Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/01/02
Update

映画『フィッシャーマンズ・ソング』感想とレビュー評価。現役漁師の最年長ボーイズバンドの実話をもとに描く人生賛歌

  • Writer :
  • 増田健

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より、新宿ピカデリー・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!

イギリス南西部のコーンウォール地方にある、港町ポート・アイザック。その地に住む気心の知れた漁師たちが集まり、舟唄を披露する歌唱バンドが“フィッシャーマンズ・フレンズ”です。

地元で古くから伝わる歌を披露していた彼らが、2010年にデビューを果たすと、伝統フォークソングのアルバムで、初の英国チャートトップ10入りを果たす快挙を成し遂げます。

飾りっ気のない中高年漁師たちのサクセスストーリーが映画化されると、イギリスで異例のロングランヒットを記録します。

そのハートフルな映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』が、いよいよ日本に上陸します。

スポンサーリンク

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』の作品情報


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

【日本公開】
2020年1月10日(金)(イギリス映画)

【原題】
Fisherman’s Friends

【監督】
クリス・フォギン

【出演】
ダニエル・メイズ、ジェームズ・ピュアフォイ、デヴィッド・ヘイマン、デイヴ・ジョーンズ、サム・スウェインズベリー、タペンス・ミドルトン、ノエル・クラーク

【作品概要】
イギリスに実在する舟唄バンド、“フィッシャーマンズ・フレンズ”のサクセスストーリーを、歴史ある港町コーンウォールを舞台にユーモラスに描いた映画です。

映画の顔である現役漁師ボーイズバンドの面々を、TVドラマ『ROME ローマ』や『ザ・フォロイング』で人気を獲得したジェームズ・ピュアフォイ、そしてデヴィッド・ヘイマンやデイヴ・ジョーンズといったイギリスを代表するベテラン俳優が演じます。

ひょんなことから彼らを売り込むことになる音楽マネージャー役は、『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』『1917 命をかけた伝令』のダニエル・メイズ。予期せぬ出会いから新たな人生を歩む男を演じています。

監督はクリス・フォギン。長編映画デビュー作『キッズ・イン・ラブ』で、ロンドンに住む若者の群像劇を手がけた彼が、今回は歴史ある漁師町を舞台に、ミドル・シニア世代の姿を描きます。

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』のあらすじ


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

イギリス南西部のコーンウォール地方にある小さな港町、ポートアイザック。ここは漁師たち暮らす漁業の町であると同時に、大西洋を見渡す絶景を持つ観光地でもありました。

ロンドンの音楽業界で活躍する男、ダニー(ダニエル・メイズ)は、結婚間近の悪友の独身最後のお楽しみ旅行で、同僚や上司とともにこの町にやってきました。

羽目を外して騒動を引き起こしたダニーたちは、偶然浜辺で古くから伝わる舟唄を歌う漁師たちに姿を見かけます。それを目にした上司は、ダニーにこの中高年ボーイズバンドと契約を結べと命じ、彼を残してロンドンに帰ってしまいます。

ポートアイザックに残されたダニーは、民宿を経営するシングルマザー、オーウェン(タペンス・ミドルトン)を通じ彼らに近づこうとしますが、不用意な発言から彼女に嫌われます。それでもダニーの音楽にかける情熱に心動かされ、徐々に心を開き協力するオーウェン。

漁師たちの舟唄バンドの名は“フィッシャーマンズ・フレンズ”、リーダーはオーウェンの父であるジム。人間嫌いの偏屈なこの男と、ダニーは交渉を始めます。

バンドの見事な歌唱力と、メンバーであるオーウェンの祖父ジェイゴ(デヴィッド・ヘイマン)やその友人リードヴィル(デイヴ・ジョーンズ)らの素朴な人柄に魅了されてゆくダニー。

熱意が認められ、ついにバンドと契約を結んだダニー。オーウェンとの関係も親密さを増していきます。ところが彼は、上司から思わぬ意図を聞かされることになります。

このままでは、音楽業界でのメジャーデビューの話は立ち消え。ダニーは“フィッシャーマンズ・フレンズ”、そして大切な存在となったポートアイザックの人々のために立ち上がる!

スポンサーリンク

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』の感想と評価


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

実話を基に紡がれた人情劇

現役中高年漁師ボーイズバンドの、痛快なサクセスストーリーの実話を基にした映画、『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』。

僻地や寂れた町に暮らし、悩みを抱えながらも地道に生きる人々が、最後にはその誠実な人間性を武器にして成功をつかみとる。イギリスの映画やミュージカル作品の題材にされる、王道のストーリーを持つ心温まる作品がまた一つ完成しました。

当然ながらこの映画、事実を脚色・誇張して描いています。“フィッシャーマンズ・フレンズ”を売り込もうと奮闘するマネージャー・ダニーも、バンドのメンバーも実在の人物を基に創作されたキャラクターです

しかしこの映画は実話から設定だけを借り創作した物語ではありません。本作の脚本チームは、“フィッシャーマンズ・フレンズ”のメンバーやマネージャーと取材の枠を越えた交流を重ね、彼らの冗談などを含む日常の語り口や、その人柄や人生に触れた上で登場人物を作り上げました。

こうして完成した劇中のキャラクターは、出演者にとっては実在の人物を演じる責任からの解放、観客にとっては身近に感じられる人物の創造を意味していました

この脚本を手にしたのがクリス・フォギン監督。彼はこの作品を映画にする事を熱望し、その願いは後に叶えられることになりました。

伝統の舟唄と郷土への熱い思いを描く


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

劇中に登場する漁師たちが力強く唄う伝統のフォークソングは、仕事のリズムを保たせると同時に労苦から解き放してくれる、まさに昔ながらの労働歌。“ソーラン節”など日本の漁歌や舟唄と、同じものだとお考え下さい。

その歌詞は劇中にも紹介されていますが、郷土への愛情と誇りや、かつてその地に起きた歴史的な出来事などを歌う土地に根差したもの。それは聞く者に懐かしい感情を思い起こさせます。

イギリスで“フィッシャーマンズ・フレンズ”の、素朴で力強い歌声が広く支持されたのは、他の土地・異なる国に住む者にも大いに理解できます。

また映画は歌声と共に、今は観光地でもあるコーンウォールの地を美しく映し出すと共に、その地でコミュニティーを築き生きる人々の姿を描いています。

イングランド・ウェールズ・スコットランド、そして北アイルランドという、4つの“”で構成された国家であるイギリス。サッカーやラグビーの人気の高まりと共に、日本人のイギリス各“国”に対する認識も高まってきました。

本作に登場するコーンウォールはイングランドの、南西部に属する地域。その地には、独自の文化を誇り独立心が強く、自らを“コーンウォール人”と名乗る人々が住んでいます。

自らの歴史を誇る人々だけに、“フィッシャーマンズ・フレンズ”の面々は、イングランド人に対し騒動を引き起こしますが、詳細は映画を見てのお楽しみ。同じ島国でも日本よりはるかに強い郷土意識を持つ、イギリスの人々の姿に改めて驚かされました。

ところでフォギン監督も同じイングランドの出身ですが、コーンウォールとは異なり北東部にあるダラム出身。この地に住む人々もまた、強い郷土意識を持っています。

そのような背景を持つ監督が、コーンウォールを舞台に伝統と暮らしを誇る人々の物語に、強く惹かれ映画化した事実に注目して下さい。

イギリスならどの土地でもパブで乾杯


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

地域による独自性の強さを誇るイギリスですが、どこに住む人々も“第2の我が家”、パブに集い盛り上がる習慣を持っています。

本作の登場人物もパブに集い、そこで様々な人間模様が展開されますが、同時にこのパブの存在が映画のストーリーの軸にもなっています。

映画に登場するパブは、実際にポート・アイザックに存在するゴールデン・ライオン・パブ。実際に地元の人々や、“フィッシャーマンズ・フレンズ”が毎夜集ったパブでロケが行われました。

出演者やスタッフはこのパブで地元の人々、そして実際の“フィッシャーマンズ・フレンズ”の面々と共に撮影に臨み、撮影が終わると共にパブで飲んで歌って過ごしたそうです。この一体感は画面からも感じ取れます。

牧歌的、伝統的な生活にもグローバル化の波が押し寄せ、昔ながらの生き方は成り立たないご時世。これもイギリスと日本も変わらぬ状況です。この世界共通のテーマの存在も、この映画を身近なものとして実感させてくれる要素となっています

まとめ


(C) FISHERMAN FILMS LIMITED 2019

日本を遙か離れたイギリスの、コーンウォールの舟唄バンド“フィッシャーマンズ・フレンズ”を描いた映画ですが、鑑賞すると実に身近に感じられる作品です。

イギリスで大ヒットしたこの映画は、現在続編の製作も決定したとのこと。見事な歌とストーリーを持つ本作は、『フル・モンティ』や『リトル・ダンサー』同様、ミュージカル化されてもおかしくないと考えています

まだまだ発展しそうな映画、『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は、いち早く見て損の無い映画です。

ところで映画の主役である実在のバンド、“フィッシャーマンズ・フレンズ”。彼らがデビューした時、多くのイギリスの人は思わず噴き出したそうです。

“フィッシャーマンズ・フレンズ”の単数形、“フィッシャーマンズ・フレンド”と言えば、イギリスでは19世紀から広く販売されている有名なミント系トローチ。喉に良く“漁師の友”の名の通り、船酔いを和らげるにも愛用されていました。現在もミント系タブレットとして販売しています。

この映画は当然船の上のシーンもあり、スタッフを船酔いで苦しめていました。撮影の舞台裏では間違いなく、“フィッシャーマンズ・フレンド”も活躍したでしょうね。

映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より、新宿ピカデリー・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『ラッシュ/プライドと友情』動画無料視聴!ネタバレと実話の評価は

『インフェルノ』『白鯨との闘い』など、大味な作品を手がけるイメージの強いロン・ハワード監督。 そんな監督が、実在のF1レーサー、ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダの熱い戦いと、そこから芽生える男らしい …

ヒューマンドラマ映画

映画『キングス・オブ・サマー』あらすじと感想レビュー。上映情報も

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『アメリカで最も嫌われた女性』ネタバレ感想と考察評価。実在の無神論者の女性が巻き起こした大論争が悲劇になった理由

「嫌われる」とは世間から気にかけられなくなり「無視」されること。『無神論』女性の変革と結末の間にあるギャップの意味に迫る 映画『アメリカで最も嫌われた女性』は、アメリカの「無神論者」マデリン・マリー・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『星の子』ネタバレあらすじと感想評価。キャスト芦田愛菜がカルト宗教と家族愛に揺れるヒロインを好演!

映画『星の子』は2020年10月9日(金)よりロードショー 『星の子』は、天才子役からひとりの女優として開花しつつある芦田愛菜の6年ぶりの実写主演作品です。 新興宗教にはまる両親に愛情たっぷりに育てら …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダー 君は太陽』あらすじとキャスト。天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位を記録し、全世界800万部突破の小説「ワンダー」を『ルーム』で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学