Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『氷がすべてを隔てても』ネタバレあらすじ評価と結末の感想解説。実話の極地探検から描く2人の男の‟絆と信頼”|Netflix映画おすすめ88

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第88回

映画『氷がすべてを隔てても』はアイスランド・デンマーク合作の事実に基づくサバイバルヒューマンドラマ作品。

1909年にデンマークが実際に行った極地探検に基づく物語で、Netflixで2022年3月2日(水)から配信されています。

監督はデンマーク出身のぺーテル・フリント。人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のニコライ・コスター=ワルドや、『暁に祈れ』のジョー・コールが出演しています。

デンマークの遠征隊が国の領土を証明するために行った命がけの戦いを壮大なスケールの映像で描いた作品。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『氷がすべてを隔てても』の作品情報


Netflix『氷がすべてを隔てても』

【配信】
2022年(アイスランド・デンマーク合作映画)

【監督】
ぺーテル・フリント

【キャスト】
ニコライ・コスター=ワルドー、ジョー・コール、ハイダー・リード、チャールズ・ダンス、ギスリ・オルソ・ガルザルソン、サム・レッドフォード、ディアミッド・マルタ、エド・スペリーアス、フランキー・ウィルソン、ニック・ジェームソン

【作品概要】
監督のぺーテル・フリントは、デンマークのコペンハーゲン出身。『アーン 鋼の騎士団』(2007)、サスペンス映画『ノーベル殺人事件』(2012)、ビートルズにあこがれる青年たちの青春音楽映画『イエスタデイ』(2014)などジャンルを問わずに映画作品を手がけています。

隊長のアイナー役のニコライ・コスター=ワルドーは、人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」にジェイミー・ラニスター役で出演。

アカデミー賞で国際長編映画賞他3部門ノミネートしている、ドキュメンタリーアニメ作品『FLEE』の製作総指揮を務めています。本作では脚本、製作にも関わっています。

アイバーソン役のジョー・ライトは、テレビドラマシリーズ「ピーキー・ブラインダーズ」に出演しているほか、映画『暁に祈れ』(2017)では主演を務めています。

映画『氷がすべてを隔てても』のネタバレとあらすじ


Netflix『氷がすべてを隔てても』

1909年クリスマスイブの日の、グリーンランド北東。

4年前にデンマーク遠征に向かい死亡した遠征隊の痕跡を見つけるために、隊長アイナー・ミケルセン(ニコライ・コスター=ワルド―)が率いる探検隊が向かいましたが成果はなく、隊員のヨルゲンセンが凍傷によって足の指を切り落とさなければならない事態となってしまいました。

しかし、隊長はケルン(石垣による目印)が記された地図と4年前の隊長のミリアス・エリクセンによる手紙を見つけたことで、再び遠征に向かうことを決めます。

同行者1人を募りますが隊員は無謀な探検に全員行きたがらず、整備士のアイバーソン(ジョー・コール)だけが志願しました。

アイバーソンは犬の扱いを練習すべきだと言われながらも、1910年3月に隊長と共に出発。8月までに戻ってくる予定です。

その旅路は困難を極めますが、アイバーソンは気楽にかまえています。先導犬のビョーンを大事に26日目、2人は道に迷いました。

その晩、探検への不安を漏らすアイバーソン。

前回のデンマーク遠征の隊員は、1人の遺体しか見つからず無念の死となっていたからです。。日記と地図だけが残されていて、それを見つけた隊長は必ず道は開けると信じているとアイバーソンに話します。

翌日犬ぞりで走り出した2人。アイバーソンのソリがスピードに乗って崖から落ちてしまいます。先導犬のビョーンが宙吊りになり、縄が切れてしまい落ちてしまいました。

犬の2週間分の食糧やお茶や燃料を1缶失いました。

48日目。なぜ孤独な任務につくのか、待っている人はいないのかアイバーソンは隊長に聞きます。

隊長は、探検隊は遠くに思いを馳せてはならない、身軽でなければいけないのだと話します。

アメリカ人はグリーンランド北部は海峡で別れていると主張しているものの証明されておらず、それは重要な任務なのだと説明しました。

アイバーソンは、隊長に船で見つけた写真を見ながら冗談を言います。写真に写っている女性たちに適当に名前を付け、どの娘が好みかなどと話します。

隊長は女性の名を「ナヤ」と名づけます。それはかつての恋人の名前でした。アイバーソンと隊長の仲はすこし縮まっていました。

しかし、探検の幸先は悪く、犬たちの食料が尽きてしまいました。鳥などの獲物もいないので犬のうちの一頭を銃殺して他の犬たちに食べさせました。

84日目。物資がついに底をつきましたが隊長は帰ろうとしません。ソリを1つに減らして再び出発します。

ケルンを発見しました。そこには、食料のぺミカンとスープが残されており、前隊長ミリアスからの手紙があり、ピアリー海峡は存在しないことが書かれていました。アメリカ人とロバート・ピアリーは間違っていたのです。

2人は喜びを分かち合いスープを飲みます。

132日目。アラバマ号に帰ろうとするふたりですがまだ厳しい道のりは続きます。

犬の一頭が死んでしまい、死体をさばき臓器を食べようとします。毒があるかどうか、銀器が変色するかどうかで判断して食べましたが、2人ともすぐに吐き出しました。

道すがらシロクマが犬2頭を襲い、隊長にも襲い掛かっていました。ライフルでシロクマを撃ち殺したアイバーソン。しかし隊長はシロクマに引きずられて氷の中に落ちてしまいました。

ソリと隊長が繋がっていたロープをひっぱり上げ、どうにか隊長を助けたアイバー。

隊長に暖を取らせながら、初体験の思い出話を聞かせます。隊長も昔の話をしました。

翌朝、ソリや荷物を燃やして必要最低限の装備にし、2人でアラバマ号を目指します。到着予定日に間に合わせるためにケルンを作り、証拠の手紙を隠して出発します。

必死に歩いてアラバマ号にたどり着いたものの、誰もいませんでした。

アラバマ号は氷が衝突して大破し、やむなく隊員たちは1年分の食糧を置いて帰ってしまっていました。

164日目。迎えに行くようにヨルゲンセンらが要求しますが、委員会はこれ以上無駄な出費はできないとして報奨金も出さず、救助にも行かないと言い渡します。

隊長は15歳のころ、北極探検に向かうサロモン・アンドレーに付いて行きたかったのですが、彼にコペンハーゲンまでの運賃をもらって命拾いしたことをアイバーソンに打ち明けました。アラバマ号でレコードを聴く2人。

隊長はケルンがクマによって壊されて、証拠がなくなってしまったという夢を見て、慌ててアイバーソンを連れてケルンへと向かいます。

アイバーソンは置手紙をするべきではと言いますが、隊長は氷が解ける前に戻らなければならないからと言って置手紙はせずに急いで向かいました。

439日目。ケルンは一部崩れていましたが証拠は無事でした。アラバマ号に向かう途中、クロスリーを見つけた隊長とアイバーソン。

471日目。アラバマ号の基地に帰ってきた隊長とアイバーソン。「1911年7月アイナー・ミケルセンを探している」という置手紙が置いてありました。ジョセフ・モズフェルドからの手紙でした。

ヨルゲンセンは救助をどうにか手配しようとしますが、これ以上報奨金は出せないと言って断られてしまいます。

グリーンランドでの3度目のクリスマスを迎えました。

793日目。再び雪が積もり始めます。意識が朦朧とする中、船の帆先に上った隊長は気球を発見します。女性が下りてきて、隊長の顔に触れましたがそれは幻想でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『氷がすべてを隔てても』ネタバレ・結末の記載がございます。『氷がすべてを隔てても』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

隊長の不備には水泡のような出来物ができ、体力的にも精神的にも限界が近づいていました。アイバーソンは迎えが来ることを諦めていませんでした。外の様子を見に行きます。

アイバーソンは祖父の姿を丘の上で見たと隊長に打ち明けます。アイバーソンを気遣いながら、隊長には過去の恋人ナヤの姿が見えていることを打ち明けませんでした。

小屋でレコードをかけて、幻の女性とダンスする隊長。しかし首の腫瘍が痛みはじめ、アイバーソンに切開するよう頼みます。

アイバーソンは怯えながらも切開します。失神して何時間も眠った後に目覚めた隊長に、写真に映っていた女性が自分を誘ったという夢の話をしました。

それを聞いた隊長は怒り狂いアイバーソンを撃ち殺そうとします。しかし、直前でどうにか思いとどまりました。

自分がおかしくなっていることに気付いた隊長は動揺します。隊長は謝り、アイバーソンは水に流すと言いました。

小屋にシロクマがやって来ます。扉を叩き破ろうとしますが、大きな音を立ててふたりで追い払いました。

夜眠っていると、外で物音がして起きた2人。ライフルをかまえて外に出ると、ヨルゲンセンらが迎えに来ていました。

865日目。ようやく帰国出来た2人は、政府から表彰されます。無事にピアリーランドは島ではなくグリーンランドの一部だと証明することができたのです。

表彰式の舞台袖で、話す隊長とアイバーソン。自分が乗りたがっていたタイタニック号が沈んだらしく、自分は幸運だったと隊長に話すアイバーソン。

隊長は、自分こそが幸運だったと言います。君がいなかったら成し遂げられなかったと感謝を伝えました。

そこへ隊長の過去の恋人ナヤがやってきます。再会の喜びを噛み締める隊長とナヤ。ナヤのことをアイバーソンに紹介しました。

その後、隊長とナヤは一年後に結婚。隊長はグリーンランドに生涯を捧げ、アイバーソンは二度と北極へと行きませんでした。

隊長とアイバーソンは生涯友であり続けました。

スポンサーリンク

映画『氷がすべてを隔てても』の感想と評価


Netflix『氷がすべてを隔てても』

本作は、1909年にデンマークの探検隊が、国の誇りと命を懸けて実際に行ったグリーンランド遠征の記録を描いたサバイバル映画です。

遠征隊長であるアイナー・ミケルセンによる自著に基づいた作品となっています。

当時アメリカが自国の領土だと主張していたピアリーランドが、グリーンランドの一部であることを証明するために行った遠征の様子が、壮大な映像と俳優陣の鬼気迫る演技で描かれています。

まず、映像に関してですが、実際にアイスランドやグリーンランドで撮影された氷の世界は、スクリーンで観ることができなかったことが無念に感じるほど壮大でした。

あたり一面銀世界の中、吹雪が荒れ狂う極寒の地。崖のようにそびえたつ氷の断面や、丘の上から臨む山並みの荘厳さ、そして命がけの役割を担う犬たちの凛とした佇まい。

北極という白き冷たい世界の前では、人間がいかに無力であるかを改めて感じさせられます。

そして、その環境下でいくつもの試練にさらされた2人の探検家を演じたのが、ニコライ・コスター・ワルドーと、ジョー・コールの2人です。

世界的人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でお馴染みのニコライは、極限状態にさらされて体力的にも精神的にも崩壊していく遠征隊長を迫真の演技で演じ切っています。

誰よりも任務に使命感を持っていた人物が、追い詰められ段々と変貌していく姿は絶望感と悲壮感が一層感じられます。最後には、序盤の姿からは想像も出来ないほど老け込んで見えました。

ジョー・コールが演じたアイバーソンは、はじめは遠征を楽しんでいましたが、次第に過酷な状況に置かれて表情が暗くなっていきます。

ジョーは、映画『暁に祈れ』(2017)で、タイの危険な刑務所で生き残りをかけてリングに立った実在のボクサー、ビリー・ムーア役を熱演していました。彼の表情一つで違った人物に見せる繊細な演技力は素晴らしいものです。

顔の血色や髭など、メイクによっても印象は大きく変わりますが、その表情によって見せる心情の変化が注目すべき点だと感じました。

まとめ

サバイバル映画としての見どころも大いにある本作ですが、隊長とアイバーソンの関係性が次第に変化していく部分も見どころとなっています。

お堅い性格の隊長と楽観的な性格のアイバーソンという対照的な2人は、探検家と整備士という歩んできたキャリアも全く異なっていました。

この真逆で共通点のない2人が、北極という閉ざされた氷の世界で時間をかけて絆と信頼を築き上げていきます。

隊長がはじめは軽視していたアイバーソンに対して、最後にかけた言葉は感動的なものでした。

こういった極限状態でのサバイバル映画は、映し出す映像がどれだけリアリティがあるかが、物語の説得力に直結します。この作品は間違いなく観ている部屋の温度を5度以上下げてくれるでしょう。

Netflixにて配信中なのでぜひ鑑賞してみてはいかかでしょうか。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『乱』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。鶴丸がラストに落とした仏の意味と“死ねなかった監督”の遺言とは?|のび編集長の映画よりおむすびが食べたい3

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』第3回 「Cinemarche」編集長の河合のびが、映画・ドラマ・アニメ・小説・漫画などジャンルを超えて「自身が気になる作品/ぜひ紹介したい作品」を …

連載コラム

映画『ソニータ』レビュー解説。元難民の女性がラップに込めた思いとは|だからドキュメンタリー映画は面白い3

アフガンから逃れイランで暮らすラッパー志望の少女が、古い慣習による結婚を強要され、その反発心をラップにぶつける―。 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第3回は、サンダンス映画祭ワールドシネマ・ドキ …

連載コラム

映画『浅草キッド』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ビートたけしの芸人誕生秘話を柳楽優弥と大泉洋ら熱演す!|Netflix映画おすすめ76

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第76回 今回ご紹介するNetflix映画『浅草キッド』は、漫才師ビートたけしの自伝小説で、彼の師匠である芸人・深見千三郎との出会い、下積み …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑧

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年3月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

【漫画ネタバレ考察】シン・仮面ライダー|1話あらすじ感想解説。十字仮面/クロスファイヤーにロボット刑事Kが登場?タイトル元ネタも紹介【仮面の男の名はシン2】

連載コラム『仮面の男の名はシン』第2回 『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』に続く新たな“シン”映画として、2023年3月に公開予定の庵野秀明監督作『シン・仮面ライダ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学