Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/02/21
Update

隅田靖映画『子どもたちをよろしく』内容解説と結末に向かう学生たちを取り巻く“いまの社会”の闇とは⁈

  • Writer :
  • 黒井猫

映画『子どもたちをよろしく』は2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースにて全国順次公開。

貧困、いじめ、虐待、自殺など、子どもたちを取り巻く過酷な環境に焦点を当てた劇映画『子どもたちをよろしく』

元文部科学省の寺脇研と前川喜平が企画し、隅田靖が脚本、監督を務めています。

今回は学校外での学生たちの世界観を描いた『子どもたちをよろしく』を紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『子どもたちをよろしく』の作品情報


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

【公開】
2020年2月29日(日本映画)

【監督】
隅田靖

【キャスト】
鎌滝えり、杉田雷麟、川瀬陽太、椿三期、村上淳、有森也実、金丸竜也、大宮千莉、武田勝斗、斉藤陽一郎、山田キヌヲ、ぎぃ子、速水今日子、林家たこ蔵、外波山文明、小林三四郎、上西雄大、苗村大祐

【作品概要】
元文部科学省の寺脇研と前川喜平が企画を務め、貧困、虐待、いじめなど、現代の子どもたちを取り巻く社会の闇をあぶり出したヒューマンドラマ。2007年に『ワルボロ』で監督デビューを果たした隅田靖がオリジナル脚本と共に12年ぶりに監督を務めています。

またキャストには『愛なき森で叫べ』などの鎌滝えり、『半世界』などの杉田雷麟、映画初出演の椿三期をはじめ、川瀬陽太、村上淳、有森也実、金丸竜也、大宮千莉らが集結しています。

映画『子どもたちをよろしく』のあらすじ


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

東京にほど近い北関東のとある街、デリヘルで働く優樹菜(鎌滝えり)は、実の母親・妙子(有森也実)と義父・辰郎(村上淳)そして、辰郎の連れ子・稔(杉田雷麟)の四人家族で暮らしていました。

辰郎は酒に酔うと妙子と稔に暴力をふるい、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返します。その光景を母の妙子は見てみぬふりをします。そして義弟で中学二年生の稔は、そんな父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていました。

優樹菜が働くデリヘルで運転手をする貞夫(川瀬陽太)は、妻に逃げられ、重度のギャンブル依存症です。一人息子で稔と同じ学校に通う洋一(椿三期)をほったらかし、深夜に帰宅する生活をしています。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていました。もとは仲の良い稔と洋一でしたが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていました。

ある日、稔は家の中でデリヘルの名刺を拾い、姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになります。

居場所を無くした彼らがとった行動とは…。

スポンサーリンク

映画『子どもたちをよろしく』の感想と評価


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

映画『子どもたちをよろしく』は、社会が抱える問題に真摯に向き合った作品です。貧困、ネグレクト、DV、依存症、いじめの悲惨さを物語全編においてまざまざと見せつけられます。観賞後、改めてそれらの問題について考えさせられました。

とても重いテーマから逃げずに向き合ったことで、一見、終始希望がない陰鬱な気分になりますが、作品には一縷の希望を垣間見ることでしょう。いじめの加害者の家庭環境も複雑なため、いじめている少年は加害者であると同時に被害者でもあるのです。

いじめの加害者である稔が手を怪我し、包帯の上から血が滲む特徴的な場面があります。これはいじめの加害者を絶対悪としている意見への隅田監督からの「もっと広い視点で見るべきだ」というアンサーかもしれません。

また、作中の加害者の少年たちのセリフに印象的なものがあり、「あいつ見てるとなんかムカつくんだよな。なにも言い返さないし。」というセリフです。それに合わせ、被害者の洋一が壁に向かってキャッチボールをしているシーンにより、いじめは被害者に非がなく一方的なものであるというメッセージがヒシヒシと伝わります。

そして観賞後の後味の悪さを感じる要因として、少年たちの周りの大人の弱さあります。この作品の被害者は子供たちであり、最大の加害者は大人ではないでしょうか。しかし、作中に登場する大人たちは自分たちが被害者であると主張し、子供たちを見ようともしません。

もしかすると、その演出に怒りを覚え、このように考えさせられている私は監督の掌で踊らされているのかもしれません。映画『子供たちをよろしく』は子を持つ親の方々にこそ、是非観て、そして考えて欲しい作品なのかもしれません。

まとめ


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

映画『子どもたちをよろしく』はとても心が痛くなると同時に社会の暗い面を深く考えさせられる作品。しかし少年たちを取り巻く大人たちがしっかりしていれば、結末はもう少し変わったものになったのかもしれません。いじめの被害者だけに注目するのではなく、加害者の少年の環境にも注目した本作はとても興味深い視点から、ひとつの問題定義として考えさせられました。

これはフィクションですが、現実に起こっていることであり、実際ではもっと凄惨なものでしょう。そのことを認識するためにも観ておくべき作品ではないでしょうか。子供たちの悲痛な叫びを受け止めてください。

映画『子どもたちをよろしく』は、2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースにて全国順次公開。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『いつか家族に』ネタバレあらすじと感想。結末で家族の絆とは何で決まるかを描いた心に響くヒューマンドラマ

家族とは?親と子とは? 『活きる』で知られる中国の作家・余華(ユイ・ホア)による人気ベストセラー「血を売る男」を映画化。 『1987、ある闘いの真実』『お嬢さん』『チェイサー』などで俳優として活躍する …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

『ブラック・クランズマン』感想と内容解説。スパイク・リーというニューヨーク派映画監督の孤高と才能

映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開 1970年代後半、アメリカコロラド州のコロラドスプリングズで黒人として初めて警察官に採用されたロン …

ヒューマンドラマ映画

映画『デイアンドナイト』あらすじネタバレと感想。山田孝之がキャストでなくプロデューサーに徹した意欲作

映画『デイアンドナイト』は、2019年1月26日より全国公開! 俳優の阿部進之助と監督の藤井道人が映画化を念頭に置いていた企画『デイアンドナイト』に、『クローズZEROⅡ』『十三人の刺客』で阿部と共演 …

ヒューマンドラマ映画

映画『コールドウォーCOLD WAR』ネタバレ感想。パヴェウ・パヴリコフスキが両親に捧げた作品

今回取り上げるのは世界的な絶賛を受けている『COLD WAR』。 第71回カンヌ国際映画祭ではパヴェウ・パヴリコフスキが監督賞を受賞しました。 第31回ヨーロッパ映画賞では作品賞含む5部門、ニューヨー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学