Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『ゲッベルスと私』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 福山京子

ナチス宣伝大臣ゲッベルズの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言と顔に深々と刻まれた皺は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こします。

ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』は、「何も知らなかった、私に罪はない」と語る彼女独白の真の意味を現代に問いかけます。

スポンサーリンク

映画『ゲッベルスと私』の作品情報


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

【公開】  
2018年 (オーストリア映画)

【原題】  
A German Life

【監督】  
クリスティアン・クレーネスフ,ロリアン・ヴァイゲンザマー,オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロットホーファー

【キャスト】
ブルンヒルデ・ポムゼム

【作品概要】
終戦から69年の沈黙を破り、ゲッベルスの秘書がカメラの前で真実を語ります。

若きポムゼルは、第二次世界大戦中1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ユーゼフ・ゲッベルズの秘書として働いた戦争の生き証人です。

テレビのドキュメンタリー制作のリサーチで、本作品の監督クリスティアン・クレーネスとフロリアン・ヴァイゲンザマーが彼女の存在を知り、2013年の2回に分け総30時間をかけて103歳のポムゼムのインタビューを収録。

“ホロコーストについては何も知らなかった”と語るポムゼムの独白は、20世紀最大の戦争とナチズム(全体主義)の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにします。

映画『ゲッベルズと私』のあらすじとネタバレ


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

暗闇に女性の横顔…。

圧倒的に印象に残る、深く刻まれた皺の顔、首、手。103歳のポムゼル、ナチスの宣伝大臣ゲッベルスの記憶を辿っています。

暫く沈黙が続きため息の後、漸く重かった口が開きます。
 
「ゲッベルスは見た目のいい人だった。最高級の布地で作った上等な服を着て爪も良く手入れされていた」元秘書として彼女は元上司のゲッベルスの話を続けます。

彼は足を少し引きずっている姿は気の毒であったが、それを吹き飛ばすだけのものを持っていて、オフィスは豪華で家具の揃ったエリートの世界のような仕事場で満足していたことを思い出します。

「ゲッベルスがオフィスに到着しても5人の秘書たちの前には現れず、子ども達がお昼に迎えに来て、『ハイル・ヒトラー』と子ども達が帰り際に挨拶して帰ったわ」とほとんどあったことがないことを強調しながら話しました。

仕事ぶりは人から信頼されていたと自分について語ります。言われたことを忠実にやってきたことを語るカジノ女ですが、一方ソ連軍にレイプされたドイツ人女性の水増しされた記事があったことを認め、「抵抗する勇気がなかった。私は臆病だった」と語ります。

現代の人は、自分たちなら逃れることができたというけれど、絶対できないとすぐに断言します。

「体制に逆らうには命がけで最悪のことを覚悟する必要がある。そのような実例は幾つもあった。ゲッベルズと一緒に働いたのではない。あの人はボスの次に頂点にいた偉い人」

―ゲッベルスの演説が鳴り響きます。「勇気を持て、危険な人生を送れ!」

普段のゲッベルスは紳士的で大人しい人物なのに、演説し始めると大声でがなり立て会場を熱狂させた。あの豹変ぶりは誰も勝てる人はいないとポムゼルは回想します。

ポムゼルは幼少の自分を振り返ります。

「第一次世界大戦が終わって父が帰ってきた。お行儀が悪いとすぐに殴られ、絨毯叩きでお尻も叩かれたことがあった」

ドイツの当時子どもの躾けはとても厳しく、子どものうちからごまかしたり、ウソをついたり他人になすりつけたりすることを覚えてしまうと振り返ります。

ポムゼルは、頻繁にもし自分があの時代にいたらユダヤ人を助けたはずだと言われると語ります。

「当時は国(ドイツ)中がガラスのドームに閉じ込められていた。私達自身が巨大な強制収容所にいたのよ」

反ナチス運動の『白バラ』活動家で1943年2月に反戦チラシを配布した反逆罪で処刑された、ショル兄妹の裁判記録を取り扱ったことを回想します。

「その書類を受け取り、絶対見るなといわれた。私を信頼してくれている以上、裏切ったりしない」と断言し、その金庫を開けなかった忠誠心を誇りに思うことを語りました。

自分の仕事の話を始めます。午前中はユダヤ人のゴルトベルク博士のもとで働き、午後はナチ党員のブライの下でタイピングをしていました。

「喜んでやったわ。お金のためよ!」

ゴルベルト博士の仕事が減っていくのも分かっており、いい仕事を斡旋してもらうことを条件に、なけなしのお金を叩いてナチスに入党したことも告白します。

31歳の時ブライの紹介で地元の放送局で秘書として働き、保険会社に勤める友人の2倍の給料をもらっていたことを嬉しそうに話し始めました。

更にナチ党の宣伝省に入ることになり、「私の運命だった」と話します。

あの激動の時代に運命を操作できる人はいないと強く断言します。

〜ユダヤ人女性エヴァとラジオ局のパーソナリティーユリウスの記憶
ヒトラーが台頭してくると、エヴァに人生はとても困難になっていたと話します。

コーヒーやビール代は仲間DEエヴァの文を出していたし、赤毛で綺麗な目をしていたエヴァは放送局の男性記者にで人気があったのに、ユダヤ人とわかると批判されたと納得しない様子で語ります。

「少し混じっている程度よと答えたけど、エヴァは生粋のユダヤ人だったわ。」

更に人気のパーソナリティーのユリウスが、強制収容所に収容されたことを知ります。

ユリウスが同性愛者だったからと教えられて、ショックを受けました。ポムゼルは、当時強制収容所は政府に逆らったり、喧嘩をしたりした人が矯正のために入る施設だと思っていたことを伝えます。

「ユリウスはいい人だった」と、彼女は納得していなかったようでした。

「ユダヤ人を送り込めば、彼らも1つになれる。」とナチ党にいうことを、忽然と消えたユダヤ人のことを人口が減少したスデーテン地方に移されたと信じていたと明かします。

情報が制限されていたのに、みんな私たちが知っていたと思っているとポムゼルは話を続けます。

「私たちは知らなかった、とうとう最後まで…」

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゲッベルスと私』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゲッベルスと私』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

スターリングラード攻防戦(1942年から始まったドイツとソ連の史上最大の市街戦。

ドイツ軍は壊滅状態と言えるほどの大敗北を期しました)を境に物資の供給が減り、刑罰が厳しくなっていったと彼女は語ります。

「全てが崩れた、あれを境にみんなの考え方が大きく変わった」

反ナチスのビラを配ったショル兄妹に下されたギロチン刑を本当に残酷だったと振り返ります。

1943年ポムゼルは同僚とベルリン・スポーツ宮殿でのゲッベルスの演説を聴きに行きました。

当時毎晩空襲があったため、全ての催しは午後に行われるようになりました。

スターリングラード攻防戦直後、ドイツ国民にあらゆる脅威に国民全員で立ち向かうことを国民に求める演説でした。

「彼は何百人もの人を動員して興奮状態に陥れた。今違う見方ができるし、深く考えられる」そして何度も強調してこう告げます。

「たった一人の人間に魔術をかけられてしまったのよ」

ーゲッベルスの演説が聞こえてきます。

「勝利は手の届くところにある。ただつかめばいいのだ。力を結集して決断し、全てを勝利の為に捧げよ。それが急務だ。ゆえに今後のスローガンはこれで決まりだ。“国民よ、立ち上がれ!嵐よ、吹き荒れろ!”」

1945年ヒトラーの誕生日の翌日、ポムゼルと同僚たちは防空壕に避難しました。

ゲッベルズの副官シュヴェーガーマンが来て、ヒトラーが自殺したことを告げました。

ポムゼルはそこで戦争の終結と敗戦を知ったと静かに伝えます。

翌日ゲッベルスも自死したことを告げられ、ショックがあまりにも大きかったと振り返ります。

ソ連兵に包囲され、ポムゼルは5年間収監されました。

最後はブーヘンヴァルト強制収容所に送られました。抑留から戻って来て初めてホロコーストについて知ったと語ります。

ブーヘンヴァルト強制収容所では、ユダヤ人が殺されたかもしれないシャワー室で、温かいシャワーを心待ちにして過ごしていた自分に慄きながら、目を逸らして伝えます。

「悪は存在するわ。なんといえばいいのか分からないけど神は存在しない。正義なんて存在しない。正義なんてものはないわ」

ポムゼルは、釈放後ラジオ局で働きます。1971年定年退職をする60歳まで独身を通し仕事に励みました。

終戦から60年後初めて週年後初めてユダヤ人の友人エヴァの消息を調べました。

管理事務所で担当者が記録をたどると、彼女の名前を見つけました。

彼女は1943年にアウシュヴィッツ強制収容所に移送され、1945年に死亡と記されていました。

パソコンの名前リストはいつまでも下にスクロールされていたとポムゼルは静かに告げました。

スポンサーリンク

『ゲッベルズと私』の感想と評価


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

映画冒頭の横顔が脳裏に焼き付いて離れない

暗闇みに浮かび上がった深々と刻まれた皺、顔もさることながら手も首も、カメラはずっとクローズ・アップしたままです。

フレームの左に横顔、右に横顔、また左そしてカメラは下から女性の首そして下顎を映し出します。

その皺は魚の鱗の如く、彼女の心を70年間も守り続けた証のように感じられます。

彼女は103才の女性ポムゼル。長い沈黙を破り言葉を話し出すと、一人の女性になりました

物語が進行するにつれ、彼女は言葉が増え、ある時は饒舌にある時は理知的に話を進めます。

それでも物語の節目節目にふと彼女の感情が刹那流れる時があります。

その時に必ず口走るのは、苦悩に満ちた話の後に、「何も知らなかったの、後で知ったのよ」という一言。

この言葉こそ日々に同じようなことがあって、見過ごして見ないふり知らないふりをしている今を生きる私たちに、最大の警鐘を鳴らしているように思われます。

実際ポムゼルは終戦から60年経って、やっとユダヤ人の友人エヴァの行方を捜し始めます。

やっとというのは語弊があるかもしれません。

この映画の中でもエヴァのことを何回も回想して話すシークエンスがあるからです。

無意識に自分の心に蓋をし続けるしか生きる術がなかった。」と、何度もポムゼルは心のうちを吐露していますが、そのことは正にエヴァのことではないでしょうか。

自分で知っていた、気づいていたと認めることは、当時死を意味することだと映画の中で語っているように、この映画の最後まで彼女のクローズアップされたこの皺が彼女の生きた人生そのものを物語っていると感じます。


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

また本作品は、当時世界各国で制作されたアーカイブ映像が数多く挿入されています。

ナチスを滑稽に描く米軍制作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄するポーランド映画、そして何よりもホロコーストのありのままを実録した映像。

それらは真っ直ぐに戦争という愚行を人間は何度も繰り返してきたことを語り、2度と愚かな過ちを繰り返してはならないという強いメッセージを訴えています。

まとめ


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

ポムゼルは、ミュンヘン国際映画祭で初めて完成されたこの映画を見た時に、次のように語っています。

「この歳になり、自分の人生の間違いにも改めて気づかせてくれた。若い人に観てもらって、歴史を学んでほしい。自分の語ったことは過去の過ちであり、未来への警告だから。この映画は、個人の責任とモラリティーについて考えるきっかけにしてほしい。」

目の前の小さいことから、何気なく見過ごしたり、知らないふりをしてきたことが、だんだん多くの人と共有し当たり前になったいく時、それが無意識になって無関心になっていく…。

この映画は政治や社会のみならず、個人の責任についても語っています

『ゲッベルスと私』の邦題の“私”には、そんな意味を込めているかもしれません。

“私”として映画を観に行って観ませんか

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『私が殺したリー・モーガン』あらすじとプロフィール紹介

“ジャズ史上最悪の悲劇の愛”に迫ったドキュメンタリー映画が遂に公開! 『私が殺したリー・モーガン』は、12月16日(土)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショーです。 スポンサーリンク C …

ドキュメンタリー映画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2013年、世界中を震撼させた、米国政府による個人情報の監視という大スクープ。 告発者は29歳の青年。CIAでアナリストとして働いていたエドワード・スノーデンでした。 その告発劇の内幕を描いた、社会派 …

ドキュメンタリー映画

映画『ヨコハマメリー』ネタバレ感想と結末解説。伝説の娼婦を見つめ返すことは横浜の歴史を知ることに等しい

かつて絶世の美人娼婦として名を馳せた“ハマのメリー”の物語 映画『ヨコハマメリー』は、戦後50年間に渡り娼婦として街角に立った、“メリーさん”と呼ばれた女性の半生を追い、その生き様に迫る作品です。 “ …

ドキュメンタリー映画

映画『21世紀の資本』ネタバレ感想と考察。難しい資本主義の実態を原作者トマ・ピケティが監修

働いても働いても裕福になれない!? 現代の資本主義に潜む闇とは。 フランスの経済学者トマ・ピケティの著書「21世紀の資本」を映像化した社会派ドキュメンタリー映画。 「21世紀の資本」は、35カ国で翻訳 …

ドキュメンタリー映画

映画『プラスチックの海』感想レビューと考察解説。海洋環境問題の“原因と対策”をドキュメンタリーで描く

映画『プラスチックの海』はアップリンク渋谷・吉祥寺にて2020年11月13日(金)より上映中! ジャーナリストのクレイグ・リーソンが監督を務め、海洋プラスチック問題に焦点をあてたドキュメンタリー。年間 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学