Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/22
Update

台湾映画『バナナパラダイス』あらすじ感想と考察評価。ワン・トン監督が描く近代史三部作の2作目は“偽りの人生”を送る男が見たもの|映画という星空を知るひとよ19

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第19回

映画『バナナパラダイス』は中国国共内戦時、国民党軍に身を投じ、軍とともに台湾に渡った青年2人が辿る悲喜こもごもの綱渡り人生を描いたヒューマンドラマです。

主演はニウ・チェンザー。監督は『無言の丘』『村と爆弾』のワン・トン。本作と併せてこの三作は「台湾近代史三部作」と言われています。

1989年に製作され、劇場初公開となる『バナナパラダイス』は、「台湾巨匠傑作選 2020」の中のひとつとして、2020年9月19日(土)~11月13日(金)の間、K’s cinema ほか全国順次公開されます。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『バナナパラダイス』の作品情報

2020 (c)台湾巨匠傑作選2020.

【日本公開】
2020年(台湾映画)

【原題】
香蕉天堂

【英題】
Banana Paradise

【監督】
ワン・トン(王童)

【脚本】
ワン・シャオディー(王小棣)、ソン・ホン(宋紘)

【キャスト】
ニウ・チェンザー(鈕承澤)、チャン・シー(張世)、ゾン・チンユー(曾慶瑜)、リー・シン(李欽)、ウェン・イン(文英)

【作品概要】
『村と爆弾』『無言の丘』で知られる台湾ニューシネマのワン・トン監督が、大陸から台湾へと渡った男の数奇な人生を通して戦後台湾史を描いたドラマです。

後に『モンガに散る』(2010)などで監督としても活躍するニウ・チェンザーが、身分を偽って他人の人生を必死に生きる主人公メンシュアンを好演しています。日本では、特集上映「台湾巨匠傑作選 2020」(2020年9月19日~、新宿K’s cinemaほか)にて劇場初公開。

映画『バナナパラダイス』のあらすじ

2020 (c)台湾巨匠傑作選2020.

1949年。中国は共産党と国民党との間で内戦がおこっていました。

気の弱い世間知らずの青年メンシュアン(ニウ・チェンザー)は、幼馴染みの兄貴分ダーション(チャン・シー)を頼って、の国民党軍に潜り込んできました。

ダーションとメンシュアンは、バナナを腹いっぱい食べられるパラダイスを夢見て、国民党軍の敗退と共に、寒風吹きすさぶ荒涼たる中国華北から、バナナが実る緑豊かな南国台湾へと辿り着きます。

2人は、部隊の慰安隊員という名目で隊員の慰安イベントの下準備をしたりしていましたが、使用していた偽名から共産党軍のスパイ容疑がかけられ、メンシュアンは命からがら1人で部隊を逃げ出します。

途中、助けを求める女性・ユエシャン(ゾン・チンユー)に出くわし、病気で苦しむ彼女の夫であるリー・チーリンの臨終に立ち会ったメンシュアン。

その後、幼子をかかえ「やっと主人の仕事が見つかったのに」と落ち込むユエシャンと話し、「兄貴のいる田舎に行く途中だ」とメンシュアンは嘘を言います。

兄貴とはもちろん離れ離れになったダーションのこと。

「早くお兄さんのところへ行って」と優しくユエシャンから言われ、本当は逃亡中の身で行くところなどなかったことを思い出し、メンシュアンは泣き出してしまいます。

事情があると察したユエシャンは、メンシュアンに彼女の夫・リーになりすまして仕事に就くことを持ち掛けます。

メンシュアンは、こうして、見ず知らずの男が得た職業と後に残された妻と幼子とを手に入れ、新しい名前で人生を過ごすことになりました。

住居を用意してもらい仕事を始めて、順調に生活を送っていけるように思えたのですが、しばらくすると“噓”がバレそうになります。

仕方なくメンシュアンとユエシャンは、居所がわかったダーションを訪ねて行くことにしました。

スポンサーリンク

映画『バナナパラダイス』の感想と評価

2020 (c)台湾巨匠傑作選2020.

映画『バナナパラダイス』は、南国のパラダイスを夢見て台湾へ流れ着いた青年が、他人になりすまして、その後の人生を歩む姿を描いています。

精一杯生きることの美しさ

寒風吹きさらす中国の華北で厳しい軍隊生活を強いられていた青年には、バナナの実る台湾は、夢のように住みやすい国と描かれたことでしょう。

しかし現実はそんなに甘いものではありません。やっと辿り着いた台湾のバナナ農園の人々は純朴で優しかったのですが、バナナの生産・出荷だけでは家族3人は暮らしていけませんでした。

大学卒のリーの学歴で手に入れた英語の翻訳などの仕事は、メンシュアンにはとても難しいものです。

学力のないことを嘆きつつ、それでもユエシャンと子供を養うメンシュアン。特技を持たない世渡り下手な男ですが、何よりも生きることに誠実でした。

仮地に家を建てて地主ともめ、職場で仕事の不出来を上司に怒られて悔し涙を流しながらも、メンシュアンたちは必死に生きようとしました。

メンシュアンたちの様子をハラハラしながら観ているうちに、生後1年にも満たない子供が、いつの間にか歩き出し、やがて小学校へ通い、大人になっていきます。

時の流れを示す会話も何もないのですが、子供の成長ぶりが描き出されるだけで、“生きている”ことがわかります。

夫婦間のこともさりげなく描かれ、しっかり者のユエシャンに頭があがらない気の弱いメンシュアンにクスリと笑える場面も……。

ラストには意外などんでん返しが用意され、脱走兵として隠れながら生きてきたメンシュアンはもちろん、戦争を体験したユエシャンの過去にホロリとさせられます。

ワン・トン監督が描く台湾の姿

2020 (c)台湾巨匠傑作選2020.

本作を手掛けたワン・トン監督は、メンシュアンと同じように、1949年に中国から台湾へ渡ってきたという過去を持っています。このあたり、主人公のメンシュアンの設定と重なるところです。

台湾へ渡ってきた主人公の半生を描く『バナナパラダイス』は1989年に製作され、ワン・トン監督「台湾近代史三部作」の2作品目として位置づけられます。

1作品目は『村と爆弾』(1987)。第二次世界大戦下にあった日本統治時代の台湾の農村を舞台に、飛来してきた不発弾に振り回される村人を描いたコメディ。

3作品目は、ゴールドラッシュに湧く1920年代の金瓜石(きんかせき)を舞台に、日本人が経営する鉱山で働くことになった貧しい兄弟と、彼らを取り巻く複雑な人間模様を描いた『無言の丘』(1992)です。

『バナナパラダイス』は中国内戦から逃れてきた青年たちの辿る人生を描いていますが、他の2作には日本が出てきます。当時の歴史を紐解いてみると、日本は台湾と親密な関係にあったのです。

複雑な政治事情が絡まる国と国との思惑で、いつも翻弄されるのは人の繋がりを大切に思う国民たち。

監督の幼少期から半世紀以上たち、鮮明に描かれたその頃の台湾の人々の姿は、強烈なインパクトがありました。

これら「台湾近代史三部作」でワン・トン監督は、歴史のうねりの中で、流れに抗うこともままならない弱い立場の人々が、必死に生きようとする姿を描き出していたのです。

『バナナパラダイス』の数奇な運命を辿る主人公も、常に“偽装人生を送っている”という負い目を持ちながら、大地に根をはるバナナの木ように、逞しく生きていると言えるでしょう。

まとめ

2020 (c)台湾巨匠傑作選2020.

1989年に製作され、今回初劇場公開となる台湾映画『バナナパラダイス』。

明るくて緑豊かな南の国のパラダイスというイメージの台湾にもこんな歴史があったとは……。

複雑に入り組んだ歴史の流れを超えて、知られざる台湾社会の一面を見た思いがし、台湾と中国、そして日本との関係も改めて考えさせられます。

本作『バナナパラダイス』は、台湾映画の魅力を伝えきる「台湾巨匠傑作選 2020」の中の一作品として、2020年9月19日(土)~11月13日(金)までK’s cinema ほか全国順次公開予定。

「台湾巨匠傑作選 2020」では、劇場初公開となるワン・トン監督の本作をはじめ、台湾映画の伝道師として活躍する江口洋子のセレクト未公開6作品『停車』『盗命師』『古代ロボットの秘密』『血観音』『天龍一座がゆく』『河豚』も上映されます。

アニメ、ドキュメンタリーからホラー、サスペンスまで幅広く盛りだくさんのラインナップが全部で33本! この機会に、台湾映画の世界にどっぷりつかってみてはいかがでしょう。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『イップマン継承』あらすじネタバレと感想。ドニーイェンがマイクタイソンとバトル!|すべての映画はアクションから始まる8

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第8回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。若きジャーナリストの“信念”がソビエト連邦の偽りの繁栄を暴く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー23

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第23回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『ファブリック』ネタバレ感想と結末解説のあらすじと。血塗られたドレスが誘う“奇妙キテレツ”な世界|未体験ゾーンの映画たち2021見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第16回 世界各国の怪作・珍作映画をお届けする「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第16回は摩訶不思議な世界を描いたホラー映画『ファブリック』。 …

連載コラム

映画『シスターフッド』あらすじと感想レビュー。西原孝至監督の混在するドキュメンタリーと劇映画の臨界を探る|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録3

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第3回 女性の存在が根本から問い直されている昨今、意欲作が次々と発表されています。 しかし若手女性の映像作家の活躍は目覚ましいものがありますが、男性監督の …

連載コラム

映画『ザ・バウンサー』感想とレビュー評価。ヴァン・ダムが娘のために犯罪組織に挑む|すべての映画はアクションから始まる3

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第3回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学