Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーストラック』感想と考察。原作や音楽を博物館的な表現で描く

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー!

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された本作は、映画『ポイズン』や『ベルベット・ゴールドマイン』のトッド・ヘインズ監督が演出を務め、原作と脚本は『ヒューゴと不思議な発明』のブライアン・セルズニックによるもの。

タイトル『ワンダーストラック』は、驚きと幸せの一撃”という意味ですが、トッド監督が仕掛ける驚きと幸せの“ワンダーストラック”な物語とは?

スポンサーリンク

1.映画『ワンダーストラック』の作品情報


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Wonderstruck

【原作】
ブライアン・セルズニック

【監督】
トッド・ヘインズ

【キャスト】
オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ

【作品概要】
映画『エデンより彼方に』や『キャロル』で知られるトッド・ヘインズ監督が、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化。第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出されました。

2.映画『ワンダーストラック』のあらすじ


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

1977年のミネソタ州ガンフリント

12歳の少年ベンは母親エレインを交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしていました。

父親とは会ったことがないベンに、エレインは「いつか話すから」と言いながらも、なぜか父の名前すら語ろうとしませんでした。

ある嵐の夜、母の遺品にあった「ワンダーストラック」という、ニューヨークの自然史博物館の古い本を見つけます。

その本のなかにはキンケイド書店のしおりが挟まれており、「愛を込めて、ダニー」と記されていました。

それを見たベンは父親の手がかりだと直感します…。

その50年前の1927年のニュージャージー州ホーボーケン


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

生まれた時から耳の聞こえないローズは、両親が離婚し、厳格な父親に育てられていました。

そんな父親とは心が通じ合えない少女ローズは、毎日が孤独の日々でした。

彼女の唯一の楽しみは、憧れの女優リリアン・メイヒューの映画を観て、リリアンを紹介した記事をスクラップするのが少女ローズの宝物でした…。

交差するベンとローズの運命


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

嵐の夜にベンはキンケイド書店のしおりにあった番号に電話を掛けますが、落雷にあってしまい病院に運ばれます。

しかし、彼はそれ以来、耳が聞こえなくなってしまいます。

ベンは父親を探すために病院を勝手に抜け出し、独りニューヨークへと向かいます。

そしてまた、ローズも憧れのリリアンに会うため、独りニューヨークへと旅立ちました。

新たな一歩を踏み出した同じように孤独な2人は、やがて謎めいた因縁で結びつけられ、ひとつとなり重なっていきます…。

スポンサーリンク

3.映画『ワンダーストラック』の感想と評価

映画のセットを前に演出するトッド・ヘインズ監督


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

『ワンダーストラック』の原作者と監督の出会い

マーティン・スコセッシ監督が描いた映画『ヒューゴの不思議な発明』の原作者であるブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を自ら初の脚本を書き、映画化された本作『ワンダーストラック』。

その演出にあたったのは、映画『エデンより彼方に』(2002)や『キャロル』(2015)などで知られるトッド・ヘインズ監督です。

第44回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選ばれ上映された後に、第55回ニューヨーク映画祭の目玉となるセンターピース作品となりました。

この映画化にあたり、原作者ブライアンは『ヒューゴの不思議な発明』のベテラン衣装スタッフであったサンディ・パウエルに、まずは脚本の下書きを見せることにしました。

その際にサンディが思ったのは、この企画を一緒に仕事をしたトッド監督が演出をしたら、きっと面白い作品になるだろうと、まるで“雷を受けた様な直感”を得ました。

参考映像:『キャロル』予告編(2015)

そこで映画『キャロル』の編集作業中に没頭するトッド監督がそれを終えるタイミングで、原作者のブライアンとトッド監督を引き合わせます。

その後もサンディの情熱と創造的なビジョンは留まることはなく、彼女は最終的に本作の衣装デザインとエクゼクティブ・プロデューサーまで務めあげました

映画『キャロル』を観た映画ファンのあなたなら察しがつくかもしれませんね。

あの映画は1950年代のニューヨークが舞台となった作品です。

それは本作『ワンダーストラック』では、さらに驚かされてしまうほどニューヨークの当時の時代背景を忠実なまでに考察し、表現として見せてくれます

しかも本作の魅力の1つでもある、ニューヨークという都市の1927年と1977年という2つの時代を描き、50年という時間を交互にカット・バックしながらストーリーを紡いでいくのです。

正直な話をいえば、映画スタッフの作り手としては最も困難であろうことに真摯に挑んでいます。

原作ブライアンとトッド監督をはじめ、2人を引き合わせた運命の人というべきサンディまで、その尽力は並々ならぬものだったのではないでしょうか。

まったくと言っても良いほど、時代考察の表現に違和感がなく、素晴らしい出来栄えとなった演出です。

2つの時代を描くことで、ニューヨークの都市論的映像や、映画史的な重要なターニングポイント(サイレント映画&インディーズ映画)をまるで博物館のように見せた映画です。

それもそのはず、重要な舞台となるのは地球や人類の大いなる歴史をキュレターしているニューヨークの自然博物館が重要な舞台でもあるのですからね。

2つの時代と物語を映画表現の比較で描く


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

本作では1977年のミネソタに住む母親エレインを亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む聴覚障害の少女ローズとの、時代を越えた孤独と交流を見せるにあたり、大きな特徴があります。

原作者で本作が初脚本家デビューを果たしたブライアンは、少女ローズのパートはモノクローム映像のサイレント映画

少年ベンのパートはカラー映像でサウンドありで描くなど、この作品の登場人物が持つ孤独感を見せる方法にこだわりの表現を取っています。

映画のなかである重要な人物の部屋に貼ってある紙には、『ドリアン・グレイの肖像』や『サロメ』などで知られる詩人で作家のオスカー・ワイルドの引用があります。

オレ達は皆 ドブの中にいる。でもそこから星を眺めている奴だっている。
We are all in the gutter, but some of us are looking at the stars.

このオスカーの言葉の引用は、映画のテーマに密接に関係を持ち、登場人物の重要な全員がこのようなことを心に止め置いているような気がします。

その孤独を本作では、映像や言葉が断絶したり、また豊かに紡いだりする要素として見せくれるのです。

トッド・ヘインズ監督は脚本の最初の1ページを拝読するやいな、瞬く間にその類まれな映画的アイデアに魅了されました

ブライアン・セルズニックの書いた脚本家を読んだ印象を次のように述べています。

「ブライアンの脚本には、映画に対する情熱がはっきりと現れていた。だからどのページにも映画的なアイデアで満ち溢れていた。脚本の肝は、二つの時代とストーリーラインの間で行われているインターカットだった。また音に対しても大きな注意が払われていた。映画製作者として、構想を練るには抗いがたい素材だったよ」

このようにトッド監督が述べた「映画に対する情熱」それは本作『ワンダーストラック』を観て直ぐ分かるサイレント映画とトーキー映画の見せ方というもの。

70年代に台頭したインディーズ映画という音や色彩の表現だけにとどまっていないように感じることができます。

1番に上げておきたいのは、登場人物の1人である少年ベンが雷に打たれる場面です。

ベンは電気を全身に帯びたことによって、後天的な聴覚的な障害を負います。

しかし、“雷という電気によって映画そのものになり、また映画と核心と出会います”。

少し詩的な言い回しな解説にはなりますが、ネタバレ的な情緒でもあるので本作をご覧いただき、あなた自身で雷に打たれて感じてください。

映画は電気がなくては上映ができない文化です。それを電話という文明機器で孤独な少年ベンは受けてしまう。

そこで失うものがありますが、また得るものもある。

それこそが孤独の本質です。この作品では孤独と孤独がそのように絡み合って出会っていく映画とも言えるでしょう。

それこそこの映画の最大のメタファーである“人類の進化”とも感じられるはずです。

人類は孤独だからこそ、進化、あるいは本作の登場人物たちのように、ドブの中から星を眺めて成長をしたのではないでしょうか。

「聞こえますか?トム少佐」の歌詞で知られる名曲と名画の因縁も


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

本作『ワンダーストラック』の劇中で、母親エレインが聞いていたレコードは、1968年にリリースされていたデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ(Space Oddity)」

この楽曲はデヴィッドが1968年に公開された名作『2001年宇宙の旅(原題 2001: A Space Odyssey)』を観たあとに作った曲だと言われています。

まさに“孤独と進化”というメタファーの1つとして本作の要素として読み取れるはずですよ。

映画『ワンダーストラック』は決してSF映画やファンタジー映画ではありません。

しかし、この作品は多くの孤独や進化のメタファーをまるで博物館のごとく並べられ、映画のなかで星座のように関係性を持たせています。

参考映画:『2001年宇宙の旅』(1968)

だからこそ、SFやファンタジーの要素を見る者に随所に感じさせてくれるはずです。

それは“進化”とは、弱い者の孤独や創造というアイデアなしに起き得ない奇跡だからでしょう。

映画『2001年宇宙の旅』の因果関係にも注目ですよ。

まとめ

ローズ役のミリセント・シモンズとトッド監督


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

本作「ワンダーストラック』に登場する少年ベンを演じたのは、『ピートと秘密の友達』に出演した天才子役オークス・フェグリーが、的確な演技を見せてくれます。

少女ローズ役に自身も聴覚障害を持ち、今回映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが大抜擢されました。

彼女を見つけることができたことをトッド・ヘインズ監督は、彼女の存在があったからこそ、スタッフが取り組んでいる深いテーマを教えてくれたとまで言っていますので、要注目です!

また、その2人の物語を繋ぐ重要な役どころとなる人物を演じるのは、映画『SAFE』や『エデンより彼方に』、また『アイム・ノット・ゼア』に続き、ヘインズ監督と4度目のタッグとなるオスカー女優のジュリアン・ムーア

トッド監督がずっと信頼をおいている女優である彼女は、本作では2役を演じる好演を見せてくれます。


(c) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

初の脚本家としてデビューしたブライアン・セルズニックの画期的である映画の持つ魅力的なアイデアを、さらに視覚的な効果で活かそうと工夫を見せたトッド監督の『ワンダーストラック』。

彼はキャストに天才的子役少年と、実際にユニークな個性を持った少女の映画出演させることで、幼い心情にさらなる共鳴を掛け合わせました。

またそれらの演技を演技派女優のジュリアン・ムーアやミシェル・ウィリアムズが脇を固めたことで、きっと映画ファンのあなたの心に届く素敵な感動を約束してくれるはずです。

ぜひ、アマゾンスタジオが挑んだ『ワンダーストラック』を劇場でご覧くださいね。

お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

小泉今日子映画『食べる女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー。 映画『阿修羅のごとく』などの脚本家でもあり映画プロデューサー、作家としての顔も持つ筒井ともみの同名小説の映画化。 筒井自ら企画・脚本・プロデューサ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】ロブ・ライナー映画『記者たち』の評価と解説。戦争背景を理解する洋画6選の紹介も

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』は、2019年3月29日(金)より、東京・TOHOシネマズシャンテほかロードショー! イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『スポットライト』ネタバレ解説と結末までのあらすじ。新聞記者がスキャンダル事件を暴く

巨大権力を相手に正義を貫く新聞記者たちを描いたアカデミー賞作品 マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演の、2016年に公開された映画『スポットライト 世紀のスクープ』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』あらすじネタバレと感想。評価されるべきジャーナリズムの在り方をロブ・ライナーが魅せる

真実は誰のためにあるのか?! 政府は大量破壊兵器を持つイラクを攻撃しなくてはならないというが、本当に大量破壊兵器は存在するのか? 国民に真実を伝えるために、アメリカ政府の巨大な噓に立ち向かった新聞記者 …

ヒューマンドラマ映画

三野龍一映画『老人ファーム』あらすじと感想レビュー。空気を読みすぎる社会へ警鐘を鳴らす

三野ブラザーズが放つ自由と解放の映画『老人ファーム』 老人ホームで働く介護職員の和彦が、仕事に葛藤しながらも向き合う姿を通して、現代社会の問題点を浮き彫りにさせる映画『老人ファーム』。 2019年4月 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP