Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/11/20
Update

映画『リトル・ダンサー』ネタバレ考察解説と結末あらすじの感想。元ネタのバレエモデルの紹介と“白鳥の湖”は同性愛者としてのメタファーなど深掘り!

  • Writer :
  • からさわゆみこ

田舎の炭鉱町から希望の鳥が羽ばたく“ブリティッシュ・ドリーム”

映画『リトル・ダンサー』は、1984年のイギリス北部のダラム炭鉱を舞台に、11歳の少年ビリー・エリオットが偶然目にした、“バレエ”のレッスンで踊ることに興味をもち、練習に参加するうちにその素質を開花させていく物語です。

バレエの指導者、ウィルキンソンはビリーの素質を見過ごさず、ロイヤルバレエ学校のオーディションを受けさせるため、無償でレッスンをしますが・・・。

本作は『めぐりあう時間たち』(2002)、『愛を読むひと』(2008)のスティーブン・ダルドリー監督が手掛けた、長編映画初監督作品です。

ビリー・エリオット役のジェイミー・ベルは、出演条件である「イギリス北東部の訛りを持つ、ダンスが得意な少年」を満たし、約2,000人の候補者から選ばれました。

スポンサーリンク

映画『リトル・ダンサー』の作品情報

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

【公開】
2000年(イギリス映画)

【監督】
スティーブン・ダルドリー

【脚本】
リー・ホール

【原題】
Billy Elliot

【キャスト】
ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、ゲイリー・ルイス、ジェイミー・ドラヴェン、アダム・クーパー、ジーン・ヘイウッド、スチュアート・ウェルズ、マイク・エリオット、ニコラ・ブラックウェル、コリン・マクラクラン、ジャニーン・バーケット、メリン・オーウェン

【作品概要】
スティーブン・ダルドリー監督は長年、舞台監督として培ってきた演出方法で、ビリーの心の機微を大胆かつドラマチックに作品に落とし込み、初監督にしてアカデミー賞監督賞にノミネートを果たします。

ジェイミー・ベルも得意なダンスと共に、卓越した演技力で15歳にして、英国アカデミー賞とロンドン批評家協会賞の主演男優賞を受賞しました。

見どころはそんなダルドリー監督の演出に、ジェイミーが応える形で繰り広げられた、ダンスシーンです。大人の騒動に巻き込まれ、不満を抱きながらも、反抗すらできない心情を見事に表現しています。

映画『リトル・ダンサー』のあらすじとネタバレ

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

1984年ダラム炭鉱で働く作業員たちは組合が打ち出した、採炭効率の低い炭鉱を閉鎖することに反発して、ストライキ運動を敢行しています。

ビリーは炭鉱で働く父と兄が毎日ピリピリしている中、レコードプレーヤーで兄が大切にしているレコードを聴きながら、自己流でダンスを踊り、家のことや認知症の祖母の世話をしています。

兄のトニーは炭鉱のストライキでリーダー的な存在です。父は炭鉱ではもう石炭はでないと、落胆をしており炭鉱の再開はないと思ってます。

ビリーはピアノを自己流で弾くのも好きでしたが、父はその音色さえもうるさく感じ、ビリーに辛くあたります。ピアノの上には母親の写真が飾られていて、ビリーはジッとみつめます。

そんな、大人の騒動などどこ吹く風・・・。ビリーは毎週50ペンスもらい、ボランティアのボクシングクラブに通っていますが、練習熱心でないため強くも上手くもありません。

ある日、同じ建物のバレエ教室の生徒たちが、ボクシングクラブの一角を間借りしに来ます。バレエのレッスン場が、ストに参加している作業員の炊きだしを作っているためです。

ビリーは居残り練習をさせられますが、隣りでバレエのレッスンが始まると、ピアノの音色の方が気になり、身体はピアノのリズムでサンドバックを叩きます。

バレエのウィルキンソン先生に運動場の鍵を渡そうと、レッスンの様子を見ていたビリーは、同級生でウィルキンソンの娘デビーに踊ってみたら?といわれ、最初は嫌がっていたものの、そのうちバーをもって真似し始めます。

ウィルキンソンはビリーの体幹の良さに目をつけ、足の向きや角度を手取足取り教えはじめます。

レッスンの帰り道にビリーの足取りは弾んでいます。ウィルキンソンが彼に“50ペンス”払いなさいというと、ボクシングの分しかないと言います。ビリーは「楽しかった?」と聞かれますが、デビーの手前答えられませんでした。

ビリーの母は1年前に亡くなっていて、祖母はママはアステア(フレッド・アステア)のファンだったと話します。

デビーはビリーにバレエを勧めてみます。ビリーは「男がバレエなんて・・・」と、抵抗感をみせます。すると、デビーは“ウェイン・スリープ”のバレエは運動のようだと教えます。

そう聞いたビリーは翌週から、バレエのレッスンに参加するようになり、移動図書館でバレエ専門の本を“くすねて”用語やポーズを研究し、家でも練習するようになりました。

特に“ピルエット”と呼ばれる回転が、できるようになるため毎日毎日、練習を重ねてやっとできるようになった、ビリーはバレエを踊ることが好きになり、日常の動作が踊りになるほどのめりこみます。

以下、『リトル・ダンサー』ネタバレ・結末の記載がございます。『リトル・ダンサー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

ある日、ビリーの父ジャッキーがストライキのデモに参加している時、ボクシングのトレーナーがやってきて、“50ペンス”が厳しいなら無料で練習を見ると話しかけます。

ジャッキーは何のことかわからないでいると、ビリーが練習に来ていないことを知り、トニーに最近変わった様子がないか訊ねますが、“基本変わった子”だと返します。

翌朝、ビリーは朝食も食べずに家を出ていくと、ジャッキーは不審に思いボクシングの練習場へ行きます。するとそこで女の子たちに混じって、バレエのレッスンをうけるビリーをみつけてしまいました。

ビリーはジャッキーに呼ばれて、強制的に家に連れ帰らされます。そして、なぜバレエなどしているのか問い詰められます。

ジャッキーは男の子ならサッカーやボクシングなどをするものだと言いますが、ビリーはなぜ“バレエ”をしてはいけないのか、その理由が知りたいと迫ります。

しかし、ジャックは口ごもりその理由は、ビリー本人がわかっているはずだと怒りだし、答えないと殴るとまで言います。ビリーには何が言いたいのかはわかっていました。

「ゲイとはかぎらない。スポーツ選手に負けない人だっている!例えばウェイン・スリープみたいな!」と、自分がゲイではなくスポーツとしてやっていると答えます。

それでも偏見の拭えないジャッキーは、“50ペンス”を捻出してきた苦労を言いそうになり、バレエもボクシングもしないで、家で祖母の面倒を見ているよう言いつけます。

ビリーは父に反抗できず、バレエを辞めることを伝えにウィルキンソンの家を訪ねると、ウィルキンソンは“もったいない・・・”と、つぶやきます。

夕食を共にすることになったビリーは、デビーの父からウィルキンソンがビリーのことを“ジーン・ケリー”の再来だと絶賛していると聞きます。

そして、父が炭鉱で働きストライキ活動では、暮らしは大変だろうし、炭鉱が廃坑になるのも近いと話します。ビリーには深刻さがよくわからずにいましたが、石炭は採掘するのに金がかかり、採れる量が少なければ廃坑にならざるを得ないと教えます。

ビリーは家の近くまでウィルキンソンに送ってもらいます。車を降りる時に彼女はビリーにはバレエの素質があると、ロンドンのロイヤルバレエ学校の受験を勧めました。

そして、ニューカッスルでオーディションが行われると伝えますが、バレエを始めたばかりのビリーは無理だと答えます。

ウィルキンソンは学ぶのは入学してからで、要は素質であり表現力があるかないかだと言います。それでもビリーは父親の反対を恐れ、話せないと答えます。

ウィルキンソンが説得すると言っても無理だというビリーに、無償で個人レッスンをすると言います。そして、月曜日の早朝から受験に向けて練習がはじまります。

ウィルキンソンはビリーにレッスン初日に、“大切にしているもの”を持ってくるように言ってました。いくつか持ってきた中に、“18歳になった時のビリー”に宛てた、母からの手紙があり、ビリーはウィルキンソンに読むよう渡します。

メッセージは母としての愛にあふれた内容で、ビリーは暗唱していました。「すばらしい方だったのね」と、ウィルキンソンは言いますが、ビリーは“普通の母親”だと答えます。

ビリーはトニーの持っていた“アイ・ラブ・トゥ・ブギ”のカセットを課題曲に、レッスンを開始します。

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

ある日の明け方前、トニーが支度をして出かけようとしますが、工具箱からハンマーを持ち出し、それをジャッキーにみつかり、何をするつもりなのか問い詰められます。

トニーは成り行きまかせではコケにされると、息巻き仕返しすると答えますが、リーダー格のトニーは警察からマークされているし、暴力はダメだとジャッキーは制止します。

しかし、トニーはそんな父に反発し、母が亡くなってから腰抜けになったとなじると、ジャッキーはトニーを殴ってしまいます。

一部始終を見ていたビリーは、家族の中で何かが変わろうとしている現実に不安を覚え、バレエの練習に身が入らなくなります。

練習不足なビリーをウィルキンソンは見抜き、“努力不足”や“集中力の欠如”と責め立てます。ビリーは苛立ち彼女の指導を命令だと反発し、“叶わなかった自分の夢”を押し付けていると、暴言を吐いてしまいます。

たまらずウィルキンソンはビリーの頬を叩いてうつむきます。ビリーは我に返ると無言で、彼女の肩にうなだれます。

彼女はやり場のない苛立ちを抱えているビリーを理解し、彼の襟足をなでながらお互いに冷静になる時間を経て、練習を再開します。

レッスンの帰り道、ビリーはウィルキンソンのカーステレオで、“白鳥の湖”の音楽とその悲恋の物語を聞きます。

ビリーのレッスンは仕上げを迎え、いよいよオーディション前日になります。ところがストライキと警察隊との攻防は激化し、トニーはとうとう逮捕されてしまいます。

オーディションどころではなくなったビリーは、ウィルキンソンの家に電話をしますが、出たのがデビーとは知らず、オーディションに行けないと伝えます。

ウィルキンソンは約束の時間に来なかったビリーの家を訪ねると、釈放されたトニーとジャッキーと共に帰宅してきたところに出くわします。

ウィルキンソンはロイヤルバレエ学校のオーディションがあったことを話し、ジャッキーの知るところになります。ジャッキーは無言でしたが、ビリーはバレエダンサーになりたいと意思の表明をします。

トニーは彼女に11歳の子供に変なことを吹き込むなと抗議し、彼女は暴力と酒浸りな環境にいる方が可哀そうだと反論し、ビリーには将来有望な才能があると訴えます。

ウィルキンソンはトニーが侮辱的なことをまくしたてたため、出て行ってしまいました。ビリーは再び八方ふさがりになってしまい、クリスマスイブの晩を迎えます。

ジャッキーは妻のピアノを破壊し、暖炉の燃料にして悲しみに暮れ、ビリーは最悪なクリスマスだと、親友のマイケルに話します。

マイケルはどこかの劇団に入って、家を出たらどうかと提案します。そして、ビリーのかじかんだ手を自分の懐に入れて温めてあげました。

ビリーはマイケルに“ゲイ”なのか訊ね、バレエをやっているけど自分はゲイじゃないと言うと、マイケルはビリーの頬にキスをして、誰にも言わないでと頼むと、ビリーは微笑みながら「当たり前だ」と言って、ボクシングジムに行こうと誘います。

ビリーはマイケルにチュチュを渡し、バレエを教えていると、酒場から帰ってきた、ボクシングのトレーナーが、灯りがついていることに気がつき、2人の様子を見てしまいます。

そして、一緒にいたジャッキーに知らせて中に入ります。ビリーは父の姿に気がつきますが、今度は逃げも隠れもしません。逆に今まで習得したダンスの全てを、ジャッキーに披露します。

その姿を見たジャッキーは黙って外に出てどこかに向かい、ビリーは追いかけてパパと叫ぶと、家に帰るよう言います。

ジャッキーはウィルキンソンの家を訪ねて、ロイヤルバレエ学校のことを聞きます。彼女は才能が認められれば、学費は奨学金が出ると話し、旅費が問題なら自分が出すと言います。

そんな彼女にジャッキーは保護者面するなと言ってしまいますが、ウィルキンソンはいい加減に意地を張るなと反論します。

ジャッキーは彼女にこれまでのことを感謝しつつ、学校に行かせるかどうかは、親である自分が決めなんとかすると宣言します。

ビリーのベッドサイドに座るジャッキーを不安げな顔でみつめるビリー、ジャッキーは何も言わず優し気な表情で見つめ返すだけでした。

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

翌日、ジャッキーは“スト破り”をして、作業員登録をして炭鉱に戻ろうとしますが、送迎のバスに乗っているところを、トニーにみつかってしまい、彼は掘削場まで追いかけてきて、仲間を裏切るのかと責め立てます。

ジャッキーは炭鉱に未来はなく自分達はしかたないが、11歳のビリーには才能があるかもしれない、ビリーの夢を叶えてあげたいと泣き崩れます。

トニーはジャッキーの気持ちを受入れ、金の工面はなんとかするから、スト破りだけはしないでほしいと懇願し、家に連れて帰ります。

そして、トニーもビリーに言います。母が生きていたらきっとオーディションに行かせただろうと・・・。

ボクシングジムのトレーナーは貯めていた、練習代の50ペンスをビリーにカンパします。婦人会も50ポンド集めると協力的でしたが、困難なことは目に見えています。

ジャッキーは宝石箱を取り出して、泣きながら妻の貴金属を手にします。それを質屋にもって行き換金します。

こうしてビリーはジャッキーと2人で高速バスに乗り、ロンドンのロイヤルバレエ学校のオーディションに向いました。

会場には何年もオーディションに向け、努力を重ねた受験生がいます。ビリーはとても場違いな感じを受け、物怖じしてしまい実力を出し切れずにいました。

実技の試験が終わると、妙に馴れ馴れしい子が声をかけてきて、ビリーは不安や困惑でイラ立ち、その子を殴ってしまい、試験の結果に影響すると告げられます。

親子面接が始まりますが、ビリーには積極性もアピール性もありません。ウィルキンソンからの推薦状には、高い評価がされていて、家の事情も記されていると伝えられます。

ジャッキーは面接官に技術的な面と同様に、学業もハイレベルが求められるため、家族の全面的なサポートが必要があると、そうする覚悟があるか確認されます。

面接が終わり退室しようとしたとき、1人の面接官がビリーに、踊っている時の気持ちを問いかけます。

ビリーは踊り出すと何もかも忘れ、全てが消えると自分が変わっていき、体の中が炎えあがると・・・ボクはただ宙を飛ぶだけ、鳥のように電気のように・・・そう電気のように。

こう答えたビリーに気をつけて帰るよう言い、ジャッキーには激励の言葉をかけます。

ビリーは受かる気がまったくしませんでした。時が経ったある日、エリオット家に郵便が届きます。待ちに待ったロイヤルバレエ学校からの通知です。

家族はビリーが帰宅するのを待ち、ビリーは封書を受け取ると、別室へ入っていきます。そして、封を開けて中を確認すると飽和状態になってしまいます。

ビリーが部屋から出てこないので、ジャッキーが扉をあけると、半泣き状態のビリーは家族をみつめ「受かった」とつぶやきます。

旅立ちの日、ビリーはバレエのレッスン場へ行き、ウィルキンソンに合格の報告をします。ビリーは寂しくなると弱音を吐きますが、「あなたには大きな未来があるの、飛び出していきなさい。」と励まします。

ビリーはマイケルの家を訪ねますが、彼は出てきません。ところが少し離れると出てきてビリーを呼びます。ビリーはマイケルの頬にキスをして「またな」といって去ります。

10数年後、25歳になったビリーは、『白鳥の湖』のプリンシパルとして舞台に立ちます。父ジャッキーと兄トニーが劇場に駆けつけると、隣りの席にはマイケルもいます。

白鳥の湖のオーケストラに合わせ、鳥のように舞うビリーの姿を観たジャッキーは、感慨深く眼に涙を浮かべ声を震わせました。

スポンサーリンク

映画『リトル・ダンサー』の感想と評価

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

炭鉱の周囲では、大人達が死活問題の闘争に明け暮れ、ビリーだけでなく子供たちはおざなりになっていますが、クラブ活動で見守る体制になっていました。

町全体が混沌と疲れきっている中、“ダンスのレッスン”が悠長にも見え、そのギャップが未来のない大人と、未来のある少年を投影していました。

このイギリス国内の炭鉱各地でおきたストライキ運動は、1984年から1985年にかけて実際に起きたできごとです。

この炭鉱ストライキを題材にした映画には『パレードへようこそ』(2014)、『ブラス!』(1996)などもあります。

『パレードへようこそ』はロンドンで暮すゲイやレズビアン達が、炭鉱ストを支援するため募金を募りますが、差別的な扱いをされた実話が元の映画です。

『ブラス!』は廃坑から10年経った、炭鉱の町が音楽を通じてどのように、再生していくかを問う映画です。

『リトル・ダンサー』には、1年にも及ぶ“炭鉱ストライキ”という社会問題と、同性愛者たちによる権利の主張が活発になってきたころと重なり、性別を超えたヒューマニズムへの希望が込められているように感じます。

また、炭鉱の町の未来を考えた時、どう現状と向き合い生活を立て直していくのか?『ブラス!』と通じる面も垣間見れました。

同性愛者の悲恋『白鳥の湖』

本作のラストでは、ビリーがプリンシパル(主役)に昇格した姿で、父と兄に感謝の気持ちを伝えます。

加えてゲイだとカミングアウトしたマイケルには、同性愛者の悲恋を描いた『白鳥の湖』で踊ることで、ビリーのマイケルへの友情が感じられました。

このラストシーンのビリー役は、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルだった、アダム・クーパーが起用されています。

彼は実際に上演された、マシュー・ボーン作『白鳥の湖』のオリジナルキャストで、ザ・スワン(主役)を踊りました。アダム・クーパーも11歳でダンスを始め、16歳でロイヤルバレエ学校に入学し、才能を開花させてきました。

女性を魅了しダンサーが憧れる“ダンサー”

ビリーの友達でウィルキンソンの娘、アビーは“ウェイン・スリープ”はスポーツ選手のようなダンサーだと表現し、ウィルキンソンはビリーを“ジーン・ケリー”の再来と称賛しました。

ビリーはどんなダンサーを目指したのでしょうか?ビリーの亡くなった母は“フレッド・アステア”のファンだったと、聞いていた彼は純粋にアステアのようなダンサーになりたいと思ったことでしょう。

“ジーン・ケリー”はアステアと共に、ブロードウェイの全盛期を支えたダンサーで、2人は終生にわたって尊敬し合っていました。

ウェイン・スリープは幼い頃、フレッド・アステアやジーン・ケリーに憧れて、タップダンスに力を入れました。そして、彼もまた条件を満たした才能で奨学金を受け、ロイヤルバレエ学校で学びます。

ウェイン・スリープは、イギリスが誇る伝説のバレエダンサーであり、『リトル・ダンサー』のビリーは、彼がモデルだと言われています。

まとめ

(C) 2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy)Ltd.

映画『リトル・ダンサー』は、炭鉱の歴史に幕を下ろし始めた1984年が舞台で、イギリスの産業を支えてきたという作業員の誇りが、1年ものストライキへと突き進ませました。

それに見合った報酬と保障があって当然と考えますが、現実は時代と共に急激に変化し、庶民に順応を求めます。大人達はその急激な波に右往左往と飲まれていました。

仲間同士が疑心暗鬼になり、大人の意地の張り合いは、未来のある子ども達から夢や希望、才能さえも摘もうとしていました

幸いビリーの才能をウィルキンソンが見出したことで、ダンサーという夢に向わせます。その熱意が頑固な父と、過激な行動に向っていた兄に光を射し、家族の絆を固く結ぶ物語でした。

14歳のジェイミー・ベルと「ハリー・ポッター」シリーズで、ロンの母親役でお馴染みの、ジュリー・ウォルターズとのダンスシーンは、楽しさを見出した瑞々しさがありました。

ビリーのダンサーへの飛躍は、ジェイミーがこの映画のオーディションを受け、俳優として飛躍したことと重なります。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『女の一生』あらすじとキャスト!感想も【原作小説紹介あり】

世界中で幾度も映像化されたモーパッサン原作による不朽の名作『女の一生』。2017年12月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。 新たに映画化された本作はステファヌ・ブリゼ監督の挑戦的な手法で、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『オリエント急行殺人事件』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

密室の中で起こった殺人事件。列車の中に犯人が潜んでいる。果たして誰なのか?またその動機は。 謎が謎を呼ぶ難解な事件に名探偵ポアロが挑む!豪華キャストで映像化されたアガサ・クリスティの原作『オリエント急 …

ヒューマンドラマ映画

映画『北斎漫画』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。タコをおもちゃに海女のエロティックな春画を描く

品行方正からは傑作は誕生しない、魔性に魂を込めた葛飾北斎の一面に迫る 映画『北斎漫画』は、矢代静一が1973年に発表した同名の戯曲が原作です。 『愛妻物語』(1951)で監督デビューし、モスクワ映画祭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『人魚の眠る家』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【篠原涼子&西島秀俊共演】

映画『人魚の眠る家』2018年11月16 日(金)全国公開されます。 東野圭吾の同題ベストセラー小説を『天空の蜂』で、すでに東野作品の映像化に経験済みの堤幸彦監督が映画化。 時にソフトな平和な時の家族 …

ヒューマンドラマ映画

『17歳のカルテ』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想と原作紹介も

1999年に制作された映画『17歳のカルテ』は原作スザンナ・ケイセンによる実話。 彼女は精神神経の医療機関に入院した経験を持ち、このようなこと語っています。 「どうしてあんなところに入ったのか、と人は …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学