Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ある町の高い煙突』あらすじネタバレと感想。実話を豪華キャストで描く煙害と闘った真実の物語

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ある町の高い煙突』は6月14日(金)ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくば先行公開、6月22日(土)より、有楽町スバル座ほか全国ロードショー!

『八甲田山』『剱岳』で知られる新田次郎の同名小説を映画化。日立市に実在する当時としては世界最大の大煙突建設と20世紀初頭の日本の工業化と公害発生の物語を描きます。

主演は無名塾の井出麻渡が抜擢され、師匠の仲代達矢と共演しています。元々、仲代達矢に出演を依頼するために無名塾の公演に向かった製作者陣がほれ込んだ逸材です。

また共演には、小島梨里杏渡辺大吉川晃司大和田伸也小林綾子渡辺裕之六平直政伊嵜充則石井正則など実力派が並びます。

スポンサーリンク

映画『ある町の高い煙突』の作品情報


(C)2019 Kムーブ

【公開】
2019年6月22日(土)(日本映画)

【原作】
新田次郎

【監督】
松村克弥

【脚本】
松村克弥、渡辺善則

【キャスト】
井手麻渡、渡辺大、小島梨里杏、吉川晃司、仲代達矢、大和田伸也、小林綾子、渡辺裕之、六平直政、伊嵜充則、石井正則、螢雪次朗、斎藤洋介、遠山景織子、篠原篤、城之内正明、大和田健介、たくみ稜

【作品概要】
昭和の文豪・新田次郎の同名小説を原作に、日立鉱山の煙害と戦った地元村民たちの実話を映画化しました。

監督は、「日本近代美術の父」岡倉天心を描いた『天心』で知られる松村克弥。

映画『ある町の高い煙突』のキャラクターとキャスト


(C)2019 Kムーブ

関根三郎(井出麻渡)
煙害に苦しむ地元住民のリーダーとなる青年。実際に日立鉱山煙害に対して日立に立ち向かった関右馬允がモデルとなっています。

加屋淳平(渡辺大)
地元住民との交渉役を務める日立鉱山庶務係。実在する日立鉱山の角弥太郎がモデルとなっています。

木原吉之助(吉川晃司)
理想家肌の若き経済人。「地元を泣かせるようでは事業成り立たない」という想いから理想郷を目指しています。日産コンツェルンの創始者・久原房之助がモデルとなっています。

加屋千穂(小島梨里杏)
加屋の妹。素性を知らない中で三郎と知り合い、惹かれ合います。

関根兵馬(仲代達矢)
三郎の祖父。日立との交渉役を務めていました。

スポンサーリンク

映画『ある町の高い煙突』あらすじとネタバレ


(C)2019 Kムーブ

明治末期、日本国策事業として銅山の開発が全国各地で進んでいます。茨木・日立市にもまた、「怪物」と恐れられた若き起業家・木原吉之助によって日立鉱山が開業されました。

しかし、鉱山から排出される有毒ガスによる煙害によって地元の農業は大打撃を受けます。

祖父の兵馬が鉱山採掘の許可に判を押したことから、この問題に深い縁がある関根三郎は、旧制一校出身という輝かしいキャリアを捨てて、地元の交渉役の責任者になることを決意します。

私財を投じて煙害調査を進める三郎に、地元の若者たちもついていきます。

日立鉱山側の窓口となったのは加屋という名の庶務係の職員。その物言いに最初は警戒する三郎ですが、やがて、会社をつぶしてでも誠実に対応するという大胆な加屋の発言が彼自身の本心から来ているものだと知ると、二人はやがて立場を超えて煙害問題に立ち向かっていく同志となっていきます。

また、三郎は調査で村のあちこちを回っている中で千穂という女性と出会い、惹かれ合っていきます。のちに千穂が加屋の妹だと知って三郎は驚きますが、それでも二人の距離は縮まっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ある町の高い煙突』ネタバレ・結末の記載がございます。『ある町の高い煙突』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Kムーブ

しかし、煙害の被害は拡大、中には自ら命を絶つ農民まで出てきます。加屋は金銭面での補償に限界を感じ、品種改良した作物や、煙害に対する気象観測所の設立などを進めていきます。

鉱毒問題の深刻化を受けて、ついに政府が重い腰を上げます。日立鉱山にも学者が派遣され、煙道設計が進みます。

煙害は一気に解決されるかと思いましたが、かえって有毒ガスがまとまって三郎たちを襲います。このことにショックを受けた三郎は、木原や加屋を批判し決別を宣言します。

一方で、煙道建設のために住民に我慢を強いてきた三郎もまた対策委員長としての責任を問われ、三郎は責任を取って辞職します。
また千穂が結核に罹り、茅ケ崎の療養所に身を移します。当時は不治の病だった結核を患った千穂。それは三郎と千穂の別れを意味していました。

深刻化する煙害になにもできないまま、ただただ窮状を見つめているしかできない三郎と加屋は、最後の手段として、当時としては世界最高の高さを誇る大煙突の建設を考えます。

時を同じくして、木原もまた中央政府を口説き落として、大煙突建設のプランを立てていました。

三郎と加屋、そして木原たちは最後の希望として大煙突建設に挑むのでした。

映画『ある町の高い煙突』の感想と評価


(C)2019 Kムーブ

地味ではありますが見られるべき映画

同時期に公開される『二宮金次郎』(五十嵐匠監督・合田雅吏主演)などもそうですが、地味ではあるものの芯のある映画が作られるというのはある意味、まだまだ日本の映画制作は健全なのかなと思わせてくれます。

メインキャストを務める若手を吉川晃司仲代達矢というスター俳優が支えてくれているのもうれしいなと思います。

シネコンなどにはかかることはまずない映画でしょうが、ドキュメンタリーとは違ってちゃんとドラマになっており、映画にも入りやすいので、機会があれば是非劇場でご覧になってほしい映画です。

ちなみに、この日立の大煙突は72年にその役割を終えた後も残り、1993年の倒壊まではその威容を見ることができました。

現在は50メートルほどの遺構となっていますが、倒壊から一年後には記念碑も建てられ、地元のシンボル、そして公害問題のモデルケースとして今も語り継がれています。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 Kムーブ

満足感を得られる映画」というと、多くの方は派手さ、或いは過激さが氾濫している作品を連想するでしょう。しかし、それらの作品から得られるのは、あくまでウンザリする派手さ、過激さで胃もたれを起こしたかような「満腹感」でしかなく、心の内に新たな色彩が足されたかのような「満足感」を得ることはできません。

では、「満足感を得られる映画」とは一体どのようなものでしょうか。その明確な答えは、存在しないのかもしれません。

しかしながら、映画『ある町の高い煙突』からは、その「満足感」を感じとることができたのです。

派手さも過激さもない、けれど映画としての確かなる芯を持つ作品。それが映画『ある町の高い煙突』です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『スプリングブレイカーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのはハーモニー・コリン監督による映画『スプリング・ブレイカーズ』です。 海と熱い太陽の地で繰り広げられる青春物語と思いきや、その正体は過激で死臭がにおい立つ不思議な作品。本作の魅力をコリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『最初の晩餐』ネタバレ感想とレビュー評価。キャストの演技力で昨今の家族問題に根源的なあり方を示唆

常盤司郎監督が満を持して演出を務めた長編デビュー作。 父の死をきっかけに暴かれる家族の秘密と再生が描かれます。 監督の常盤司郎は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画で注目され、CMやミュージッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『漫画誕生』感想レビューと評価考察。手塚治虫や長谷川町子などにも影響を与えた北沢楽天の知られざる生涯

映画『漫画誕生』は、2019年11月30日(土)より渋谷・ユーロスペースほかにて、全国順次公開。 西洋漫画の手法を学んで風刺画を「近代漫画の祖」として確立しただけでなく、明治から昭和にわたり活躍した北 …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

ヒューマンドラマ映画

『あの頃、君を追いかけた』感想レビュー。キミオイ日本版がオリジナル台湾版に似せた理由とは

映画『あの頃、君を追いかけた』は、10月5日(金)全国ロードショー。 乃木坂46でセンターも任されるエース候補の齋藤飛鳥が初主演した話題の『あの頃、君を追いかけた』。 本作は同タイトルで2013年に日 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP