Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『英雄の証明』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。イラン映画の名匠が一瞬の油断や判断の過ちで起こる人間の運命を描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

まっとうな正義感と小さな嘘。彼は本物の英雄なのか、それとも詐欺師か!?

『別離』(2011)、『ある過去の行方』(2013)などの作品で知られ、国際的にも高い評価を受けているイランの名匠アスガー・ファルハディ監督が手がけた映画『英雄の証明』。

男がとった良心の行動に様々な人間の目論見が加わり、小さなひび割れのような出来事が男の運命を大きく左右していくヒューマン・サスペンスドラマです。

第74回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したのをはじめ、第94回アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出、第79回ゴールデングローブ賞非英語映画賞にノミネートされるなど、注目の一作です。

スポンサーリンク

映画『英雄の証明』の作品情報


(C)2021 Memento Production – Asghar Farhadi Production – ARTE France Cinema

【日本公開】
2022年公開(フランス、イラン合作映画)

【原題】
A Hero

【監督・脚本】
アスガー・ファルハディ

【キャスト】
アミル・ジャディディ、モーセン・タナバンデ、サハル・ゴルデュースト、サリナ・ファルハディ、フェレシュテー・サドル・オーファン

【作品概要】
ベルリン、カンヌ国際映画祭で、数多くの映画賞に輝き、米アカデミー賞外国映画賞を2度も制したアスガー・ファルハディが描くサスペンス溢れるヒューマンドラマ。第74回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作。

主人公のラヒムを演じるのはファジル映画祭で2度受賞経験があるアミル・ジャディデイ。

映画『英雄の証明』あらすじとネタバレ


(C)2021 Memento Production – Asghar Farhadi Production – ARTE France Cinema

イランの古都シラーズ。

元看板職人のラヒムは、3年前、別れた妻の兄バーラムから借りた金を返せず、告発されて刑務所に投獄され服役していました。

2日間の休暇をもらえた彼は、この機会に兄に借金を返して、告発を取り消してもらおうと考えていました。

数日前に、婚約者のファルコンデが偶然17枚の金貨を拾ったのです。ラヒムはそれを換金して返済にあてようと目論んでいました。

ラヒムは刑務所を出るとすぐに姉夫婦の家に身を寄せました。姉夫婦はラヒムが刑務所にはいっている間、彼の息子のシアヴァシュの面倒を見てくれていました。

それからすぐにラヒムはファルコンデと落ち合って貴金属店に行き、金を鑑定してもらいましたが、思っていたよりも値がつかず、借金の半分くらいにしかならないことがわかります。

足りない分は刑務所を出てから働いて返すとバーラムに頼みますが、バーラムは全額返済でなければ訴えを取り下げないと拒否します。

その翌日、他人の金貨をくすねることの罪悪感にさいなまれたラヒムは、金貨を落とし主に返すことを決意します。

貼り紙を作り、落とし主を探したところ、一人の女性から連絡があり、金を預かっていた姉のもとに女性が訪ねてきました。

彼女の夫は賭け事に熱中していて、金があることが分かれば、すぐに使ってしまうだろう、だから夫には知られたくないのだ、内職をして必死に貯めた金貨だと説明し、感謝を述べると女性は帰っていきました。

ラヒムが連絡先の電話番号を刑務所のものにしていたせいで、このささやかな善行が刑務所にも伝わり、刑務所は「正直者の囚人」という美談として、マスコミに取材させ、ラヒムはインタビューを受け、新聞にも記事が掲載されました。

借金があるにも関わらず、正直に金を返した英雄としてラヒムはたちまちもてはやされます。

特別休暇を与えられたラヒムはチャリティー協会のイベントに招かれ、息子と一緒に出席しました。

吃音症の息子のスピーチも、人々の涙を誘い、3400万トマンの寄付が集まりました。人々はバーラムにこれでラヒムを許してやってくれと訴えますが、バーラムはラヒムに貸した金額は1億5000万トマンで到底足りないと抵抗します。

しかし、自身の娘の子供でもあるシアヴァシュの悲しげな表情を観て、「この子のためだ」と言って、残りの謝金は出所後働いて返すことに同意しました。

正直さを買われて、就職先も紹介されたラヒムは、職場に向かいますが、ここで思わぬ足止めを喰らいます。

担当者は、彼に本当に女性に金を返したことを証明しろと言いだしたのです。彼はSNSにこれは詐欺だという書き込みがされていて、広まっていると述べました。

ラヒムは金を取りに来た女性を探す羽目になりますが、名前も住所もわからない女性を探すのは容易ではありません。

彼女はタクシーに乗ってきたので、タクシーの運転手を探し出し、話を聞かせてもらいました。運転手は自身もかつて刑務所で服役した経験があり、ラヒムに同情して、協力的でした。

女性は、ラヒムの姉の家を出たあと、貴金属店で降りたといいます。店に入って訪ねてみると、女子は金の鑑定を頼み、換金せずそのまま帰ったと言います。

ラヒムは店内に監視カメラが設置されているのを観て、女性の写真が欲しいと頼みました。最初はことわられましたが、事情を必死に訴え、女性の映った写真を手にいれました。しかしそれ以上、探す手段が見つかりません。

SNSで広まった噂のせいで、予定されていたテレビ取材が中止になり、刑務所の上層部も、彼に疑惑の目を向け始めました。

ラヒムは思案した末、ファルコンデを、金を取りに来た女性に仕立て、再び担当者のところに出向きますが、相手は今聞いた話の裏付けを取ると言い出し、ラヒムを困惑させます。

さらに担当者は、ラヒムが金を拾った日付よりも前に、刑務所からメールでバーラムに金を返すと連絡していたことを指摘します。

金を見つけたのは、自分のフィアンセで、それを換金しようと思っていたけれど、良心が咎めてやめたのだと訴えますが、自分が見つけたと言っていましたよね、と相手にされません。

実は、そのことは刑務所の上層部には伝えてありました。ただ、彼女がフィアンセだということは周りには秘密だったこと、上層部もそこまで正確に言う必要もないだろうと判断したこともあり、それきりになっていたのです。

ラヒムは刑務所の上層部に事務所に行って、そのことを証明してほしいと頼みますが、相手にされず、しびれを切らして暴言を吐いてしまい、叱責されます。

担当者にメールを暴露したのは、バーラムしか考えられないと、ラヒムは彼の職場に押しかけました。そこには元妻もいて、彼を見るとののしり始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『英雄の証明』ネタバレ・結末の記載がございます。『英雄の証明』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

悪い噂を流しているのもバーラムに違いないと思い込んだラヒムは、バーラムに掴みかかりました。元妻が助けを呼び駆けつけた周りの市場の商店主たちに止められ、警察を呼ばれてしまいます。

その時の動画がチャリティ協会に送信され、呼び出されたラヒムはファルコンデと共に、協会へと出かけていきました。

協会の人々は、自分たちの信用がなくなってしまう、なんてことをしてくれたんだとカンカンに怒っていました。

協会の代表は、集まった金をこのまま渡すわけにはいかないと言い、夫が死刑になりかけている女性が、ラヒムに集まった金を回してほしいと嘆願しに来ているのだと告げます。

自分のために集まった金だとラヒムが言うと、協会側は私たちの信用があったからこそ集まったのだとつっぱねます。ついにラヒムは「金はいらない」と言うと、席を立ちました。

ラヒムを車に乗せ、ファルコンデはもう一度、協会の事務所に引き返しました。「寄付金が他人に流れたことが知られれば、彼は恥をかいてしまう。寄付金を譲ったことにしてください」とファルコンデは、ラヒムの名誉を守るため、協会の代表に頼みこみました。

協会はそれをのみ、SNSで流すようにすると約束し、動画もなんとか頼み込んで取り消してもらうようにすると言ってくれました。しかし、その時、既に動画は拡散されていました。

職場の担当者にメールを送ったのは、バーラムではなく、刑務所で携帯を使わせてくれた囚人が彼に嫉妬して、送ったものであることが後に判明します。

寄付金を困っている女性に譲ったことがSNSで流され、刑務所の上層部が再び、今回の件を動画で撮らせてくれと言い出しました。

ラヒムは断りますが、結局、上層部のひとりが彼の家にビデオカメラを持って乗り込んできました。

彼はシアヴァシュに貴金属店でもらった監視カメラに映った金貨の持ち主の写真を持たせ、父のことを話させます。しかし、吃音症のシアヴァシュは緊張すればするほど、うまく話をすることができません。

「もうやめてください。息子がさらしものになる」とラヒムが頼んでも、このほうが効果的だと撮影をやめてくれません。撮影を終えた彼が帰ろうとすると、ラヒムは動画を消してくださいと詰め寄ります。

それでも無視する相手に対して、姉夫婦がとめにはいったにも関わらず、ラヒムは暴力沙汰を起こしてしまいます。

翌日、ファルコンデとシアヴァシュに見守られながら、ラヒムは服役するため、刑務所へと戻っていきました。

スポンサーリンク

映画『英雄の証明』解説と評価


(C)2021 Memento Production – Asghar Farhadi Production – ARTE France Cinema

アスガー・ファルハディ監督は、これまでも、ほんの一瞬の油断や、ちょっとした判断の過ちという誰もが起こしうる事柄で人間の運命が大きく変わる作品を描いてきました

『彼女が消えた浜辺』(2009)は、集団心理の高揚感がもたらす一瞬の油断が悲劇を生み、『別離』では、介護職の女性が宗教的な理由で真実を証言できないことが大きな波紋となり、『セールスマン』では、致し方ない理由で転居した先でのちょっとした判断ミスから起こる悲劇とその後の葛藤が描かれていました。

それらは、どこでも、いつでも、誰にでも起こりうる出来事で、人生の歯車を狂わされた人々の姿はその圧倒的な心理描写も相まって、まったく他人事ではない臨場感溢れるものでした。

本作もまた、良心に基づいた善行のせいで、窮地へと追い詰められる人間の姿を、類まれなる描写力で表現し、観る者を引きずり込みます。

囚人のささやかな善行を刑務所の宣伝に使おうと目論む刑務所の幹部たちや、問題発生時に保身に明け暮れる慈善団体など、組織の身勝手さが浮き彫りにされますが、ここに、SNSという要素が絡んできて、事態は一層複雑になっていきます。

主人公のラヒムが金を落とし主に返したのは、純粋にそうすることが正しいと感じたからで、そこから何かを得ようとしていたわけではありません。

ですので、金を取りに来た女性の名前や住所を聞き出して書き留めるようなこともしていません。ところが、SNS上では、「当事者が語っているだけで、目に見える証拠が何もない。金の受取人は誰かもわからないし、これは作り話ではないか。ラヒムは作り話で喝采を得ているペテン師ではないか」と書き込まれ、拡散されていきます。

ここからアスガー・ファルハディ監督らしさがさらに加速して行きます。「英雄」から一転、「ペテン師」に転落させられようとしている中、自身のささやかな善行は本当だと証明するために、ラヒムは小さな嘘をつき、そこから生じた綻びを指摘されることで、一層信用を失ってしまいます。

少しくらいの嘘なら許されるだろうという判断や小さな申告漏れが、大きな痛手となってしまうー。人間が翻弄され追い詰められていく様が丹念に描写され、観ていて他人事でない思いに駆られるのです

ラヒムは疑心暗鬼になり、元妻の兄や刑務所の上層部に怒りをつのらせ、ついに暴力を奮ってしまいます。

ここに来て、観客はラヒムという人物の別の側面に気が付きます。善良に見える彼にも問題はあり、一方で、悪役的な立場にいた元妻やその兄にも言い分があるだろうということに気がつくのです。ここでも逆転の構図が見えてきます。

ただ、そんな状況の中でも父を信じる息子や、ラヒムの名誉を守ろうとする婚約者の姿が胸を打ちます。金銭への執着ではなく人間の尊厳を守ることへと物語が収束していくことに救いを感じました

まとめ


(C)2021 Memento Production – Asghar Farhadi Production – ARTE France Cinema

舞台となるのは、古代遺跡が多く現存するイラン南西部の古都シラーズです。

映画の冒頭、刑務所を出てきたラヒムが、遺跡の修復作業をしている義兄を訪ねる場面がありますが、そこで登場するのが王たちの墓であるナクシュ・ロスタム遺跡です。実に迫力のある壮大な景色が登場し、目を見張ります。

ラヒムはここで修復作業のために設けられた階段を登っていきます。かなり高いところまで登っていく姿を映画は静かに映し出します。

ようやく到着し、義兄と言葉を交わすラヒム。義兄は降りようと言い、わざわざ上がってきた階段をラヒムはすぐに下っていくことになります。

持ち上げられて落とされるという、その後のラヒムが経験する事柄がこのくだりに象徴されているかのようです(義兄は常にラヒムの味方をしてくれる立場ですが)。

また、同じ階段を降りるという行為でも、ファルコンデの場合、彼女が階段を降りるシーンが長回しでなく、生き生きとしたカットを重ねることで表現されていて、フィアンセと久しぶりに会う歓びが表されています。

ラヒムに冷たい目を向ける自身の家族に対して、毅然と立ち向かう、ファルコンデの逞しさが強く印象に残ります。人間たちが巻き起こすこの狂想曲に、一筋の光明を与えています




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『海辺の家族たち』あらすじ感想と評価解説レビュー。3人兄妹の絆を描いたゲディギャン監督の集大成的秀作

父との最期の日々を過ごすために集った3人の子どもたちを描くヒューマンドラマ 〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる名匠ロベール・ゲディギャン監督の最新作『海辺の家族たち』が、2021年5月14日(金) …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族のはなし』あらすじネタバレと感想。原作鉄拳のパラパラ漫画も楽しめるリンゴ農家のストーリーとは

映画『家族のはなし』は、11月23日より全国公開! 『家族のはなし』の主人公である拓也に『悪人』や「銀魂」シリーズの岡田将生、彼と徐々に疎遠になってしまう両親に時任任三郎と財前直見。 そして、何かと拓 …

ヒューマンドラマ映画

リチャード・ギア映画『嘘はフィクサーのはじまり』感想と上映館情報

映画『嘘はフィクサーのはじまり』は、10月27日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開! 自称フィクサーの男、ノーマンがありとあらゆる手をつかって上流社会 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アニエスによるヴァルダ』感想とレビュー評価。特集上映の過去作紹介も【アニエス・ヴァルダを知るための3本の映画】

特集上映『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』は2019年12月21日(土)から公開。 2019年3月29日、“ヌーヴェル・ヴァーグの祖母”と称された映画製作者がこの世を去りました。 アニ …

ヒューマンドラマ映画

河瀬直美映画『あん』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

2017年のカンヌ国際映画祭でコンペティション部門に『光』を出品した河瀬直美監督の前作『あん』を紹介します。 映画『光』で視力を失いつつあるカメラマンを演じた永瀬正敏が、今作『あん』でも主要キャストと …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学