Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ|あらすじネタバレと感想。アニソンに革命を起こした歴代の楽曲を起用!

  • Writer :
  • 村松健太郎

『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー

原作5000万部突破の北条司の大ヒットコミックのアニメシリーズ20年ぶりに復活。

主人公の冴羽獠に神谷明以下、オリジナルの声優陣が勢ぞろいしたほか、ゲストに山寺宏一、大塚芳忠、そして飯豊まりえが参加。

また同じ北条司原作の『キャッツアイ』から主人公の来生三姉妹が登場するのもファンにはうれしいボーナスです。

元々、冴羽獠のモデルが『キャッツアイ』に登場したライバルキャラねずみがモデルであることを知っているとさらににやりとさせてくれます。

エンディングテーマのTMNETWORK『GETWILD』を筆頭に歴代OP&EDが随所に盛り込まれています。

スポンサーリンク

映画『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』の作品情報


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
北条司

【脚本】
加藤陽一

【主題歌】
TMNETWORK『GETWILD』

【総監督】
こだま兼嗣

【チーフ監督】
佐藤照雄、京極尚彦

【キャスト】
神谷明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実、戸田恵子、坂本千夏

【作品概要】
1980~90年代に放送されたテレビアニメ『シティーハンター』の20年ぶりの長編アニメーション映画。

声優キャストのリョウ役の神谷明、香役の伊倉一恵らオリジナルキャストが再結集。

進藤亜衣役は女優の飯豊まりえ、御国真司役を人気声優の山寺宏一が担当、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実も特別出演しています。

また初代監督のこだま兼嗣が総監督を務めました。

映画『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』のキャラクター&キャスト

冴羽獠(神谷明)
新宿を拠点にする一流のスイーパー(始末屋)、節操のないスケベ。

牧村香(伊倉一恵)
獠の親友で元パートナーの妹。最高の相棒で最愛の女性。

野上冴子(一龍齋春水)
警視庁の美人刑事。

海坊主(玄田哲章)
獠とは旧知の仲の凄腕の傭兵、普段は喫茶店のマスター。

美樹(小山茉美)
海坊主一途の傭兵で、海坊主のことはファルコンと愛情をこめて呼ぶ。

来生泪・瞳・愛(戸田恵子二役・坂本千夏)
三姉妹で大富豪、実は怪盗キャッツアイ。

進藤亜衣(飯豊まりえ)
医大生でモデル、何者かに狙われていてシティハンターを呼ぶ。

御国真司(山寺宏一)
IT総合企業ドミナテックの若きCEO、香とは長奈々馴染み。

ヴィンス・イングラード(大塚芳忠)
世界で暗躍する大物武器商人。

スポンサーリンク

映画『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』のあらすじとネタバレ


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

医大生でモデルの亜衣は、身の件を感じて新宿駅の掲示板にXYZの文字を記します。

それはシティーハンター冴羽獠への依頼の印でした。

亜衣が何者かに付きまとわれるようになったのは、一ヶ月前に科学者の父親が死んでからのことでした。

時を同じくして、IT総合企業のドミナテックのCEO御国が帰国します。

御国は香の幼馴染でした。香との再会に喜ぶ御国は彼女を食事に誘います。

一方、亜衣が狙われる理由を探っていた獠は、ドミナテックの背後には大物武器商人のヴィンスがいることを、冴子から知ります。

さらに、海坊主の情報屋から各国の傭兵とともに、ヴィンスがドローン兵器を新宿に持ち込んでいることが明らかになります。

以下、『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

亜衣の父は科学者としてドミナテックで働いていましたが、彼の作った新兵器運用システムメビウスが兵器に転用されることを知りシステムにロックを賭けていました。

そのカギとなるのが亜衣の瞳であり、亜衣が狙われる理由でした。

御国とヴィンスは、メビウスと鋼の死神と呼ばれる新型ドローン兵器のお披露目のため、ターゲットとしてシティーハンターを選びます。

御国たちの手下が海坊主と美樹の店キャッツアイを襲撃し、破壊します。

そこに店のオーナーで、実は怪盗キャッツアイでもある来生三姉妹が現れます。

自分たちの町新宿を守るため、決戦の火ぶたが切って落とされます。

ドローン兵器に対して獠、海坊主、美樹は、次々と過激な方法でこれを打ち落としていきます。

新宿を舞台にした戦闘に町は騒然となりますが、冴子の手配で周辺を封鎖してこれに備えます。

一方、香は来生三姉妹とともに、御国とヴィンスのいるビルに乗り込みメビウスを奪回します。

獠のマグナムにより、鋼の死神は打ち落とされ、更に御国の持つメビウスも破壊されました。

映画『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』の感想と評価


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

アニソンに革命を起こしたシティハンター

シティハンターといえば、TMNETWORKの『GETWILD』を筆頭とするヒット曲の数々です。

同じ北条司原作『キャッツアイ』の同大主題歌を杏里が大ヒットさせたこともあって、エピックソニーが全面協力体制を取りました。

特に画期的だったのが歌詞の中に作品名を入れないアニソンの起用

初代主題歌小比類巻かほるの『City Hunter愛よ消えないで』こそ、タイトルに作品名を入れましたが、歌詞には一切ありません。

また、誤解されがちですが、GET WILDはエンディングテーマでした。

ちょうどJPOPという言葉が出始めた頃、その最初の担い手だったかアーティストの楽曲をシティハンターはどんどん起用していきます。

キャラクター名、作品名を入れない主題歌というのはこの後、アニメ作品ではお馴染みの流れになりました。

『名探偵コナン』や『スラムダンク』、また「機動戦士ガンダム」シリーズ、また平成仮面ライダーや各種ゲームなどの主題歌・イメージソングなどは“タイアップがある”ことを差し引いても成立する楽曲ばかりです。

本作ではそんなシティハンターの歴代楽曲が随所に起用されていて、それだけでうれしくなる作りになっています。眼だけでなく耳でも作品を堪能してください。

ちなみにエンディングテーマは、『GETWILD』→『Still Love Her 失われた風景』へとつながる二曲の豪華仕様になっています。

スポンサーリンク

まとめ


(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

東京・新宿に事務所があるシティーハンターこと、冴羽リョウ。

彼とその相棒の槇村香のもとに、何者かに襲われたモデルの進藤亜衣がボディガードの依頼に訪れます。

いつものことですが美女の依頼ということで、すぐに快諾するリョウでしたが…。

往年の漫画やテレビアニメからのシティーハンターのファンのみならず、新た知る世代も楽しめる快作!

ぜひ、劇場でご覧くださいね。

『劇場版シティーハンター新宿プライベート・アイズ』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー

関連記事

アニメ映画

B:The Beginningシーズン1|ネタバレ感想と考察。あらすじはラスト結末まで詳細に紹介

莫大な資金を投じて、オリジナルコンテンツの拡大を続けるNetflix。 数多くのオリジナルドラマや、映画を手掛ける一方で、オリジナルアニメの制作にも注力しています。 今回は、Netflixオリジナルア …

アニメ映画

映画ペンギン・ハイウェイ|あらすじとキャスト。北香那(アオヤマ役)プロフィールは?

アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』は、8月17日(金)より全国ロードショー。 ベストセラー作家で知られる森見登美彦の第31回日本SF大賞受賞作『ペンギン・ハイウェイ』のアニメ映画化。 少年のひ …

アニメ映画

映画BLAME!ブラムあらすじと声優キャスト!VR体験どこで?

劇場アニメ『BLAME!(ブラム)』の公開を前に、VRコンテンツ体験が、2017年5月14日~6月15日の期間限定できる、VRシステム「HTC VIVE」正規取扱販売店のVR体験コーナーに登場! また …

アニメ映画

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

妻を亡くしたおじいさんと偶然居合わせた少年、そして不思議な犬ダグと共に、約束を果たす冒険が始まる。 人生の素晴らしさを教えてくれる、そんな心温まる作品『カールじいさんの空飛ぶ家』のご紹介です。 スポン …

アニメ映画

映画『パンダコパンダ』あらすじネタバレと感想。トトロと似ているのはナゼか

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。 彼の代表作『パンダコパンダ』、続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』が、新文芸坐にて5月1日~5月3日、ユジク阿佐ヶ谷に …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP