Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/07/16
Update

韓国映画『死なない夫』あらすじ感想と評価解説。人喰猪と悪霊の次は⁈SFコメディでもシン・ジョンウォン監督の作風はどこまでも笑いに満ちている

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

「夏のホラー秘宝まつり 2021」にて上映の韓国映画『死なない夫』

2021年今夏もホラー映画マニアの恒例イベント「夏のホラー秘宝まつり 2021」が開催されます。

2014年より東京のキネカ大森で始まり、今回で第8回を迎えた夏のホラー秘宝まつり』。今年は8月6日(金)からキネカ大森と京都・アップリンク京都ほか、8月13日(金)からアップリンク吉祥寺、8月に大阪・シアターセブン、そのほか名古屋・シネマスコーレで実施し、拡大された祭典となります。

その中から、韓国映画ファンのみならず、B級映画マニア心を鷲掴みにした、『人喰猪、公民館襲撃す!』、『漁村の幽霊 パクさん、出張す』など、珍作トンデモ映画に次々に制作してきたシン・ジョンウォン監督の新作映画『死なない夫』をご紹介!

韓国映画『死なない夫』は、新婚夫婦の若妻ソヒが夫マンギルの自分の知らない一面である隠しごとを知ろうとした末に、周囲を巻き込み壮絶な死闘を繰り広げる韓国エンタメ・SFコメディーです。

ソヒ役には『新感染半島 ファイナル・ステージ』のイ・ジョンヒョンが務め、恐ろしいほど完璧な夫マンギル役を『シークレット・ジョブ』のキム・ソンオが演じています。

スポンサーリンク

映画『死なない夫』の作品情報

【製作】
2019年(韓国映画)

【原題】
Night of the Undead

【脚本・監督】
シン・ジョンウォン

【キャスト】
イ・ジョンヒョン、キム・ソンオ、ソ・ヨンヒ、ヤン・ドングン、イ・ミド

【作品概要】
『人喰猪、公民館襲撃す!』のシン・ジョンウォン監督が演出・脚本を務めたSFコメディ作品。

夫の裏の顔を知って戦うことを決意するソヒを『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2021)のイ・ジョンヒョン、夫のマンギルを『シークレット・ジョブ』(2020)『無双の鉄拳』(2018)のキム・ソンオが演じています。

2021年8月6日(金)より東京・キネカ大森ほかで開催される「夏のホラー秘宝まつり2021」にて上映。

映画『死なない夫』のあらすじ

新婚生活を過ごす新妻ソヒは、夫マンギルがとても優しく自分に接し、また完璧な振る舞いであり、何不自由ない暮らしを過ごしていました。

ところが、完璧すぎるがゆえにソヒはマンギルに疑惑を持ち始めます。そこで私立探偵を雇って、夫マンギルの素行捜査を依頼します。

その結果、マンギルの過去には数回結婚歴があり、しかも元妻には行方不明になった者や、不審死を遂げた人物までいることを知ってしまいます。

また1日に何人もの女性と交際しているという衝撃的な夫の実態を目の当たりにし、信頼を裏切られた怒りに打ち震えます。

そして探偵や女友達たちと手を組んだソヒはマンギルに立ち向かいますが、“とあるすべての正体”を知られたことにマンギルも怒り、妻ソヒとその友人を口封じするために、彼女たちを追い詰めていきますが…。

スポンサーリンク

映画『死なない夫』の感想と評価

参考映像:シン・ジョンウォン監督作品『人喰猪、公民館襲撃す!』

シン・ジョンウォン監督の魅力は“脱線の笑い”

本作『死なない夫は』は、『人喰猪、公民館襲撃す!』『漁村の幽霊 パクさん、出張す』などで知られるシン・ジョンウォン監督作品

ジョンウォン監督のユニークな作風を知る映画ファンには説明は不要なのですが、韓国エンタメ映画として物語に笑いを多く取り込んだ演出を好んだスタイルが独特な映画作家で正にB級の星と言ってもよいでしょう。

モンスターパニック映画にも、ホラー映画にも、そして本作SF映画にも、ある意味では観るものを凍らせてしまうほど、大いに笑いに満ち溢れています。

本作『死なない夫』の作品冒頭では、まるであのB級SF映画の金字塔『ターミネーター』(1984)と同じような出で立ちで男が現れます。もちろん設定は異なりますが、“死なない夫”とタイトルが示すようにある秘密の正体がそこで明らかになります。

しかも元ネタとも言うべき『ターミネーター』の冒頭では、未来から暗い路地裏への登場で目撃者は浮浪者ひとりでしたが、一方で『死なない夫』では、昼日向の目撃者も数人いるという、まあ中途半端にファーストコンタクトの人たちに見られながら、とある川の中で全裸で登場します。

未知の初々しい存在を、目撃したお婆ちゃんの驚きながら恥ずかしがる感じは秀逸です。

このような点でも示されているように、本作もジョンウォン節の演出は随所に健在で、物語を単に集中して楽しむというよりも、サービス精神旺盛なエンタメ作品を味わうことが鑑賞のポイント

過去作の『人喰猪、公民館襲撃す!』や『漁村の幽霊 パクさん、出張す』のように、物語の統一感を良い意味で破壊気味で楽しむものに仕上がっています

既にジョンウォン監督のファンになっている映画ファンは必見ですし、まだ未鑑賞な映画ファンは新しい才能に出会って見るのはいかがでしょう。

新妻役のイ・ジョンヒョンが可愛い

また何と言っても本作の華であり、可愛らしくて魅力的なのは、『新感染半島 ファイナル・ステージ』では母親ミンジョン役を演じた女優イ・ジョンヒョン。

本作『死なない夫』でのジョンヒョンの新婚の新妻ぶりが、とにかくキュートで愛おしい

裕福な暮らしを送っていた妻ソヒが、夫の隠し事を知ったことから夫婦間で死闘を繰り広げる事態が、本作の対立構図になっていますが、ジョンヒョン演じる妻ソヒの嫉妬心の様子から、夫を殺害するに至ることをバレないように隠してる素ぶりまで、どれもが可愛らしい

思えば『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』の元妻ソニョン役では、“キレ子”と離婚した婚約者に疎まれつつも求愛ぶりが見ものでしたが、『死なない夫』のジョンヒョンはそれ以上であり、終始、彼女に見入ってしまうほどです。

そのことと合間って、女友達と協力しながら裏切り者の夫マンギルをどのように追い詰めていくか…? その死闘ぶりがいじらしくもあり、また笑いと痛快になっています。

しかし、それだけでは終わらず、キュートな裏側にある女性の本性?いや正体にも注目です。

まとめ

恐ろしいほど完璧な夫、その正体はいかに?といったマンギル役を演じたのは、『シークレット・ジョブ』で動物園の飼育係でゴリラの着ぐるみで奮闘したキム・ソンオ

ゴリラの着ぐるみで熱演の演技だった彼ですが、本作ではゴリラ以上のある意味ではマッチョな存在を演じています。新妻ソヒが裏切られたとヤキモチ焼くのですが、その女好きな絶倫ぶりはコミカルで笑えます。

さて“死なない夫”が、ガソリンスタンドで給油ホースを口にしているのはいかなる理由があるのでしょう。ぜひ劇場でお確かめください

“ある秘密”を妻ソヒに知られたマンギルは彼女の口封じを試みますが、その走る、呑む、戦ういずれも場面も笑いというスパイスを多めに辛口な韓国映画をお楽しみください

2021年8月7日に「夏のホラー秘宝まつり 2021」にて劇場公開されます。お楽しみに!

関連記事

コメディ映画

【斉木楠雄のΨ難】実写あらすじとキャスト!山崎賢人の演技評価も

週刊少年ジャンプで好評連載中の『斉木楠雄のΨ難』(さいきくすおのさいなん)が『銀魂』の大ヒットも記憶に新しい福田雄一監督によって実写化。 主演は山崎賢人、共演に橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、ムロツヨシ、 …

コメディ映画

超高速!参勤交代|動画無料視聴は!ネタバレあらすじと感想評価【本木克英監督作品】

日本には時代劇の作品がいくつもありますが、その中でコメディ色が強いにも拘らず、第57回ブルーリボン賞作品賞を初め、かずかずの賞を受賞した、江戸時代の参勤交代が題材の『超高速!参勤交代』を紹介します! …

コメディ映画

【ネタバレ】新解釈・三國志|映画解説とラスト結末の考察。歴史小説との比較でユニークな英雄像を楽しめる

歴史には諸説あり。本当の『三國志』とはこうだったかもしれない!? 福田雄一監督が、歴史ファンの中でも特に人気を誇る『三國志』に独自の解釈を加え、自ら脚本を書き上げた映画『新解釈・三國志』。 福田組なら …

コメディ映画

【ネタバレ感想】映画『翔んで埼玉』は原作漫画ラストの続編?魔夜峰央も絶賛のコメディを解説

映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー! 累計発行部数が62万部を突破した、埼玉ディスり漫画を映画化した『翔んで埼玉』。 原作売り上げの3割を埼玉県が占め、上田清司埼玉県知事 …

コメディ映画

映画『まぼろしの市街戦』感想と解説。4K版のラストエンディングで日本公開版より狂気の果ては明快に

フランスの巨匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』が、4Kデジタル修復版で、10月27日(土)より、新宿K’s cinemaほかにて公開されることが決まりました。 狂気にまみれた愚か …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学