Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行!

また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知られる前野朋哉、感情型アーティスト・植田真梨恵をはじめ、出演者・監督4名による舞台挨拶が行われます!

スポンサーリンク

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』とは?


©2017 トモシビパートナーズ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』は、生誕から95年を迎え、今なお、走り続ける銚子電鉄を背景に描かれた映画。

原作は吉野翠の短編小説『トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟』(TO文庫刊)。

しかし、映画は原作と、また違った物語が展開され、女子高生・椎名杏子を主人公に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベント、そして電車を支える人々と、電車とともに地元で暮らす人々との交流の姿を描きます。

先の5月20日(土)に公開をスタートした映画『トモシビ』。撮影の舞台となった銚子の劇場(イオンシネマ銚子)では、現在も大好評につきロングラン上映を続けています。


©2017 トモシビパートナーズ

主人公の椎名杏子役を果たしたのは、ネスレ「キットカット」6代目受験生応援キャラクターを務め、注目度急上昇中の松風理咲です。

地元の撮り鉄青年の熊神守役を、auのCM「三太郎シリーズ」の一寸法師役で一躍脚光を浴びた前野朋哉が演じ、人生に疲れ、銚子に訪れた女性キミエ役を、本作の主題歌「灯」も書き下ろしたシンガーソングライターの植田真梨恵が演じました。


©2017 トモシビパートナーズ

そのほかのキャストに、有野晋哉、富田靖子、井上順など、豪華なベテラン陣が脇を務めます。

また、今作の監督は『の・ようなもののようなもの』を演出した杉山泰一監督

高校生たちの“あきらめない気持ち”と、あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれます。

なお、アンコール上映初日の7月1日(土)の舞台挨拶には、今作で電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉、本作の主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵、本作でメガホンを執った杉山泰一監督、脚本を手掛けた佐野誠が登壇予定になっています。

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映情報!

【日程】
2017年7月1日(土)~

【場所】
新宿武蔵野館
住所:東京都新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル
電話:03-3354-5670

【アンコール上映開始記念 舞台挨拶】(予定・敬称略)
■登壇者(予定)
前野朋哉、植田真梨恵、杉山泰一監督、佐野誠(脚本)

【登壇時間】
10:00の回 上映終了後
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

スポンサーリンク

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』その他各地でも上映!


©2017 トモシビパートナーズ

【青森】
フォーラム八戸
住所:青森県八戸市十三日町16
電話:0178-71-1555
7月1日(土)〜

松風理咲の舞台挨拶付き上映チケット絶賛販売中!

【岐阜】
岐阜CINEX
住所:岐阜県岐阜市日ノ出町2−20
電話:058-264-7151
7月8日(土)〜
※8日は松風理咲さんご登壇 舞台挨拶あり!

【大阪】
テアトル梅田
住所:大阪府大阪市北区茶屋町16−7
電話:06-6359-1080
7月8日(土)〜

3.まとめ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映は、本日の7月1日(土)より、東京の新宿武蔵野館で上映!

なお、本日の7月1日の舞台挨拶に、電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉と、主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵が登壇予定がされております。

また、杉山泰一監督や脚本を手掛けた佐野誠も登壇しますよ!

さらには、その他の各地でもこれから上映予定もございます!

銚子電鉄のファンはもとより、キャストやスタッフのファンのあなたも、ぜひ劇場へ足をお運びくださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

母さんがどんなに僕を嫌いでも|ゴスペラーズの映画主題歌CD発売日は

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のキャッチコピーは、の〝大好き〟をあきらめない。 そのことを体現するために作られた映画主題歌は、心を掴む歌声のゴスペラーズによる書き下ろしに決定しました。 太賀、吉 …

ヒューマンドラマ映画

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』あらすじとキャスト。感想レビューも

2018年7月14日公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、押見修造の漫画を映画化した作品で、作者の実体験を基にした青春ストーリーです。 上手く言葉が喋れない志乃と、ミュージシャンを夢見てい …

ヒューマンドラマ映画

映画『あゝ、荒野 』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

寺山ワールドという独特の世界観で演劇、映画、文学などマルチな才能を発揮して、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 寺山が1966年に唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』。歌人である彼が書いた小説は言葉の全 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アンドレア・ボチェッリ』評価レビューと解説。奇跡のテノールまでに辿り着く軌跡

映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』は、11月15日(金)より、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー 映画『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』は、世界に冠たるテノール歌手アンドレア・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『デイアンドナイト』あらすじネタバレと感想。山田孝之がキャストでなくプロデューサーに徹した意欲作

映画『デイアンドナイト』は、2019年1月26日より全国公開! 俳優の阿部進之助と監督の藤井道人が映画化を念頭に置いていた企画『デイアンドナイト』に、『クローズZEROⅡ』『十三人の刺客』で阿部と共演 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP