Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

北村匠海映画『アンダードッグ』期待の若手ボクサー龍太役を熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』。

『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎え制作した映画『アンダードッグ』。前・後編の2部で構成された劇場版が2020年11月27日に同日公開されます。

原作・脚本の足立紳をはじめ、多数映画賞を受賞した秀作『百円の恋』の製作チームが再び集結。

主人公の落ちぶれた“通称かませ犬”と呼ばれるボクサーを演じるのは、ダンサーとしても国内外で活躍する演技派俳優・森山未來。ストイックなトレーニングを積み、迫真のボクシングシーンに挑んでいます。

児童養護施設で育った若きボクサー役に若手実力派筆頭の北村匠海、チャラい一方でボクシングに一心に打ち込む崖っぷち芸人のボクサー役に勝地涼。

三人の負け犬らが夢をつかむためにリングで熱き戦いを繰り広げる姿が描かれます。

そのほか、水川あさみ、瀧内公美、冨手麻妙ら実力派女優陣に加え、風間杜夫、柄本明らベテラン勢が豪華共演。

元WBA世界スーパーバンタム級王者の佐藤修、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二、プロボクサーでありトレーナーライセンスも取得しているお笑いトリオ『ロバート』の山本博も出演しています。

この記事では期待の若手ボクサー・大村龍太役の北村匠海について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』の作品情報


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
武正晴

【キャスト】
森山未來、北村匠海、勝地涼、瀧内公美、熊谷真実、水川あさみ、冨手麻妙、萩原みのり、二ノ宮隆太郎、風間杜夫、柄本明

【作品情報】

『百円の恋』の監督・武正晴と、原作・脚本の足立紳が再タッグを組んだボクシング映画。チャンピオンへの夢を諦めきれずにボクシングにしがみつく主人公の〝かませ犬(=アンダードッグ)〟ボクサー・末永晃を、『モテキ』『怒り』の森山未來が演じます。

児童養護施設出身で秘めた過去を持つ若手ボクサー・大村龍太役に人気急上昇中の北村匠海、大物俳優の2世タレントの芸人ボクサー・宮木瞬役に勝地涼。

三者三様の事情を持つボクサーたちの、再起をかけた熱い生き様が描かれます。共演は熊谷真実、水川あさみ、瀧内公美、風間杜夫、柄本明ほか。

映画『アンダードッグ』のあらすじ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

かつて一度は掴みかけたチャンピオンの夢を諦めきれずにいるプロボクサーの末永晃。

現在も“かませ犬(=アンダードッグ)”としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々を送っていました。

しかし、息子の太郎に父親としての背中すら見せてやることができないまま、“かませ犬”から“負け犬”に。燃えカスとなった彼は、宿命的な出会いを果たします。

一人は児童養護施設出身で秘密の過去を持つ若き天才ボクサー・大村龍太。

もう一人は面白くないと野次られる芸人ボクサー・宮木瞬。大物俳優の二世タレントで、芸人としても鳴かず飛ばずの宮木は、テレビ企画でボクシングの試合に挑むこととなります。

三者三様の理由を持つ男たちが、再起をかけてリングで拳を交えますが…。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』大村龍太役は北村匠海

参考映像:『君の膵臓を食べたい』(2017)

映画『アンダードッグ』で期待の若手ボクサー・大村龍太役を演じる北村匠海は1997年11月3日生まれ。東京都出身。スターダストプロモーション所属。

子役からキャリアを積み、2008年の映画『DIVE』で池松壮亮の幼少期役で銀幕デビュー。

2011年に結成したダンスロックバンド「DISH//」ではメインボーカルとギターを務め、13年にメジャーデビューしました。15年からは4年連続で元日に日本武道館で単独公演を開催。

2017年の映画『君の膵臓をたべたい』では数々の映画賞を受賞。

『十二人の死にたい子どもたち』『君は月夜に光り輝く』『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』など数多くの映画に出演。

2020年には本作のほか、『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『トンカツDJアゲ太郎』『さくら』の5本もの公開作品に出演する大人気俳優です。

映画『アンダードッグ』大村龍太はどんな役?


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

北村匠海演じる大村龍太は、グリーンジム所属の才能を期待される若手ボクサー。

しかも心の優しい彼は練習や試合の合間には、養護施設に出向き、子供たちにボクシングを教えています。実は彼も施設の出身者であり、道義を感じ慈善活動をしています。

また、森山未來演じる末永晃という、簑島ジムに所属する元日本ライト級1位のプロボクサーに固執していきます。

夜な夜な晃がジムで練習をしていると、彼にちょっかいを出しに訪れます。彼らの関係、また隆太には過去にある事件を起こしており…。

『アンダードッグ』において、前編・後編で魅力的なキャラクター大村龍太を演じた北村匠海に注目です。

スポンサーリンク

北村匠海の演技力の評価は

参考映像:『とんかつDJアゲ太郎』(2020)

日本人離れしたくっきりした顔立ちが印象的な、人気急上昇中の実力派若手俳優・北村匠海。

2009年の映画『重力ピエロ』で難しい役を子ども時代から自然な演技で魅せ、才能の頭角をあらわしました。

ターニングポイントとなった作品はドラマ『仰げば尊し』。共演者の村上虹郎や太賀とは仲がよく、映画の感想を話したりする仲だそうです。

子役から10年を超えるキャリアの中で演技を磨き、『君の膵臓を食べたい』では主人公の少年時代を演じ、見事第42回報知映画賞、第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞

セリフの前に涙が耐え切れずにあふれたという泣くシーンには大きな反響が寄せられました。

『サヨナラまでの30分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』『ぼくらの7日間戦争』『思い、思われ、ふり、ふられ(アニメ映画版)』では第12回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞

『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督は、北村匠海について「イケメンの顔の内側に硬い信念や、独特のリズムがあっておもしろい」と評しています。

本作『アンダードッグ』では、将来を期待されるホープボクサーでありながら、過去に傷を持つ陰あるキャラクターを熱演。

2020年に本作を含め5本もの公開作品を持つ、今もっとも注目される若手俳優の演技に注目です。

北村匠海の公式SNSの紹介

北村匠海の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

『百円の恋』の監督・武正晴と脚本家・足立紳の最強タッグによる熱きボクシング映画『アンダードッグ』。

主演はダンサーとしても活躍する高い身体能力を備えた演技派・森山未來。

若手実力派・北村匠海が、養護施設出身で陰を持ちながら、一身に期待を背負う若きボクサー・大村龍太を熱く演じています。

勝地涼、熊谷真実、水川あさみ、風間杜夫、柄本明ら豪華俳優陣派が共演。

注目の映画『アンダードッグ』は、2020年11月27日よりロードショーです。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『AK-47』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。最強の銃誕生の秘密を実話伝記ドラマで明かす

独学で銃器を開発するソ連軍の兵士が、「AK-47」を開発する伝記ドラマ コンスタンティン・ブスロフが監督を務めた、2020年製作のロシアの伝記ドラマ映画『AK-47 最強の銃 誕生の秘密』。 独ソ戦争 …

ヒューマンドラマ映画

映画『五億円のじんせい』感想と評価。原作なしで脚本家の蛭田直美&監督ムン・ソンホが描く【自分だけの人生の目的の大切さ】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! 善意で集まった五億円により、命を救われた過去を持つ高校生の、人生を見 …

ヒューマンドラマ映画

『オリエント急行殺人事件』2017版映画と原作の違いを調査

オリエント急行の密室である車内で発生した殺人事件に、偶然乗り込んだ世界的名探偵ポアロが挑む! 1934年の初版以来、多くの読者を魅了してきたミステリーの金字塔をケネス・ブラナーが映画化。 新たに生まれ …

ヒューマンドラマ映画

映画『パリの家族たち』あらすじネタバレと感想。母親という存在を通して見える女性の生き方

仕事に家事に育児に恋に。 奮闘する女性への応援メッセージ。 現代は、多様化するライフスタイルで、家族の在り方も様々です。ひとつの存在に縛られて生きる時代ではありません。 結婚して母になっても、1人の女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルローヤル』あらすじと感想解説。キャスト波瑠の可愛らしさが原作者の桜木紫乃の世界観を活かす

映画『ホテルローヤル』は11月13日全国順次ロードショー 映画『ホテルローヤル』は、発行部数90万冊の桜木紫乃の直木賞受賞小説『ホテルローヤル』を映画化したヒューマンドラマです。 監督を務めたのは、安 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学