Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

石原裕次郎創刊第1弾『嵐を呼ぶ男』7/13発売!あらすじやDVDも

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

全93作品を網羅!『石原裕次郎シアターDVDコレクション』7月13日(木)創刊!

昭和のビッグスターとしてタフガイと呼ばれた石原裕次郎。

裕次郎映画の名作・傑作をDVDとマガジンで! 全号をそろえると、裕次郎フィルムライブラリーを楽しむことができます。

スポンサーリンク

1.『石原裕次郎シアターDVDコレクション』とは?


朝日新聞出版『石原裕次郎シアターDVDコレクション』

朝日新聞出版では、2017年7月17日で没後30年を迎える石原裕次郎の映画出演作品の中から、日活、石原プロモーション製作の全93作品をコンプリート

裕次郎ファンのあなたに贈る待望のDVD付きマガジンを企画されました!

隔週刊『石原裕次郎シアターDVDコレクション』を7月13日(木)に創刊第1弾『嵐を呼ぶ男』を発売します。

2.今後マガジンに付属される裕次郎映画は?

次号以降に予定されている作品に何があるのでしょう。

1956年の石原裕次郎デビュー作『太陽の季節』(古川卓巳監督)を皮切りに以下のような作品が予定されています。

1956年:中平康監督『狂った果実
1957年:井上梅次監督『嵐を呼ぶ男
1958年:田坂具隆監督『陽のあたる坂道
1962年:蔵原惟繕監督『銀座の恋の物語
1962年:蔵原惟繕監督『憎いあンちくしょう

また、石原プロモーション&三船プロダクション三船プロダクションによる日本映画界の金字塔!

1968年の熊井啓監督作品『黒部の太陽』など、 石原裕次郎の魅力全開で続々発刊される予定です。

スポンサーリンク

3.石原裕次郎マガジンの内容は?

このマガジンでは、女優北原三枝(裕次郎夫人)、浅丘ルリ子、芦川いづみ、吉永小百合、渡哲也(石原プロモーション)、マイトガイの二谷英明、Aのジョー宍戸錠、渡り鳥の小林旭など、豪華キャストの貴重な解説を掲載。

また、本編のコマ割り画像64カットを使った「STORY紹介」、製作当時の秘話満載のインタビュー「裕次郎とわたし」、 裕次郎の素顔に迫る「撮影の現場から」などを特集。

撮影時のオフ・ショットなど、本邦初公開の貴重な写真も多数収録されます。

これらの掲載された全号を取り揃えると、あなただけの石原裕次郎のフィルムライブラリーが完成します。

さらに、特別付録として、創刊号から3号には大判ポスターが付いてきます!

ほかにも、創刊号から50号までに付いている応募券を集めたあなたには!

ドキュメンタリー映画DVD『裕次郎の欧州駈けある記』と『特製裕次郎カード』を応募者全員にプレゼントいたします。

4.まとめ

隔週刊『石原裕次郎シアターDVDコレクション』の第1弾は、7月13日(木)創刊!

マガジンの中身は、DVD(毎号1作品収録)+マガジン(オールカラー12P、創刊号のみ32P)でA4判変型となっています。

隔週木曜日発売で創刊号サービス価格990円(税込)。また、2号以降は価格1,790円(税込)で発売される予定です。

ご予約・お求めは全国の書店、ASA(朝日新聞販売所)、WEBサイトにてご購入ください。

ぜひ、昭和の大スターの裕ちゃんこと、石原裕次郎の全貌を知るまたとないチャンスです!

お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ツリー・オブ・ライフ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

思わず息を呑む圧倒的なまでの映像美で展開される生命の神秘… 賞賛と批判の嵐で世の中を二分した作品『ツリー・オブ・ライフ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ツリー・オブ・ライフ』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『PARKS パークス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【橋本愛×永野芽郁×染谷将太のおすすめ作品】

“100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。” 音楽をテーマに気鋭の監督と実力派若手俳優が描き出した物語『PARKS パークス』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『PARKS …

ヒューマンドラマ映画

映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』あらすじと感想評価レビュー。松井愛莉が人の心と身体を癒すセラピストを熱演

人の心と身体を癒していく姿を描いたヒューマンドラマ映画『癒しのこころみ 自分を好きになる方法』 ここ数年、職業とする人は増えているセラピスト。仕事に挫折して、心が折れてしまった女性がセラピストという職 …

ヒューマンドラマ映画

映画『輝ける人生』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

勇気を出して、ホップ・ステップ・ダンス! 幸せのステップで、泣いて笑って第二の人生を生きていくシニアたち。 若者もカリスマな人も出てこないのですが、れっきとした心温まる青春映画です。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『シアター・プノンペン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アジアの若手女性の監督ソト・クォーリーカーが自国の歴史に向き合った作品『シアター・プノンペン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シアター・プノンペン』の作品情報映画『シアター・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学