Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ロッキー3』あらすじネタバレと感想レビュー。名シーンと強敵との試合を解説|すべての映画はアクションから始まる12

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第12回

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。


(C)1982 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved

第12回は、シルヴェスター・スタローン主演の1982年公開作『ロッキー3』

スタローンの出世作となった人気シリーズ第3作を紹介します。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ロッキー3』の作品情報


(C)1982 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.. All Rights Reserved

【日本公開】
1982年(アメリカ映画)

【原題】
Rocky III

【監督】
シルヴェスター・スタローン

【脚本】
シルヴェスター・スタローン

【製作】
アーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ

【製作総指揮】
ハーブ・ナナス

【撮影】
ビル・バトラー

【キャスト】
シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザーズ、バージェス・メレディス、ミスター・T、トニー・バートン、ハルク・ホーガン

【作品概要】
シルヴェスター・スタローンを一躍トップスターにしたアカデミー賞作品『ロッキー』(1976)のシリーズ第3作目。前作『ロッキー2』(1979)でついにチャンピオンとなったロッキーの前に、新たなる強敵が立ちはだかります。監督・脚本・主演は、前作に引き続いてスタローンが担当。

タリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザーズ、バージェス・メレディスといった前作からの主要キャストも続投し、新たなライバル役としてミスター・Tに加え、プロレスラーのハルク・ホーガンもゲスト出演。アメリカのロックバンド、サバイバーが歌う主題歌『アイ・オブ・ザ・タイガー』も大ヒットしました。

映画『ロッキー3』のあらすじとネタバレ

参考映像:『ロッキー3』のサンダー・リップス戦

凄絶な死闘の末、アポロ・クリードを倒しヘビー級チャンピオンとなったロッキー・バルボア。

一躍ヒーローとして大衆、マスコミから熱烈に歓迎された彼は、それから3年の間に10度の防衛を記録し、妻エイドリアン、息子ジュニアら家族との幸せに満ちた日々を過ごしていました。

そんなロッキーに一人のボクサーが猛追します。

その男クラバー・ラングは、パワフルなファイトでランキングを上げていき、テレビを通じてロッキーに挑戦をアピールしていました。

それを知ることもなく、プロレスラーのサンダー・リップスとのチャリティーマッチに出演し、喝采を浴びたロッキーに、出身地のフィラデルフィアから功績を称えるブロンズ像が市の博物館前に設置されることに。

その除幕式に出席したロッキーは、感謝のスピーチの最後に引退を宣言します。

付き添っていたエイドリアンは驚くも、夫の決断に納得したその時、観衆の中にいたクラバーが姿を現し、「弱い選手ばかりを選ばずに、世界ランク1位の俺と戦え」と挑発。

最初こそ拒否したロッキーでしたが、エイドリアンをも侮辱するクラバーに怒り、挑戦を受けることに。

しかし、トレーナーのミッキーは「今のお前では3ラウンドしか持たずに負ける」と言い放ちます。

「クラバーの言う通り、弱い選手と防衛戦を組んでいた」と告白し、どうしてもやるならトレーナーを降りるとまで言い放つミッキーを説得し、試合に向けてトレーニングを始めたロッキー。

ですがその中身は、マスコミへのパフォーマンスを目的とした、見せかけなものばかりでした。

そして試合当日、突如ミッキーが心臓を押さえて倒れてしまいます。

不安な思いに駆られながらリングに上がったロッキーでしたが、精神的支柱を欠いたショックに加えて、クラバーの圧倒的なパンチ力の前に成す術もなく、わずか2ランドでKOとなります。

試合を終え、ミッキーが横たわる控え室に戻ったロッキー。

「KOで決着がついた」と囁くと、ミッキーは笑みを浮かべ、そのまま息を引き取るのでした。

ミッキーの葬儀を終え、身も心もどん底に叩き落されたロッキーの前に現れたのは、アポロでした。

アポロは、「お前が負けたのはハングリー精神を失ったからだ」、「お前は、俺と戦った時にあった“虎の眼”を取り戻す必要がある」と、クラバーとのリターンマッチに向けてトレーナーを買って出ます。

ロッキーはエイドリアンとポーリーを帯同し、アポロが通っていたカリフォルニアのボクシングジムで、再起を図ることに。

しかし、トレーニングに一向に身が入らず、アポロを激怒させてしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ロッキー3』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

いつまでもトレーニングに気乗りしないロッキーは、理由を尋ねたエイドリアンに、弱い挑戦者を当てて自分を守ろうとしたミッキーの真意に自信を無くした上に、クラバーが怖くなってしまったと答えます。

そんなロッキーにエイドリアンは、「現実から目を離してはダメ」と叱咤激励します。

ボクサーの妻としてタフな心を持つようになった彼女の言葉に、ロッキーは奮起。

アポロが組んだハードトレーニングにも逃げずにこなせるようになっていき、徐々に“虎の眼”を取り戻していきます。

そして迎えた王者クラバーとのリターンマッチ。

試合前、アポロは自分が身に着けていた星条旗柄のトランクスをロッキーに渡し、さらに試合に勝ったら、ある約束を果たしてもらうと告げます。

“虎の目”を取り戻したロッキーは、クラバーとの睨み合いでも目をそらしません。

前回とは見違えるようなフットワークでクラバーを翻弄するロッキーは、ダウンを貰いながらも挑発行為を繰り返します。

3ラウンドとなっても、ロッキーの挑発に乗るかのようにパンチを乱発していたクラバーは、徐々に大振りに。

そんなクラバーのパンチを鮮やかに交わしまくり、的確にパンチを打ち込んでいくロッキー。

左ジャブの連打を食らって意識朦朧となったクラバーに、とどめの右フックを叩き込み、ついにロッキーはチャンピオンに返り咲くのでした。

数日後、無人のボクシングジムにロッキーとアポロの姿が。

アポロの約束とは、戦績が1勝1敗となったロッキーとの決着でした。

リング上で冗談を言いながら間合いを取っていた2人は、一瞬の隙を突いて互いに拳を繰り出すのでした――。

スポンサーリンク

映画『ロッキー3』の感想と評価

参考映像:『ロッキー3』のクラバー戦

当初は最終作として製作された『ロッキー3』

本作『ロッキー3』は、チャンピオンとなったロッキーの転落、そして再起が描かれます。

巨万の富を得て大邸宅(名ボクサーのモハメド・アリの邸宅を借りて撮影)に住み、CM出演もこなすなど、名実ともに成功者となったロッキーでしたが、その代償として、ボクサーに必要な勝利への執着心を知らず知らずのうちに失ってしまう。

そこに立ちはだかるのが、かつての自分が持っていたハングリー精神をまとった男クラバー・ラングでした。

つまりロッキーは、過去の自分と対峙し、それを乗り越えて真の勝利者となっていくのです。

そのため『ロッキー3』は当初、シリーズ完結編として製作されました。

師匠ミッキーの死や宿敵アポロとの友情、さらにエイドリアンの妻としての精神的成長といった、主要人物たちのドラマ要素を高めているのも、シリーズの区切りをつけようとした意図が見られます。

『ロッキー3』のちょっとしたトリビア

参考映像:『ロッキー3』のクラバーの挑発シーン

劇中で、フィラデルフィア美術館の大階段(通称「ロッキー・ステップ」)に設置されたブロンズ像の除幕式で、クラバーがロッキーを挑発するシーンがあります。

そのクラバーを演じたミスター・Tは、『ロッキー3』をプレミア上映で実の母親と鑑賞しました。

ところが、息子の役柄をよく把握していなかった彼女は、このシーンでクラバーがエイドリアンを侮辱するのに激怒。

息子とクラバーを完全に同一化してしまい、「私は、女性に失礼な言葉を言う人間に、お前を育てた覚えはないわ!」と言って劇場を飛び出してしまったそう。

また、本作撮影のために製作されたロッキーのブロンズ像を、主演のスタローンは感謝の意を込めて、撮影終了後にフィラデルフィア美術館にそのまま寄贈しようとしました。

しかし美術館側が、「これは映画の小道具だから美術品ではない」と拒否したことで、地元フィラデルフィア市民が猛抗議する事態に。

その抗議を受け、像はいったんフィラデルフィアの屋内競技場ワコビア・スペクトラム(現在は閉場)に置かれた後、ロッキー・ステップの下に移設され、現在では屈指の観光スポットとなっています。

そして物語は『ロッキー4/炎の友情』と『クリード チャンプを継ぐ男』へ

参考映像:『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)

公開時のキャッチコピーでも完結編と銘打たれていた本作『ロッキー3』でしたが、フタを開けるとシリーズ最大のヒット(公開時)となったことで、次作『ロッキー4/炎の友情』(1986)が製作されることに。

さらに本作でのラスト、ロッキーとアポロのスパーリングシーンは、アポロの遺児アドニスが主人公の『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)にもつながります。

ストーリーラインに2つの分岐点を生んだ『ロッキー3』は、「ロッキー」シリーズにおいても大きな意味を持つのです。

次回の連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

蒼井優の日本アカデミー賞2018主演女優スピーチを考える|映画道シカミミ見聞録1

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第1回 はじめまして。このたび「映画道シカミミ見聞録」というコラムを担当することになりました、“映画随筆家”の森田悠介といいます。 このコラムでは、「映画を書く」とい …

連載コラム

アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』感想レビュー。|銀幕の月光遊戯19

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第19回 中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』が現在、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映 …

連載コラム

映画『赤い雪 Red Snow』ネタバレ感想と考察。永瀬正敏が見せつけた独特の世界観|サスペンスの神様の鼓動10

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』10 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について解説していきます。 今回取り上げる …

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

映画『ごっこ』あらすじと感想。千原ジュニアの演技力で描いた疑似家族の原理|映画道シカミミ見聞録21

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第21回 こんにちは、森田です。 2018年は映画『万引き家族』がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞したことで、改めて「疑似家族」に注目が集まっています。 10月20日 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP