Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/06/08
Update

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』あらすじ感想とレビュー評価。ケイト・ウィンスレット×スーザン・サランドンが演じる母娘から安楽死問題を問う

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』は2021年6月11日(金)からTOHOシネマズシャンテほか、全国順次ロードショー

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』は、デンマーク映画『サイレントハート』をハリウッドリメイクした作品です。

オスカー女優である、スーザン・サランドン、ケイト・ウィンスレットによる初共演が注目を集めていますが、サム・ニールやミア・ワシコウスカなど脇を豪華俳優陣が固めています。

母の安楽死を見送るために集まった家族たちが、彼女の決断を通して互いを見つめ直す物語となっています。

スポンサーリンク

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』の作品情報


(C)2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2021年

【監督】
ロジャー・ミッチェル

【キャスト】
スーザン・サランドン、ケイト・ウィンスレット、ミア・ワシコウスカ、リンゼイ・ダンカン、サム・ニール、レイン・ウィルソン、ベックス・テイラー=クラウス、アンソン・ブーン

【作品情報】
監督は『ノッティングヒルの恋人』(1999)、『ウィークエンドはパリで』(2013)のロジャー・ミッチェルです。
ビレ・アウグスト監督によるデンマーク映画『サイレント・ハート』(2014)を、その脚本家クリスチャン・トープが自ら脚色しています。

病を患う母のリリー役は、カルトクラシックの名作『ロッキー・ホラー・ショー』(1975)で注目を集め、『テルマ&ルイーズ』(1991)、『ロレンツォのオイル/命の詩』(1992)などでアカデミー賞主演女優賞に輝いた名女優、スーザン・サランドンが務めています。

もう1人オスカー女優としては、スーザン・サランドンと初共演になるケイト・ウィンスレットが娘のジェイニファー役を務めています。『タイタニック』(1997)や『愛を読むひと』(2008)、『アンモナイトの目覚め』(2021)など数々の映画に出演している言わずと知れた演技派女優です。

もうひとりの娘アンナ役に、ミア・ワシコウスカがキャスティングされています。ティム・バートン監督の『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)にアリス役として抜擢されてから「ピアッシング』(2018)などに出演している注目の若手女優の一人です。

夫のポール役は、『ジュラシック・パーク』でお馴染みのサム・ニールが務め、円熟した演技を見せています。

また、家族以外の役柄として登場したクリスはベックス・テイラー=クラウスが務めています。自身のジェンダーをノンバイナリーだと公表し、LGBTQ+の団体などで活動をしています。Netflixの『ダンプリン』やTVシリーズの「THE KILLING」のシーズン3などに出演して注目を集めました。

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』のあらすじ

(C)2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

病気を抱え、歩行が少しづつ難しくなり、手にも麻痺を感じるようになったリリー(スーザン・サランドン)は夫のポール(サム・ニール)と2人で暮らしていました。

医者である夫と話し合い、自ら安楽死をすることに決めたリリーは、2人の娘と親友のリズ(リンゼイ・ダンカン)を家へと呼び寄せます。

長女のジェニファー(ケイト・ウィンスレット)は夫のマイケル(レイン・ウィルソン)と息子のジョナサン(アンソン・ブーン)を連れています。

次女のアンナ(ミア・ワシコウスカ)は恋人のクリス(ベックス・テイラー=クラウス)を連れてやってきました。

マイペースで家族に心配をかけがちなアンナに対して、以前から不満を持っていたジェニファーは衝突し、アンナが連れてきた恋人に対しても暴言を吐いてしまいます。

思春期のジョナサンは両親に対して心を閉ざしていて、父子の関係も良好とは言えませんでした。

それぞれに葛藤がある中、リリーの安楽死の時は近づきます。そんな時、家族の思いもよらぬ秘密が明らかになり、ジェニファーとアンナは母の安楽死を止めようと動きはじめます。

スポンサーリンク

映画『 ブラックバード 家族が家族であるうちに』感想と評価

(C)2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

人生の終わりを自分で決める強さ

本作は「死」がテーマですが、本質は「どう生きるか」ということを描いています。

病気によって自由を奪われるくらいなら、愛する者たちと幸せなときを過ごして人生の終わりを自分で決めたいというのは確かに正論です。

ですが、少し自分勝手な印象も受けます。残される人の悲しみはどうなるのか、と考えずにはいられません。

しかし、「どう生きるのか」というのは自分が決めるべきことで、誰のためでもなく自分の幸せを優先していいはずなのです。

「終活映画」と呼ばれる映画は昨今よく目にしますが、本作はとても凛としたリリーの強さが印象的な作品だと言えるでしょう。

自分の心の整理ができているリリーは、残される家族が自分の死後も前を向いて生きていってほしいという思いを込めて、全員で集まる場を準備したのでしょう。

夫のポールは彼女の決断を支持してはいるものの、隠れて悲痛な表情を浮かべていました。リリーの意思を決して否定せず受け入れたのは、深い愛があってのことなのだと伝わってきます。

ポールがひとりで悲しみに耐えるシーンや、ほかにももちろん涙を誘うシーンはありましたが、本作は「死」を避けられない悲劇ではなく、選択肢の中の人生の終着点として位置付けているように感じられます。

なので、絶望感ではなく穏やかな感動に包まれるのでしょう。

いつか来る両親との別れや、自分自身の最期についてもふと考えてしまうような映画となっています。

残される者たちの新たな人生のはじまり

(C)2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

リリーのもとに集まった家族たちのそれぞれの思いが揺れ動き、物語がラストに向かうにつれて次第に秘密が明らかになっていく様子が丁寧に描かれています。

夫婦のあり方、姉妹関係の修復、親と子どもの関係、そして未来への夢。97分の間になんとも奥深く、細やかに人間模様が描かれているところが見どころだと言えます。

特に、はじめからギスギスしていたジェニファーとアンナの関係が少しづつ露見していく部分からは、血が繋がっていても必ずしも上手くいくわけではない、というリアルな家族関係を感じさせます。

そして、家族以外の登場人物が大きな鍵を握っていると言えるでしょう。

まず、アンナが付き合ったり別れたりを繰り返していたクリスです。彼女は、自由奔放そうに見えてアンナのことをよく理解しています。

ジェニファーとアンナの関係を取り持つのに重要な役割を果たしていました。

そして、リリーの昔からの親友であるリズ。家族ではないリズがこの局面に家族の中にいるのは、はじめ違和感がありましたが、リリーと思い出を語るところから、昔から家族全員と仲が良かったことが伺えます。

回想シーンはありませんが、若いころの2人が旅行に行ってはしゃぐ姿が目に浮かぶような会話がありました。

リリー役のスーザン・サランドンは勿論のこと、リズ役のリンゼイ・ダンカンの味わい深い演技は見事です。

まとめ

(C)2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

安楽死という重いテーマながら、別れの悲しみだけではなく幸せとは何かと考えさせられる作品となっています。

悲しみの涙が溢れてきますが、映画を観終わるころには不思議と心が穏やかになることでしょう。

舞台となる家族が住む海辺の邸宅がとても洗練されたデザインなので、その部分も楽しんでみてはいいかがでしょうか。

『ブラックバード 家族が家族であるうちに』は2021年6月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次公開


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ライムライト』あらすじネタバレと感想。チャップリンの楽曲エタナリーが有名な晩年の代表作

老道化師と若きバレリーナの心の交流を描いたチャップリン珠玉のメロドラマ “喜劇王”チャールズ・チャップリンが、監督・主演をはじめ、製作・脚本までも務めた1952年のアメリカ映画『ライムライト』をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』女優・初音映莉子(泰子/やすこ)の演技力と評価は?

2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開される、映画『月と雷』はの予告編が解禁となりました。 映画の原作は直木賞作家の角田光代の同名小説。キャストにダブル主演で初音映莉子 …

ヒューマンドラマ映画

橋本環奈映画『小説の神様』結末をネタバレ内容解説。小余綾詩凪の謎と秘密の真相とは⁉︎

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は2020年10月2日(金)より全国ロードショー。 2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、 …

ヒューマンドラマ映画

『光の指す方へ』あらすじ感想と評価解説。フィルム映画の光と音の中で再生していく若者をあたたかな視線で描く

『光の指す方へ』が2022年11月18日(金)よりシネマネコにて先行公開、12月3日(土)以降ユーロスペースほかにて順次公開 2021年に東京・青梅市にオープンした東京で唯一の木造建築の映画館・シネマ …

ヒューマンドラマ映画

映画『あゝ、荒野 』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

寺山ワールドという独特の世界観で演劇、映画、文学などマルチな才能を発揮して、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 寺山が1966年に唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』。歌人である彼が書いた小説は言葉の全 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学