Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/01/19
Update

映画『ロング,ロングバケーション』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です。

アルツハイマーが進行する元文学教師のジョンと、その妻で末期ガンにおかされエラ。高齢を迎えたスペンサー夫婦は子どもたちも巣立ったことで人生の責任も果たし、キャンピングカーで南を目指してキーウエストの目的地への旅に向かいうが…。

もう一度、手を繋いでジョンとエラが見たものとは?

スポンサーリンク

1.映画『ロング,ロングバケーション』の作品情報


(C)2017 Indiana Production S.P.A.

【公開】
2018年(イタリア映画)

【原題】
The Leisure Seeker

【脚本・監督】
パオロ・ビルツィ

【キャスト】
ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド、ジャネル・モロニー、クリスチャン・マッケイ、ダナ・アイビ

【作品概要】
名優であるヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドが共演し、人生の終盤を間近に迎える高齢者夫婦が旅する姿を通し、かつての過ごした出来事への慈愛をユーモラスに描き、人生を謳歌するヒューマンドラマ。

演出を担当するのは映画『歓びのトスカーナ』などのでイタリアの名匠パオロ・ビルツィ監督。

2.ヘレン・ミレン(エラ・スペンサー役)のプロフィール

参考映像:2度目のカンヌ国際映画祭女優賞『英国万歳!』予告編


1945年7月26日はイギリス・ロンドン生まれ。

1984年に公開された映画『キャル』カンヌ国際映画祭女優賞を受賞すると、その後、1994年に『英国万歳!』で初の米国アカデミー賞にノミネートされ、ふたたびカンヌ国際映画祭女優賞を受賞。

2000年代に入ると、2001年に『ゴスフォード・パーク』で、米国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞にノミネートされました。

参考映像:『クィーン』の予告編

続いて、2006年にスティーヴン・フリアーズ監督の『クィーン』で、米国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞に輝き、演技派女優の地位を獲得します。

その後も2009年にも『終着駅トルストイ最後の旅』で米国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞にノミネート。

そのほかの近年の出演作は、2012年の『ヒッチコック』、2015年の『黄金のアデーレ名画の帰還』、2016年の『素晴らしきかな、人生』などがあります。

参考映像;『黄金のアデーレ名画の帰還』の予告編

さて、本作『ロング,ロングバケーションに主演を果たしたヘレン・ミレンは、はじめは高齢者をテーマに扱う作品の出演に、少し慎重だったようです。

しかし、名匠パオロ・ヴィルズィ監督の過去の作品を鑑賞したことで、人間味溢れた軽妙で大らかな作風に心を惹かれて出演を承諾したようです。

ヘレンは次ようにパオロ監督の作風について語っています。

「自然主義で、ばかばかしかったり勇敢だったりするけれど、決してメロドラマ調にはならないのがパオロらしさね。私は彼のそんなスタイルが大好きなの」

映画ファンのあなたなら、すでにご存知とは思いますが、例えば、パオロ監督の『歓びのトスカーナ』はイタリアのダビッド・ディ・ドナテッロ賞で17部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、主演女優賞など5部門を受賞した作品。

『歓びのトスカーナ』は、精神診療の施設から抜け出した2人の女性の友情を描いた人間賛歌でしたね。

今回の人生の終着駅を見据えた老夫婦ジョンとエラがどのような旅をするか、要注目です!

スポンサーリンク

3.ドナルド・サザーランド(ジョン・スペンサー役)のプロフィール

参考映像:名作『M★A★S★Hマッシュ』で注目!

1935年7月17日にカナダ、ニュー・ブランズウィック州生まれ。

1970年公開された、名匠ロバート・アルトマン監督のカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞した『M★A★S★Hマッシュ』で、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされて注目されます。

その後も1980年に『普通の人々』、1998年に『ラスト・リミッツ栄光なきアスリート』に出演しています。

参考映像:『普通の人々』予告編

テレビシリーズで多くのゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、1995年に『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』と、2002年にテレビ映画『ジョンソン大統領/ヴェトナム戦争の真実』で同賞を受賞、個性派の名優としてハリウッドで活躍します。

2017年にはそれまで多大なる功績を称え米国アカデミー賞名誉賞が贈られました。

そのほかの近年の出演作に、2000年の『スペースカウボーイ』、2003年の『コールドマウンテン』、2012〜15年の「ハンガー・ゲーム』シリーズ、2013年の『鑑定士と顔のない依頼人』などがあります。

参考映像:『鑑定士と顔のない依頼人』の予告編

本作『ロング,ロングバケーション』のもう一人の主演であるドナルド・サザーランドは、パオロ監督の作品について、「パオロは繊細で複雑な演出に長けている。一言で言えば、ひらめきだね」と述べています。

また、教授を定年退職したジョン役を引き受けた理由について、サザーランドはユーモアを込めて、次のようにも述べています。

「脚本の20ページ目ぐらいのところだった。ジョンが立ち上がり、私に話しかけ始めたんだ。それは素晴らしい会話だった。彼はとても明晰で、とても具体的だった。ジョンはこの脚本が好きだったんだ」

思わず吹き出しちゃうサザーランドのたとえ話。さすがハリウッドスターとしてのユーモアの効いたコメントですね。

そのサザーランドがアルツハイマー役のジョンをどのように演じたのか、あなたは益々楽しみになりませんか?

2.映画『ロング,ロングバケーション』のあらすじ


(C)2017 Indiana Production S.P.A.

夫婦生活も早や25年を過ぎて、アルツハイマーが進行してきた元文学教師のジョンと、全身にガンガ転移した妻エラ。

子どもたちは巣立ち、70歳を超え人生にも終わりが見えてきた今、病院や施設なんてごめんだとばかりに、夫婦水入らずで旅に出かけます。

ジャニス・ジョプリンやキャロル・キングなど、ご機嫌なミュージックとともに愛用してきたキャンピングカーに乗り込みます。

2人は毎晩思い出の8ミリ映像で、かつて過ごした人生を追懐しながら、ジョンが敬愛するへミングウェイの家があるフロリダのキーウェストを目指します。

しかし道中で、ジョンの記憶の混乱がきっかけで、これまで誤魔化してきた問題や隠し事に向き合うことになってしまう…。

ジョンとエラがこれまで歩んできた人生を見つめ直す旅の“本当の目的地”とは…。

スポンサーリンク

3.映画『ロング,ロングバケーション』の見どころ


(C)2017 Indiana Production S.P.A.

本作の主人公である妻エラと夫ジョンは人生のゴールへのカウントダウンに入った70代の夫婦。

2人は最後の時間から目を背けることなく、自分のこれまでの生きてきたことを味わい尽くそうとします。

イタリアの名匠パオロ・ビルツィ監督の溢れるユーモアと尽きることのない希望を描いたこの作品は、ヴェネチア国際映画祭のほか、トロント国際映画祭でも熱い称賛を浴びた話題作です。

イタリアを代表するパオロ監督は、映画『はじめての大切なもの』や『人間の値打ち』は、国際的な映画賞を受賞した後、アメリカで映画を撮って欲しいというオファーをいくつも受けていたそうです。

しかし、イタリアを心から愛する監督は、母国での映画製作にしか興味がなく、すべてのオファーを断り続けてきました。

そんなパオロ監督を説得したのは、インディアナ・プロダクションのプロデューサー。

彼らはアメリカの小説が詰まった箱をパオロ監督に次々に送りつけたそうです。

その中にあったのが本作の原作マイケル・ザドゥリアンの小説でした。

パオロ監督は原作に非常に魅力を感じたと語り、次のように述べました。

「その破壊的なマインド、つまり社会的および医学的規制、さらには医者や自分の子供たちに強制される入院からの反逆に惹きつけられた」

しかし、それでもイタリアを愛するパオロ監督は、アメリカへ行くことに抵抗のあったうです。

そこでこんな約束をプロデューサーたちとパオロ監督はします。

「もしドナルド・サザーランドと、ヘレン・ミレンが出演を了承したら、映画を作ることを誓う」

実はパオロ監督は、こんな約束はおそらく無理だと思っていたそうですが、なんと2人の俳優は快諾すると、すぐに本作『ロング,ロングバケーション』のプロジェクトが動き始めたそうです。

イタリアを愛する監督であるパオロ・ビルツィ。いったいどんな作品を、映画ファンのあなたに贈ってくれたのでしょう。

観る者の人生観をも覆す力強い、新たなパオロ監督の1本が、いよいよ日本でも陽気な旋風を巻き起こします!

4.映画『ロング,ロングバケーション』の公開する劇場は


(C)2017 Indiana Production S.P.A.

北海道地区

北海道 札幌シアターキノ(1月26日〜)

東北地区

青森 フォーラム八戸(3月24日〜)
青森 シネマヴィレッジ8・イオン柏(4月7日〜)
岩手フォーラム盛岡(4月13日〜)

宮城 フォーラム仙台(3月10日〜)

山形 フォーラム山形(4月6日〜)
福島 フォーラム福島(3月17日〜)

関東地区

東京 TOHOシネマズ日本橋(1月26日〜)
東京 TOHOシネマズ六本木ヒルズ(1月26日〜)
東京 渋谷シネパレス(1月26日〜)

神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜(1月26日〜)
神奈川 TOHOシネマズ川崎(1月26日〜)

千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森(1月26日〜)

埼玉 MOVIXさいたま(1月26日〜)

群馬 シネマテークたかさき(4月7日〜)

中部地区

静岡 シネ・ギャラリー(3月3日〜)
静岡 CINEMA e_ RA(3月31日〜)

愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ(1月26日〜)
愛知 伏見ミリオン座(1月26日〜)

岐阜 CINEX(4月7日〜)

三重 進富座(4月7日〜)

石川 シネモンド(3月24日〜)

関西地区

大阪 大阪ステーションシティシネマ(1月26日〜)
大阪 TOHOシネマズなんば(1月26日〜)

京都 TOHOシネマズ二条(1月26日〜)

奈良 ユナイテッド・シネマ橿原(3月10日〜)

兵庫 シネ・リーブル神戸(2月3日〜)

兵庫 TOHOシネマズ西宮OS(1月26日〜)

近畿・山陰地区

岡山 シネマ・クレール(3月10日〜)
広島 サロンシネマ(3月24日〜)

四国地区

愛媛 シネマサンシャイン大街道(4月7日〜)

九州地・沖縄地区

福岡 KBCシネマ(1月26日〜)

佐賀 シアターシエマ(4月7日〜)

長崎 長崎セントラル劇場(4月13日〜)

熊本 Denkikan(3月10日〜)

宮崎 宮崎キネマ館(4月7日〜)

鹿児島 天文館シネマパラダイス(3月7日〜)

沖縄 シネマパレット(3月10日〜)

*上記の情報は2月5日現在の情報になります。今後もセカンド上映や全国順次公開の劇場は増えることが予想されますので、お出かけ際は必ず公式HPをお確かめください。

まとめ


(C)2017 Indiana Production S.P.A.

アカデミー賞に4度ノミネートされ、カンヌ国際映画祭で2度の主演女優賞を獲得したヘレン・ミレンと、アカデミー賞名誉賞に輝くドナルド・サザーランドが、見せる人生の終着駅を見据えた人生のバイブル的作品とは?

また本作の演出を担当したのは、『人間の値打ち』や『歓びのトスカーナ』などで、イタリア・アカデミー賞作品賞を続けて受賞した稀代の名匠パオロ・ヴィルツィ。

映画『ロング,ロングバケーション』は1月26日より、全国順次公開です!

ぜひ、ぜひお見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『僕に、会いたかった』感想と評価レビュー。女優松坂慶子がTAKAHIROを包み込む

大きな愛が失った時を蘇らせる 2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーの映画『僕に、会いたかった』。 EXILEのTAKAHIROが初めて映画作品で単独主演を飾ったこと …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリード2炎の宿敵』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ロッキーシリーズから新たな挑戦!

永遠の名作「ロッキー」の精神を見事に継承してみせた大傑作『クリード チャンプを継ぐ男』から3年。 チャンピオンになったアドニスの前に30年前父アポロ・クリードを殺した宿敵が現れる…! ロッキーシリーズ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『いつか家族に』ネタバレあらすじと感想。結末で家族の絆とは何で決まるかを描いた心に響くヒューマンドラマ

家族とは?親と子とは? 『活きる』で知られる中国の作家・余華(ユイ・ホア)による人気ベストセラー「血を売る男」を映画化。 『1987、ある闘いの真実』『お嬢さん』『チェイサー』などで俳優として活躍する …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』女優・初音映莉子(泰子/やすこ)の演技力と評価は?

2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開される、映画『月と雷』はの予告編が解禁となりました。 映画の原作は直木賞作家の角田光代の同名小説。キャストにダブル主演で初音映莉子 …

ヒューマンドラマ映画

『はちどり』映画解説と内容考察。韓国の女性監督キムボラが長編デビュー作で自己体験と歴史的転換の時代を描く

映画『はちどり』は2020年2020年6月20日(土)よりユーロスペースほかで全国ロードショー予定 2019年、韓国で異例の動員を記録した韓国の新鋭キム・ボラ監督の長編デビュー作『はちどり』。 大きな …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP