Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行!

また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知られる前野朋哉、感情型アーティスト・植田真梨恵をはじめ、出演者・監督4名による舞台挨拶が行われます!

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』とは?


©2017 トモシビパートナーズ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』は、生誕から95年を迎え、今なお、走り続ける銚子電鉄を背景に描かれた映画。

原作は吉野翠の短編小説『トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟』(TO文庫刊)。

しかし、映画は原作と、また違った物語が展開され、女子高生・椎名杏子を主人公に、高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベント、そして電車を支える人々と、電車とともに地元で暮らす人々との交流の姿を描きます。

先の5月20日(土)に公開をスタートした映画『トモシビ』。撮影の舞台となった銚子の劇場(イオンシネマ銚子)では、現在も大好評につきロングラン上映を続けています。


©2017 トモシビパートナーズ

主人公の椎名杏子役を果たしたのは、ネスレ「キットカット」6代目受験生応援キャラクターを務め、注目度急上昇中の松風理咲です。

地元の撮り鉄青年の熊神守役を、auのCM「三太郎シリーズ」の一寸法師役で一躍脚光を浴びた前野朋哉が演じ、人生に疲れ、銚子に訪れた女性キミエ役を、本作の主題歌「灯」も書き下ろしたシンガーソングライターの植田真梨恵が演じました。


©2017 トモシビパートナーズ

そのほかのキャストに、有野晋哉、富田靖子、井上順など、豪華なベテラン陣が脇を務めます。

また、今作の監督は『の・ようなもののようなもの』を演出した杉山泰一監督

高校生たちの“あきらめない気持ち”と、あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれます。

なお、アンコール上映初日の7月1日(土)の舞台挨拶には、今作で電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉、本作の主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵、本作でメガホンを執った杉山泰一監督、脚本を手掛けた佐野誠が登壇予定になっています。

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映情報!

【日程】
2017年7月1日(土)~

【場所】
新宿武蔵野館
住所:東京都新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル
電話:03-3354-5670

【アンコール上映開始記念 舞台挨拶】(予定・敬称略)
■登壇者(予定)
前野朋哉、植田真梨恵、杉山泰一監督、佐野誠(脚本)

【登壇時間】
10:00の回 上映終了後
*登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』その他各地でも上映!


©2017 トモシビパートナーズ

【青森】
フォーラム八戸
住所:青森県八戸市十三日町16
電話:0178-71-1555
7月1日(土)〜

松風理咲の舞台挨拶付き上映チケット絶賛販売中!

【岐阜】
岐阜CINEX
住所:岐阜県岐阜市日ノ出町2−20
電話:058-264-7151
7月8日(土)〜
※8日は松風理咲さんご登壇 舞台挨拶あり!

【大阪】
テアトル梅田
住所:大阪府大阪市北区茶屋町16−7
電話:06-6359-1080
7月8日(土)〜

3.まとめ

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』アンコール上映は、本日の7月1日(土)より、東京の新宿武蔵野館で上映!

なお、本日の7月1日の舞台挨拶に、電車撮り鉄青年を演じた前野朋哉と、主題歌を担当し劇中では歌手志望の女性を演じた植田真梨恵が登壇予定がされております。

また、杉山泰一監督や脚本を手掛けた佐野誠も登壇しますよ!

さらには、その他の各地でもこれから上映予定もございます!

銚子電鉄のファンはもとより、キャストやスタッフのファンのあなたも、ぜひ劇場へ足をお運びくださいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『春に散る』映画ネタバレ原作小説のあらすじ結末とラスト評価解説。夢の達成を確信する主人公に投影される生きる意味とは⁈

沢木耕太郎の小説『春に散る』が映画化され、2023年8月25日(金)に公開決定! 沢木耕太郎氏の傑作小説『春に散る』(朝日新聞出版)の映画化が決定。 作者の沢木耕太郎が半生をかけて追い続けてきたボクシ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】小説家の映画|あらすじ結末感想と評価解説。ホン・サンス映画の愛好者キム・ミニよる《記憶と想像》が物語を帰結する

「物語の本質」を女優と小説家の姿を通し描く 今回ご紹介する映画『小説家の映画』は、『逃げた女』(2021)、『イントロダクション』(2022)でベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した、韓国映画界の名匠ホ …

ヒューマンドラマ映画

映画“blinded by the light”カセットテープ・ダイアリーズ|感想とレビュー評価。ロックと移民青年の物語が訴えるもの

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』は2020年7月3日(金)より公開。 『ベッカムに恋して』(2002)のグリンダ・チャーダ監督が描く新たなドラマは、アメリカのロックスターに衝撃を受けた、ある一人の …

ヒューマンドラマ映画

映画『若草の頃』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。ミュージカル名作傑作でジュディー・ガーランドが踊る!

『若草の頃』は、『巴里のアメリカ人』『バンド・ワゴン』で知られるヴインセント・ミネリの出世作です。 今でも多くの人に愛される本作の魅力はどこにあるのでしょうか?  Cinemarche&nb …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドライビング Miss デイジー』ネタバレあらすじと感想レビュー。白人の老婦人と黒人運転手の交流と友情を描くアカデミー受賞作

性別・人種・年代の壁を越えた友情を描く、アカデミー作品賞に輝くハートフルドラマ 1990年製作のアメリカ映画『ドライビング Miss デイジー』。1987年度のピューリッツァー賞演劇部門を受賞したブロ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学