Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2021/03/29
Update

映画『ガルパン最終章第3話』ネタバレ感想と結末評価レビュー。シリーズ最後のテーマ“成長”と“変革”の今後を探る

  • Writer :
  • 糸魚川悟

戦車を操る女子高生が対戦する人気アニメ「ガールズ&パンツァー」のOVA「最終章」の第3話劇場公開!

2017年、大人気アニメシリーズ「ガールズ&パンツァー」の最終章と銘打ち、全6話構成での公開を前提に始動した「ガールズ&パンツァー 最終章」。

2019年の第2話の公開から1年と半年以上を経て、遂にファン待望の最新作であり物語の中盤に差し掛かる第3話が劇場で公開されました。

今回は「変革」と「成長」と言う最終章のテーマがはっきりと浮かび上がった『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』(2021)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』の作品情報


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
水島努

【脚本】
吉田玲子

【キャスト】
渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香、福圓美里、高橋美佳子、植田佳奈、菊地美香、吉岡麻耶、桐村まり、中村桜、仙台エリ、森谷里美、井上優佳、大橋歩夕、竹内仁美、中里望、小松未可子、多田このみ、山岡ゆり、秋奈、井澤詩織、山本希望、葉山いくみ、椎名へきる、瀬戸麻沙美、大空直美、米澤円、七瀬亜深、下地紫野、石上 美帆、能登麻美子

【作品概要】
2012年より放映され、舞台となった茨城県の大洗町に膨大な観光特需をもたらしたテレビアニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズの「最終章」第3作目。

監督はアニメシリーズおよび劇場版から引き続き、アニメ「クレヨンしんちゃん」シリーズへの長年の貢献で知られる水島努が務めました。

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』のあらすじとネタバレ


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

大洗女子学園は知波単学園を追い詰めたものの、初めての「撤退」を指示した知波単学園の隊長・西の決断によって、包囲殲滅をする好機を逃してしまいます。

知波単は撤退を続けながらも、大洗女子学園の頭脳である西住みほが乗る「あんこうチーム」のⅣ号戦車を狙うべく奇襲を仕掛けます。

視界の悪い森林地帯での戦いであり、試合開始から12時間の経過した深夜でもあるため大洗は苦戦を強いられます。

狙われる「あんこうチーム」は周囲を川で囲まれた中洲地帯に逃げ込み、大洗の他のチームは「あんこうチーム」を支援するため中洲へと踏み込みます。

しかし、フラッグ機である「カメさんチーム」と「アヒルさんチーム」は中洲へと入ることが出来ず、大洗は戦力を分断されてしまいます。

各チームは奮闘を重ねるものの、機動力に長けた知波単の奇襲に次々と大洗の戦車は討ち取られてしまいます。

また知波単の福田が乗る九五式軽戦車は、西の乗る隊長車を単身撃破するために行動していた「アヒルさんチーム」の八九式旧戦車と対峙。

かつて福田は「アヒルさんチーム」の面々に戦い方のヒントを教わるなど親交を深めており、その戦い方のヒントを活用し「アヒルさんチーム」の単独撃破に成功します。

大洗は残り車両を2機にまで追い込まれ、知波単は「あんこうチーム」をも撃破すべく総動員を続けます。

「あんこうチーム」は中州からの脱出に成功しますが、脱出した先で知波単車両に囲まれ撃破されてしまいます。

目論見通り西住みほの乗る戦車を倒したことで知波単は歓喜しますが、「あんこうチーム」が逃げ込んだ場所には「カメさんチーム」のヘッツァーが待機しており、知波単の歓喜の隙を狙い西の乗るフラッグ機を撃破しました。

フラッグ機の撃破により、試合は辛くも大洗女子学園の勝利となります。

負けはしたものの、今までとは違う新しい知波単学園の戦いのあり方を学び、戦いの中でさらに大洗女子学園との交流を深めたことに西や福田は満足していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』のネタバレ・結末の記載がございます。『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

無限軌道杯は続き、海外留学を理由に西住まほから逸見エリカへと隊長が代わった黒森峰女学園と、ロシアへと留学の決まるカチューシャを筆頭とするプラウダ高校がぶつかります。

エリカは黒森峰らしい戦いをしようと正面からの殲滅を敢行しますが、黒森峰との戦いを熟知するカチューシャによって主力機のマウスを破壊されてしまいます。

焦るエリカはまほからの「自分らしい戦い方を見つけなさい」と言うアドバイスを思い出し、黒森峰らしい戦い方を捨て、陽動からの奇襲作戦に切り替えます。

黒森峰らしくない作戦に動揺するプラウダは対応に時間がかかり、結果としてエリカにフラッグ機を撃破されてしまいました。

聖グロリアーナ女学院とアンツィオ高校の試合は、下馬票通り聖グロリアーナが圧勝。


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

続くサンダース大学附属高校と継続高校の試合は、継続のゲリラ作戦が功を期すものの、サンダースの隊長・ケイによる統率と砲手のナオミによる狙撃によってサンダースが優勢に進みます。

継続の残り車両が2機となる中、逃走する継続の隊長・ミカが乗るフラッグ機BT-42を撃破すべく、サンダースは全車両で追撃。

しかし次の瞬間、サンダースのフラッグ機が破壊され、何が起きたかも分からずサンダースは継続に敗北しました。

無限軌道杯の準決勝は、大洗女子学園対継続高校、黒森峰女学園対聖グロリアーナ女学院に決定。大洗はかつて大学選抜チームとの試合にて共闘したこともある、継続との戦いに挑むこととなります。

試合会場には雪が積もっており、大洗は継続による雪を使ったゲリラ戦法に翻弄されますが、「あんこうチーム」が一瞬にして5機を撃破するなど、大洗が優勢に試合を進めます。

今回の試合のフラッグ機である「アリクイさんチーム」が乗る三式中戦車と護衛の「あんこうチーム」は、継続によるゲリラ攻撃から逃走。

その道中、「あんこうチーム」の運転手の冷泉は、数キロ離れた山上に敵戦車を目視します。

西住はあまりにも戦車が離れているため敵チームの監視役だと考えますが、山上の敵戦車から爆音が鳴り響くと「あんこうチーム」の乗るⅣ号戦車が撃破されます。

継続の隊長・ミカは、自身のチームには「魔女」が居ると呟きました。

スポンサーリンク

映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』の感想と評価


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

緊張が途切れない大迫力の戦車戦

主砲の発射音から戦車の駆動音までも実在の戦車の音を利用しただけでなく、各国の戦車に詳しい軍事研究家を監修に起用することで、戦車戦のリアリティをとことん追求し続けてきた「ガールズ&パンツァー」シリーズ。

徹底したリアルさと非現実的な動きの美味しい部分を取り入れた、アニメでしか表現できないシリーズ特有の戦車戦の形は本作でもしっかりと踏襲されており、音響の整った設備で鑑賞することでまるで戦場にいるかのような感覚を味わうことが出来ます。

また視界の効かない密林地帯での夜間戦闘は、シリーズ過去作でも描かれたことがなく、敵がどこからどのタイミングで奇襲を仕掛けてくるかも分からない、初見ならではの手に汗握る緊迫感は本作でしか体験することはできません。

物語の大部分が戦車戦となる『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』は、長年シリーズの新作を待ち続けた人にも大満足となる大迫力の作品でした。

各々の成長と変革を描いた最終章


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

第2話の後半部分から続き、第3話の前半部分では知波単学園との試合がメインとなります。

知波単学園は『ガールズ&パンツァー 劇場版』(2015)で本格的に登場したものの、作戦のない突撃戦術のみの学園であり、相手チームに対策を取られあっさりと敗北する様子が印象的に描写されていました。

しかし、第2話での試合相手としての再登場以降では「撤退」を明確に指示し、陽動と奇襲を織り交ぜた戦法を選択したことで、大洗女子学園を追い詰めていくほどの成長を見せています。

最終章では本編にて描かれることのなかった強者以外の人物の成長がテーマとなっており、黒森峰女学園の副隊長であった逸見エリカが「隊長」へと昇任してからの苦悩と再起など、「世代交代」を思わせる要素も存在します。

知波単学園の隊長・西は、大洗女学園の頭脳は主人公の西住みほであると考え、大将機であるフラッグ機よりも前に西住みほが乗る戦車を集中攻撃させます。

結果としてはその作戦を逆手に取られ敗北してしまいますが、第3話後半部分にあたる継続高校の試合では、物語最終盤で西住みほの乗るⅣ号戦車が大破し物語が終幕。

西住みほが不在の中で戦わざるを得ない状況に追い込まれた大洗女学園のメンバーたちは、「頭脳」を失った状態でさらなる成長を見せつけ、準決勝での勝利を収めることが出来るのか

次回作への期待が大いに膨らむラストは必見です。

まとめ


(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

『劇場版』にて初登場し、哲学的な思想や言動を見せた継続高校の隊長・ミカ。大学選抜チームとの戦いでは大洗女子学園の勝利に多大なる貢献をしたものの、継続高校と言うチーム自体は謎に包まれたままでした。

知波単学園が大きな成長を見せつけ、継続高校がその謎に包まれたベールを脱ぎ棄てる怒涛の展開に圧倒されること間違いなしの映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話』。

ド迫力の戦車戦と各人の成長が描かれる物語を、ぜひお確かめください。



関連記事

アニメ映画

映画『リメンバー・ミー』あらすじとキャスト。声優吹き替え一覧も

ディズニー/ピクサー最新作! 明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。 3月16日(金)より公開の『リメンバー・ミー』をご紹介します。 スポンサーリンク CON …

アニメ映画

映画『プリンセスプリンシパル 』ネタバレあらすじと感想評価。美少女キャラのちせ×アンジェ×シャーロットらの魅力とミッションが展開する

『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章』 19世紀末、架空のロンドンを舞台にした少女たちによるスパイアクション。スチームパンクな世界観の中、5人の女子高生スパイの活躍を描く『プ …

アニメ映画

アニメ『SAOアリシゼーション』声優キャストと放送日時は?

2012年にテレビアニメ第1期が放送開始した『ソードアート・オンライン』は大ヒットを記録。 2014年に第2期となる『ソードアート・オンラインⅡ』を放送しました。 また、2017年2月より『劇場版 ソ …

アニメ映画

【天気の子】原作小説と映画を徹底比較!劇中の謎を解説(一部ネタバレあり)

初日から多くの観客を動員し、メディアでも注目され取り上げられる機会の多い本作『天気の子』は、前作『君の名は。』とは全く違うアプローチをしています。 映画のパンフレットや、公開に合わせて発売された雑誌の …

アニメ映画

Netflix映画『クロース』ネタバレ感想と考察評価。サンタクロースの新説をセルジオパブロスが心温まるアニメ作品へと昇華

セルジオ・パブロス監督が描くサンタクロースの誕生秘話は、子供から大人まで夢を繋いでいく。 どんなことにも始まりはありますが、どこで始まった慣習なのかも気にせず、今では恒例になっているイベントにも起源が …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学