Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/10/23
Update

ミッドナイトスワン|ツイッターで評判のラスト「夢」考察を解説!小説版描写と“白鳥の湖”知られざる二つの結末を再考

  • Writer :
  • 河合のび

映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国にて絶賛公開中!

俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッドナイトスワン』。

トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱えながらも生きる主人公と、親の愛情を知ることなく育つもバレエダンサーを夢見ている少女の間に生まれた「愛」の形を描いた「ラブストーリー」です。

本記事では、ネットおよびSNS上で話題となっているラストシーン考察をもとに本作を再検証。映画版・小説版それぞれの描写、バレエ作品『白鳥の湖』の「二つ」の結末について触れながらも、新たに見えてきたラストシーンの一面を考察していきます。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』の作品情報


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
内田英治

【音楽】
渋谷慶一郎

【キャスト】
草彅剛、服部樹咲(新人)、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖

映画『ミッドナイトスワン』のあらすじ


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

故郷・広島を離れ、東京・新宿の新宿のショーパブで働く凪沙(草彅剛)。トランスジェンダーとして身体と心の葛藤を抱えながらも、毎日をひたむきに生きていた。

ある時、実家の母親から電話があり、親戚の早織(水川あさみ)の娘でありネグレクトに遭っていた中学3年生の少女・一果(服部樹咲)を短期間預かってほしいと頼まれる。東京に訪れた一果は「叔父」と聞いていた凪沙の姿に戸惑いながらも、やがて二人の同居が始まる。

ある日一果は、自分をからかったクラスの男子に椅子を投げつけるという問題を起こしてしまう。凪沙はその件で学校に呼び出されたが、それでも一果に対して関心を持とうとはしなかった。

最低限のルールに基づく同居が続く中で、一果はふとしたきっかけでバレエ教室を見つけ、その魅力に惹かれていく。そして講師の実花(真飛聖)の勧めでレッスンに参加するようになった。

やがてバレエ教室の月謝を払うために、一果は同じくレッスンを受けていた友人・りん(上野鈴華)の協力のもと、違法なバイトを凪沙には秘密で始める。ところがそのバイト先でトラブルが起こしてしまい、保護者である凪沙にバイトのこと、バレエ教室のことがバレてしまう。

りんの母親に家庭のことを中傷され、自傷に走る一果を見て優しく慰める凪沙。

その晩、「一果を一人にしたくない」と凪沙は自分の職場であるお店に一果を連れて行く。そこで一果のバレエダンサーとしての才能を目の当たりにした凪沙は「一果にバレエを続けさせてやりたい」と思うようになる。

それは「母親になりたい」という願いの芽生えでもあった……。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』の感想・評価


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

「成長した一果=一果が最期に見た夢」説

2020年10月25日に劇場公開を迎えて以降、ネットおよびSNS上でも作品を鑑賞した多くの方々の感想・考察が飛び交い続けている映画『ミッドナイトスワン』。

その中には、「一果がニューヨークへと渡り、バレエコンクールのステージに立つ」という本作のラストにまつわる考察も挙がっています。それは、「バレエコンクールの場面は“一果が最期に見た夢”であり、彼女は海へと入っていった際にそのまま亡くなってしまったのでは?」という考察です。

確かに小説版『ミッドナイトスワン』での一果は、同じ場面にて海へと入っていく中で「自分も天国に行けば、大好きだった凪沙とりんに会える」という思いを抱いています。それは一果が「自らの命を絶つ」という目的のために海へと入っていったことを示しています。

映画版でも海へと入っていく一果の姿、コンクールの楽屋へと向かう成長した一果の姿を描いた各場面の間にあるはずの「時の経過」を敢えて描いていないことからも、「成長した一果」が果たして現実の存在なのか、あるいは幼い一果の夢の中の存在なのかは定かではありません。それらをふまえると「成長した一果=一果が最期に見た夢」という考察にも信憑性が深まっていきます。

『白鳥の湖』二つの結末


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

そもそも『ミッドナイトスワン』にとって重要なバレエ作品『白鳥の湖』の結末についても、1937年のアサフ・メッセレル版以降に見られる「オデットの呪いが無事解け、誰も命を落とすことなくオデットと王子ジークフリートは結ばれる」という「ハッピーエンド」として描くバージョンが存在する一方で、原典自体は「王子は悪魔ロットバルトを討ち倒すもののオデットの呪いは解けず、運命に絶望した二人は湖に身を投げ、来世で結ばれる」という「バッドエンド」として描いています。

『白鳥の湖』の二つの結末。その一点だけでも、『ミッドナイトスワン』のラストは「ハッピーエンド」なのか、それとも「バッドエンド」なのかを想像し考察する余地はあるはずです。

白鳥として「手本」を見せた凪沙


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

「成長した一果の姿が描かれたあのラストは、果たして現実なのか夢なのか」「一果は海で命を落としてしまったのか」……その答えは作品を鑑賞した方それぞれの想像の中でしか知ることができませんが、小説版『ミッドナイトスワン』における海での場面には、そのヒントとなる描写が記されています。

海へと入っていくうちに海水が一果の肩まで浸かった時、彼女は「待ってて」とつぶやきました。その瞬間、一果の背後から羽を揺らす音が聞こえます。そして思わず振り返った一果は、空へ飛び立っていく白鳥の姿を目にしたのです。

「人が生を全うし力尽き果てた時、その者は白鳥へと姿を変え飛び立っていく」……日本神話におけるヤマトタケルの白鳥伝説をはじめ、世界各地の様々な時代で見受けられるその伝承を連想された方も多いのではないでしょうか。そして同時に、「力尽きた凪沙の魂は、美しい白鳥となって遂に飛び立つことができたんだ」という想像もされたはずです。

白鳥へと姿を変えた凪沙が空へと飛び立っていき、太陽のまばゆい光に溶け込むように、消えていった。白鳥へと姿を変えた凪沙は「再び傷つき、水の中へ沈もうとする子どもの白鳥」である一果に対し、彼女の「親鳥」として、一人の「渡り鳥」として、白鳥が広大な世界へと飛び立つ姿を自らを手本にして教えてみせたのです。

「悲劇」としての『白鳥の湖』と同じように、水の中へ入り命を絶とうとしていた自身とは真逆の姿を目にした時、果たして一果はどのような思いを抱いたのでしょうか。そしてその後、彼女はどのような行動をとったのでしょうか。その想像が「悲劇」へと向かうことはないはずです。

まとめ


(C)2020 Midnight Swan Film Partner

しかしながら、そもそも『ミッドナイトスワン』のラストを「ハッピーエンド」と「バッドエンド」という二つの答えだけで判断すること自体が誤りなのかもしれません。

確かに、無数の人々が営みを続けてきた世界は白と黒、光と影、そして生と死といった具合に、「二つの答え」によって形作られているように見えます。ですが、その者が悩み苦しみながらも生き抜いてゆき、「何か」を全うする中で最期は力尽きていく姿を「二つの答え」のみで形容することなどできません。むしろ、そうした「懸命」の姿に対し「二つの答え」を不躾に突き付けること程ナンセンスな考え方もないはずです。

「ハッピーエンド」か「バッドエンド」かというラストにおける想像の余地を残すことで、その「二つの答え」だけでは形容することのできない意味を想像するきっかけをもたらす。それこそが、オリジナル映画脚本、オリジナル小説の執筆をともに手がけた内田英治監督がラスト描写に込めた演出なのではないでしょうか。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

シング・ストリート|動画フル無料視聴!PandoraやDailymotionよりも配信映画で快適に見る

映画『シング・ストリート 未来へのうた』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『シング・ストリート 未来へのうた』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事 …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤毛のアン 卒業(2018)』あらすじネタバレと感想。16歳の少女の出した決断とは

世界中で愛される名作児童文学『赤毛のアン』 母国カナダで、新たに実写映画化した3部作の完結編『赤毛のアン 卒業』。 想像力豊かでおしゃべり大好きな女の子は、16歳の少女へと成長していきます。 不器用な …

ヒューマンドラマ映画

映画『ここは退屈迎えに来て』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

圧倒的共感を呼んだ山内マリコの傑作小説が、名監督&新世代豪華キャストにより待望の映画化! 夢とあこがれの青春時代とその後も続く人生を描いた『ここは退屈迎えてに来て』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

『はちどり』映画解説と内容考察。韓国の女性監督キムボラが長編デビュー作で自己体験と歴史的転換の時代を描く

映画『はちどり』は2020年2020年6月20日(土)よりユーロスペースほかで全国ロードショー予定 2019年、韓国で異例の動員を記録した韓国の新鋭キム・ボラ監督の長編デビュー作『はちどり』。 大きな …

ヒューマンドラマ映画

ドラマ『賭ケグルイ双』ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。キャスト森川葵vs生田絵梨花の最終決戦!

英勉と長野晋也の両監督が描くドラマ『賭ケグルイ双』 河本ほむらと尚村透による大人気漫画『賭ケグルイ』。 登場する異質すぎる登場人物が魅力的な『賭ケグルイ』は、本編と並行して連載されるスピンオフ漫画も高 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学