Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/16
Update

ベルルスコーニ映画『LORO 欲望のイタリア』感想とレビュー評価。政治家の半生をコミカルで豪華絢爛な大作に昇華

  • Writer :
  • 増田健

映画『LORO 欲望のイタリア』は2019年11月15日(金)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!

政局が混乱し短命の首相が次々誕生するイタリア政界で、異例の長期政権を維持したシルヴィオ・ベルルスコーニ元首相

世界有数の資産家兼実業家であり、幅広い支持を集めた彼は、同時に問題発言を繰り返し、汚職やスキャンダルにまみれた悪名高き政治家でもありました。

その彼をモデルに、勝利と成功と愛にとりつかれた老いた権力者の姿を、イタリア映画らしい豪華絢爛にして、イマジネーションあふれる映像美で見せる大作映画です

虚栄にまみれた男、ベルルスコーニの姿を社会風刺や批判の枠を越え、歴史劇に登場する人間像にまで高めて描いた作品です。

スポンサーリンク

映画『LORO 欲望のイタリア』の作品情報


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

【公開】
2019年11月15日(金)(イタリア映画)

【原題】
Loro

【監督・脚本】
パオロ・ソレンティーノ

【出演】
トニ・セルヴィッロ、エレナ・ソフィア・リッチ、リッカルド・スカマルチョ、カシア・スムトゥニアク、ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ

【作品概要】
悪名高きイタリアの名物政治家、ベルルスコーニ元首相をモデルに描かれた人間ドラマ。

監督は『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』でイタリアの元首相ジュリオ・アンドレオッティの実像を描き、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ。

その後監督した『グレート・ビューティー 追憶のローマ』ではアカデミー賞外国語映画賞を受賞、さらに英米など各国の名優が出演する『グランドフィナーレ』を手がけ、イタリアを代表する監督として活躍しています。

主演であるベルルスコーニ元首相を演じるのは、『イル・ディーヴォ』『グレート・ビューティー』でも主演を務めた名優トニ・セルヴィッロ。監督と息のあった演技を見せます。

『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』のエレナ・ソフィア・リッチ、『ジョン・ウィック:チャプター2』で悪役を務めたリッカルド・スカマルチョ、『アメリカから来た男』など数々の名作映画に出演のファブリッツィオ・ベンティヴォリオらが脇を固めます。

映画『LORO 欲望のイタリア』のあらすじ


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

2006年、5年に及ぶ第2次ベルルスコーニ政権が倒れた年。イタリア・サルディーニャにある高級ヴィラ(郊外の高級住宅)が映し出されます。この館の主こそ、シルヴィオ・ベルルスコーニ元首相(トニ・セルヴィッロ)でした。

その頃ブッリア州の青年実業家、セルジョ(リッカルド・スカマルチョ)は、地元の政治家に取り入っていました。さらに上を目指す彼は、今もイタリア政財界の大物であるベルルスコーニに取り入ろうと考えます。

女好きのベルルスコーニに近づくには、美女を集めたパーティーを開くのが一番。派手なパーティーで自分の存在感をアピールしたセルジョは、ベルルスコーニを取り巻く女の1人キーラ(カシア・スムトゥニアク)と出会います。

今も政権への返り咲きを狙うベルルスコーニ。しかし大物政治家サンティーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)は、虎視眈々と彼を陥れようと動いていました。

それを知ってか知らずか、70歳を過ぎた今も、キーラら若い女たちと享楽的に過ごすベルルスコーニ。一方ですっかり心の離れた妻ヴェロニカ(エレナ・ソフィア・リッチ)の歓心を取り戻そうと、様々な手段で彼女への愛をアピールします。

誰にでも見せる笑顔と巧みな話術、裏表使い分けた術策で、最高権力の座への復活を目指すベルルスコーニ。セルジョはキーラの協力によって、ついにベルルスコーニと接触します。

2008年、再度首相の座に着いたベルルスコーニ。しかし政治生命を揺るがすスキャンダルが発生し、彼の言動は政敵や世論の批判の的となります。そんな状況でも、どこ吹く風の表情で日々を過ごすベルルスコーニ。ヴェロニカやセルジョは、彼のどんな姿を目撃したのでしょうか。

そして2009年、イタリアを大きな災害が襲います…。

スポンサーリンク

映画『LORO 欲望のイタリア』の感想と評価


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

現役政治家を描いた風刺作

オリバー・ストーン監督が、第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュを描いた『ブッシュ』、そのブッシュ政権で副大統領を務め、陰で大統領を操ったとされるディック・チェイニーを描いた『バイス』。

参考映像:『バイス』予告編(2018年日本公開)

ハリウッドなど各国で、まだ現役・存命の政治家を描いた伝記・風刺映画が続々と作られています。

そしてイタリアの巨匠パオロ・ソレンティーノは、不動産で財を成しメディアを支配した大実業家であり、スキャンダルで世界を騒がせたイタリア元首相シルヴィオ・ベルルスコーニの姿を『LORO 欲望のイタリア』で描きました。

この作品も風刺精神に満ち、ベルルスコーニの姿を滑稽に描いていますが、この映画は冒頭に「現実と虚像の人物が関わり合う作品」と紹介されます。

そう、この作品は事実に重きを置いた、ありきたりの伝記映画ではありません。現実の政治家・ベルルスコーニの行動や事件をモデルにしつつも、「全てが事実に即し、全てが恣意的」に描かれた、イタリア伝統のオペラ劇のごとき作品として作られています

仮面劇の登場人物のして描かれたベルルスコーニ


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

パオロ・ソレンティーノ映画の常連トニ・セルヴィッロがベルルスコーニを演じますが、その姿は将に、仮面の様な笑顔が貼り付いた男

周囲から「あの男が微笑むと、すべての天使が淋病にかかる」とまで言われた、年齢に不相応な不気味な作り笑顔。それがベルルスコーニのトレードマークでした。

監督とトニ・セルヴィッロは、この笑顔で権力者ベルルスコーニを笑いの対象に、また内に野望と策謀を秘めた、同時に権力と愛にとり憑かれた空虚な老人として描きます

若い女に目が無く、同時に妻を含めあらゆる女性を愛と欲望の対象とする70歳の男。劇中で彼の老いが無惨に突き付けられるシーンが笑いを誘いますが、それに懲りない老人の姿は、同時に救いがたい哀れさを感じさせます。

権力を握る事、あらゆる女性や全ての国民に愛される事を望み、並外れた行動力で目的を達しながら、いざ権力を手にすると、具体的な行動が伴わない中身の無い人物。

こうした喜劇的であり、同時に悲劇的でもある人物として、劇中でベルルスコーニは描かれます。

華麗に、そして荘厳に描かれる映画


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

伝記映画と呼ぶには、余りに舞台劇的に描かれた『LORO 欲望のイタリア』

映画は、多くの女をはべらせたベルルスコーニの姿をポップかつゴージャスに、そして政治の舞台を華麗かつ荘厳に描きます。

それはフェデリコ・フェリーニの映画を思わせる、女性と過剰な装飾に満ちた世界です。同時に風刺と空虚さを感じさせ、様々な面で『甘い生活』以降のフェリーニ作品を思わせます

享楽的な生き方を愛し、愛や性を大いに讃えるイタリア人的気質を描いたこの作品は、政治劇というよりはオペラのような華麗さと、TV・ビデオ時代の軽さを持つ映像で描いた、舞台劇的映画とみるべきです。

同時にラストで描かれるのはイタリア人のもう一つの側面、キリスト教に対する敬虔な思い。それが登場すると映画の雰囲気が一気に変わります。

監督はベルルスコーニを通じて、聖と俗、享楽と刻苦が共存する現代のイタリア社会を描きます。この宗教的側面も、フェリーニの作品などイタリア映画伝統のテーマを思い起こさせます。

まとめ


(C)2018 INDIGO FILM PATHÉ FILMS FRANCE 2 CINÉMA

華麗さと風刺性、そして宗教的なものの描き方が、伝統的な数々のイタリア映画の名作を思わせる『LORO 欲望のイタリア』。

いわゆる政治映画をイメージして観た方は大きな戸惑いを覚えるでしょうが、フェリーニやルキノ・ヴィスコンティの映画を念頭に置くと、パオロ・ソレンティーノ監督が意図したものが見えてくるでしょう

映画では、人間の持つ滑稽な部分を強調して描かれたベルルスコーニ元首相。監督は多くの疑惑やスキャンダルにまみれた権力者を「公人」ではなく「私人」として捉え、優しさと哀れみを持った視点で描きます

オリバー・ストーンなど、アメリカの政治的に物申す監督の作品とは、一線を画す作風の映画になっています。

実際のベルルスコーニは、歳の差がある愛人との関係は無様なスキャンダルとなり、妻・ヴェロニカとの離婚は泥仕合の裁判沙汰、映画より醜い修羅場を経験しています

政治的な不正行為や、失言・暴言に関してはさらりと触れるだけ。映画は“武士の情け”的な姿勢で、ベルルスコーニの人間像を、更にヴェロニカら関係者の姿を描きます。

映画はベルルスコーニを笑い者にしている様で、オペラに登場するような演劇的人物として描いていますから、むしろ彼は映画に感謝すべきでしょう。

もっともトニ・セルヴィッロが巧みに演じた貼り付いた様な、実に気持ち悪い笑顔だけは、大資産家で今は欧州議会議員を務める、シルヴィオ・ベルルスコーニ元首相も、「勘弁してくれ」と思っているかもしれません。

映画『LORO 欲望のイタリア』は、2019年11月15日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『東京不穏詩』感想レビューと評価。女優・飯島珠奈が全てを捧げて演じる夢と愛に裏切られた女の“魂の叫び”

夢や愛に裏切られ、その時ひとはどうなるのか。人生に溺れた女の物語 映画『東京不穏詩』が2020年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開されることが決定しました。 「夢も …

ヒューマンドラマ映画

映画『パラダイス・ネクスト』あらすじと感想。半野喜弘監督&妻夫木聡が台湾ロケで紡いだ映像美

映画『パラダイス・ネクスト』は、2019年7月27日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! これまで、ホウ・シャオシェン監督やジャ・ジャンクー監督などアジア映画を代表する巨匠監督の作品の音楽を手が …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ヒットマンズ・ボディガード』ネタバレ感想と考察評価。キャストたちの個性が爆発するアクション映画

Netflix映画『ヒットマンズ・ボディガード』 役柄によって様々な演技を見せてくれる名優たち。 そんな名優たちがまさに適役と言える役柄を演じ、ド派手なアクションを披露する作品が日本では映像配信サービ …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『SKIN/スキン』あらすじと感想レビュー。レイシストからの更正を誓い顔のタトゥーを剥いだ若者

ヘイトの“仮面”を剥いで更生の道を歩んだネオナチ青年を描く実話 レイシストとして生きてきた若者の贖罪と苦悩を描く映画『SKIN/スキン』が、2020年6月26日より新宿シネマカリテほかにて公開となりま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』あらすじネタバレとラスト考察。原作との違いは

デイヴ・エガーズの原作を新鋭ジェームズ・ポンソルトが映画化。SNSを題材にしたサスペンススリラー『ザ・サークル』をご紹介します。 エマ・ワトソン、トム・ハンクスらがこれ以上ないはまり役で熱演。誰もが落 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学