Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

犬も食わねどチャーリーは笑う|あらすじ感想と評価解説。香取慎吾が夫婦のバトルをブラックコメディとして演じる|映画という星空を知るひとよ113

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第113回

結婚4年目にして訪れたある夫婦のバトルを、香取慎吾主演でコミカルに描いたブラックコメディ『犬も食わねどチャーリーは笑う』

チャーリーは夫婦が飼っているペットのモリフクロウの名前です。チャーリーが飼い主を観る視線を通して、夫婦間の笑うだけではすまないバトルの一部始終を描きます。

監督は『箱入り息子の恋』(2013)『台風家族』(2019)などのオリジナル脚本でも勝負する市井昌秀。主役の情けないダメ夫を演じるのは、『凪待ち』(2019)の香取慎吾。

また1つ新たな役どころを得た香取の映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、2022年9月23日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開!

映画公開に先駆けて、『犬も食わねどチャーリーは笑う』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の作品情報


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

【公開】
2022年(日本映画)

【脚本・監督】
市井昌秀

【音楽】
安部勇磨

【主題歌】
「こころのままに」/never young beach

【キャスト】
香取慎吾、岸井ゆきの、井之脇海、中田青渚、小篠恵奈、松岡依都美、田村健太郎、森下能幸 / 的場浩司、眞島秀和、徳永えり 峯村リエ、菊地亜美、有田あん、瑛蓮 / きたろう、浅田美代子 / 余 貴美子

【作品概要】
市井昌秀監督がオリジナル脚本を書き下ろし、ある夫婦の互いにゆずれないバトルを、香取慎吾主演でコミカルに描いたブラックコメディ。

裕次郎役を『凪待ち』(2019)の香取慎吾、日和役を『神は見返りを求める』(2022)の岸井ゆきのが演じるほか、井之脇海、的場浩司、余貴美子らが脇を固めます。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』のあらすじ


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

田村裕次郎はホームセンターで働くとても平凡な男性。客として来店した日和と結婚して4年目になります。

裕次郎は身体づくりのために自宅のトレーニングマシンで汗を流す毎日を送っています。会話の少なくなった日和との日常ですが、それなりに平和に暮らしていました。

ある日、会社の同僚からあるサイトを教えられました。

それは、妻たちの恐ろしい本音とも言える、旦那たちが見たらゾッとするようなエグイ投稿がびっしり書き込まれているSNSの「旦那デスノート」でした。

裕次郎は投稿者の文を読んでいきますが、ペンネーム「チャーリー」という投稿者がいて、とても気になりました。

妻の日和と一緒に飼っているフクロウの名前もチャーリーです。それに投稿の内容も、裕次郎が身に覚えのあることばかりです。

これは、単なる偶然? それとも……。まさかこれって、俺のこと?! 

ビックリ仰天の裕次郎、日和との間で本音をぶちまける夫婦喧嘩が始まろうとしています。

スポンサーリンク

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の感想と評価


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

夫婦間のパンドラの箱

『犬も食わねどチャーリーは笑う』の主人公夫婦の喧嘩の発端は、妻がサイトにハンドルネームで書きこんでいた‟旦那への不満”でした。

「旦那デスノート」と称するサイトに書き綴られた、旦那への罵詈雑言。

普段、旦那と面と向かって言えないことを、その妻はサイトに気が済むまで書き込んでいたのです。それも1人や2人ではなくて何人も。

投稿内容は誰もが「ある、ある」とうなずいたり、「わかる、わかる」と共感したくなるもので笑いももれます。

ですが、面と向かっては言えない夫に対する妻の本音と思えば、あまりにリアルすぎて、背筋も凍る想いがすることは間違いありません

顔で笑って心で悪口をつぶやく夫婦。特に本作では妻・日和の心のつぶやきが、要所要所で披露されます。

夫の一挙一動に対して、妻は何を思うのか。妻の胸中を知った夫は、開けてはいけないパンドラの箱を開けた思いがしたことでしょう

そして、観客は実体験と思われるような現場の目撃者になってしまい、どちら側につくか、迷うことでしょう。

夫婦の平和はどうなるのか


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

田村夫妻は演じるのは、香取慎吾と岸井ゆきのです。

映画『凪待ち』(2019)をはじめ、多くの映画でさまざまな役柄に挑戦してきた香取慎吾。

本作の気弱なダメ夫は、これまでにないキャラと思え、香取慎吾の新しい役どころの一面を見ることになるでしょう。

また、妻の日和は、岸井ゆきのが演じています。映画『愛がなんだ』(2018)『やがて海へと届く』(2022)をはじめ、『神は見返りを求める』(2022)なで、テレビや舞台で幅広く活躍する実力派。

身長差がある2人が演じる夫婦は、どこかユーモラスで可愛らしさがあります。それなのに、結婚して4年目ともなると冷めきった空気が漂い始めています。

そんな雰囲気の中、ギリギリに追い込まれた夫婦の危機に立ち向かう、香取慎吾と岸井ゆきの演技に注目です。

まとめ


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

香取慎吾と岸井ゆきのが夫婦役をする映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』をご紹介しました。

夫婦だからこそ言えない不満は、誰にも言えず胸に秘めておくことがありますが、本作では、その不満を妻がSNSのサイトに投稿します。

そのサイトを見てしまった夫。ハンドルネームから妻の投稿とわかり、妻が何を思っているかを知って愕然とします。

夫婦なら誰もが経験するようなマル秘な話がスクリーンに登場しました。

憎めないダメ夫を演じる香取慎吾、言葉はきついけれどチャーミングな岸井ゆきの。

2人が演じる夫婦の将来が明るいものでありますようにと、願わずにいられません。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、2022年9月23日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。

関連記事

連載コラム

【ネタバレ】鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編|あらすじ感想と考察。無限列車編テレビ初放送にむけ柱の集結×無惨パワハラ会議を復習|鬼滅の刃全集中の考察26

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第26回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 (C)吾峠呼世晴/集英社・ア …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

映画『怪談新耳袋Gメン 孤島編』心霊現象の怖いスポットをドキュメントした先に待つものは⁈|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019④

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 「夏のホラー秘宝まつり」に欠かせない作品といえば、おじさんたちが心霊スポットに殴り込みをかける、ガチ …

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

ギレルモ・デル・トロ監督インタビュー【映画代表作に及ぼした幼少期の影響と作風とは】FILMINK-vol.18

FILMINK-vol.18「Guillermo Del Toro: Out Of The Dark」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学