Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/23
Update

実話映画『SKIN/スキン』あらすじと感想レビュー。レイシストからの更正を誓い顔のタトゥーを剥いだ若者

  • Writer :
  • 松平光冬

ヘイトの“仮面”を剥いで更生の道を歩んだネオナチ青年を描く実話

レイシストとして生きてきた若者の贖罪と苦悩を描く映画『SKIN/スキン』が、2020年6月26日より新宿シネマカリテほかにて公開となります。

2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話をベースに映画化したヒューマンドラマ。

本作が長編デビュー作となるガイ・ナティーヴが手掛け、『リトル・ダンサー』(2000)、『ロケットマン』(2019)のジェイミー・ベルが全身にタトゥーを纏った白人至上主義者を演じた、衝撃の実録ドラマの見どころを解説します。

スポンサーリンク

映画『SKIN/スキン』の作品情報

(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
SKIN

【監督・脚本・共同製作】
ガイ・ナティーヴ

【製作】
ジェイミー・レイ・ニューマン、オーレン・ムーバーマン、セリーヌ・ラトレイ、トルーディ・スタイラー、ディロン・D・ジョーダン

【撮影】
アルノー・ポーティエ

【編集】
リー・パーシー、マイケル・テイラー

【キャスト】
ジェイミー・ベル、ダニエル・マクドナルド、ダニエル・ヘンシュオール、ビル・キャンプ、ルイーザ・クラウゼ、カイリー・ロジャーズ、コルビ・ガネット、マイク・コルター、ヴェラ・ファーミガ、メアリー・スチュワート・マスターソン

【作品概要】
2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話をベースに映画化したヒューマンドラマ。

全身に無数のタトゥーを入れたブライオンが、シングルマザーのジュリーとの出会いによりこれまでの悪行を悔い、更生を誓う様を描きます。

ブライオン役を『リトル・ダンサー』(2001)『ロケットマン』(2019)のジェイミー・ベル、ジュリー役を『パティ・ケイク$』(2017)のダニエル・マクドナルドがそれぞれ演じます。

また、反ヘイト団体を運営するダリル・L・ジェンキンスを、マーベルヒーローのルーク・ケイジ役で知られるマイク・コルターが演じます。

監督は、短編『SKIN』(2018)でアカデミー賞短編映画賞を受賞し、本作が長編デビュー作となるガイ・ナティーヴです。


映画『SKIN/スキン』のあらすじ


(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

反ファシスト抗議を行う人々に、猛然と襲いかかるスキンヘッドの集団の中に、顔じゅうにタトゥーを施した男、ブライオン・“バブス”・ワイドナーがいました。

彼は10代で親に捨てられ、白人至上主義者グループを主宰するフレッドとシャリーンのクレーガー夫婦に拾われ、実の子のように育てられました。

今やグループの幹部となり、筋金入りの人種差別主義者となっていたブライオンは、とあるきっかけから3人の娘を育てるシングルマザーのジュリーと出会います。

彼女との出会いで、これまでの自分の人生に迷いが生じたブライオンは、次第にグループからの脱退を考え、更生することを誓います。

しかし、前科とタトゥーが障害となり仕事につけないばかりか、彼の裏切りを許さない元仲間たちからの脅迫に悩まされることに。

そんなブライオンに、反ヘイト団体を運営する政治活動家のジェンキンスが、転向の手助けを申し出て……。

スポンサーリンク

映画『SKIN/スキン』の感想と評価


(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

アメリカの病理、レイシズム問題を描く

本作『SKIN/スキン』は、元ネオナチのレイシスト、ブライオン・ワイドナーの半生をベースに描いた実録ドラマです。

白人至上主義者だったブライオンが更生すべく、計25回、16カ月に及ぶ過酷なタトゥー除去手術に挑む様に密着したテレビドキュメンタリー『Erasing Hate』(2011)に感銘を受けたイスラエル出身のガイ・ナティーヴ監督が、長編映画化を企画。

しかし、アメリカで映画製作の実績がなかったナティーヴは、資金調達のために、同じくレイシズムをテーマにした短編『SKIN』を製作します。

これが大きな反響を呼び、企画立ち上げから7年を経て、ようやく本作が実現しました。

なお、この短編『SKIN』は、2019年のアカデミー賞短編映画賞を受賞しています。

参考映像:短編『SKIN』(2019)

貧困、格差がヘイトやレイシズムを生む

(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

本作の主人公ブライオンは、実の両親に捨てられた後、白人至上主義グループを主宰するクレーガー夫婦に拾われ、自らもレイシストの道を歩んできました。

主宰者のフレッド・クレーガーは、ブライオンのように家庭環境に恵まれなかったり、生活が苦しく学校に行けない少年少女たちに目星をつけてスカウト。

彼らに衣食住を与える代わりに、「黒人(アフリカ系)やヒスパニック系、アジア系、ユダヤ系、ホームレスや身体障害者といったマイノリティが、我々のような優れた白人の居場所を奪った」と扇動することで、ヘイトやレイシズムを植え付けて“構成員”にしていくのです。

クレーガーや実在のブライオンが創設した「ヴィンランダーズ」のようなレイシストグループは、アメリカ国内だけでも1,000以上存在すると云われます。

貧困や格差社会がヘイトやレイシズムに直結してしまう、多人種国家が抱える病理。

さらに構成員の中には、生きていくためにレイシストになった者もいることから必ずしも一枚岩ではなく、メンバー間にもヘイトが存在します。

ブライオンは、そうした上辺だけの負の感情でつながるファミリーに次第に嫌気が差し、シングルマザーのジュリーと慈しみのあるファミリーを築こうと、グループからの脱退を決意します。

(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

ヘイトと不安の仮面を剥ぐ


(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

ジュリーや反ヘイト団体主宰者ダリル・L・ジェンキンスの手助けにより、ブライオンは過去の自分との決別する証として、顔のタトゥーの除去手術に挑みます。

顔のタトゥーはヘイトの象徴であると同時に、ジェンキンス曰く「不安を隠す仮面」

しかしながら、レーザーを照射してタトゥーを消す施術は、想像を絶する激痛を伴います。

ユング心理学において仮面を意味する「ペルソナ(Persona)」を、これまで犯した罪を心から悔やむ、文字通り「痛悔(つうかい)」の念を持って剥がすことで、彼は本当の意味での人間=パーソン(Person)となっていくのです。

そのブライオンを演じたジェイミー・ベルは、『ロケットマン』での名助演も記憶に新しいところですが、もはや「『リトル・ダンサー』の少年役でデビュー」という紹介文が不要なほど、順調に俳優キャリアを重ねています。

本作では、毎日3時間半の時間をかけてタトゥーや偽歯メイクを施し、肉体も短期間で20ポンド(約10キロ)も増量。

メイク時間を節約するために一日中タトゥーを入れたまま過ごす時もあり、その際は製作スタッフをも安易に寄せ付けなかったほど、ブライオンと完全に同化していたそう。

まとめ

(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

ナティーヴ監督が本作『SKIN/スキン』の脚本を書き始めたのは、バラク・オバマ政権が2期目を迎えていた時期でした。

黒人大統領の誕生により、ヘイトやレイシズムが完全に無くなるのではと云われていたアメリカ。

ところがその期待はドナルド・トランプ政権になるとあっけなく瓦解し、全米各地で痛ましい人種間暴動やヘイトクライムが多発することとなります。

国のトップがヘイトスピーチを繰り返し、レイシストグループも年々増加する絶望的現状でありながら、それでもユダヤ人であるナティーブ監督は、アメリカにはブライオンのように更生できる希望もあることを本作で提示します。

今年11月に大統領選を控えるアメリカの今後を見据える意味でも、観てほしい一本です。

映画『SKIN/スキン』は、2020年6月26日より新宿シネマカリテ他で公開。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしはダフネ』感想評価と解説レビュー。感動の家族愛でダウン症の娘とその父親が喪失感から立ち直る姿を描く

 映画『わたしはダフネ』は2021年7月3日(土) より、岩波ホールほかにて全国順次公開予定。   母を亡くしたことをきっかけに、生活が急変してしまった父ルイジと娘ダフネの喪失と克服を描いたヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『ソニア ナチスの女スパイ』ネタバレあらすじと感想考察。女優と工作員の顔を持ち極秘に情報を得ていたヒロインの数奇な半生

第二次世界大戦時、スパイとしてナチスに潜入した女優の数奇な実話ドラマ 映画『ソニア ナチスの女スパイ』が、2020年9月11日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開されています。 第二次世界大戦中の …

ヒューマンドラマ映画

映画『獣道』キャストとあらすじ!原作はある?試写会情報も

キラキラ青春映画の真反対を突っ走る、実話をベースにした“真っ黒な青春映画”が誕生! 『下衆の愛』の内田英治監督が地方社会のリアルを描いたブラック・コメディ作品『獣道』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンドラの小さな家』あらすじ感想と評価解説。キャストのクレア・ダンが実話を基に人生の再出発を描く

映画『サンドラの小さな家』は2021年4月2日(金)より公開。 アイルランド出身の女優クレア・ダン。舞台出身の彼女が、家を失った友人の話から着想を得て脚本を書き上げた『サンドラの小さな家』。 その脚本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラビング 愛という名前のふたり』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ただ一緒にいて普通の生活がしたいだけなのに…。ある夫婦の切なる願いは、アメリカの法律を変えることができるのか?! 実話から生まれた感動の物語です。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ラビング 愛 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学