Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/01/15
Update

映画『ヤクザプリンセス』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。原作グラフィック・ノベルの合作アクションは妖刀村正が悪を斬る|未体験ゾーンの映画たち2022見破録1

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第1回

映画ファン毎年恒例のイベント、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が、2022年1月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷で開催されました。

傑作・珍作に怪作、復活した名画など様々な作品を上映する「未体験ゾーンの映画たち2022」、今年も全27作品を見破し、紹介して古今東西から集められた映画を応援させていただきます。

第1回で紹介するのブラジル・日本・アメリカ合作の、グラフィック・ノベルを原作としたソード・アクション&ヒロイン任侠映画『ヤクザプリンセス』

20年前、なぜかKinkaku-ji(?)が建つOSAKA JAPANから始まった因縁が、妖刀”村正”を軸にサンパウロの日本人街で、血で血を洗う壮絶バトルを引き起こす…。

映画にも「文化的に正しい描写」が求められる風潮の中、グラフィック・ノベルが原作の本作は、ほど良い誇張とフィクションで描いた日本、「劇画チックJapan」が登場します。スタイリッシュな映像世界は必見!見逃せない一本の登場です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ヤクザプリンセス』の作品情報


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2022年(ブラジル・日本・アメリカ映画)

【原題】
Yakuza Princess

【監督】
ヴィセンテ・アモリン

【キャスト】
MASUMI、ジョナサン・リース=マイヤーズ、伊原剛志、尾崎英二郎、ケニー・ルー、竹嶋利仁、マリコ・タカイ

【作品概要】
自分を育てた祖父を無くし、サンパウロで孤独に剣の道に生きるアケミ。彼女はヤクザ一族の血を引いていました。彼女の前に、記憶を無くした刀傷だらけの白人の男が現れます。そして始まる宿命の対決を描く、バイオレンス・アクション映画。

監督は「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品、『モーターラッド』(2017)のヴィセンテ・アモリン。彼は第2次大戦後に抗争劇を引き起こした、ブラジル日系人社会を描いた映画、『汚れた心』(2011)も監督しています。

ロサンゼルスでミュージシャン活動をしているMASUMIが、初の映画主演を務めた作品です。共演は『ベルベット・ゴールドマイン』(1998)で人気を高め、『M:i:III』(2006)や『ストーンウォール』(2015)に出演したジョナサン・リース=マイヤーズ。

アモリン監督の『汚れた心』に出演、『硫黄島からの手紙』(2006)や『ラスト・ナイツ』(2015)と合作・海外映画への出演豊富な伊原剛志。

同じく『硫黄島からの手紙』に出演後、海外ドラマ『HEROES』(2006~)や『高い城の男』(2015~)など、ハリウッドを拠点に活動する尾崎英二郎が共演しています。

映画『ヤクザプリンセス』のあらすじとネタバレ


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

Osaka Japan、20年前。3つの山をあしらった家紋が掲げられ、鎧兜が飾られた式典の場に多くの人々が集まっています。

その中に母に抱かれた幼い女の子と、その兄の男の子がいます。男の子が鎧兜と共に置かれた日本刀を抜くと、刀身には”村正”と刻印されていました。

式典の中心人物らしい家族が、記念写真の撮影に集まると襲撃が始まります。銃と刀を使用した闘いとなり、女の子は何者かに連れられ逃げますが、家族は次々殺害されます。

男の子は母に駆け寄りますが、既に息絶えていました。冷酷な襲撃者はその子を射殺しました…。

São Paulo Brazil、現在。傷だらけの男(ジョナサン・リース=マイヤーズ)が病院で目覚めます。混乱したままベットから離れ、状況が判らぬまま駆け寄る看護士を殴り倒し、鎮静剤を注射され意識を失う男。

同じサンパウロの剣道道場でアケミ(MASUMI)が、師範のチバ(竹嶋利仁)から厳しい稽古を受けていました。稽古に耐えかねたアケミに、6歳のお前を私に預けた祖父が望んだように、お前は真の戦士になる必要がある、と諭す千葉。

道場主のチバは、彼女に剣と一体となれと告げました。その言葉に従い、迷いを断ち切ったアケミは、鋭く竹刀を振るいます。

サンパウロの日本人街。ここは世界最大の日系人コミュニティで、アケミが暮らす街でした。

その頃、大阪のとある場所では、ヨシアキがヤクザたちに拷問を受けていました。その男の前に現れるヤクザ組織の幹部タケシ(伊原剛志)。

タケシの舎弟であったヨシアキは、残される母の面倒を見てもらう代償に、とタケシにある秘密を打ち明けます。

それを聞いたタケシは、口封じに拷問していたヤクザを射殺します。秘密を知り俺を運命を決まったとつぶやくと、ヨシアキも射殺するタケシ。

サンパウロ日本人街の、ツガハラ(マリコ・タカイ)の店で働くアケミの前に、友人のサマラが現われます。アケミは友人のように人生を楽しんでいません。帰宅すると亡き祖父レンの位牌に線香をあげるアケミ。

手錠でベッドにつながれた病院の男は、記憶喪失だと診断されました。患者は米国人か英国人と思われますが、身元は不明です。現れた刑事は男に日本刀を見せました。

日本刀には”村正”と刻まれています。発見された時、君はこの刀を持っていた。君はこの刀で傷つけられた、何か覚えているかと尋ねられます。

何も覚えてない、と答えた男は1人になると点滴の注射針を抜き、それを使い手錠を外します。ベッドを出た刀傷の男は非常ベルを鳴らして注意をそらし、証拠品の日本刀を掴んで病院を出ました。

大阪ではタケシが組織の親分ケンイチに、ヨシアキを始末した件を報告していました。しかし彼は、ヨシアキから聞いた件は親分に伝えません。彼に部下を殺された組織の幹部、コジロー(尾崎英二郎)は責任をとれと詰め寄ります。

コジローに追及されてもシラを切りますが、組と親分にケジメをつけようと、指を詰めようとするタケシ。

タケシに信頼を寄せる親分は指詰めを止めさせます。コジローが勝手に振るまうタケシを信用するなと親分に訴えると、タケシは声を荒げ恫喝します。

俺は何十年も組と親分に尽くしたと叫ぶタケシに、それは以前俺がお前の命を救ったからだ、と指摘するコジロー。

その夜、サンパウロではアケミが、祖父から受け継いだ紋章を腕にタトゥーとしていました。それは3つの山をかたどっています。

アケミは射殺された祖父の体に、この入れ墨があったと彫師に語ります。警察からは祖父の殺害犯は不明だが、おそらく強盗を試み失敗した者だ、と説明されたアケミ。

その日はアケミの誕生日です。カラオケ・バーで友人のサマラが祝いますが、そこでチンピラたちに絡まれ乱闘騒ぎを起こすアケミ。警察が駆け付け、彼女の身元は師匠のチバが引き取りました。

自分の記憶を取り戻せない刀傷の男は、ヒントを得ようと日本人街の骨董店に入り、店主から自分が持つ”村正”の日本刀の説明を求めます。

かつてこの店に、”村正”を研ぎたいと持ち込んだ男がいた。日本人たちは”村正”を血に飢えた、呪われた妖刀と信じていると語る店主。

男に脅された店主は、この刀はおそらくヤクザが絡んだいわく付きだと教え、かつて“村正”を持ち込んだ男の住所を渡します。

自宅に戻ると位牌に今日21歳になったと報告し、祖父レンの遺影と酒を酌み交わすアケミ。今日同じ紋章のタトゥーを入れた、と彼女は報告しました。

反対するかもしれないが、タトゥーは正しい行為と信じていると語り、亡き祖父を想い涙を流すアケミ。

翌日、刀傷の男は手がかりを求め、骨董屋店主に渡された住所を訪れます。そこはアケミのアパートでした。

密かに日本を出国しサンパウロに現れたタケシは、現地の日系人裏社会の男(ケニー・ルー)から銃を入手します。

同じ頃自宅に向かっていたアケミは、トラブルとなったチンピラたちの襲撃を受けました。反撃しつつ、必死に自宅に向かうアケミ。

手こずると銃を発砲するチンピラたち。彼女は自室に逃げ込みますが、数で勝り銃を持つチンピラに追い詰められます。その時、アケミは部屋に男が潜んでいると気付きます。

その男こそ、記憶の無い刀傷の男でした。彼は日本刀でチンピラたちに斬りかかり、アケミを助けますが肩を撃たれ倒れました。

男が落とした“村正”を掴んだアケミ。すると妖刀が使用された修羅場の記憶、彼女の内に眠る記憶が甦ります。刀を振るい銃を持つチンピラの手を切り落とすアケミ。

立ち上がった刀傷の男がアケミを逃がそうとした時、何者かがチンピラを射ちます。それはこの場に現れた日本のヤクザ、タケシでした。

チンピラたちを射殺したタケシは、刀傷の男にも発砲します。男はアケミと共にアパートの屋上に逃れ、屋上伝いに逃げる2人をタケシは追ってきます。発砲して迫るタケシに格闘を挑む刀傷の男。

2人はタケシから逃れることができました。その際、タケシはアケミに向かい“アキ”と呼びかけました。

チバの剣道道場に逃げ込んだアケミは、刀傷の男を治療します。なぜアパートにいたのかと彼女に問われ、自分の記憶を取り戻す助けが欲しいと打ち明ける男。

アケミの記憶では祖父は日本刀は持っていません。彼と話したいと言う男に祖父は死んだと伝えるアケミ。彼女は消毒薬を求めて道場の中を探します。

師匠のチバの部屋で薬を求め木箱を開けたアケミは、写真が入っていると気付きます。

その中の1枚は、冒頭の大阪の襲撃事件の際に取られた写真で、彼女は家族と並んで映る男が、先程自分を“アキ”と呼んだ襲撃者だと気付きました。

そこにチバが現れます。写真に写る人々は自分の家族かと師に尋ねるアケミ。写真の家族の背後には、3つの山の家紋が広げられています。

写真の裏には1999年夏、と記してあります。写真の中で母に抱かれる幼い子が私か、と尋ねるアケミ。

アケミの問いに答えず、彼女が持つ日本刀を手にするチバ。その刀身に”村正”と刻まれています。

弟子のアケミが、秘められた過去の因縁と巡り合ったと悟ったチバは、自分はお前を救えないと告げます。そしてお前の勤め先の店主、ツガハラに聞けと告げるチバ。

彼女は自分の出生に秘密があり、周囲にそれを知りながら隠し続けた大人たちがいたと悟ります。この”村正”がお前を見つけたと語るチバ。今のお前と刀は一体だ、行くがよいと命じます。

アケミが去った後に現れた刀傷の男に、殺しに来たのかと尋ねるチバ。男は答えずアケミの後を追いました。

ツガハラ夫人の前に現れたアケミは、彼女に祖父レンについて尋ねます。ツガハラはレンと8年間付き合いがありましたが、彼女にもレンが孫娘に秘密にした詳細は知りません。

しかしツガハラの、死の直前の行動は奇妙だった、彼は去るべき時が来たと語っていたと教えます。かつて祖父レンが旅行した場所に向かえと、アケミに住所を渡すツガハラ。

そこは日本語で“緑の谷”と記された場所です。駅に向かうアケミの後を、刀傷の男がつけていきます。

乗り込んだ列車の中で、チバから渡された写真をながめるアケミ。その頃、彼女のアパートでは検視官たちが、チンピラたちの殺害現場を調べていました。

そこにコジローに率いられたヤクザの一団が現れます。部屋からアケミの写真を入手すると、検視官たちを殺し立ち去るヤクザたち。

列車でアケミの隣に座った刀傷の男と、アケミは”緑の谷”を目指します。改めて男は自分には記憶が無い、記憶を失った場所で、“村正”の日本刀と共にいたのが手掛かりだと説明しました。

自分には力になれないかもしれない。そう語ったアケミは男の手助けに感謝します。しかし祖父のレンは、刀やヤクザとも無縁な、無害な老人だと説明します。

無害な老人などいない、と応じる男。ツガハラに教えられた人里離れた寂れた場所に、建物が立ち並んでいました…。

以下、『ヤクザプリンセス』のネタバレ・結末の記載がございます。『ヤクザプリンセス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

そこは老いた日本人たちが住む場所です。2人の老人が現れ出ていけと凄みますが、アケミが“村正”の日本刀を見せると、態度を改めました。

老女が現れ、刀傷の男にはこの場に残り、アケミには自分の後について来るよう言いました。男の傷は“村正”に付けられたものだ、と老人たちは気付きます。

老人たちが着物をはだけると刺青した肌が現れ、そこには大きな刀傷があります。自分たちも“村正”に斬られたと示した老人は、白人である刀傷の男を気に入りました。

案内されたアケミに前に、この地の長らしい老人が現れました。祖父は亡くなる前にここに来た、理由を知りたいと話すアケミ。

あなたの祖父が来たのは“村正”のためだ、その刀を預かって欲しいと言われた、と告げる老人。彼は刀の柄にあしらわれた、3つの山の紋章を示します。

自分を襲ったヤクザ風の日本人は、この日本刀を狙っているのかとの問いに、違うと答える老人。ここに住む我々は祖父の友人だと告げました。

あなたを助けたいが自分1人では無理だ、全ての疑問に答えられないと語る老人。

まだ隠し事があると詰め寄るアケミに、その老人と老女は休むよう勧めます。アケミがこの先進む道のりは、果てしなく長いものだと告げます。

アケミが去ると老人はどこかに電話をかけます。一方刀傷の男は、刺青の老人たちに酒を振る舞われていました。

テレビ画面に映るハラキリの作法を、刀傷の男に詳しく教える老人たち。サムライの時代は名誉を重んじる時代だった、と話します。

酔いが回ったのか、日本語で男に話しかける老人たち。サイトウと呼ばれた老人は、アケミの日本刀は本物の“村正”だと教えました。

アケミは自分を案内する老女に、祖父はなぜこの場所を私に教えなかったのか、と尋ねます。ここは誰にも話さないのが掟、と告げた老女。

刀傷の男に“村正”は魔物だ、斬られた者の魂が宿る妖刀で、次の獲物を待ち望み血をすする、と説明するサイトウ。

アケミが休めるよう風呂と食事を用意する老女。彼女はユキコと名乗ります。サイトウたちは酔いつぶれた刀傷の男を世話していました。

しかし彼を見たリーダー格の老人は、奴がここに現れれば、この男は始末されると吐き捨てるように言います。

寝付かれぬアケミの前に現れたユキコは、彼女をある場所に案内します。そこは日本式の墓石が並ぶ墓場でした。

墓まで秘密を持って行く者もいれば、秘密を打ち明けたいと望みつつ果たせず死ぬ者もいる、と話すユキコ。

過去は不意に迫って来る。忘れたい、忘れたかった過去も、知りもしなかった過去も…。ユキコはアケミにそう告げて去って行きました。

墓地に入ったアケミは、墓石にユキコたち、この地に住む老人の名と写真が刻まれていると気付きます。そして祖父レンの墓石もあります。

レンや老人たちは、ここに眠ることを望み墓を用意したのでしょうか。祖父の墓石に引き出しがあると気付くアケミ。

中には3つの山が描かれた家紋と、古い新聞記事が入っています。記事には大阪でヤクザ組織の瀧川会長一家が襲撃され、皆殺しになり末娘は行方不明と書いてありました。

記事の写真はアケミの持つ写真と同じです。自分がヤクザ組織を支配した瀧川家の、ただ1人の生き残りかもしれないと悟るアケミ。

彼女を育てた祖父レンも、師匠のチバやこの地に住む老人たちも、アケミにそれを隠す盟約を守り続けていたのです。

ユキコは彼女が自分の過去に、自分自身で向き合うよう導いたのです。そしてアケミに近づいてくる人影がありました。

アケミは“村正”を抜き、男に向けました。相手は彼女を“アキ”と呼んだヤクザ、タケシでした。

服を開け刀傷を見せ、自分は既にその刀で斬られた、お前の家族を守ろうと闘い、お前を救ったと告げるタケシ。

私の名は“アキ”ではない、とアケミは告げました。すると何人もの男が迫ってきます。

逃れる必要があると告げるタケシ。信用して良いのかと聞くアケミに、お前にはもう誰もいない、残されたのは俺だけだとタケシは告げました。

酔いつぶれた刀傷の男は、うめき声を聞き目覚めます。ヤクザ風の男たちに、ここの長らしい老人が連れていかれる姿を目撃した刀傷の男。

アケミたちは身を隠しヤクザ風の襲撃者たちをやり過ごし、その1人に襲いかかったタケシは相手の喉を短刀で切り裂きます。もう1人を始末した彼は拳銃を抜き、アケミは“村正”を構えます。

刀傷の男が建物の中を調べると、サイトウたち老人が殺されていました。その1人が持っていた短刀を掴むと、男は外に出て行きました。

日本人墓地に身を隠すアケミを始末しようと迫る、ヤクザたちの数は増えています。迫り来る敵に刃を振るい斬殺するアケミ。

気付いた敵が発砲し、銃声に襲撃者たちが反応します。タケシも拳銃で反撃し闘いが始まります。

数に勝る敵から逃れようとする2人。タケシが撃たれますが、その相手をアケミは“村正”で倒しました。

老人たちの長に、ここが「瀧川会」残党の腰抜け共の隠れ家か、と告げるヤクザの幹部コジロー。

仁義も名誉も無い奴らと嘲るコジローに、老人は女子供まで殺すお前が名誉を語るとは、と笑いました。老人の首を日本刀で切断するコジロー。

アケミと負傷したタケシに迫る襲撃者に、刀傷の男が短刀で襲い掛かります。その隙に車に乗り込む2人。まだ男が残っていると叫ぶアケミに構わず、タケシは車を走らせました。

ヤクザと闘う刀傷の男を見つめるアケミに、奴がお前の祖父レンを殺した男だ、と告げるタケシ。

追手から逃れたタケシは車を停め、撃たれた傷を手当します。彼はアケミが祖父と信じた男レンは、本当の祖父ではなく俺が信頼する男だったと告げます。

アケミの本当に名は”アキ”で、彼女は大阪で最も恐れられたヤクザ組織「瀧川会」会長、瀧川アキラの娘です。3つの山の家紋は、瀧川家のものでした。

しかし瀧川会内部で、幹部ケンイチが力を伸ばします。タケシが彼の裏切りを会長に警告しようとした時、ケンイチは子分のコジローに命じ会長一家を襲撃させます。

お前の家族は全て、幼かった”アキ”の兄まで、ケンイチとコジローに殺されたと教えるタケシ。

タケシは新たに親分となったケンイチに忠誠を誓う一方、“アキ”を信頼できる部下レンに預け身を隠させます。そして彼からの連絡を待ち続けていました。

レンは“アキ”の名をアケミに変え、ブラジルの日系人社会の中で密かに育てていました。しかしケンイチはレンと”アキ”の居所を知り、瀧川家を血脈を断つべく殺し屋を送ったのです。

アケミが祖父と信じたレンは、強盗ではなく外国人の殺し屋、あの刀傷の男に殺されたと語るタケシ。その殺し屋に救われたアケミは驚きます。

あの殺し屋は、何か企てがありアキを捕えようとしているのかも、と告げたタケシに、彼女は私の名は“アケミ”と呼んで欲しい、と告げました。

アケミの危機と居場所を舎弟のヨシアキから聞き、サンパウロに現れたタケシ。“緑の谷”の老人からアケミが現れたと知らされ、助けに現れたのでしょう。

2人はサンパウロの日本人街に戻ります。狡猾なヤクザの親分・ケンイチは、瀧川一族に忠実な者がいる限り、君の命を狙うとアケミに告げるタケシ。

あなたの為に命をかけ闘う者がいる、とのタケシの言葉に、アケミはこれは私の戦いではなく、あなたたちの戦いだと指摘します。

タケシはこれはあなたの父、あなたが祖父と信じたレンの戦いだと告げ、ここは君のいる場所ではない、日本に帰り戦うべきだと告げます。しかしアケミは姿を消しました。

彼女は師を頼ろうと、チバの剣道道場に向かっていました。しかし道場の中には何人ものヤクザの死体が倒れ、その中にチバの遺体を見つけたアケミ。

チバも瀧川一族に忠実な者として、ケンイチの手下に襲われたのです。師の遺体の前で涙ぐむアケミは、気配を感じて竹刀を握ります。

道場に刀傷を持つ男が現れました。記憶を失い頼る者も場所も無く、ケンイチに雇われた殺し屋だった男は、やむなく道場に現れました。

刀傷の男になぜ祖父を殺した、とアケミが聞いても、記憶の無い男に理解できません。とまどう男に竹刀を向け、激しく打ちすえるアケミ。

男は血みどろになり倒れます。そこに現れたタケシは、ケンイチに雇われた殺し屋に銃を向けます。しかしアケミは発砲を止めさせました。

こいつは殺すべき殺し屋で、忠誠を尽くす相手を持たない“浪人”だ、と告げたタケシに、アケミはこの男は今まで殺した者の報いを受けて、今彼の旅路はここで終わった。だが、“村正”で斬る価値は無いとつぶやきます。

道場前に何者かの車が停まります。タケシに“戦争”を始めましょう、と告げたアケミ。

道場を出て彼女を連れ、日本人街の裏社会の男と会うタケシ。飛行機で日本に向かえばケンイチに見つかります。

そこで彼はヘリコプターで港に向かい、日本に向かう船に乗り込む手配をつけていました。

案内人に従い日本人街を進む2人。とある倉庫に案内されると、そこにジャージ姿の男女がいます。タケシが怪しいと感じた瞬間、彼らは2人に襲いかかります。

激しい格闘になりました。足を負傷しているタケシは苦戦しますが、アケミが”村正”を振るい敵を倒しました。

2人はヘリポートのある高層ビルの屋上に向かいます。そこに到着した時、後ろ手に縛られ、子分のヤクザに引き連れられた、刀傷の男と共に現れたコジロー。

コジローは親分のケンイチの命令通りに、瀧川一族ただ1人の生き残りアケミを始末し、彼女を守ろとしたタケシも殺そうと日本刀を手にしました。タケシは彼に、お前は名誉の死を理解していないと告げました。

名誉を求める時代は終わった、そう叫んだコジローは刀を抜き、タケシに斬りつけます。アケミと刀傷の男の前で、彼はタケシの腹部を突き刺します。

死を覚悟したタケシは、刀を奪い取ると自らの手で横に動かし、切腹して名誉の死を遂げました。

残るアケミに対し、どうやってカイジンの殺し屋を篭絡したかと問うコジロー。彼は殺し屋が任務の途中で裏切ったと考えていました。

“アキ”と呼んだコジローに、我が名はアケミと彼女は告げます。タケシ亡き後、どうケンイチの組織と闘うと嘲るコジローに、家族の為に闘うと応じるアケミ。

突然刀傷の男が後ろ手を縛られたまま、コジローの部下の銃を奪います。彼は傷付き倒れますが、2人の部下を倒しました。

ヘリポートに立っているのはアケミとコジローだけです。”村正”を向けたアケミに対し、生け捕りにできず残念だと告げ、コジローは刀を手に取ります。

2人は激しく切り結びます。お前に両親と兄同様の速やかな死を与える、と叫ぶコジロー。

コジローに師匠のチバから習得した技で斬りつけたアケミ。しかし彼女は傷を負っていました。

しかしコジローは首を斬られ、そして膝を付きました。アケミは“村正”を振るい、その首を斬り落とします。

傷付き倒れていた、白人の殺し屋だった男はアケミに俺は嘘をついてない、ただ覚えていないだけだ、とつぶやきます。

お前は私に借りがある、私はお前を”Shiro”と呼ぶ。そして私が始める戦争は、これからお前の戦争になる、と告げるアケミ。

そこにタケシが手配したヘリコブターが飛来します。彼女の仇、Osaka Japanのヤクザの親分、ケンイチの元には瀧川一族の家宝の鎧兜が飾られていました…。

スポンサーリンク

映画『ヤクザプリンセス』の感想と評価


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

スタイリッシュ&血みどろで描く、胸熱の因縁抗争劇映画『ヤクザプリンセス』、いかがだったでしょうか?

冒頭で大阪に金閣寺が登場したシーンに、これからどうなる?、と感じた不安はすぐに吹き飛んだ痛快娯楽作。

これはTokyo Japan Kinkakuji のシーンから始まった、ショー・コスギ主演のトンデモニッポン忍者映画『ニンジャ(ニンジャ/転生ノ章)』(1984)へのリスペクトでしょう(?)。

大阪で麺をすする伊原剛志は『ブラック・レイン』(1989)への、黄色いジャージ軍団はブルース・リー、そして『キル・ビル Vol.1』(2003)へのオマージュか…本作は「日本を描く海外アクション映画たち」への、愛に満ちた作品です。

こう紹介すると、ドルフ・ラングレン主演のトンデモニッポン映画、『リトルトウキョー殺人課』(1991)のサンパウロ版かも、と誤解する方がいるかもしれません。

とんでもありません。本作のクオリティは高く、ハリウッドスケールで作られた、リアル感ある任侠モノVシネマ、と呼ぶべき映画です。

間違いなく世界で日本人が一番楽しめる、”ガイジン”が真面目に描いた“ニッポン映画”。この魅力の背景を解説していきましょう。

「劇画チックJapan」をスタイリッシュに描く


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

本作の原作はブラジルのグラフィック・ノベル「SAMURAI SHIRO」。劇中でアケミの友人が持ってきた本の表紙がこの作品です。作者はマーベルコミックでも活躍する、ダニーロ・ベイルース。

彼は日本の劇画「子連れ狼」の大ファンであり、劇画などフィクションの分野に登場する、娯楽として誇張して描かれた日本文化の良き理解者です。

よって劇画や娯楽時代劇、Vシネマのテイストが大好きな方なら、間違いなく『ヤクザプリンセス』が気に入るでしょう。

また彼は本作監督ヴィセンテ・アモリンの映画『モーターラッド』に登場するキャラクターを創造した人物です。彼の世界観を理解する監督との共同作業で、実にユニークな作品が誕生しました。

ダニーロ・ベイルースは、熱狂的“日本びいき”ではなさそうです。彼にはマカロニウェスタン、SF、クトゥルフ神話の影響を受けた作品があり、様々な異国・異文化ポップカルチャーに興味を抱くアーティストです。

そんな彼だからこそ、冷静に日本文化のリアルな部分と誇張した部分を織り交ぜ、見応えある物語を創造できたのです。映画の中に崩壊した「なんちゃってニッポン描写」は無い、と約束しましょう。

なお原作タイトルの「SAMURAI SHIRO」が、少々気になっています。日本のプロレスラー、越中詩郎は1984年、三沢光晴と共にメキシコに遠征した際、”Samurai Shiro”のリングネームを使用しているのです。

メキシコ遠征から帰国した三沢光晴が、2代目タイガーマスクとしてリングデビュー…したのは余談です。サブカルチャー好きの原作者だけに、メキシコ時代の越中詩郎のリングネームを、このキャラクターに与えたのかもしれません。

誰か優れたグラフィック・ノベル作家として活躍する、ダニーロ・ベイルースご本人に質問して下さい!

海外で活躍する日本人俳優たちが集結


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

いくら日本を「忠実」に描こうにも、使われるのが“ヘンな日本語”では興ざめです。そして英語圏市場を意識した本作は、日本語と英語を織り交ぜたセリフ回しが重要です。

そんな本作での伊原剛志の演技は完璧。ヴィセンテ・アモリン監督は『汚れた心』で主役に起用した彼に、絶大な信頼を寄せていました。

『汚れた心』はブラジルの映画祭を中心に、数多くノミネーションされ受賞した作品です。監督は自分にとって初めてとなる、剣を使うアクション映画を撮る際に、彼の演技に大いに助けられたと語っています。

伊原剛志は刀を使ったアクションを熟知している本物だ。『十三人の刺客』(2010)を見て欲しい。三池崇史監督が彼に執着するのも理解できる、とインタビューに語ったアモリン監督。

MASUMIにとって日本語・英語は問題ありませんが、本作が長編映画初主演の彼女は、大きなプレッシャーを感じていました。

彼女の最初の撮影はカラオケバーでの乱闘後、祖父の遺影の前で泣くシーン。初めて撮影セットに入り、感情的場面を演じるのは難しく緊張した。しかし監督は私が演技に入るには時間が必要と理解しており、おかげで満足できるシーンになった。

物理的にもスケジュールも厳しかったが、クルー全員と強く団結して完成させた、特別な思い出となる映画が『ヤクザプリンセス』だ、と話しているMASUMI。

現在はハリウッドで活躍している尾崎英二郎は、アモリン監督は俳優のアイデアを演出に取り入れ、リハーサルに多くの時間を割いて、じっくり撮影に取り組む映画作家と紹介しています。

オーストリア生まれの監督はロンドン、ワシントンDC、オランダそしてブラジルなど世界各地を転々として育ち、英・仏・スペイン・ポルトガル語を操る、今はブラジルで活動する人物です。まさに本作に適任の人物でしょう。

その他日本人・日系人役の俳優も、違和感を感じさせぬ人物ばかり。日本の芸能界に限界を感じ、ハリウッドに活躍の場を移した、主人公の師匠を演じる竹嶋利仁。

TVドラマ『MACGYVER/マクガイバー』(2016~)や『S.W.A.T.』(2017~)などでゲスト出演を重ね、インドやシンガポール制作作品にも活躍の場を広げている俳優です。

またマリコ・タカイは、ジャレッド・レトがジョン・レノンを殺害した人物、マーク・チャップマンを演じた映画『チャプター27』(2007)で、オノ・ヨーコ役で出演と聞くと納得する雰囲気の持ち主です。

その他の登場人物も実にリアル。中国系アメリカ人俳優ケニー・ルーは武道の達人であり、迫力ある格闘シーンを生み出すために起用されました。

まとめ


(C)2021 FILMLAND ALL RIGHTS RESERVED

日本文化を扱ったB級映画や、Vシネマ的作品ファンなら必見の『ヤクザプリンセス』。タイトルやビジュアルに魅かれて鑑賞した方は、絶対に満足するはずです。

そして日本人・日系人&ブラジル人に囲まれ奮闘する男、ジョナサン・リース=マイヤーズ。マイノリティー側の人物を演じる事が多い印象を受けますが、今回の孤独に闘う姿も彼にピッタリです。

ところで彼はいきなり、“Shiro”の名を与えられます。“シロー”でなく“シロ”で、原作「SAMURAI SHIRO」とは「白人のサムライ」の意味でしょうか?これ、コンプライアンス的にどうでしょう。

しかし劇中で、この名を与えられるシーンを見ると、…“シロ”って犬の名前?、と感じたのは私だけでしょうか。この後主人に忠実に仕え、武士道・任侠道的な自己犠牲の限りを尽くしそうな、彼の姿を見るとそんな気がします。

主君に忠実な武士道の美学とは、究極のマゾヒズムだ、とも言います。そんな「劇画チックJapan」のムードが強く漂わせるシーンでした。

MASUMIは撮影現場でジョナサン・リース=マイヤーズは、まだ演技の経験の浅い私に「あなたは常に美しい。だから、それに逆らうんだ」とアドバイスしてくれた、と語っています。

その言葉に従い他人の目、つまりカメラにどう撮られるか意識せず、自分の感情を表現することに集中できた、と振り返っているMASUMI。

撮影現場でナイスガイで、劇中のアクションもカッコいい、男も惚れるジョナサン・リース=マイヤーズ。

しかし全身刀傷だらけで、お姐さんには散々ボコられ、武士道・任侠道に目覚めて、”Shiro”の名を与えられる姿は…もの凄く”ドM”に見えました。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」は…


(C)2021 CTB Film Company LLC – CGF LLC – All-Russian State Television and Radio Broadcasting Company

次回の第2回はロシア発の天真爛漫ファンタジー、おとぎ話の世界を豪華絢爛に描いた映画『マジック・ロード 空飛ぶ仔馬と天空の花嫁』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020延長戦見破録』記事一覧はこちら

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想と評価解説。韓国らしい泣ける感動にアツい家族節が炸裂!|コリアンムービーおすすめ指南11

死後に待つ7つの地獄と3人の使者! 韓国の人気ウェブ漫画を映画化。韓国で大ヒットを記録したファンタジー・アクション『神と共に 第一章:罪と罰』が、5月24日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されま …

連載コラム

『A-X-L アクセル』ネタバレ感想とあらすじ。SF映画ならではの 軍用ロボット犬と青年のバディムービー!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録56

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第56回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は人と軍用に開発されたロボットの交流を描く …

連載コラム

『仮面ライダージオウ』平成最後の夏明けスタート。あらすじと20作目の魅力は|邦画特撮大全11

連載コラム「邦画特撮大全」第11章 2018年9月2日(日)から放送が開始される『仮面ライダージオウ』。 この作品は平成仮面ライダー20作記念作品です。2000年に放映された『仮面ライダークウガ』から …

連載コラム

ゴジラ映画の感想と考察。シリーズ初代の由来と1984年版とシンゴジの共通点を徹底解説|邦画特撮大全21

連載コラム「邦画特撮大全」第21章 昨年2017年東宝は11月3日を“ゴジラの日”に制定し、日本記念日協会から認定を受けました。 これは東宝が製作した特撮映画『ゴジラ』(1954)の公開日、昭和29年 …

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言|アニメ2期放送前にネタバレ有ではじまりの物語を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察16】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第16回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「兄妹の絆編」の名言/ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学