Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行!

また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知られる前野朋哉、感情型アーティスト・植田真梨恵をはじめ、出演者・監督4名による舞台挨拶が行われます!

スポンサーリンク

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』とは?


©2017 トモシビパートナーズ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』は、生誕から95年を迎え、今なお、走り続ける銚子電鉄を背景に描かれた映画。

原作は吉野翠の短編小説『トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟』(TO文庫刊)。

しかし、映画は原作と、また違った物語が展開され、女子高生・椎名杏子を主人公に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベント、そして電車を支える人々と、電車とともに地元で暮らす人々との交流の姿を描きます。

先の5月20日(土)に公開をスタートした映画『トモシビ』。撮影の舞台となった銚子の劇場(イオンシネマ銚子)では、現在も大好評につきロングラン上映を続けています。


©2017 トモシビパートナーズ

主人公の椎名杏子役を果たしたのは、ネスレ「キットカット」6代目受験生応援キャラクターを務め、注目度急上昇中の松風理咲です。

地元の撮り鉄青年の熊神守役を、auのCM「三太郎シリーズ」の一寸法師役で一躍脚光を浴びた前野朋哉が演じ、人生に疲れ、銚子に訪れた女性キミエ役を、本作の主題歌「灯」も書き下ろしたシンガーソングライターの植田真梨恵が演じました。


©2017 トモシビパートナーズ

そのほかのキャストに、有野晋哉、富田靖子、井上順など、豪華なベテラン陣が脇を務めます。

また、今作の監督は『の・ようなもののようなもの』を演出した杉山泰一監督

高校生たちの“あきらめない気持ち”と、あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれます。

なお、アンコール上映初日の7月1日(土)の舞台挨拶には、今作で電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉、本作の主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵、本作でメガホンを執った杉山泰一監督、脚本を手掛けた佐野誠が登壇予定になっています。

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映情報!

【日程】
2017年7月1日(土)~

【場所】
新宿武蔵野館
住所:東京都新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル
電話:03-3354-5670

【アンコール上映開始記念 舞台挨拶】(予定・敬称略)
■登壇者(予定)
前野朋哉、植田真梨恵、杉山泰一監督、佐野誠(脚本)

【登壇時間】
10:00の回 上映終了後
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

スポンサーリンク

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』その他各地でも上映!


©2017 トモシビパートナーズ

【青森】
フォーラム八戸
住所:青森県八戸市十三日町16
電話:0178-71-1555
7月1日(土)〜

松風理咲の舞台挨拶付き上映チケット絶賛販売中!

【岐阜】
岐阜CINEX
住所:岐阜県岐阜市日ノ出町2−20
電話:058-264-7151
7月8日(土)〜
※8日は松風理咲さんご登壇 舞台挨拶あり!

【大阪】
テアトル梅田
住所:大阪府大阪市北区茶屋町16−7
電話:06-6359-1080
7月8日(土)〜

3.まとめ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映は、本日の7月1日(土)より、東京の新宿武蔵野館で上映!

なお、本日の7月1日の舞台挨拶に、電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉と、主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵が登壇予定がされております。

また、杉山泰一監督や脚本を手掛けた佐野誠も登壇しますよ!

さらには、その他の各地でもこれから上映予定もございます!

銚子電鉄のファンはもとより、キャストやスタッフのファンのあなたも、ぜひ劇場へ足をお運びくださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『天命の城』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

韓国映画『天命の城』は、6月22日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー! 『王になった男』以来のイ・ビョンホン主演の本格時代劇。清の侵攻を受けた李氏朝鮮6代王仁祖は南漢山城に籠城作 …

ヒューマンドラマ映画

映画『重力ピエロ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『重力ピエロ』の原作は伊坂幸太郎原作の同名小説。 悲しい過去を背負いながらも力強く生きていこうとする家族を描いたヒューマン・ミステリーです。 『重力ピエロ』のあらすじや作品解説、またパンドラTV( …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】検察側の罪人の結末はキムタクとニノの演技力で考察をするな。橘の真相は愛ではない⁈

映画の原作は雫井脩介の『検察側の罪人』という同題ベストセラーで、演出は『関ケ原』や『日本のいちばん長い日』など、スケール感のある作風で定評の原田眞人監督。 本作は往年の邦画や上質な洋画を観ているような …

ヒューマンドラマ映画

映画『百万円と苦虫女』あらすじネタバレと感想!動画無料視聴方法も

数多くのドラマや映画、CMなど出演していることで知らない人はいないほどの女優の蒼井優。 かざりっけのない姿が好印象な、彼女の雰囲気が存分に発揮されている映画『百万円と苦虫女』をご紹介します。 スポンサ …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP