Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』ネタバレあらすじと感想。 仮面を手に入れたことで“自分自身”と向き合える

  • Writer :
  • 糸魚川悟

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』

森見登美彦の小説をアニメ映画化した『ペンギン・ハイウェイ』(2018)が話題となったアニメ制作会社スタジオコロリド。

新型コロナウイルスの影響によって様々な作品が公開延期を迎える一方で、映像配信サービスでは多くの作品が予定通り公開されています。

今回はスタジオコロリドの最新作であり、映像配信サービス「Netflix」が独占配信する最新アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』(2020)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

NETFLIX映画『泣きたい私は猫をかぶる』は6月18日(木)からNetflixでの独占配信

スポンサーリンク

映画『泣きたい私は猫をかぶる』の作品情報


(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

【配信】
2020年(Netflix限定配信)

【監督】
佐藤順一、柴山智隆

【キャスト】
志田未来、花江夏樹、寿美菜子、小野賢章、川澄綾子、山寺宏一

【作品概要】
長井龍雪、田中将賀と共に「超平和バスターズ」というユニットで『心が叫びたがってるんだ。』(2015)や『空の青さを知る人よ』(2019)といった作品の原作を手掛けてきた岡田麿里が脚本を担当したNetflix独占配信映画。

子役の頃から女優としての活躍を続ける志田未来主人公ムギの声を演じ、ムギの想い人日之出の声優は大ヒットとなったアニメ「鬼滅の刃」で主人公を演じた花江夏樹が務めました。

映画『泣きたい私は猫をかぶる』のあらすじとネタバレ


(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

両親が離婚し、父と父の新しい恋人の薫、そして彼女の飼い猫であるきなこと同居する中学生のムゲは夏祭りの夜にある能力を手にします。

同級生の男子、日之出に猛アタックするムゲは日之出本人に拒絶され、親友の頼子に心配されつつも自身だけが知る日之出の本性が好きで猛アタックを続けていました。

ムゲは祭りの夜に化け猫のお面屋から猫に変化することのできる仮面を貰い、猫の姿となって日之出の家に通っていました。

動物好きである日之出は、亡くした愛犬と同じ名前の「太郎」をムゲが化けた猫につけ、太郎が来るたびに手作りのご飯を振り舞うなど、愛情を注いできました。

日之出は工房を経営する陶芸家の祖父と母と姉の3人の家族を持ち、父を早くに亡くしたことから良い高校に行き学歴をつけることで家庭を支えることを母に望まれています。

一方、ムゲは薫の「ムゲの良き母になろう」という頑張りが苦手であり、再婚を選択した父の住む家にも居心地の悪さを感じ、想い人の日之出と結婚し家を出たいと切望していました。

日之出の家からの帰り、ムゲは仮面をくれた化け猫のお面屋に出会い、猫の顔を渡す代わりにムゲの人間としての顔をくれと言われますが、太郎の姿で日之出の情報を集めムゲの姿でアタックしたいムゲは拒否します。

翌日、相変わらず日之出に相手にされないムゲでしたが、学校で日之出が成績を上げたことに対し妬む男子生徒を一喝したムゲが怪我をしたことをきっかけに、ムゲは日之出と仲を少し縮めることに成功。

しかし、その夜、太郎としてムゲが日之出に会いに行くと経営難から日之出の母が工房を閉めること考えており、日之出がそのことにショックを受けていることを知ります。

進学校ではなく陶芸を専門とする学校に進みたいと思う日之出でしたが、気の強い母には言えそうにありませんでした。

日之出は太郎(ムゲ)に本当は祖父と共に陶芸を続けたいと思っており、ムゲのように言いたいことをはっきり言える性格になりたいと願っていることを話しました。

落ち込む日之出を見て、自分の気持ちを伝えたいと考えるムゲはその想いを手紙に書き渡そうとしますが、同級生にその手紙を読まれた挙句、日之出に押し付けがましい行動を嫌われてしまいます。

日之出に嫌われたことで傷心するムギは、家で薫に自分といることが辛いのではないかと言われ、父と母の離婚も、父と薫の再婚も全てが嫌であり全員が自分にとってどうでも良いと叫ぶとベランダから飛び出て、家を出て行きました。

空き地で誰かに好かれたかったことを呟き涙を流すムゲは猫の姿で日之出の家に泊まります。

朝、目を覚ましたムゲは現れたお面屋にムゲの人間としての姿はもう良いやと言うと、お面屋はムゲの人間の姿としての仮面を取り上げ、もう少ししたら完全に猫になり二度と人間に戻れないと言い去っていきました。


(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『泣きたい私は猫をかぶる』ネタバレ・結末の記載がございます。『泣きたい私は猫をかぶる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

学校では薫とムゲの父がムゲの家出を学校に報告し、頼子と日之出はムゲの失踪を自身のせいだと考えてムゲを探すことにします。

ムゲの家出を聞きつけ家にやってきたムゲの母親と薫は大喧嘩となり、さよならを言いに来たらムゲは呆れて立ち去ろうとしますが、近場を通った頼子が日之出が自身を探していることを言っていたのを聞き、日之出の家へと行きます。

夜、日之出は1人でムゲを探しに行こうとし、太郎(ムゲ)は日之出についていきます。

日之出はムゲのことをしっかり理解せず、ムゲが苦しんでいたことを知らなかったと後悔していることを太郎(ムゲ)に話しますが、太郎(ムゲ)は徐々に日之出の言葉が理解できなくなっていることで自身が完全に猫になりかけていることを悟ります。

ムゲの失踪した日、突如家に帰宅したムゲは3日後には普通に登校を始めていました。

しかし、今までのムゲとの性格と大きく違う部分が多く、頼子と日之出は訝しみます。

実はムゲは薫の飼い猫であるきなこがお面屋からムゲの仮面を買い取り被ったことでムゲの姿をしているのでした。

ムゲの姿をするきなこと会話するムゲは、きなこが薫の幸せを願っており、そのためにムゲとして「良い娘」を演じる生涯を送ろうとしていることを知ります。

きなこからお面屋が出没する猫だけの知る道の先にある「猫の島」の存在を聞いたムゲはお面屋と再会し、お面屋からムゲは次の夏祭りの日に完全に猫になることを言われます。

一方、ムゲの姿をするきなこは、薫が急に姿を消した猫としてのきなこを心配し、街を探し回っていることを知り心を痛めていました。

頼子から日之出が夏祭りに来ることを知ったきなこは日之出に会いに行き、日之出の目の前でムゲの仮面を外すことで自分が偽物の猫であることや、太郎がムゲであったことを教えます。

きなこはムゲとしてでなく猫のきなことして薫を支えることを選び、日之出にムゲを救い出して欲しいと伝えます。

半分がまだ猫であるきなこは猫だけの知る道を日之出と共に通り、猫の島へと入ります。

消えたお面屋を追い猫の島を彷徨うムゲは猫のスギタから元人間の猫が集まる飲み屋へと案内されます。

お面屋に人間の仮面を取られた人間は人間としての寿命をお面屋に取られてしまうと聞いたムゲ。

猫の島へと入った日之出ときなこはお面屋に店の中に閉じ込められてしまいます。

突如飲み屋に現れたお面屋は自身の狙いがムゲの寿命にあるとうっかり漏らすと、そのことをかつて仮面を取った元人間の猫たちにバレたことで袋叩きにあってしまいます。

その間に日之出と再会しきなこからムゲの仮面を返されたムゲでしたが、ムゲが仮面を被っても人間の姿に戻れず、お面屋にムゲは連れ去られてしまいます。

人間の姿になっても希望が見出せないから人間に戻れない、ときなこに聞いた日之出はお面屋から逃げたムゲを抱えると猫の島から抜け出そうとしますが、お面屋に2人とも捕らえられると、ムゲは人間としての魂を抜き出されてしまいます。

しかし、日之出だけでなく薫や父、そして母にもちゃんと正面から向き合っていなかったことを後悔するムゲと日之出は激しく抵抗し、きなこやスギタの協力でお面屋を倒し、魂を取り戻すことに成功。

猫の島を出て人間の姿に戻ったムゲは日之出とお互いの想いを伝え合います。きなこと共に家に帰ったムゲ、薫はきなこの姿を見て安堵します。

日之出は母に陶芸を続けたいことを真正面から打ち明けます。

ムゲは自分を捨てて出て行った母とも仲直りし、再び頼子や日之出と仲の良い日常を取り戻すのでした。

スポンサーリンク

映画『泣きたい私は猫をかぶる』の感想と評価


(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

主人公の美代が猫になることの出来る「仮面」を手に入れたことから、恋愛や家庭問題など自身の様々な問題と向き合う冒険の物語を描いた『泣きたい私は猫を被る』。

美代は幼馴染の頼子を除いた同級生たちからは「無限大謎人間(ムゲ)」と呼ばれるほど破天荒な性格が目立つ少女で、完全に相手にされていない想い人の日之出にも延々とアタックし続ける心の強さを持っているように見えます。

しかし、そんな姿は彼女の表向きの「仮面」であり、実際は両親の離婚や父親の再婚相手との距離感、そして自分を捨てた母親に対する失望感から目を背け、ただひたすらに「ポジティブ」を気取っているにすぎません。

猫の「仮面」と人間の「仮面」を巡る物語が進むうちに、彼女が自身の「仮面」に隠した悩みが融解していき、本当の自分自身と向き合っていく様子が温かく描写されており、様々な悩みを抱える人の多い現代だからこそ伝えたい物語なのだと感じました。

まとめ


(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

いかがでしたか。

社会生活を生きる上で誰もが着けている表向きの自分と言う「仮面」。

その「仮面」に隠された自分自身と向き合いながら、「猫」としてのムゲが大冒険をすることとなる本作はどの年代の方にもオススメできる作品です。

映像配信サービス「Netflix」で、ぜひぜひこの最新映画を鑑賞してみてください。

関連記事

アニメ映画

怪盗グルーのミニオン大脱走吹き替え声優キャストは?あらすじも

史上最強のライバルの出現に、グルーも知らなかった家族の秘密、そしてミニオンたちは…タイホ!? 全世界待望のグルーとミニオンの新たな物語『怪盗グルーのミニオン大脱走』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アニメ映画

映画『アノマリサ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アノマリサ』作品情報映画『アノマリサ』あらすじとネタバレベラ リサ そして妻 『アノマリサ』の感想と評価まとめ 映画『アノマリサ』作品情報 【公開】 2015年 …

アニメ映画

韓国映画『我は神なり』感想レビューと評価【新感染監督アニメ作品考察】

韓国版ゾンビ映画として話題の『新感染 ファイナル・エクスプレス』が実写映画デビュー作のヨン・サンホ監督。 2017年10月21日より、東京・ユーロスペースにて公開されるアニメ映画『我は神なり』の監督で …

アニメ映画

この世界の片隅に海外映画賞受賞一覧!2017アヌシー国際アニメほか

現在もロングラン上映中!DVDも好評発売中と、今だ人気と話題に衰えない片渕須直監督の『この世界の片隅に』。 6月は海外映画祭での上映も目白押しのようです。 今回は『この世界の片隅に」の海外映画祭と上映 …

アニメ映画

アラーニェの虫籠あらすじと声優監督紹介!2018年公開アニメ映画

坂本サク監督は2018年公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』を現在制作中。 坂本サクといえば、2004年に公開された押井守監督の『イノセンス』ではデジタルエフェクトとしてスタッフ参加。また、NHK「 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP