Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/07
Update

金子雅和映画『アルビノの木』を含む「監督特集」上映開催!劇場情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

世界の映画祭で堂々十冠を獲得した金子雅和監督の『アルビノの木』

本作の凱旋を記念して、劇場初となる処女作を含み、金子監督の短長編9作品を「金子雅和監督特集」と銘打って、4月14日(土)より池袋シネマ・ロサ、岡山シネマ・クレール、木曽ペインティングスほかで上映が行われます。

1.金子雅和監督特集上映とは

『アルビノの木』の撮影現場の金子雅和監督

4月14日(土)〜4月20日(金)の期間に、池袋シネマ・ロサにて開催される「金子雅和監督特集」。

今回の劇場上映にあたっては、金子監督自らのこだわりを持って編成された内容で開催されるようで、劇場初上映の処女作『AURA』と、初期作『ショウタロウの涙』を含む全9作品(映画美学校卒業制作『すみれ人形』、WEB配信『こなごな』『失はれる物語』、また自主製作)となっています。

また上映企画を主催するは、多くの新人監督を輩出し、2018年3月からは「indies film show」プロジェクトを開始した池袋シネマ・ロサ

そして、イタリアをはじめとする海外でも多くのファンを持つ塚本晋也監督や、『ぼくらの亡命』で知られる内田伸輝作品をはじめとする世界的なインディーズ監督の作品を配給してきたマコトヤとのコラボレーション企画となっています。

参考映像:塚本晋也監督『KOTOKO』(2012)

参考映像:内田伸輝監督『ぼくらの亡命』(2017)

世界が注目する金子雅和監督の『アルビノの木』

これらの作品や映像作家に並び、金子監督が大きく世界から評価された話題の映画『アルビノ木』

金子監督が海外の映画祭に飛びだして、十冠を受賞までの軌跡といえる作品を一挙上映するもので、今回上映される「金子雅和監督特集」では、貴重な未公開作品を含む作品の上映と、『アルビノの木』の凱旋上映となる金子作品ファンなら楽しみな上映会となるものです。

2.『アルビノの木』の金子雅和監督とは

『アルビノの木』で海外から評価された金子雅和監督は、1978年1月24日に東京に生まれます。

高校時代に文化祭で映画作りに興味を持って以来、古道具屋で見つけた8ミリカメラを手に自主映画作りに没頭。

2004年より映画美学校にて映画作りを本格的に習得しています。

【フィルモグラフィ】
2008年:『すみれ人形』(瀬々敬久監修)、同年に短編映画『鏡の娘』
2009年:短編映画『こなごな』、短編映画『失はれる物語』
2010年:短編映画『復元師』
2013年:短編映画『水の足跡』、短編映画『逢瀬』
2016年:長編映画『アルビノの木』

自然豊かな長野・須坂がロケ地になった『アビルノの木』


(C)kinone

金子監督の『アルビノの木』は、2017年にポルトガルで開催された、フィゲイラ・フィルム・アート2017において、最優秀長編劇映画、最優秀監督、最優秀撮影の日本映画初である三冠受賞の快挙なし遂げました。

その勢いは今だ留まることを知らず、『アルビノの木』は4月に開催される2つの映画祭でも正式上映され、2018年4月18日〜22日の期間にドイツで開催される、第20回カールスルーエ・インディペンデントデイズ映画祭・インディアワードに出品

また、4月6日〜8日にスペインで開催される第2回バルセロナ・クラフト・フィルムフェストにも出品されます。

金子監督の『アルビノの木』は、2016年の公開から2年経ちますが、国内で息長く話題を呼ぶ作品となっています。

3.映画『アルビノの木』のあらすじ


(C)kinone

害獣駆除会社に勤務するユクのもとに、多額の報酬の仕事依頼が舞い込みます。

それは鉱山として栄えた山間の村で“白鹿様”と敬われてきた珍しい鹿を秘密裏に撃つことでした。

一般的な鹿と異なる存在が世間から悪い噂になることを危惧して、過疎化する村とともに切り捨てようとする町の役人の苦肉の策の以来でした。

害のない動物を殺傷することに仄かな疑問を抱えつつもユクは村に向かいます。

山中で出会った故郷に対し複雑な心境を抱く村に住む女性ナギ、彼女の婚約者で木食器職人の羊市…

山小屋に住みながら不本意であるものの仕事を続ける昔気質の罠猟師、そして山の集落で穏やかに暮らす人々…

連なる山々青々と生い茂る樹々、ときに赤く色を変える川、飛沫を白く舞いあげる滝壺…

これら山とともにある時を背負いながら静かに佇む白鹿。病床の母のために、人々が大切に思っている命を奪うという事は…。

4.池袋シネマ・ロサで開催される
金子監督の凱旋&特集上映のプログラムは

金子雅和監督自身も上映企画に関わり、組み合わせる作品構成や上映の順番を意識した編成になっており、金子監督ファンのみならず、映画ファンの楽しみを刺激するプログラムになっているようです。

金子雅和監督特集上映:Aプログラム

自然と美の探求・初期衝動作品
『AURA』(劇場初/1998年/11分)
『すみれ人形』(2007年/63分)
『こなごな』(2009年/10分)

金子雅和監督特集上映:Bプログラム

美と恐怖・黒い寓話集
『逢瀬』(都内劇場初/2013年/36分)
『復元師』(2010年/29分)
『鏡の娘』(2008年/18分)

金子雅和監督特集上映:Cプログラム

自然と人間・水と光と風たち
『ショウタロウの涙』(劇場初/2000年/30分)
『失はれる物語』(2009年/34分)
『水の足跡』(2013年/30分/きりゅう映画祭助成作品)

『アルビノの木』凱旋上映


(C)kinone

4月21日(土)より上映されます。

また、今回の上映では、初公開時には行わなかった特別鑑賞券を劇場窓口と、メイジャー公式サイト特設ページでは特典付で一般販売を開始されます。

さらにお得な情報としては、この前売券提示で「金子雅和監督特集」を割引で鑑賞することができるようです。

5.各地で上映される『アビルノの木』のスケジュールは


(C)kinone

海外の映画祭で十冠を達成した『アルビノの木』の凱旋上映は、以下のようなスケジュールで開催される予定です。

4月21日(土)〜 東京:池袋シネマ・ロサ *凱旋上映および金子特集
劇場住所:東京都豊島区西池袋1丁目37−12

4月21日(土)〜 岡山:シネマ・クレール *『アルビノの木』のみ上映
劇場住所:岡山県岡山市北区丸の内1丁目5−1

6月10日(日) 長野:木曽ペインティングス *『アルビノの木』のみ上映および監督トーク付
住所:木曽町文化交流センター・多目的ホール(長野県木曽郡木曽町福島5129)

若手監督に注目したい映画ファンのあなたは、少し足を伸ばしてでも、映画『アルビノの木』を劇場やイベント会場でご覧いただく価値があるのではないでしょうか。


(C)kinone

世界各国の映画祭では、日本の長野県にある自然豊かな須坂で撮影された『アルビノの木』に何を感じたのか?

主人公ユクが慕う病床の母親や村人が敬う“白鹿様”に、どのように心を揺さぶれられたのか?

国を超えて高い評価を得たことで、人間の普遍的なテーマが描かれていることは、観る者の目に明らかはずです。

金子監督の渾身の作品『アビルノの木』に要注目です。

映画『アルビノの木』オフィシャルサイト

まとめ


(C)kinone

今回は『アルビノの木』の凱旋上映&「金子雅和監督特集」の情報と、『アルビノの木』のあらすじをご紹介しました。

金子雅和監督に関する情報は追って、当サイトでご紹介いたします。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『トールキン 旅のはじまり』あらすじと感想評価。ロード・オブ・ザ・リングの人気作家の生涯に想像力を駆使して迫る

映画『トールキン 旅のはじまり』は2019年8月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー! 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原点『指輪物語』の作者として知られるJ・R・R・ト …

ヒューマンドラマ映画

映画『青の帰り道』ネタバレあらすじと感想。原作なしで邦画おすすめの名作との共感性を描く

悩み、葛藤、挫折…誰もが経験する青春の1ページ。 同郷の若者たちが歩んだ2008年から2018年の10年間の人生模様を、リアルに描いた青春群像劇『青の帰り道』をご紹介いたします。 CONTENTS映画 …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『思いやりのススメ』ネタバレ感想と考察評価。原作ジョナサンエビソンの希望を見つけるロードムービー

「誰が私に希望を見せられようか」介護士の男が、難病を抱え人生に希望のない青年との旅で一緒にみつけた希望の物語 映画『思いやりのススメ』は、利用者の気持ちを尊重しながら、残こされた時間に「希望」という必 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ベル・カント』ネタバレ感想と評価。渡辺謙×加瀬亮らは原作小説とテロ事件が生んだ“絆”に向き合う

映画『ベルカント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開! 2001年に出版され、PEN/フォークナー賞とオレンジ賞(現在のベイリーズ賞) …

ヒューマンドラマ映画

映画『セッション』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価。最後のセリフにJKシモンズ演じる教授の指導が集約

“完璧”を求めた狂気と才能がぶつかったとき、恩讐を越えた先の結末とは!? サンダンス映画祭 にて、グランプリと観客賞を受賞し、第87回アカデミー賞では助演男優賞、編集賞、録音賞の3部門で受賞。世界各国 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学