Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『恋人はアンバー』ネタバレあらすじ結末と感想評価の考察。ゲイとレズビアンの高校生が“期間限定で恋人”のふりをする姿を描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

自身のセクシュアリティを隠すため、期間限定で恋人のふりをすることになった2人の男女高校生の物語

1995年のアイルランドの田舎町を舞台に、男性に恋するエディと女性を愛するアンバーという2人のクィアな高校生が、差別と偏見の多い学園生活を卒業まで乗り切るためにカップルのふりをするが・・・。

自分らしく生きるためにもがき苦しむ10代の男女を暖かなタッチで見つめる映画『恋人はアンバー』は、「EUフィルムデーズ2022」にラインナップされ大好評を博し、2022年、秋、全国公開を果たしました。

当時のアイルランドの空気をとらえ、社会的テーマを主題に、ユーモアを交えた爽やかな視点で描く青春映画の秀作です。

スポンサーリンク

映画『恋人はアンバー』の作品情報


(C)Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

【日本公開】
2022年公開(アイルランド映画)

【原題】
Dating Amber

【監督・脚本】
デビッド・フレイン

【キャスト】
フィン・オシェイ、ローラ・ペティクルー、シャロン・ホーガン、バリー・ウォード、シモーヌ・カービー

【作品概要】
1990年代半ば。アイルランドの保守的な田舎町を舞台に、理解のない周囲から自身のセクシュアリティを隠すため、期間限定で恋人のふりをすることになった2人の高校生男女を描いた青春映画。

監督を務めたのは前作『CURED キュアード』が第42回トロント国際映画祭でプレミア上映され注目されたアイルランド人監督、デビッド・フレイン。

映画『恋人はアンバー』あらすじとネタバレ


(C)Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

1995年、アイルランドの保守的な田舎町。

高校生のエディは、子供のころから父の後を継いで軍隊に入るよう育てられてきましたが、次第に自身が同性愛者であることに気が付き始めていました。

偏見と差別が根強いこの街では誰にも伝えられず、エディは密かに悩んでいました。キスの経験がないことをからかわれ、好きでもない女子生徒とキスをしますが、ときめきはありません。

アンバーは自身がレズビアンであることを自覚していました。みかけが女らしくないとからかわれるこんな田舎町は早く出て、大都会ロンドンに引っ越したいと夢見ていました。

アンバーはエディが自分と同じ同性愛者だと気付き、映画に行こうと彼を誘います。周囲にセクシュアリティを悟られないよう、一定の期間だけカップルのフリをしようとアンバーはエディに持ちかけ、エディもその提案を受け入れます。

ふたりでいれば、周りは、からかってこないので、とても楽でした。誰にも話せなかった将来への不安や、家庭のことなども打ち明け合い、ふたりの絆は深まっていきました。

ある日ふたりは一緒にダブリンに出かけ、一軒のバーに入ります。エディはステージで堂々と歌を歌っているドラァグクイーンに魅せられ、アンバーは年上の女性サラと知り合います。

終電の時間になったので、帰ろうとしていると、アンバーは女性から、次の土曜日にはここにいるからとチラシを渡されました。

土曜日となり、エディとアンバーは演劇の勉強に出かけるとそれぞれの親に嘘をついて、車でダブリンへ出かけていきました。

目的のバーに入るとあの時の女性がすぐにアンバーを見つけてくれました。エディは、近づいてきた男性とキスし始めます。

ここには誰も知っている人はいないし、自由だと感じていたエディでしたが、クラスメイトのキアンがバーに来ていて、目撃されてしまいます。 

彼もまたセクシュアリティを隠していたひとりだったのですが、エディにとっては青天の霹靂。知られてしまった、もうだめだとパニックになり、アンバーは彼を落ち着かせようと説得を試みます。

疲れ切ったふたりは、車の中で眠ってしまい、帰宅は朝になってしまいました。親たちはかんかんです。

エディのおませな弟が「ちゃんと避妊した?」と尋ねてきたので、エデイは「うん、ちゃんとしたよ」と応えました。

弟は、もし子供が出来たら、この歳で結婚して、ずっと喧嘩し続けて、結局離婚だといい、ふたりは自分たちの両親のことを思い浮かべ、心配になりました。案の定、階下からは両親が激しく口論している声が聞こえていました。

一方、アンバーは母親から「お父さんならなんと言ったか」と言われ、もういないよと応えました。アンバーの父親は何らかの理由で自殺し、母は、まだ立ち直っていませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『恋人はアンバー』ネタバレ・結末の記載がございます。『恋人はアンバー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

月曜日。エディがアンバーのところにやってきて、僕たち本当に付き合おうと言い出しました。アンバーはきっぱり断り、嘘の恋人関係を解消します。

アンバーは母にサラを紹介し、カミングアウトします。最初は戸惑っていた母もアンバーの手を握ってくれました。

ところが、母が教会で牧師に相談したせいで、街中が、アンバーのセクシュアリティを知るところとなってしまいました。エディとの嘘の恋人関係も解消していたので、学校では以前よりもからかわれることが増えうんざりです。

エディはずっと暗い顔をしていて、アンバーからカミングアウトするよう言われますが、とてもそんな勇気はありません。相変わらず、別の女の子と一緒にいて自分自身を偽っていました。ある時など、アンバーに向かって「レズビアン!」と叫び、アンバーを傷つけます。

アンバーはサラと良い関係を結び始めましたが、エディは軍隊の試験に合格し、入隊が決まります。卒業式も終わり、ついにエディの入隊の日がやってきました。

アンバーはトレーラーの家の扉に、以前ふたりで撮った証明写真がはさまれているのをみつけ、エディのところに走っていきます。

エディは軍隊の受付の順番を待っていました。アンバーはエディにロンドンに行こうとして貯めていたお金が入った箱を渡します。

エディは受け取れないと言いますが、自分らしくいられる場所に行ってと言うアンバー。エディが一緒に行こうと言うと、アンバーは行けないと首を振ります。

一人で行くのは怖いと語るエディ。アンバーはすごく怖いはず、でも大丈夫と励まします。

アンバーをまっすぐ見つめてエディは言いました。「僕はゲイだ」。「知ってる」と応えるアンバー。

ひどいことを言ったことを詫びるエディにアンバーは言いました。「私にとってあんたは最高の彼氏!」

エディは「ありがとう」と礼を言うと箱を受け取り、軍隊に背を向けて走っていきました。

エディは列車に乗り、アンバーは丘の上に腰を下ろしていました。心が通じ合ったかのように、ふたりは互いのことを思って微笑みました。

スポンサーリンク

映画『恋人はアンバー』解説と評価


(C)Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

1995年のアイルランドは、同性愛が違法でなくなってから2年、そして離婚法が成立した年です。カトリックの教えが中心のこの国では長い間、同性愛は犯罪として扱われ、重い懲役がくだされていました。違法でなくなってから2年が経っているといえども、小さな田舎町ではまだまだ偏見や差別が根強かった時代です。

フィン・オシェイ扮するエディとローラ・ペティクルー扮するアンバーという 2 人のクィアなティーンエイジャーは、日常生活をなんとか切り抜けるために異性愛者のカップルのふりをする契約を交わします。

ただのカモフラージュのはずが、徐々に2人の間に信頼関係が築かれ、確かな友情が芽生えます。この友情がとにかく素晴らしく、2人が“デート”するシーンは活き活きとした律動感にあふれています。

アンバーが暮らすトレーラーハウスを、金を払ってラブホテル代わりに使う同級生たちが疲れた中年のように見えるのが、よりエディとアンバーのピュアさを際立たせます。

ふたりはタブリンに繰り出しますが、たまたま入ったバーでの体験により、アンバーは、自己のセクシュアリティの肯定へと向かうのに対して、エディはさらなる苦しみを味わうことになります。

彼は、軍人の父の影響で、自らも将来は軍人になることを信じて疑っていません。しかし、果たしてそれが自分自身の本当に進む道なのかという疑問が湧き上がってきます。

それは、ティーンエイジャーが少なからず出会う大きな命題のひとつですが、彼は幼児期から「男らしく」生きるよう教育を受けていて、自身のセクシュアリティと「男らしさ」という概念との間でアンビバレンツに引き裂かれています。この複雑なエディの内面をフィン・オシェイが絶妙に演じています。

アンバーと本当の恋人になることで、何もかも解決させようとするエディにアンバーはノーと言い、ふたりの“恋人関係”は解消されます。

拠り所を失ったエディはアンバーに暴言を吐き、彼女を傷つけますが、一度固い友情で結ばれたふたりの関係は簡単には崩れず、説得と決断へと向かう清々しいラストへと向かいます。

家庭の事情もありこの地に残るアンバーと、新たな世界へ、勇気を振り絞って歩みだすエディ。ふたりの門出に祈るような気持ちにさせられます。

全編、ユーモアに溢れた暖かなタッチが貫かれているのは、エディとアンバーへのエールの現れでしょう。アイルランドの緑あふれる風景も、美しく、輝いて見えます。

まとめ


(C)Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

監督のデビッド・フレインは本作には監督の実体験が大いに反映されていると述べています。彼はこの物語を自身の地元アイルランドのキルデアで撮影しました。

エディを演じたフィン・オシェイは、2017年にトロント国際映画祭のライジングスターとスクリーン・インターナルショル誌のスター・オブ・トゥモローに選ばれ、英国やアイルランドで抜群の知名度を持つ若手俳優です。

アンバー役のローラ・ペティクルーは、本作が初の本格的な映画出演となった新鋭ですが、演劇界でも実力を発揮するなど今後の活躍が大いに期待されます。

2人は息もぴったりで、厚い絆と友情に結ばれたエディとアンバーを鮮やかに演じ、観る者の心をがっちりと捕まえます。

本国では2020年に封切られ、アイルランド版アカデミー賞と評される「アイリシュ映画&テレビ賞」で8部門にノミネートされ、2部門で受賞しています。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

ビニー信じる男あらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“どう生きるか…。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断” 伝説のボクサー《ビニー・パジェンサ》の魂を震わす実話『ビニー/信じる男』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『 …

ヒューマンドラマ映画

『ラスト・シフト』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。映画“マイ・インターン”との比較を通して見えてくる「世代間格差」

年齢や経歴、価値観の相違を越えた友情はあるのか?そんなリアルストーリー 今回はサンダンス映画祭でプレミア上映された映画『ラスト・シフト』をご紹介します。 舞台はミシガン州アルビオン、高校中退してから3 …

ヒューマンドラマ映画

『罪と女王』感想と考察。映画クィーン オブ ハーツは結末ラストまで女性監督が欲望で追い詰められた人間を描く

映画『罪と女王』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、他にて公開。 『罪と女王』は、欧米の批評家から絶賛されたデンマークとスウェーデンの …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファーザー』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストのアンソニー・ホプキンス演じる誇り高く知性に溢れた父親は必見

数々の栄誉に輝く傑作舞台を映画化。第93回アカデミー賞で脚色賞、主演男優賞の二冠に輝く! 映画『ファーザー』は、2012年パリで初演されて以来、ロンドン、ニューヨーク、日本など30カ国以上で上演され、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『娼年(しょうねん)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【松坂桃李主演作品】

舞台版のコンビ、監督・三浦大輔と主演・松坂桃李が再び! 過激な性描写と濃厚な人間ドラマが映し出される、R18指定の話題作。 4月6日(金)よりTOHOシネマズ他全国公開中の『娼年』をご紹介します。 ス …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学