Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2019/05/25
Update

映画『作兵衛さんと日本を掘る』感想と内容解説。炭鉱で働く人々を通じて見るドキュメンタリー日本近代史

  • Writer :
  • 増田健

炭坑画家・山本作兵衛さんの残した画集を軸に、日本の近現代史を描く作品

明治・大正・昭和と、日本の発展を支えてきた石炭産業。その中心である、福岡県の筑豊炭田で幼い頃から炭坑夫として働いた人物である、故・山本作兵衛さん。

石炭産業の栄枯盛衰を見つめてきた作兵衛さんは、その体験を一坑夫の視点からつづった、膨大な絵や日記などの記録を残しました。

2011年5月25日、名もない炭坑夫であった、作兵衛さんの描いた記録画と日記697点が、日本初のユネスコ世界記憶遺産になりました。

その貴重な記録画を軸に、炭鉱労働に携わった人々と、国策によって揺れ動いた日本の石炭産業の姿を描いたドキュメンタリー映画が、『作兵衛さんと日本を掘る』です。

スポンサーリンク

映画『作兵衛さんと日本を掘る』の作品情報


(C)2018 オフィス熊谷

【公開】
2019年5月25日(土)公開(日本映画)

【監督】
熊谷博子

【キャスト】
井上冨美、井上忠俊、緒方惠美、菊畑茂久馬、森崎和江、上野朱、橋上カヤノ、渡辺為雄
朗読:青木裕子(軽井沢朗読館)
ナレーション:山川建夫

【作品概要】
フリーの映像ジャーナリストとして、TVのドキュメンタリー番組や映画製作の現場で活躍している、熊谷博子監督。

彼女が7年ががりで完成させた、三井三池炭鉱の記録映画『三池 終わらない炭鉱の物語』は、東京のミニシアター、ポレポレ東中野で2006年に公開された際ロングランを記録し、1館で1万人以上の来場者を記録する大ヒットを記録しました。

また2013年、NHKで放送された『三池を抱きしめる女たち 戦後最大の炭鉱事故から50年』は、2014年の放送文化基金賞のドキュメンタリー部門で最優秀賞を、番組部門で熊谷博子自身が製作賞を受賞しています。

日本の炭鉱産業を炭坑夫の視点から描き、それを通じて日本という国を描いた、彼女のライフワークと言うべきドキュメンタリー映画です。

映画『作兵衛さんと日本を掘る』のあらすじ


©Yamamoto Family

深く、暗く、暑い地の底。そんな場所で石炭を掘り、この国と私たちと生活を支えた人々がいました。

天井が落ちてくれば、逃げ場も無い穴の中。力を合わせ、石炭を掘り出す男と女。互いの命を預け合った、地の底の労働。多くは夫婦でしたが、父と娘、兄と妹、そして生きる為に他人同士が組む事もありました。

1892年に生まれ、1984年に亡くなった山本作兵衛さんは、筑豊炭田に生きた生粋の炭坑夫でした。幼い頃から炭鉱で働き、21もの炭鉱を転々としました。

専門的な絵の教育を受けた事はありませんが、明治から昭和初期の炭鉱、庶民には記録する術の無かった姿を、2000枚とも言われる絵に描いて記録した作兵衛さん。

その絵や日記など697点が2011年、日本初のユネスコ世界記憶遺産に登録されました。公的な記録に残されない、地の底で働いた人々の生の姿があると評価されたのです。


©Yamamoto Family

作兵衛さんが一生を過ごした筑豊炭田。ここだけで日本の石炭の半分を掘り出していた時代もあり、もっとも多い時である1950年代、“ヤマ”と呼ばれる炭鉱が大小合わせて280もありました。

しかし国のエネルギー政策の転換で、筑豊の炭鉱は次々と閉山していきます。炭鉱町の象徴であった、掘りだした石炭以外の石やガレキを積んで出来たボタ山。筑豊には500以上のボタ山があった、と作兵衛さんは語っています。

しかし炭鉱が閉山されるとボタ山も整地され、今は数か所を残すのみとなっています。作兵衛さんはそんなボタ山の移り変わりを、人生の盛衰に例えています。


©Taishi Hirokawa

作兵衛さんは60代半ばを過ぎて、本格的に炭坑夫の記録を描き始めます。

作兵衛さんの父親は、掘り出された石炭を船に積んで港まで運び出す、遠賀川の川船の船頭を務めていました。最盛期は8000もの川船があったと言われています。

しかし鉄道が完成し石炭の輸送に使用されると、川船の仕事は奪われ作兵衛さんの一家は皆、炭坑夫として働く事になります。

作兵衛さんは12歳で炭鉱の鍛冶工見習いとして働き、14歳で石炭を運び出す炭坑夫“後山”として、16歳で石炭を掘り出す炭坑夫“先山”として、地下で働き始めます。

結婚し6人の子供と12人の孫に恵まれた作兵衛さん。消えゆく炭鉱の暮らしを子や孫に伝えようと、炭坑夫の姿を描くようになりました。

妻のタツノさんも、結婚当初は作兵衛さんの働く炭鉱で、選炭夫として働いていました。作兵衛さん夫婦の姿を、孫や子供が語ります…。

スポンサーリンク

映画『作兵衛さんと日本を掘る』の感想と評価


(C)2018 オフィス熊谷

作兵衛さんと筑豊炭田に生きる人々を紹介

酒を愛し、酒に愛された人物、山本作兵衛さん。そのユニークかつ真摯な生き様を、周囲の人々が語ります

その姿を描く事で、このドキュメンタリー映画は作兵衛さんだけで無く、彼を評価した人々や筑豊に生きた人々の姿を、次々と紹介してくれます。

元女炭坑夫、橋上カヤノさんはこの映画の中で105歳を迎えます。辛苦を味わってなお健在な彼女の姿。この人物の発見こそ熊谷博子監督の成果であり、カヤノさんの存在が作兵衛さんの女炭坑夫の姿を、より生き生きと見せてくれます

炭鉱に、炭鉱の町に住む人々に関わった人々の姿を紹介し、作兵衛さんの画に込めた思いが何であったのを伝えるこの作品。炭坑画を通して、様々な人間の姿を描いた映画です。

炭鉱を通して日本を見つめる映画


(C)2018 オフィス熊谷

かつて日本の経済を支え、「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭。それに関わる人々は国から産業戦士と称賛されながらも、同時に過酷で虐げられた環境で生きてきました

女性や子供の労働、頻発する事故、そして戦時中の強制労働。それでも終戦直後は日本の復興を支える為、石炭産業は国によって奨励されました。

ところが石炭から石油へのエネルギー転換が図られると、石炭産業は切り捨てられます。その中で負の側面が強調され、筑豊は地名やそこに住む人々にまで、他者から悪いイメージを与えられます。

炭鉱は、そのまま日本という国の縮図だと語った作兵衛さん。現在社会構造が激変する中、様々な分野で働く人々が、インフラの維持や、社会貢献に必要と讃えられながら、過酷な労働を強いられている現状に重なってきます。

必要とされる労働に生きる人々に、過酷な環境と悪いイメージを与える日本という社会。作兵衛さんの語った言葉は、実に真理を突いていました

石炭産業の衰退は、その労働者救済の建設事業を生み、それが原子力発電所の建設という、新たな国の方針転換に利用された経緯も、このドキュメンタリー映画は紹介しています。

作兵衛さん記録画と日記697点が、日本初のユネスコ世界記憶遺産のは東日本大震災と同じ年。石炭を捨て、原子力に転換した国の姿勢。石炭産業に関わる人々を切り捨てた上で、この国が得たものは何だったのでしょうか。

そして同じような働く人々への過酷な扱いが、今も繰り返されているのではないでしょうか。

まとめ


(C)2018 オフィス熊谷

『作兵衛さんと日本を掘る』は、山本作兵衛さんの炭坑記録画や、その功績を紹介して止まる作品ではありません。

熊谷博子監督の長い年月をかけた取材が、炭坑記録画を通して炭鉱に、筑豊に生きる人々を描き、その姿を通じて日本という国を描いたドキュメンタリー映画です。将にタイトル通り、「日本を掘る」映画です。

しかし主義主張や告発に偏った作品ではありません。映画の中心には、炭鉱町に生きた人々への温かい視線と、丁寧な取材で描かれたそれぞれの人生が描かれています

この作品に登場した人物の温もりを味わうには、実際に映画をご覧頂くしかありません。様々な興味からこの映画を多くの方がご覧になるでしょうが、誰もが映画が映し出す様々な人物の姿に、心魅かれることでしょう

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『あなた、その川を渡らないで』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

DVDレンタル開始直前に、映画評論家の町山智浩がラジオで紹介したのをきっかけに、韓国のドキュメンタリー映画が話題になっています。 映画『あなた、その川を渡らないで』は、モスクワ国際映画祭観客賞、ロサン …

ドキュメンタリー映画

映画『山懐に抱かれて』感想と評価解説。田野畑山地酪農牛乳のおいしさは「助け合う家族と酪農への思い」

山懐に抱かれて「牛」も「人間」も力強く生きています。 岩手県下閉伊郡田野畑村で、安心安全の酪農「山地酪農」を実践している家族がいます。5男2女と夫婦の9人で暮らす吉塚一家です。 お父さんの公男さんが、 …

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『イメージの本』あらすじネタバレと感想。ゴダールの希望とは“ささやかな愛のイメージ”

映画『イメージの本』は、2019年4月20日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 生ける伝説、ジャン=リュック・ゴダール。 齢88歳、フランスに生まれスイスで育った大巨匠が私たちに投げかける …

ドキュメンタリー映画

『セメントの記憶』ネタバレ感想レビュー。映画監督ジアード・クルスームが描くシリア人が辿り着いた新たな地獄

2019年3月23日より公開の映画『セメントの記憶』 レバノン・ベイルートの高層ビル建設現場で働くシリア人労働者たちの受難を描いた映画『セメントの記憶』。 地獄と化した祖国から逃れてきたシリア人たちが …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP