Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『スケート・キッチン』あらすじネタバレと感想。女子スケーターの日常と等身大の悩みがここに

  • Writer :
  • 河合のび

『スケート・キッチン』は2019年5月10日(金)より渋谷シネクイントほかにてロードショー!

実在するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」のキャスト起用で大きな話題となった映画『スケート・キッチン』。

ドキュメンタリー映画「The Wolfpack(原題)」で知られる気鋭の女性映画監督であるクリスタル・モーゼルが制作した本作。

スケーターとして生きる少女たちの日常、そこに潜む等身大の悩みを描いた青春の物語です。

映画『スケート・キッチン』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スケート・キッチン』の作品情報


© 2017 Skate Girl Film LLC.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Skate Kitchen

【脚本・監督】
クリスタル・モーゼル

【キャスト】
スケート・キッチン(カブリーナ・アダムズ/ニーナ・モラン/ジュールス・ロレンゾ/アーディーリア・ラブレス/レイチェル・ヴィンベルク/アジャ ニ・ラッセル/ブレン・ロレンゾ)、ジェイデン・スミス、エリザベス・ロドリゲス

【作品概要】
2011年よりMiu Miuが開始したプロジェクト「Miu Miu Women’sTales」(Miu Miu【女性たちの物語】)の1本として、クリスタル・モーゼル監督自身が発表した短編『That One Day』(2016)を基に作られたのが本作です。

モーゼル監督は本作によって、第28回ゴッサム賞ブレイクスルー監督賞にノミネートされました。

出演しているメインキャストの女の子たちは、実在するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」のメンバー。ちなみにクルー名は、「女性はキッチンにいるべきだ」という固定観念を打破すべく結成されたことから由来しています。

またメインキャスト唯一のプロ俳優であり、主人公の少女・カミーユが恋する少年・デヴォンを演じたのはジェイデン・スミス。ウィル・スミスの息子であり、『幸せのちから』(2006)『地球が静止する日』(2008)『ベスト・キッド』(2010)で知られる人気若手俳優の1人です。

映画『スケート・キッチン』のあらすじとネタバレ


© 2017 Skate Girl Film LLC.

ニューヨーク郊外。そこに暮らす17歳の内気な女の子・カミーユは、スケートボードに熱中していました。

けれども、スケートボード中に怪我してしまったことを理由に、母親からはスケートを止めるように言われてしまいます。

そんなある日、彼女はSNSを通じて「スケート・キッチン」と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーの存在を知ります。そして母親には内緒で、そのクルーがSNS上で参加を呼びかけていた“女子会”へと参加することにしました。

クルーのメンバーであるカート、ジャネイ、ルビー、インディゴらの「ノリ」に最初は戸惑いつつも、クルーの一員として彼女たちとの仲を深めてゆくカミーユ。

しかし、門限に厳しい母親との電話、或いは会話そのものが、彼女を現実を引き戻します。

時にはスケートボードを没収されてしまうようなこともありましたが、クルーのメンバーや同じスケート場で滑る男子がスケートボードの自作を手伝ってくれたりと、カミーユは何とかスケートを続けることができていました。


© 2017 Skate Girl Film LLC.

ところがある日、スケート場に母親が訪れてきてしまったことで、ついにカミーユは母親と喧嘩し、母親との生活に我慢で気なくなったカミーユは家出してしまいました。

クルーの一員であるジャネイの家に身を寄せたカミーユ。心が落ち着いた彼女は、母親との関係、現在別居している父親との関係、そして、離婚と父親との暮らしによって気付かされた“母親”という存在の重要さをジャネイに語りました。

家出生活を始めたカミーユはその後、「スケート・キッチン」と男子のスケートクルーとの間で起きたナワバリ争い、バイト先のスーパー・マーケット、そして「スケート・キッチン」加入前に抱いていたかつての孤独感を再び味あわされたナイトクラブで、スケートとカメラを生きがいにしている男子・デヴォンと出会います。

彼のカメラ撮影に付き合うなど、二人で過ごす時間が多くなってゆくカミーユとデヴォン。

そんな中、ジャネイがスケート中に足首を捻挫してしまい、しばらくの間クルーでの活動ができなくなりました。

以下、『スケート・キッチン』ネタバレ・結末の記載がございます。『スケート・キッチン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


© 2017 Skate Girl Film LLC.

ジャネイ不在のクルー活動が続く中、カミーユはインディゴから、デヴォンとジャネイは付き合ったり別れたりを繰り返し続けていること、ジャネイは「デヴォンと“友だち”に戻ることはできない」と言うほどに彼に未練を持っていることを聞かされます。

ジャネイとの関係を気にはしつつも、彼女やクルーのメンバーには内緒で、デヴォンやそのスケート仲間である男子たちとよく会うようになるカミーユ。“スケート・キッチン”よりも技術も過激さも上な男子たちとのスケートに、次第にのめり込んでいきました。

ある日カミーユは、「スケボーに乗れなくなったらどうしよう」と思うほどに不安感に悩まされていたジャネイをスケート場に連れてゆきます。

まだ松葉杖をついている状態ではあるものの、久々のスケート場にはしゃぐジャネイ。しかし、SNSに投稿されていたデヴォンの写真にカミーユが写っていること気づいてしまった彼女は、カミーユを問い詰めます。

デヴォンとの関係を弁明するカミーユですが、黙って男子たちとスケートしていたことも共に発覚してしまったことで、他のメンバーたちからも罵詈雑言を浴びせられます。

ついにカミーユは「スケート・キッチン」から離れ、孤立してしまいました。


© 2017 Skate Girl Film LLC.

ジャネイの家にも帰れず、デヴォンの暮らしている男子たちの溜まり場へと身を寄せますが、現在も戸惑いが拭い切れない女子たちの“性”の会話とはまた異なる、男子たちの“性”の会話に改めて戸惑ってしまいます。

そしてある晩、男子たちの喧騒から逃れてデヴォンの部屋で眠っていたカミーユは、その後帰宅しベッドに入ってきたデヴォンに抱かれようとします。けれども、デヴォンは「妹や仲間のようにしか思えない」とカミーユの誘いを拒み、二人は再び眠り始めました。

夜も明けぬ頃、カミーユはデヴォンの元を去り、長い間不在にしていた自宅へと帰ります。母親は叱ることもなく彼女を温かく迎え入れてくれたことに、カミーユは涙を抑えられませんでした。

ある日、カミーユは母親にスケートの腕前を見せ、彼女にスケートの乗り方を教えます。その際、母親はカミーユにジャネイをはじめメンバーたちと仲直りした方がいいと諭されました。

「仲直りは難しい」と母親には答えたものの、カミーユは勇気を出して、SNSを介してメンバーたちに謝りました。

その後、仲直りしたカミーユや「スケート・キッチン」のメンバーたちが、街の大通りをスケートボードで走り抜けてゆく姿がありました。

スポンサーリンク

映画『スケート・キッチン』の感想と評価


© 2017 Skate Girl Film LLC.

本作の主人公である17歳の少女・カミーユは、同世代の少年少女らの“性”両親の“性”、そして何よりも、自分自身の“性”について戸惑い、悩み続けています。

それまで男子のように振舞い過ごしてきたカミーユは、両親が離婚した際、父親と共に暮らすことを選択します。しかし、第二次性徴期に伴う肉体の“女性”への変化に悩み、その悩みを理解することができない父親との暮らしに限界を感じたことで、父親との別居を決意しました。

そして、カミーユは「“母親”という存在が必要だった」という理由から、離婚後は年の一回会うことすら嫌がっていた母親と共に暮らし始めたのです。

それは、“男性”ゆえに理解できないもの/“女性”ゆえに理解できるものが存在すること、それがカミーユという一人の少女の“性”の捉え方、或いは“性”そのものに大きな影響を与えていることを端的に示しています。

また、カミーユの両親が離婚した原因は劇中において明確には明かされていませんが、同世代の少年少女らが躊躇うことなく“性”を露わにする姿に少なからず嫌悪感を抱いてしまうことからも、両親の離婚にもまた“性”の問題が絡んでいるのは明らかでしょう。

やがて、カミーユはデヴォンという一人の少年に恋したことをきっかけに、自身が持つ“女性”を強く意識し始めたものの、それがあくまで成熟し始めたばかりのものであったために、スケーター仲間の女子たちとの軋轢をも生んでしまいます。そして自身の持つ“女性”が未熟であることを、“男性”を持つデヴォンから突き付けられ、深く傷付いてしまうのです。

映画『スケート・キッチン』は、一見するとスケートクルーとして活動する少女たちの、クールでスタイリッシュな青春映画のように受け取れます。

しかしその中身は、一人の少女が自身の持つ“女性”を自覚し、自覚したことで失恋という名の傷を負い、傷を負ったことでその先に残った友情に気づくという、青くて苦い、けれど多くの人々が共感するであろう“性”の成長を描いた物語です。

そしてモーゼル監督は、男社会であるスケーターの世界で活躍するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」のメンバーたち、つまりは誰よりも“男性”と“女性”を意識して生きている少女たちをキャスト起用することで、「“性”の成長」というテーマを、淡々と、しかし丁寧に描くことができたのです。

まとめ


© 2017 Skate Girl Film LLC.

スケーターの日常をクールでスタイリッシュな映像によって映し出しながらも、一人の少女が持つ“性”の成長という共感性の高いテーマをスケートという“性”を強く意識させられる世界を舞台に描いた映画『スケート・キッチン』。

スケーター映画として楽しむことはもちろん、青くて苦い、それでもキラキラと輝いている青春を観られる映画としても楽しめる作品です。

映画『スケート・キッチン』、ぜひご鑑賞ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

ヒューマンドラマ映画

映画『歴史の未来』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

第9回恵比寿映像祭は「マルチプルな未来」と銘打って、東京都写真美術館の会場を中心に、2017年2月10日(金)−2月26日(日)まで開催中。 このイベントはメイン会場だけではなく、日仏会館、ザ・ガーデ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』あらすじと感想。松重豊が原作者ヒキタクニオに扮した映画初主演の妊活コメディー

映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー! 50歳を目前に、妻の一言で目覚めた作家・ヒキタクニオは、辛く長い妊活への道を、妻と歩む覚悟を決めます。 子づくりに …

ヒューマンドラマ映画

映画『のさりの島』感想解説と評価レビュー。天草ロケ地と熊本弁の意味深い犯罪者の若者と老女の“やさしい嘘”

映画『のさりの島』は、2021年5月29日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開、天草、熊本にて5月先行公開予定。 タイトルにある「のさり」とは、熊本県天草地方に古くからある言葉です。 いいこともそ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガンジスに還る』ネタバレ感想レビュー。死期を悟った父と息子の向き合う幸福の時間とは

母なるガンジス河の畔の聖地バラナシ。そこは幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷でした。 死期を悟った父と、それを見守る家族たちのかけがえのない日々を綴った珠玉の感動作。 誰にでも訪れる「死」と …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学