Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/15
Update

映画『町田くんの世界』あらすじネタバレと感想。2019年ベスト級の人間賛歌を劇場で!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『町田くんの世界』は2019年6月7日(金)より全国ロードショー

安藤ゆきの同題コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化。

主演のふたりにはオーディションで細田佳央太、関水渚というほとんど演技経験のない二人を大抜擢。

これを囲む形で岩田剛典、前田敦子、高畑充希、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、松嶋菜々子、北村有起哉、佐藤浩市という豪華すぎる面々が登場します。

不器用だけど人を愛することだけには誰にも劣らない町田くんが見る世界の物語は、意外な結末を迎えます。

スポンサーリンク

映画『町田くんの世界』の作品情報


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

【公開】
2019年6月7日(日本映画)

【原作】
安藤ゆき

【脚本】
石井裕也、片岡翔

【監督】
石井裕也

【キャスト】
細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子

【主題歌】
平井堅『いてもたっても』

映画『町田くんの世界』キャラクターとキャスト


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

町田一(細田佳央太)
見た目通り運動は苦手で、見た目とは裏腹に勉強も苦手。不器用で知らないことも多いが、人を誰よりも愛して暮らしていま。

猪原奈々(関水渚)
母子家庭で、母親とも不仲。基本的に人間不信。

氷室雄(岩田剛典)
モデルもやっているイケメン。遊び人気質。

高嶋さくら(高畑充希)
氷室の恋人ではあるものの、氷室の軽い気質に悩んでいます。

栄りら(前田敦子)
町田一のクラスメイト。さばさばした性格で何かと一の世話を焼きます。

西野両端(太賀)
町田たちと同学年、猪原に好意を寄せています。

吉高洋平(池松壮亮)
週刊誌の記者、元々は文芸部志望でした。

吉高葵(戸田恵梨香)
洋平の妻。忙しい洋平とすれ違いの日々を送っています。

日野(佐藤浩市)
吉高の上司。週刊誌の編集長。

町田あゆた(北村有起哉)
一たちの父親、生物学者で世界を転々としているものの家族への愛は強いです。

町田百香(松嶋菜々子)
一の母。一を筆頭に6人の子どもたちの母親で、常に大らか。

スポンサーリンク

映画『町田くんの世界』のあらすじとネタバレ


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

4人の弟妹と身重の母とともに目覚めた町田一は、夕食にハンバーグをリクエストされるとそれで頭がいっぱいになってしまい、そのせいで美術の授業中に怪我をしてしまいます。

手当のために一が保健室に行くと、そこには授業をサボっていた猪原奈々がいました。簡単な手当てをしてくれた猪原に全力で感謝の言葉を告げる一に、彼女は戸惑ってしまいます。

人間不信気味の猪原にとって、誰にでも全力で善意を示そうとする一の姿は理解できません。人が嫌いという猪原に対して、僕は大好きだよと言い放つ一に調子が狂ったままです。

猪原は人が嫌いという事実にショックを受けた一を、クラスメイトの栄りらは「猪原の性格形成には家の事情が関わっているのでは?」と語ります。

その一方で、週刊誌記者の吉高は世界に絶望していました。したくもない仕事に追われ、妻ともすれ違いの日々です。

上司からは次のスクープを獲ってこいとせがまれ、書きたいものが書けなくなっていました。そんな彼の前に“劇的イイ人”な町田君が現れ、彼の心を大きく揺さぶります。

モデルをしている氷室は、そのチャラい性格が災いして恋人のさくらから別れを切り出されます。

その場を見ていた一はいつもの感覚でさくらを慰めますが、傷ついていたさくらはその行為以上の温かみを感じ取ってしまい、一に好意を寄せ始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『町田くんの世界』ネタバレ・結末の記載がございます。『町田くんの世界』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

思わぬ存在に心揺れる猪原は、恋愛についてあまりにも鈍感な一にイライラをぶつけます。

さくらに好意を示された一は、恋愛について初めて考えます。ただ、さくらの気持ちはまだ氷室のもとにあるのではと感じています。

やがて、猪原という存在によって自身のうちに今までにない感情が生じていることに気付き、戸惑う一ですが、その一方でいよいよ臨月を迎えた母親のことも心配で、いつになく頭がいっぱいです。

六人目の弟妹・六郎の誕生に合わせて、世界中を飛び回っている生物学者の父親が帰ってきます。一は父親に、自分の気持ちについて相談を持ち掛けます。

ついに、猪原のへの気持ちが恋だと確信した一。しかし、猪原は海外留学を決めてしまいます。

必死になって彼女を追いかける一。その背中を栄や最初に恋の相談をした西野。

互いの気持ちに真剣に向き合ったことでよりを戻した氷室とさくら。

そして、毎日のように一の善意を受け取ってきた学校中の人間が、一の背中を押します。

空港に向かう電車の中、猪原は吉高に『町田くんの世界』という題の原稿を渡されます。

そこには、世界には絶望で溢れている、しかし“町田くんの見る世界は美しいに違いない”と綴られていました。

読み終えた猪原は、町田くんに会いたくなったと感想を伝えます。その時、必死に追いかけてきた一の手が猪彼女の手をつかむのでした。

映画『町田くんの世界』の感想と評価

個人的には年間ベスト候補

最近、試写室で知り合いに会うたびに名前が出る映画がこの『町田くんの世界』。

その評価には賛否両論がありますが、気にも留めなかったという人はほとんどおらず、高評価の方の中には「年間ベスト候補の一本」と言う人も少なくありません。かく言う私も実は、見事にやられてしまった人間です。

宣伝担当の方に顔見知りがいて見終わった後に、若干不安気味に「どう?」と聞かれたのですが、はっきりと「すごかったです、びっくりしました」と答えてしまいました。

これは個人的な指標にしているのですが、作品吟味の場である関係者試写の場で反応が大きい映画はやはり劇場公開されても跳ねます。

『銀魂』シリーズや『翔んで埼玉』がそれでしたが、この『町田くんの世界』はギャグ映画ではないのに、試写室内が一喜一憂した映画はなかなかありません。

確かに最初はちょっとぎょっとしました。何せ、町田敦子、高畑充希、岩田剛典、太賀の四人が高校生役です。下手は打たないと思いつつも、やはり実年齢を考えますと不安になります。

ところが、この何とも言えない寓話感覚にあふれた『町田くんの世界』ではその違和感は気になりません。特にクールな町田敦子は見事でした。

『舟を編む』でも変に老けメイクをしたりしなかった石井監督は、映画のマジックを信じ切っている人なんだなと思いました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

大抜擢された細田佳央太と関水渚。二人にとっては、上述した四人に加えて松嶋菜々子、北村有起哉、戸田恵梨香、池松壮亮、佐藤浩市という並びには正直ふるえてしまったことでしょう。

しかしながら、ちゃんと二人は映画の主役という重責を担ってくれています。

この二人のある種の無名性がまた、映画を成り立たせている部分もあるかと思います。

さながら、現代の寓話といった感じの『町田くんの世界』は大きな発見の映画でした。

映画『町田くんの世界』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』あらすじネタバレと感想評価。音楽と感動のドラマが勇気を与える

素敵な音楽と感動のドラマ。 人生に悩む時、音楽は生まれる。 元ミュージシャンの父と母親の才能を受け継ぐ娘が、音楽活動を通してお互いの人生を考え、前に進んで行くストーリー。 将来への希望と不安、愛する人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロード・オブ・カオス』あらすじ感想と考察解説。暴走する青年たちの物語から“ブラックメタルの真実”に迫る

映画『ロード・オブ・カオス』は2021年3月26日(金)より全国順次ロードショー! 悪魔主義を掲げるヘヴィ・メタル・ムーブメントの一つであるブラックメタルの真相を綴った映画『ロード・オブ・カオス』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある女流作家の罪と罰』あらすじネタバレと感想。リー・イスラエルの自伝を映画化

2018年も終わりに近づき、そろそろ来年度のアカデミー賞の動向が気になる季節となりました。 今回ご紹介するのはアカデミー賞前哨戦とも言われる放送映画批評家協会のアワードにノミネートされている注目の作品 …

ヒューマンドラマ映画

『SUNNY強い気持ち・強い愛』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【篠原涼子×広瀬すず W主演】

映画『SUNNY強い気持ち・強い愛』は、2018年8月31日(金)全国ロードショー。 2011年の韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を『モテキ』の大根仁が映画の舞台を80年代の韓国から90年代の日本に …

ヒューマンドラマ映画

『プリズン・エスケープ』映画考察と評価解説。“木製の鍵”で自由と解放を求めた男たちの驚きの実話を描く

ダニエル・ラドクリフが実在の脱獄囚を演じるポリティカル・スリラー 自由と平等を求めて“木鍵”使って脱獄を企てた男たちの実話 「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~11)のダニエル・ラドクリフ主演最新 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学