Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/11
Update

映画『アウェイク/AWAKE』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。眠ることの出来なくなった世界で起こる崩壊と再生の物語|Netflix映画おすすめ43

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第43回

平和な日常が突如終わりを告げ、不安とパニックの渦中へと引きずり込まれる絶望感を描いた映画の数々。

私たちの身にもいつ起きるか分からない突然の崩壊を描いた物語は、映画だからこそエンターテイメントとして楽しむことの出来るジャンルです。

今回はNetflixで鑑賞することの出来る独占配信のパニックスリラー映画『AWAKE/アウェイク』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『AWAKE/アウェイク』の作品情報


(C)Netflix映画 AWAKE

【原題】
Awake

【配信日】
2021年6月9日(アメリカ映画)

【監督】
マーク・ラソ

【キャスト】
ジーナ・ロドリゲス、アリアナ・グリーンブラット、フランシス・フィッシャー、ジェニファー・ジェイソン・リー、バリー・ペッパー、シャミア・アンダーソン、フィン・ジョーンズ

【作品概要】
『さようなら、コダクローム』(2018)のマーク・ラソが監督を務めたNetflix独占配信映画。

主演を『バーニング・オーシャン』(2017)に出演したジーナ・ロドリゲスが務め、『ヘイトフルエイト』(2016)の演技で高い評価を受けたジェニファー・ジェイソン・リーが共演として出演しました。

映画『AWAKE/アウェイク』のあらすじとネタバレ


(C)Netflix映画 AWAKE

研究所で警備の仕事を担う傍ら、陰で廃棄となった薬物を売りさばくジル。

ある日、別居する息子のノアと娘のマチルダを連れ車の運転をしていると、突然車が操作不能となり玉突き事故に巻き込まれ、車ごと湖に落ちてしまいます。

ノアとジルは無事に水から出ることが出来ましたが、マチルダは溺れてしまい駆けつけた警察官の救命行動によって息を吹き返します。

念のため病院へと急ぐジルたちでしたが、街全体が停電に見舞われ全ての電子機器が停止する現象によって病院はパニック状態に陥っていました。

病院の中では停電以外にもあらゆる治療でも目が覚めなかった意識不明の患者が次々と覚醒する異常な現象が発生。

実家に戻ったジルは翌日の仕事に備え早く寝ようとしますがなかなか寝付くことが出来ず、気が付くと母もノアも起きており、眠っているのはマチルダだけでした。

日も明けない時刻に実家を出たジルは街中の人々が興奮状態でパーティをしており、薬の売人から睡眠剤を高値で買い取ると提案されます。

誰もいない研究所内で再び廃棄薬剤を盗もうとするジルは急いで資料を探す精神科医のマーフィに目撃されますが、見咎められることはありませんでした。

マーフィはジルを今起きている現象の究明のために設立された「拠点」へと誘います。

停電は精神科医では何も出来ないとジルは拒否しますが、世界で起きているのは停電だけでなく全人類の不眠と言う異常現象でした。

人は睡眠を取らないと人体のあらゆる部分に影響が起き、数週間で死に至ります。

ジルは娘のマチルダは寝ていたと反論すると、研究者の1人が政府は1人の眠ることの出来る女性のために拠点を作ったほどに貴重な能力であることを話します。

街では睡眠薬の奪い合いによって一部の住民が暴徒化し、警察官を含めた多くの死者が出ていました。

ジルは眠ることの出来るマチルダがトラブルに巻き込まれることを恐れ実家へと戻りますが、マチルダは親権を取得しているジルの元夫ドリスが牧師を務める教会へと行っていました。

ドリスはマチルダの眠ることの出来る能力が神からのギフトであると考えると、彼女を使い興奮する住民を落ち着かせようと試みます。

しかし、警察官のジムを始め、眠ることの出来ず弱り始めた息子を持つ父親などの一部の住民がマチルダを生贄に捧げることで解放されると言う危険な思想を持ち始めます。

その場にジルとノア、そしてマチルダの特異性を知った研究員が現れますが、ジムがマチルダを拠点に連れていこうと考える研究員を射殺してしまい教会内はパニックに陥ります。

パニックに紛れて逃走したマチルダをジムたちは捜索し始めますが、ジルが最初にマチルダを見つけ、ノアと共に教会を脱出。

ノアは研究員の死体から拠点の場所を見つけ出しており、ジルにマチルダを拠点に連れて行くべきだと主張します。

ジルはマチルダが実験台に使われることに怯えていましたが、ノアの自分たちが不眠で死んでしまったら幼いマチルダも生きることはできないと言う言葉に納得し拠点を目指すことにします。

バッテリーを使わない車なら動くことを知ったジルは車を入手。

拠点を目指す最中、ジルはマーフィが睡眠を阻害する拷問を研究していたことをノアに話し、彼女は研究のためなら何でもすると不安を吐露します。

図書館で拠点への道を調べていると刑務所から脱獄した囚人たちと遭遇。

囚人にノアを置いていけと脅迫されるジルたちでしたが、囚人の1人であるダッジが車を運転し彼女たちを助けます。

ダッジはマチルダが寝ることの出来る少女であることを知ると治療法を探すジルたちの旅に同行。

道中、暴徒化した人間に襲われる4人でしたがダッジの協力もあり無事に拠点へと辿りつきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『AWAKE/アウェイク』のネタバレ・結末の記載がございます。『AWAKE/アウェイク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ダッジに別れを告げ車を明け渡したジルは安全確認のため、ノアとマチルダを拠点から離れた場所に隠すと1人拠点へと向かいます。

研究員に変装し拠点に忍び込んだジルはマーフィと再会。

しかし、マーフィによる治療法の開発は全く進んでおらず、拠点には不眠による障害を抑えるための神経を鈍くする薬があるだけでした。

ジルが戻らないことからマチルダとノアはダッジを連れ拠点を訪れます。

拠点の研究員は3人を捕縛し、眠ることの出来るマチルダを徹底的に調べようとしますが、因果関係を見つけることが出来ませんでした。

数時間後、不眠による障害によって拠点を警備する軍人たちの精神が異常をきたし始め、一部の軍人が敵襲と勘違いし軍人同士の殺し合いが始まります。

やがて、軍人たちは研究員も殺害し始め、ノアを守ろうとしたダッジなど多くの犠牲者が出ます。

研究員によってマーフィも死亡し、マチルダは駆けつけたジルに助けられますがノアは電線をメスで解剖する狂気に走り感電。

心臓が止まっていることからジルとマチルダは除細動器を使いますが、操作がおぼつかず自身も感電してしまいました。

翌朝、身体が動くようになったジルと目を覚ましたマチルダはノアが生きていることに気づきます。

ノアは夢を見ていたと話し、眠れるようになったことから体力が回復していました。

しかし、ジルは限界が近づいており、死を間近にしています。

マチルダはノアが一度心臓が止まってから生き返り、自身も湖に落ちた際に一度心臓が止まったことを思い出し、眠れるようになったきっかけが心臓を止めることだと気付きます。

ノアを説得したマチルダは身体の動かないジルを同意のもとに水に沈め心臓を止めます。

そして、2人の必死の救命活動を受けジルは再び目を覚ましました。

スポンサーリンク

映画『AWAKE/アウェイク』の感想と評価


(C)Netflix映画 AWAKE

眠ることの大切さを知ることの出来る恐怖映画

『ドント・スリープ』(2016)のように眠ることが死を誘発するため眠らないように努力する構図を描いた映画は過去にも存在しました。

しかし、2021年に配信された『AWAKE/アウェイク』で描かれたのは全く新しい「睡眠」そのものが出来ないことに対する恐怖でした。

水分補給や食事と同様に睡眠は人体を維持するのに重要な要素の1つですが、有事の際には真っ先に切り詰められるものでもあります。

軽度でも集中力の低下を引き起こす危険性を含む睡眠不足は長期間その状態が続くことで意識の錯乱や脳障害を引き起こすとされています。

本作では物語の経過と共に登場人物の判断能力が欠如していき、最終盤では睡眠不足がきっかけとなり想像を絶するほどの崩壊を迎えることになります。

日々の暮らしの中で、忙しい人や趣味の多い人ほどおろそかにしてしまいがちな「睡眠」がいかに人間にとって大事なのかを改めて感じさせてくれる作品でした。

未知の恐怖と家族の逃避行

未知の恐怖が日常を襲い、救いを求めて安全地帯を目指す逃避行映画。

『バードボックス』(2018)で描かれたように法や秩序が失われ始めた時に見える人の本性はおぞましくもあり、同時に美しくもあります。

2人の子供を持つ主人公のジルは警備員の仕事をする傍ら、職場で廃棄となった医療薬剤を違法に売りさばく善良とは言えない人物として登場します。

しかし、家族の逃避行が始まると彼女の利己的とも言える行動は全て家族を想っての行動であることが分かり始め、過去の事柄によってバラバラだった絆が未知の恐怖と言う要素によって強く結びついていきます。

「日常の崩壊」と「家族の再生」、対角線に位置するような真逆の構造がぴったりとハマっている作品でした。

まとめ


(C)Netflix映画 AWAKE

奇抜な発想の光るワンシチュエーションスリラーや全く新しい要素を追加したパニックスリラーなど、Netflixによる独占配信映画は観たことのない楽しみを持つ映画を次々と体験させてくれます。

配信映画のラインナップの多さから、睡眠時間を削ってでも観たい映画は増えていく昨今ですが、最新恐怖映画『AWAKE/アウェイク』はそんな趣味人に対しても睡眠の大切さを改めて気づかせてくれる1作。

「何だか最近睡眠時間が少ない」と身に覚えのある方は心して鑑賞してみて欲しい映画です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言まとめ|原作ネタバレで善逸・伊之助との運命的な邂逅を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察15】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第15回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「初任務~鼓屋敷編」の …

連載コラム

【2019年の挨拶】あけましておめでとうございます。

橿原神宮 ©︎Cinemarche 謹啓 あけましておめでとうございます。 今年も映画の多様な価値を、“読者の皆さんに映画を届ける”という原点に立ち返り、専属ライターともに作品解説のご紹介することに取 …

連載コラム

フランス映画『ジェシカ』ネタバレ感想とレビュー評価。戦う女性がテロのはびこる世に美しく降臨|未体験ゾーンの映画たち2020見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第25回 様々なジャンルの映画を集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実 …

連載コラム

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

写真:倉田爽 これまで、映画やドラマといった関する深掘り考察を行ってきたCinemarcheでは、今後、専門的な連載コラムをスタートさせる運びとなりました。 第1弾として、映画随筆家の森田悠介による連 …

連載コラム

映画『GOGO(ゴゴ)94歳の小学生』感想と評価レビュー。“世界の果ての通学路”から今回はケニアの教育事情を見つめ直す|映画という星空を知るひとよ37

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第37回 “ゴゴ”(カレンジン語で“おばあちゃん”)の愛称で親しまれる94歳の小学生のドキュメンタリー映画『GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生』をご紹介します。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学