Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/20
Update

映画『お嬢ちゃん』感想レビューと評価。荻原みのりの演技力で魅せたリアルさと脱力感のユーモア|銀幕の月光遊戯41

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第41回

映画『お嬢ちゃん』が、2019年9月28日(土)より、新宿K’s cinema他にて全国順次公開されます。

初監督作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭に日本映画から長編部門で唯一選出されるなど、国内外で高い評価を得た二ノ宮隆太郎監督が、ENBUゼミナールCINEMA PROJECTの第8弾として製作した作品です。

主演に萩原みのりを迎え、独特のリズムで1人の若い女性の内面を描いた作品です。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『お嬢ちゃん』の作品情報


(C)ENBUゼミナール

【公開】
2019年公開(日本映画)

【監督】
二ノ宮隆太郎

【キャスト】
萩原みのり、土手理恵子、岬ミレホ、結城さなえ、廣瀬祐樹、伊藤慶徳、寺林弘達、桜まゆみ、植田萌、柴山美保、高岡晃太郎、遠藤隆太、大津尋葵、はぎの一、三好悠生、大石将弘、小竹原晋、鶴田翔、永井ちひろ、高石舞、島津志織、秋田ようこ、中澤梓佐、カナメ、佐藤一輝、中山求一郎、松木大輔、水沢有礼、髙橋雄祐、大河内健太郎

【作品概要】
大ヒットした『カメラを止めるな!』(2017/上田慎一郎)など数々の話題作を生み出したENBUゼミナールのワークショップ「シネマプロジェクト」の第8弾として製作された2作品のうちの1作。

俳優として活躍する一方、初監督作『枝葉のこと』(2017)が第70回ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に選出されるなど、国内外で注目を集める新鋭・二ノ宮隆太郎が、夏の鎌倉を舞台に、ひとりの若い女性の生き様を描いた作品。

映画『お嬢ちゃん』のあらすじ


(C)ENBUゼミナール

21歳のみのりは、海辺の町、鎌倉でお婆ちゃんと二人で暮らしています。どうやら彼女は父親に激しい恨みを抱いているようなのですが、その父親はすでに他界しています。

みのりは観光客が立ち寄る小さな甘味処で高校を出てからずっとアルバイトをしているのですが、しばしば男たちが可愛い店員がいると彼女目当てにやってきます。しかし彼女は日々の生活の中で出会う男たちに絶対に屈しません。

酒の席で親友の理恵子に失礼なことをした大男にも平気で喧嘩を売り、いくら相手が威嚇してきても決して引き下がりません。ふわふわ浮かれている周囲に流されることなく正論を吐き、中途半端なことを嫌い、誰にも媚びない彼女。

ある日親友の理恵子と未来を想像した時、みのりは、理恵子が私に依存しているのではなく、依存していたのは自分ではなかったかと口走りますが・・・。

スポンサーリンク

映画『お嬢ちゃん』の感想と評価


(C)ENBUゼミナール

くだらない会話たち

舞台は地元民と観光客が入り交じる海辺の町。

始まって早々、海水浴にやってきた女性グループの1人が、日焼け止めを塗りながらあけすけな会話を始めます。

これは下品なエリック・ロメールとでも言うべき作品なのだろうか、とそのあけすけさに若干引き気味に見ていると、喋り続けていた女性は友人たちに役割をふって、ちょっとしたコントのようなものを始めます。

これはなんだろうかと観ているとそれ以後も出てくるグループがことごとく、コントを始めるのです。コントと言ってもお笑い芸人がするような笑える気の利いたものではまったくありません。

しかし、当事者の彼女たち、彼らはとても楽しそうです。

“どいつもこいつもくだらない!”という映画の惹句に大いにうなずかされることになるわけですが、けれど、これってもしかしたら、私たち自身を映す鏡のようなものかもしれません。

日常会話の大半はとても人様には聞かせられないような意味のない、いわゆる身内のりのものです。当人たちにとっては楽しくても、他人にはくだらない理解不能なものでしょう。もしかしたら不愉快なものでありさえするかもしれません。

こんな会話しか聞こえてこない中、ヒロインのみのりがしかめっ面をしっぱなしなのは圧倒的に正しいのです。

不機嫌な彼女


(C)ENBUゼミナール

みのりはどうやら亡き父親に激しい恨みを持っていて、父親のせいでこんな性格になってしまった、と一緒に住んでいる父方の祖母を責めます。

みのりの過去についてはこの場面以外はほとんど語られることはありません。代わりに“こんな性格”というものが画面に映し出されていきます。

友人にひどいことをした男には抗議をし、合コンに誘われて断りきれない友人を注意し、一度寝たからって恋人気取りで追い回してくる男を完璧に切り捨て、“女の子だから下着のままうろうろしてはいけないよ”と祖母が言うと、“女の子だから”という言葉に噛みつきます。そこには彼女の正当性だけが現れています。

気乗りのしない誘いを断りきれなかったり、理不尽と想う言葉も聞かぬふりをしたり、古い観念で異性に従属的になったり、楽しくないのに楽しいフリをしたり、そんな経験は誰にでも多かれ少なかれあることでしょう。

本当ならちゃんと断りたいし、正論を述べたいし、毅然とした態度をとりたいと考えながらも、空気を壊してはいけないという同調圧力に屈してしまっているのです。

そんなか、みのりのとっている行動は筋が通っていて、真っすぐで、観ていて爽快でさえあります。映画的には彼女はヒーローといってもいいでしょう。

しかし、彼女自身の問題としてはどうでしょうか? そうした生き方は、今の日本の社会ではとてもしんどいものなのではないのでしょうか? 

みのりを演じる萩原みのりの表情は険しく、感情をむき出しにしたひりひりとしたそのたたずまいは、共感や心配といった様々な感情を呼び起こします。

萩原みのりと“みのり”のリアル


(C)ENBUゼミナール

二ノ宮監督は、このヒロイン像を萩原みのりを念頭に創り上げていったそうです。

萩原みのりは、『昼顔』(2017/西谷弘)や『ハローグッバイ』(2016/菊地健雄)などの作品で、その存在を確実にフィルムに刻んできた若手女優ですが、本作の出演にあたって次のように語っています。

主演をやってほしいと声をかけていただいた時の私はいろんな薄っぺらさに嫌気がさして、周りのことも自分のことも大嫌いで、役者をやめることばかり考えていました。この作品は私の、役者を続ける、役者で生きていく、という決意の作品でもあります。

”みのり”というキャラクター”が萩原みのりのリアルと重なり、そこから生まれたものは、とてつもなく観るものの心を打つものとなりました。

ヒロインが放つ殺気立つような空気と周りのゆるゆるの脱力感というコントラストがこの作品の最大の魅力でしょう。

シリアスとユーモラスが巧みに同居しており、独特な味わいのある作品はくせになる面白さが宿っています。

まとめ


(C)ENBUゼミナール

萩原みのり以外の出演者では、みのりの親友役の土手理恵子がとても印象的です。穏やかな人柄で、この作品の中で唯一ほっとさせられる存在感を持っています。

彼女が二度、みのりの後ろ姿を見送るシーンがあるのですが、あの時(特に二度目)、彼女は何を感じていたのか、とても気になります。

また、『枝葉について』で、二ノ宮監督にスカウトされ、映画初出演を果たした三好悠生が本作にも出演していて、芸人として鍛えた巧みな話術と存在感を見せてくれています。

映画『お嬢ちゃん』は、2019年9月28日(土)から新宿K’s cinema他にて、全国順次公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…

2019年10月28日(土)より公開のヤスミン・アフマド監督の名作『細い目』をお届けする予定です。

お楽しみに!

関連記事

連載コラム

大人の恋愛映画『パリのどこかで、あなたと』感想評価と解説レビュー。出会いと進展、そして距離感をリーフランソワ・シヴィルとアナ・ジラルドで魅せる|映画という星空を知るひとよ38

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第38回 リアルなパリの街並みを背景に、仕事や恋愛、人間関係にストレスを抱える男女の姿を描く『パリのどこかで、あなたと』が、2020年12月11日(金)よりYE …

連載コラム

ジーン・セバーグ映画『リリス』のあらすじと考察。 ロバート・ロッセン監督が放つ美しく危険な神話|偏愛洋画劇場17

連載コラム「偏愛洋画劇場」第17幕 ケネディ大統領の就任、公民権運動、ベトナム戦争、キング牧師やマルコム・Xの登場、そして暗殺…。アメリカだけでも数え切れないほどの出来事が起こった動乱の時代であった1 …

連載コラム

映画『デンジャラス・ライ』ネタバレあらすじと感想評価。幸せな夫婦が巻き込まれた嘘で固められた複雑な事件と遺産相続|Netflix映画おすすめ6

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第6回 Netflixのおすすめ映画『デンジャラス・ライ』。主人公のケイティは大学院のアダムと婚約し、生活は楽ではなく彼女は堅実に働きます。 …

連載コラム

映画『ガール・アスリープ』あらすじと感想。ローズマリー・マイヤーズ監督が描く14歳の少女の憂鬱と作り込んだ設定|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館6

15歳の誕生パーティーが始まる! 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活をとげた映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館 …

連載コラム

映画『検察側の罪人』評価。ロケ地やラスト結末から制作側の意図を読み解く|舞台裏の裏の裏話1

連載コラム「舞台裏の裏の裏話」その1 『日本で一番長い日』や『関ヶ原』の原田眞人監督の最新作であり、原作は「月刊文藝春秋」にて2012年9月号から2013年9月号まで連載された雫井脩介による小説の実写 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学