロンドンにやってきます。

ベンチに座っているクリストファーの前に現れるプー。

魔法の扉が消えてしまったため、森に戻れなくなったプーをクリストファーは送り届けることにします。

以下、『プーと大人になった僕』ネタバレ・結末の記載がございます。『プーと大人になった僕』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

クリストファーとプーは100エーカーの森に到着しますが、彼はプーに自分がもう子供ではないことを伝えます。

クリストファーは“ズオウ”の罠にとらわれ、雨で自分の書類が入ったスーツケースを水浸しにしてしまいます。

クリストファーはズオウを恐れて隠れていたピグレットやイーオウを見つけ、自分がクリストファー・ロビンであることを告げ、プーに「僕は君のことを覚えている」と謝罪します。

翌朝家族の元へ急いで戻るクリストファー。プーたちはティガーがいたずらしたクリストファーのスーツケースを返すため、ロンドンまで旅行することにしました。

彼らはクリストファーの娘マデリーンを見つけ、マデリーンは父親が描いた絵に彼らがそっくりなことからプーたちを認識します。

マデリーンは、寄宿学校に通わせようとしている父クリストファーを説得したいと考えていて、プーたちの一行に加わります。

会社の会議で書類が入ったスーツケースがないことに気がついたクリストファー。

妻イヴリンはマデリーンがいないことに気がつき、クリストファーと2人で捜索します。

マデリーンとプーたちは何とかクリストファーの会社の近くに到着、彼は娘を寄宿学校に送らないことを約束します。

彼は会社の売り物である荷物鞄の価格を下げ、従業員に休暇を与えることを会社に提案し、会社側もそれを受け入れます。

クリストファーはは100エーカーの森に自分の家族を連れて行き、かつての友達皆と再会するのでした。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』の感想と評価


(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

子供の頃、大切に思っていたもの、記憶、無限大だった想像力、大人になるにつれてそれは悲しくも現実に飲まれ少しずつ失ってしまうもの

少し古びたプーの姿は、子供時代から長い年月が経ってしまったこと、またアニメ『くまのプーさん』でプーを演じているジム・カミングスの声も止まっている記憶と現実と記憶の溝を強く実感させます。

大人になり仕事に悩みながらも家族を養っていかなければいけない。

子供の時のように遊んでばかりはいられず、“何もしない”ということもできない

そんな彼にイマジナリー・フレンドであるプーたちが子供時代を想起させ、おとぎ話の世界に誘う本作は誰もが共感できるストーリーであり、きっと忘れていても心の中に眠っている大切な“何か”を探し、向き合う勇気を与えてくれる作品なのです。

まとめ


(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

可愛らしいプーたちの世界と現実の人間関係が見事に交錯した大人のためのファンタジー『プーと大人になった僕』。

クリストファーと一緒に自分の思い出と心をたぐる旅を終えた時、きっと温かい涙と優しさに包まれることありません。

ぜひ大切な方と一緒に劇場に足を運んでみてくださいね。

関連記事

ファンタジー映画

【ネタバレ感想】映画『累かさね』考察はキスの謎!解説は母と娘の真相について

松浦だるまの原作『累』をNHK連続テレビ小説で人気を博したヒロインの土屋太鳳と芳根京子を招き、ダブル主演で映画化。 ふたりのヒロインを繋げる謎の男である羽生田役に浅野忠信。共演に横山裕、檀れい、村井國 …

ファンタジー映画

実写映画『シンデレラ』ネタバレあらすじと感想考察。ディズニー作品でリリー・ジェームズが主役を演じる

どんな時も勇気と優しさを持つこと。 ゴッドマザーはそんなあなたを見守っているかもしれません。 ラブストーリーの原点であり、世界中で愛され続ける物語、ディズニーの「シンデレラ」が、比類の映像美で実写映画 …

ファンタジー映画

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』あらすじとキャスト。監督ギレルモ・デル・トロ紹介も

アカデミー賞最多13部門ノミネート!! ギレルモ・デル・トロ監督が映し出すファンタジーロマンス。 3月1日(木)より公開の『シェイプ・オブ・ウォーター』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

ファンタジー映画

映画『魔女がいっぱい』ネタバレあらすじと内容解説。原作からロバートゼメキス監督が魔女を呼び覚ます

あなたの隣にも魔女がいるかもしれない!? 魔女の見分け方教えます。 『チャーリーとチョコレート工場』で知られる、イギリスの児童文学作家ロアルド・ダールの『魔女がいっぱい』を原作に、『バック・トゥ・ザ・ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学